広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    達川光男

     来季からソフトバンクのヘッドコーチを務める達川光男氏(61)が16日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11時30分)に生出演。高田文夫(68)、松村邦洋(49)、磯山さやか(33)と爆笑トークを繰り広げた。

     現役時代に最も鍛えられた存在として、江夏豊氏(68)の名前を挙げた達川氏。江夏氏が風呂に入るタイミングで偶然を装って入浴し、背中を流していたことを明かした。「専属のブルペンキャッチャーがいるのに捕らせてくれと頼み込んだ。『10年早い。お前を相手に調整すると試合で打たれる』と言われたけど」と、懐かしそうに振り返った。

     「結局、リードは普通の会社のあいさつみたいなもの。初球の入りが大事」と独自の捕手論で締めていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000195-sph-ent

     来季からソフトバンクのヘッドコーチを務める達川光男氏(61)が16日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11時30分)に生出演。高田文夫(68)、松村邦洋(49)、磯山さやか(33)と爆笑トークを繰り広げた。

     番組の終盤で、美空ひばりの「愛燦燦」をリクエストした達川氏。「広島のバッテリーをかわいがってくれた。亡くなって広島の投手陣みんなで駆けつけた。3500円もするカツ丼をいただいて…」としんみり。「実は墓場まで持って行かなきゃいけない発言をしてしまい、出入り禁止になっていた。たいがいのことは言うけど、これだけは言えない。わずかばかりの運の悪さがの―」と歌詞をもじってしゃれてみせたが、真相だけは口を割ろうとはしなかった。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000187-sph-ent

     来季からソフトバンクのヘッドコーチを務める達川光男氏(61)が16日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11時30分)に生出演。高田文夫(68)、松村邦洋(49)、磯山さやか(33)と爆笑トークを繰り広げた。

     番組の冒頭に「広島優勝おめでとうございます」と振られた達川氏は「当事者やファンはそりゃおめでとうやな。大野(豊)と2人で『おめでとう言われても困るなあ』と言うてるんよ」と話した。

     しかし古巣の優勝はやはり格別だったようで、「評論家やから1つのチームに肩入れしてはいかんところやけど、でもよう頑張った。広島は神っていた。長い間プロ野球を見てきたけど、あんな勝ち方はありえない。黒田の引退が大きかった。新井は影響ない。(年俸1億1000万円に)給料も上がって殴ったろうと思った。でも(広島を出て行くとき)返品お断り、賞味期限切れっていう垂れ幕があったからな。そこからようやった」とベテランの活躍をねぎらっていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000185-sph-ent

     来季16年目を迎える広島・石原が捕手としては球団初の通算1000安打達成をリーグ連覇へつなげることを描いた。広島市内のウインズ広島で「ドリームフェスタ2016」に出演。

     “大台”まで残り36本に迫ることに「気にすることはない。チームとしてやるべきことをやるだけなので」と自然体を強調した。

     定評のあるリードで25年ぶりリーグ優勝に貢献した今季は49安打。同等のペースなら夏頃の達成が見込まれる。新井の2000安打や黒田氏の日米通算200勝がチームを勢いづけた今季を「節目節目の記録の中で流れに乗って優勝ができた」と振り返り、同様の“波及効果”を望んだ。

     既に通算964安打は広島捕手では2位の達川光男(895安打、ソフトバンクヘッドコーチ)を上回る歴代最多。名実ともに赤ヘル史に残る名捕手へ突き進む。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000029-spnannex-base

     今シーズン、プロ野球を大いに盛り上げた広島カープが、前回優勝したのが1991年。その年のカープは、7.5ゲーム差を跳ね返してリーグ優勝に輝いた。その年のチームについて、当時、広島で捕手を務めていた達川光男氏が語る。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161112-00000014-pseven-spo

     広島カープの黒田博樹投手が現役引退を発表した2016年10月18日、地元テレビ局のテレビ新広島(TSS)が急きょ午後7時から2時間の緊急特番を組んだ。黒田投手の引退会見を生放送する企画だ。ところが会見は7分程度で終了してしまう。

     スタジオにカメラが戻るとそこに居たのは広島カープの元正捕手・達川光男さん(61)だった。ツイッターでは「1時間50分を達川で持たせるのか?」などといった悲鳴が上がった。結果的に平均視聴率は19・2%(ビデオリサーチ調べ、広島地区)。よほど面白かったのか「達川のワンマンショー」などと騒がれ、「1000円払っても見たい」などと番組のネット配信を希望する声まで出ている。

    ■黒田会見が7分で終了してしましい...

      「達川が放送事故ばりに饒舌にフリートークしていてお腹痛いwww このままあと1時間以上も達川が喋り続けるの?」
      「達川光男トークショー 前座:黒田博樹」
      「あのね あのね あのねのねー 達川劇場だぁ」
      「黒田引退特番ですか?いいえ達川トークショーです」

     広島県内の人たちなのだろう、ツイッターで達川さんを絶賛するこんなツイートが大量に出た。実は、会見が7分ほどで終わり、その後の囲み取材にTSSのテレビカメラが入って行けなかったため、残り時間を番組はどうするのかと心配になった視聴者は多かった。そして、この日の番組のスタジオゲストは達川さん1人だった。その達川さんが番組終了まで暴れまくった。黒田投手の写真が出るとイスから立ち上がりデスクに腰掛けて解説したり、黒田投手の入団時のモノマネも披露した。

      「SMAPの木村拓哉と黒田 どっちがかっこいいか?」

    などのアンケートを取りたいと語ったり、手書きの「耐雪梅花麗」(ゆきにたえてばいかうるわし)というプラカードをしつこく何度も出して、これが黒田投手の好きな言葉でそれを実践してきたと説明し、アナウンサーが2人いるにもかかわらず、完全に番組を仕切っていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000006-jct-ent

    このページのトップヘ