広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    達川光男

     元プロ野球選手で野球解説者の達川光男氏(63)が29日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木前8・30)に出演。昨季日本シリーズMVPのソフトバンク・甲斐拓也(26)への指導方法を明かした。

     昨季までソフトバンクのヘッドコーチを務めていた達川氏は「甲斐は、とにかくずっと、見てあげるというのが大事だった。入団から7年たっていて、ずっと見てもらっていなかったから」と育成で入団し、なかなか頭角を表せなかった当時を回想。「彼は母子家庭だったというのもあって、とにかくお母さんを幸せにしたいというのを聞いていたし」と孝行息子ぶりも紹介した。

     「素直だった」性格については、登録名を改名したときのエピソードを披露。当時の登録名には賛成できずに、「拓也という名前でキャッチャーなら、みんな(広島などで活躍した)木村拓也を思い出すぞ。甲斐って誰もいないぞ、12球団で。甲斐に変えろ」と勧めると、「はい!」とうなずいて「すぐ変えた」という。

     

     パーソナリティの伊集院光(51)が「直接野球に関係ないように聞こえるけど、『このコーチ、俺のことを気にかけてくれてるんだ』っていうのを、そもそもドラフト上位の選手でもない人が、そう思ってもらうだけで、やっぱり違うものですか?」と問いかけると、達川氏は「私が退団するときに、それを言ってくれましたね」と、うれしそうに振り返った。

     甲斐に対しては、準備面でも高評価。「朝飯をね、ホークスでは、キャンプ中は、朝6時から食べるんですよ。6時から8時半の間に食べたらいいんですよ。柳田なんか8時ごろ来るんですが、甲斐は必ず6時に、寝ぐせもしてない、髭も剃ってる」と証言。「ということはおそらく5時過ぎには起きて、いい準備をしていると思うんですよね。それを毎日続けてましたから、それで私はこれは間違いないな」と名選手に成長していくことを感じたという。

     甲斐は「それを見てくれていることが嬉しかった」と言ってくれたそうで、伊集院も「はー、深い話だなぁ。」と感心しきり。「今、言ってることは工場長だろうが、部長だろうが、店長だろうが、みんな関係あること」と一般社会にも置き換えられることを強調した。

     達川氏は「練習態度とか行動とかずっと見て、甲斐は褒められたことがあんまり無かった。7年間。育成で入ったもんで。悪いところばっかり言われていた。私は新鮮な気持ちで、年も離れているし、孫のような感じで」と接し方にも注意を払っていた。最後は「一目ぼれしましたね。肩にはびっくりした。自分の25の時の肩と比べたら全然、すっばらしい肩してましたね」と賛辞を惜しまなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000176-spnannex-base

     元プロ野球選手で野球解説者の達川光男氏(63)が29日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木前8・30)に出演。広島で注目している“若鯉“について言及した。

     パーソナリティーの伊集院光(51)から、これから伸びそうな選手を問われ「床田。本物ですよ。これはいいボール投げます」と即答。3年目左腕を「真っ直ぐ、変化球が同じ腕の振り。メンタルも強い。クイックも守備力もある。送りバントもうまい。謙虚さもある」と手放しで称賛。「いくつ勝てますか?」の問いには「肘を手術しているが、1年持てば、15は勝つと思う」と期待した。

     若手捕手で注目しているのは、2017年のドラフト1位で2年目の中村奨成(19)と、2軍で今季から外野手にも挑戦している3年目の坂倉将吾(20)。「モノは中村が上だが、考え方は坂倉が上。坂倉には謙虚さ、向上心もある」と分析。指導するなら、坂倉には「自分が投げているつもりでキャッチャーをしなさい」と、中村には「体を治して、高校時代の実績を捨てろ」とそれぞれ伝えるという。

     先日中村に会った際には、「宮島の弥山(みせん)のてっぺんに登って、朝日か夕日を見てこい。そしたらいろんなことがわかる」と話したそうで、伊集院は「うわ、すげえ指導だな!」と驚いていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000180-spnannex-base

     元プロ野球選手で野球解説者の達川光男氏(63)が29日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月曜~木曜前8・30)に出演。古巣・広島の出遅れについて分析し、自身の現役時代を振り返った。

     今季開幕直後から借金が一時8まで膨らんだ広島について、パーソナリティーの伊集院光(51)に問われると、「丸が抜けて、3番に入る選手たちにプレッシャーがかかっていた。勝手に」と指摘。逆に、現在は8連勝を飾るなど復調。これについて「今の子たちはテレビゲーム世代。リセットが速い」と話すと、伊集院は爆笑した。

     広島の強さの秘けつについては「練習量は半端ない。体の強さとかいろいろな要素がある」と語り、「練習は不可能を可能にする」という球団オーナーの指針を紹介。「広島時代には胃から汗が出るまでやっていた」と振り返った。

