広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    達川光男

     5月11日、広島の石原慶幸は阪神戦で3安打し、通算安打を1001本とした。1000本安打は292人目、10日にも日本ハムの中田翔が1000本を達成しており、珍しい記録ではないが、広島の捕手では初の1000本安打だった。

     野球では、捕手は投手に次いで守備の負担が大きいとされる。捕手での出場が50%を超す選手の1000本安打は21人しかいない。※は現役。

    1野村克也 2901安打(3017試 打率.277)
    2谷繁元信 2108安打(3021試 打率.240)
    3古田敦也 2097安打(2008試 打率.294)
    4阿部慎之助 2040安打(2107試 打率.284)※
    5木俣達彦 1876安打(2142試 打率.277)
    6伊東勤 1738安打(2379試 打率.247)
    7田淵幸一 1532安打(1739試 打率.260)
    8城島健司 1406安打(1323試 打率.296)
    9中村武志 1380安打(1955試 打率.242)
    10土井垣武 1351安打(1413試 打率.282)
    11矢野燿大 1347安打(1669試 打率.274)
    12森昌彦 1341安打(1884試 打率.236)
    13相川亮二 1150安打(1508試 打率.260)
    14大矢明彦 1144安打(1552試 打率.245)
    15醍醐猛夫 1132安打(1775試 打率.234)
    16田村藤夫 1123安打(1552試 打率.252)
    17和田博実 1104安打(1565試 打率.257)
    18吉永幸一郎 1057安打(1250試 打率.278)
    19伊藤勲 1054安打(1771試 打率.231)
    20日比野武 1048安打(1530試 打率.237)
    21若菜嘉晴 1037安打(1387試 打率.267)
    22石原慶幸 1001安打(1546試 打率.238)※

     歴史に名を残す名捕手が並ぶが、中には現役の阿部慎之助、田淵幸一のように捕手から一塁手に転向した選手もいる。投手の球を受け、盗塁を阻止し、守備の要として重きをなす傍ら、打者としても活躍するのは並大抵のことではない。

     石原は広島の捕手としては初めての1000本安打。すでに、広島で最も多くマスクをかぶった捕手になっている。広島で1000試合以上捕手として出場したのは以下の5選手。()の試合数は、捕手以外での出場も含めたトータルの試合数。

    1石原慶幸 1525試合(1546試合/1001安打)※
    2田中尊 1423試合(1429試合/619安打)
    3達川光男 1320試合(1334試合/895安打)
    4水沼四郎 1243試合(1333試合/696安打)他に中日で17試合10安打
    5西山秀二 1141試合(1203試合/714安打)他に巨人で4試合2安打

     石原は広島を代表する捕手になったと言えるだろう。

     38歳の石原は佐々岡真司、黒田博樹、澤崎俊和から、前田健太、野村祐輔、岡田明丈まで、今世紀の広島を代表する投手の球を受けてきた。今は30歳の會澤翼と併用されているため、出場機会は限られているが、ベテランの知恵、技術は若い選手が多い広島にとって貴重な戦力だと言えるだろう。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00128561-fullcount-base

     「広島14-1阪神」(11日、マツダスタジアム)

     広島・石原慶幸捕手(38)が、三回に能見から左前打を放ち、通算1000安打を達成した。史上292人目。カープでは21人目で捕手では初めて。38歳8カ月での達成は2010年の北川博敏(オリックス)の38歳3カ月を更新する最年長記録。



     一回に昨年4月13日の巨人戦以来となる1号2ランを運び王手をかけると、三回にめぐってきた2度目の打席で一気に記録を達成。一塁上で花束を受け取り、場内からの祝福に応えた。七回にはこの試合3本目の安打を放ち通算安打を1001本とした。

     大勝した試合後、菊池と共にお立ち台に登場した石原は1000安打について「新井さんから、ファームにいるときから『まだか、まだか、もういい加減にしろ』とメールが来てたので、新井さんの前で打てて良かったです」と安どの表情を見せた。

     左足ふくらはぎの故障で開幕を2軍で迎えた新井は、この日1軍昇格し、5番・一塁でスタメン復帰。そのタイミングでの記録達成を何よりも喜んだ。プロ入り17年目、2002年10月5日のヤクルト戦でのプロ初安打から積み上げてきた1000本。先輩の猛ゲキに見事に応えてみせた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000139-spnannex-base

    <こんな人>

     広島会沢翼捕手(30)が巨人山口俊からの2打席連続死球に激高。両軍がベンチから飛び出す一触即発のムードで球場の流れを変えると、1点を勝ち越した5回に適時二塁打を放ち、バットで巨人を突き放した。6-4で巨人の連勝を8で止めた。


       ◇   ◇   ◇

     会沢の真っすぐな性格は先輩からかわいがられ、後輩からは慕われる。まだ20代前半のときに当時の野村監督やベテラン前田智徳から「態度はベテランやな」と言われたこともあるが、先輩から怒られたことはほとんどない。後輩にはプロとして、広島の選手としてのイロハを厳しく指導してきた。それでも後輩は今でも「アツさん」と慕う。

