広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    達川光男

    <黒田博樹氏の侍ジャパン随行記>

    <WBC:侍ジャパン1-2米国>◇準決勝◇21日(日本時間22日)◇ドジャースタジアム

     日米通算203勝の黒田博樹氏(42)が、日刊スポーツ独占でお届けする「侍ジャパン随行記」。米国に惜敗したものの、先発菅野をはじめ投手陣の能力の高さからも、あらためて「力の差はない」と分析。特に、若い選手には、今回の貴重な経験を日本に持ち帰り、今後の球界発展に生かしてほしい、と締めくくった。

     世界一には届かなかったが、力の差はないに等しいと感じた。試合の勝敗は、コンディションや運も関係するもので、仕方ない部分もある。ただ、日本の投手がメジャーリーガー相手に、しっかり抑えられることも証明した。特に、米国戦は対戦経験のある選手が多かったこともあり、自分ならどう投げるか、をイメージしながら見ていた。なかでも、菅野は2次ラウンドの反省を生かし、内角を攻めきるなど、しっかりと修正した。小林も内角高めを要求するなど、ミーティングなどで研究して実戦に入っていたと感じた。

     その一方で、勝敗とは別に、あらためて野球とベースボールの質の違いも感じた。日本の投手はきれいなフォーシームを武器にするが、米国にはこの日好投した先発ロアークのように、ボールを動かしてメジャーの中で生き抜いていく選手も多い。8回裏、筒香の打順で救援した変則右腕ニシェクはそのいい例で、あんなユニークなフォームの投手は、日本では間違いなく出てこない。継投にしても、あの場面、普通なら左投手が起用されるはずで、セオリーにとらわれないのも米国野球のおもしろいところだ。

     そもそも、日米では子供の頃、野球を始めた時から環境が違う。基本に忠実な日本の投手はタイプが似通っている選手が多く、それだけ対応もしやすくなる。米国に個性派が多いのは「最終的に結果を出したものが強く、生き残る」という考え方が、根底にあるからだ。たとえ、どんな投げ方、ボールであっても問題ではない。ナックルボールでサイ・ヤング賞を取れば、すごい投手になる。そのあたりの価値観は、明らかに日本と違う。

     今回、動く球に苦労したからといって、短期決戦だけのためにアジャストするのは難しい。大事な公式戦も控えており、それを求めるのは酷。ただ、日本の野球だけでなく、いろんな野球を経験できたと思う。世界には、自分の特長を最大限に生かして生き抜いている選手もいる。日本の若い選手にも、あらためて自分の個性を考えてほしい。侍に選ばれなかった選手も今後の野球人生を考え、いろいろなことを感じてほしい。

     最後に、侍の戦いぶりを応援しつつ、見守ってきた立場として、ひと言付け加えたい。2月からこのメンバーで日の丸を背負い、力を合わせて戦ってきたことに対し、心から敬意を表したい。これからも、プレーを通して、次の世代にいろいろなものを伝えていってほしい。そんな思いを強くした、WBCだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-01796239-nksports-base

     来季からソフトバンクのヘッドコーチを務める達川光男氏(61)が16日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11時30分)に生出演。高田文夫(68)、松村邦洋(49)、磯山さやか(33)と爆笑トークを繰り広げた。

     現役時代に最も鍛えられた存在として、江夏豊氏(68)の名前を挙げた達川氏。江夏氏が風呂に入るタイミングで偶然を装って入浴し、背中を流していたことを明かした。「専属のブルペンキャッチャーがいるのに捕らせてくれと頼み込んだ。『10年早い。お前を相手に調整すると試合で打たれる』と言われたけど」と、懐かしそうに振り返った。

     「結局、リードは普通の会社のあいさつみたいなもの。初球の入りが大事」と独自の捕手論で締めていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000195-sph-ent

     来季からソフトバンクのヘッドコーチを務める達川光男氏(61)が16日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11時30分)に生出演。高田文夫(68)、松村邦洋(49)、磯山さやか(33)と爆笑トークを繰り広げた。

     番組の終盤で、美空ひばりの「愛燦燦」をリクエストした達川氏。「広島のバッテリーをかわいがってくれた。亡くなって広島の投手陣みんなで駆けつけた。3500円もするカツ丼をいただいて…」としんみり。「実は墓場まで持って行かなきゃいけない発言をしてしまい、出入り禁止になっていた。たいがいのことは言うけど、これだけは言えない。わずかばかりの運の悪さがの―」と歌詞をもじってしゃれてみせたが、真相だけは口を割ろうとはしなかった。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000187-sph-ent

     来季からソフトバンクのヘッドコーチを務める達川光男氏(61)が16日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11時30分)に生出演。高田文夫(68)、松村邦洋(49)、磯山さやか(33)と爆笑トークを繰り広げた。

     番組の冒頭に「広島優勝おめでとうございます」と振られた達川氏は「当事者やファンはそりゃおめでとうやな。大野(豊)と2人で『おめでとう言われても困るなあ』と言うてるんよ」と話した。

     しかし古巣の優勝はやはり格別だったようで、「評論家やから1つのチームに肩入れしてはいかんところやけど、でもよう頑張った。広島は神っていた。長い間プロ野球を見てきたけど、あんな勝ち方はありえない。黒田の引退が大きかった。新井は影響ない。(年俸1億1000万円に)給料も上がって殴ったろうと思った。でも(広島を出て行くとき)返品お断り、賞味期限切れっていう垂れ幕があったからな。そこからようやった」とベテランの活躍をねぎらっていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000185-sph-ent

     来季16年目を迎える広島・石原が捕手としては球団初の通算1000安打達成をリーグ連覇へつなげることを描いた。広島市内のウインズ広島で「ドリームフェスタ2016」に出演。

     “大台”まで残り36本に迫ることに「気にすることはない。チームとしてやるべきことをやるだけなので」と自然体を強調した。

     定評のあるリードで25年ぶりリーグ優勝に貢献した今季は49安打。同等のペースなら夏頃の達成が見込まれる。新井の2000安打や黒田氏の日米通算200勝がチームを勢いづけた今季を「節目節目の記録の中で流れに乗って優勝ができた」と振り返り、同様の“波及効果”を望んだ。

     既に通算964安打は広島捕手では2位の達川光男(895安打、ソフトバンクヘッドコーチ)を上回る歴代最多。名実ともに赤ヘル史に残る名捕手へ突き進む。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000029-spnannex-base

     今シーズン、プロ野球を大いに盛り上げた広島カープが、前回優勝したのが1991年。その年のカープは、7.5ゲーム差を跳ね返してリーグ優勝に輝いた。その年のチームについて、当時、広島で捕手を務めていた達川光男氏が語る。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161112-00000014-pseven-spo

    このページのトップヘ