     引退後、コーチとしてダイエー(現ソフトバンク)に招へいされたときに見た練習量の少なさには驚いたという。「(この練習量なら)今でもできるな、と。やめて2年しか経っていなかったけどね。39(歳)の時。これならできるなって」とエピソードを披露すると、伊集院も「それくらい違うんだ」と驚いていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000146-spnannex-base

     「広島10-3阪神」(6日、マツダスタジアム)

     広島・菊池保則投手がトレード加入後2試合連続無失点に抑えた。


     10-3の九回に登板。先頭の上本を中飛に斬ると、代打・木浪を空振り三振。最後は北條をフォークで三ゴロに封じ試合を締めた。好結果を示したが、「3人で抑えたけど、(今後)競った場面を考えると内容も良くしていかないと。先頭にボール先行になってしまったので、初球からきっちり狙ったところに投げられるようにしたい」と表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000156-dal-base

     プロ野球は29日、セ・パ両リーグが開幕する。前ソフトバンクヘッドコーチで、かつて広島監督などを歴任した評論家の達川光男氏(63)にペナントレースの行方を聞いた。パはソフトバンク、セはリーグ4連覇を目指す広島の優勝を予想した。

     【パ・リーグ】

     ソフトバンクが頭一つ抜けている。投打で多少の故障者が出ても穴が埋まる選手層の厚さは何といっても強み。抑えはサファテの状態が不安視されるが、成長著しい森が十分代わりを務めるだろう。

     対抗馬は日本ハム。投手陣はコマがそろい、新人の吉田輝も今季途中から出てきそうな素材だ。打線では大田の覚醒が大きい。新外国人の王柏融もバットの出がスムーズで活躍が期待できる。

     3位以下の評価はほぼ横並びで、先発から西と金子が抜けたオリックスは山本ら若手が台頭。打線が機能すればAクラスもある。西武は1985年の阪神のように、過去打力で優勝したチームが連覇していないのは気になるところ。1番で持ち味を発揮した秋山の3番起用がどう出るか。

     楽天は昨年は故障に泣いた攻守の要の茂木が1年活躍すれば台風の目となり得る。ロッテは外野を狭くした改修工事が吉と出るかどうかだろう。

     【セ・リーグ】

     投打のバランスが取れた広島の4連覇は堅い。ただし高い出塁率(・468)を誇った丸が抜け、得点力はかなり落ちる。去年のようなぶっちぎり(2位と7ゲーム差)の優勝はないだろう。

     2位から4位は混戦を予想する。阪神は野村さんと星野さんに学んだ矢野新監督の采配に期待。木浪(きなみ)と近本の新人野手も働きそうだ。DeNAは上茶谷(かみちゃたに)、大貫の両新人投手が計算でき、ソト、宮崎、筒香、ロペスが並ぶ打線の破壊力は健在だ。

     丸の入った巨人は打線に厚みが増したが、抑え候補が二転三転するなど投手陣には不安がある。炭谷、小林両捕手の使い分けも難しそうだ。

     ヤクルトは野手にベテランが多く、昨年のように打線が機能するかは疑問。2年目の村上に期待するのはまだ早いだろう。ビシエド、大島らを擁する中日打線は強力だが、広いナゴヤドームで打ち勝つのは困難。投手陣の整備が急務となる。

     〈たつかわ・みつお〉 1955年生まれ。広島県出身。広島商の捕手として73年夏の甲子園で優勝。78年、東洋大からドラフト4位で広島に入団し、84年の優勝と日本一に貢献。92年に引退後は広島監督やソフトバンクヘッドコーチなどを歴任した。現在は評論家。3月に広島のチームとしての強さの秘密などに迫った初の著作「広島力」(講談社)を出版した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000565-san-base

     シーズン開幕を間近に控え、オープン戦を戦う各球団で新人選手や1軍定着を目指す若手たちがアピールを続けている。広島の小園海斗内野手のように高卒ながら1軍のオープン戦に帯同している選手やヤクルトの高卒2年目の村上宗隆内野手のようにブレーク寸前の選手もいる。そんな新戦力が相手に出てきた時、チームの命運を握るのがチームスコアラーの分析だ。1987年から約30年近くプロ野球の世界でチームスコアラーを務め、2009年のWBCにも侍ジャパンのチーフスコアラーでチームに帯同した三井康浩氏に開幕までの新戦力分析のプロセスを聞いた。



     昨年まで、巨人のスコアラーや統括ディレクターとして外国人選手の獲得調査などを約30年に渡り、行っていた三井氏。チーフスコアラーにまでなった眼力に、松井秀喜氏や高橋由伸氏、阿部慎之助捕手ら巨人の名打者たちが信頼を寄せていた。