     真っすぐな性格となった背景には兄の存在がある。男3兄弟の末っ子の翼は、両親からかわいがられた。一方で年が離れた2人の兄からは男として、1人の人間として厳しくしつけられ、礼儀作法をたたき込まれた。「殴られたりもしたし、ずっと敬語を使っていた」。鉄拳制裁も珍しくない。2人の兄とため口で話せるようになったのはプロ入りしてから数年後のことだったという。厳しい兄の教育が男(おとこ)気あふれる性格をつくり上げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00196061-nksports-base

     春夏通算43度の甲子園出場を誇る名門・広島商が、部内の不祥事で20日から活動を自粛していることが29日、分かった。

     同校は20日に広島県高野連を通して日本高野連へ報告。現在は処分などの連絡を待っている。不祥事は詳細が明らかになっていない。

     広島商は春1度、夏6度の甲子園優勝経験を持つが、近年は成績が低迷。04年夏以降は甲子園から遠ざかり、今春広島大会は2回戦で三次に9-10で敗退している。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000145-dal-base&pos=2

    【赤坂英一 赤ペン】今年、ソフトバンク・達川ヘッドコーチの頭髪が真っ白になっている。びっくりして理由を聞くと「おお、健康のためよ」と、こう力説された。

    「白髪染めが良くないと聞いてやめたんじゃ。もう62歳じゃけん、若く見せる必要もない。白髪染めから毒素が体の中に入って、内臓に悪い影響があると困る。一回白髪染めしたら、落ちるまでに5か月かかるんで。それだけ毒素が強いということなんじゃ」

     ちなみに「白髪染め」「危険」で検索すると、確かに白髪染めは健康に良くないとする説は少なくない。もっとも「テレビインタビューに出るときはちょこっと染める。襟足のところぐらいは」と言うあたりが達川ヘッドらしいが…。

     しかし、そんな理由を知らないファンが達川ヘッドの頭髪を見たら、さぞや心労が多いのではと気の毒がるのではないか。そう言ったら「いや、ウチのチームにそんな心配をする必要はない」という答え。

    「今年もウチは強いで。キャンプに来て、選手の動きを見たらようわかった。内川、柳田、松田、今宮、中村晃と、勝ち方を知っとる選手が多いじゃろう。みんな年齢的にも充実の時期にある。そういう選手がオフの間も休まんと、きっちり体をつくっとる。やっぱり、ぎょうさん給料をもろうとる分、やるべきこともしっかりやっとるよ」

     そう自信満々に語る達川ヘッド、今年の個人的目標は「古巣のカープと日本シリーズで戦うこと」。昨季はカープと交流戦勝率1位を争い、マツダスタジアムでの直接対決で勝ち越して、見事頂点に立っている。誰よりも、広島の元名捕手、元監督の達川ヘッドにとって、大変感慨深い勝利だったに違いない。

    「もし日本シリーズでカープとやれたら、もう辞めてもええ。勝っても負けてもかまわん。いっぺんカープとやれたら、もうユニホームを脱いでもええと思うとるよ。それぐらい、シリーズでカープと対決したい」

     そのシリーズに今年のドラフト1位、捕手の後輩でもある中村奨が出てくれば面白い。が、この大物新人については「出てくるのは3年後よ」と、こう言った。

    「高卒の新人は、二軍でじっくり育てる。それがカープのやり方。中村奨本人も先を見据えとるはずよ。まだ焦らせちゃいけん、焦らせちゃ」。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000011-tospoweb-base

     ソフトバンク達川光男ヘッドコーチ(62)、柳田悠岐外野手(29)、野球解説者の大野豊氏(62)が12日、盛況のソフトバンクキャンプ地で丁々発止の広島トークを繰り広げた。

     達川ヘッドは広島での現役時代、同い年の大野氏とバッテリーを組むなど気心知れた間柄。広島市出身の柳田を見つけると「オイ、柳田! 広島が生んだ戦後最大のスーパースターにあいさつしたんか」と大野氏のもとへ歩を促した。

     なお大野氏は島根県出身。ここで柳田は満を持して「僕、大野さんの引退試合、見に行きましたよ」と1998年9月27日、9歳当時の思い出を披露した。「父ちゃん母ちゃんに連れられて。満員で、一番上の席でした」と思い返すと、達川ヘッドは「何で、早う言わんのか」と苦言を呈した。

     「わしゃ、あの頃2軍監督じゃったけえ。早よ言やあ、家族席の券を出してやったのにのう」。ちなみにその翌年の99年、達川ヘッドは2軍監督から1軍監督に昇格したが、チームは2年連続5位。投手コーチとして招へいされた大野氏は1年で辞任している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00010012-nishispo-base&pos=3

    このページのトップヘ