     今年は球団を離れたため、フラットな立場でオープン戦を観戦。目に留まったのはヤクルトの村上だった。

    「ヤクルトの村上選手は面白いと思いましたね。レフト方向に大きな二塁打を打った腰の動きが大谷選手(エンゼルス)のようでした。ツイスト打法なので、押しが効いて、あれだけの打球が反対方向に飛びます。内角を攻められた時に、四苦八苦していましたが、腰が開かなくなったら、いい数字を残せると思います」

     ツイスト打法とは、打つ瞬間に投手よりの方向に腰をまわすのではなく、逆方向にひねる動きを入れることを一般的に指す。巨人の阿部ら長距離打者が取り入れている。体の開きを抑えることができ、逆方向にも強い打球を打てるようになる。

     村上だけでなく、広島の小園など、新戦力の動きに目を奪われながらも、三井氏の頭は自然と“攻略法”を導きだそうと考えていた。スコアラーはこの時期、まずはどのような着眼点で選手を“丸裸”にしていくのだろうか。

    「今すぐか、それとも夏場くらいか、どれくらいで1軍に上がって来られるのかを判断します。それから能力を分析します」

     チーム内のスコアラー陣で意見を集約し、共通見解を導き出す。まずは打者を見るポイントから。

    「打席の中で選手が何を考えているのか。練習のフリーバッティングや試合で見ていれば、大体、分かってきます。技術的な部分だと、軸回転を見ます。大谷選手の場合は両方できるのですが、軸足回転で打つ“一軸”の打者なのか、後ろから前への体重移動した時に前足の股関節を軸として回転する“二軸”の打者なのかを確認します」

     その軸によって、攻め方が変わってくる。

    「インサイドをどのようにさばいているか。アウトコースはどうなのか。逆に後ろに残して打つ二軸の打者はメジャーリーグや韓国に多いけれど、インコースが弱い。そのあたりがどうなのかも見ます。それから、打者は自分の“ツボ”を持っています。得意なコースでいい当たりをする時、打球が一体、どこまで飛ぶのかも見ています」

     投手の場合のポイントはどうなのか。

    「絶対にストライクが欲しい、という場面で確実にストライクが取れるかどうかを見ます。同じシチュエーションで、その時は直球でストライクを取ったとしたら、今度は変化球でストライクが取れるかどうか。勝負できる球がどれだけあるかで1軍かまだそこまでのレベルではないかを見ています。ボールのキレとかはまだキャンプ中では出てきません。でも、捕手が構えたところにどれくらい投げられるか、制球力はその時にも表れます。ストライクが10球中、7球以上でないと上では通用しません。5球ではファームの選手と見ています」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00314310-fullcount-base

     広島・坂倉将吾捕手(20)が大先輩に圧倒された。9日、広島の元監督で昨季までソフトバンクのヘッドコーチを務めた達川光男氏(63)が宮崎・日南キャンプを訪問。速射砲のように賛辞と苦言をまくしたてられ、返す言葉を失った。

     坂倉がフリー打撃で快音を響かせ、意気揚々とダッグアウトに引き返すと、1980年代に名捕手として鳴らした達川氏につかまった。

     「坂倉! オマエはさすがじゃのう。バットを持ったら天才。でもミットを持ったら…。のう。バッティングはベタ褒め、キャッチングもベタ褒め。いや、逆の意味のベタ褒めよ」

     あいさつする間も与えてもらえず、ただ「ハイ」とうなずくしかなかった。

     さらに達川氏に「キャッチャーは一にキャッチング、二にキャッチング!」と捕球能力こそ生命線だとゲキを飛ばされた坂倉。緒方孝市監督(50)から「試合で数多くの経験を積ませようと思う選手」と期待され、昨秋から左翼の守備にも挑戦している。気がつけば達川氏はダッグアウトから姿を消しており、嵐のように過ぎ去った時間に、ただただボウ然するのみだった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000157-sph-base

     広島OBの達川光男氏(63)が11日、宮崎・日南市の天福球場にテレビ解説のため、古巣のキャンプ地を訪問。広島では1軍監督を務め、阪神、中日、ソフトバンクでもコーチ経験のある達川氏は「新井はどうしとるんや」と昨季引退した新井貴浩氏(42)の仕事っぷりを気にしつつも、「そういえば本を出すけどな。カープ力という本。高校野球を含めてのカープの本や。開幕前に発売する」と発表した。

     現役時代に1980年代にゴールデングラブ賞とベストナインを3度もW受賞した名捕手は、テレビの解説で高卒3年目の注目株、坂倉の打撃に注目した。「バッティングは天才。キャッチングは凡才」と愛のあるゲキを飛ばしたが、「打撃に関してはうらやましいぐらいの才能を持っている。がんばってほしい」とエールを送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000542-sanspo-base

    このページのトップヘ