広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    野手

     ◇侍ジャパン強化合宿(2017年2月24日 宮崎市・宮崎県総合運動公園)

     侍ジャパンの重要な打順を鈴木が担う。ソフトバンク戦では、4番・筒香、5番・中田の後の「6番・右翼」に名を連ねた。

     走者がたまった場面での打席が増えることも予想されるが「自分で決めようとは思わない。1点をどう取るか。それが勝敗に関わってくるし、ヒットじゃなくても点は取れる」と、得点するためのチーム打撃に徹する心構えを示した。

     打撃練習では62スイングで4本の柵越え。バント、右打ちなどチーム打撃も確認した。「いろんなことが求められる打順。練習から意識していかないと、試合でうまくいかない」。鈴木の働きによっては、大量得点につながる可能性もある。昨季29本塁打した長打力も大きな魅力。鈴木の自在性が侍ジャパンの得点力の鍵を握っている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000088-spnannex-base

     広島の堂林翔太内野手(25)が20日、宮崎・日南キャンプを打ち上げ、チームと2次キャンプ地の沖縄入りした。

     緒方監督が日南キャンプ総括の中で堂林を「いい打撃の状態が続いている」と評価。前日の紅白戦でも、5回2死二、三塁から左前へ2点打を放つなど、存在感を見せており、堂林は「秋から続けてきたことができている。同じように続けていくことが大事」と意気込んだ。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000172-sph-base

     広島の鈴木が、マツダスタジアムでの合同自主トレに合流し、いきなり60分間の居残り特打を敢行した。

     26日まで宮崎でソフトバンク・内川と自主トレを行い、打撃理論を吸収。「緩い球を打つ方が難しい。タイミングを取るのが、僕は下手なので」と、山なりのスローボールに上体が突っ込まないように右足で引きつけ一気に振り抜くことを繰り返した。打ち損ねると、怒りの絶叫が室内練習場に響き渡った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000029-spnannex-base

     4番候補にも名前が挙がっている広島・松山竜平外野手(31)が27日、宮崎県日南市で先乗り自主トレに参加し、連日のロングティーで汗を流した。

     「遠くへ飛ばしたいからね。しっかり振り込んできたから強い打球が打てている」と納得顔だ。昨季は103試合に出場し打率・291、10本塁打。4番に限っては打率・345、3本塁打と好結果を残している。

     プロ10年目を迎える松山は、春季キャンプに向けて調整は順調のようだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000083-dal-base

     広島田中広輔内野手(27)が22日、沖縄・恩納村で行う自主トレを公開。

     体幹トレーニング、坂道ダッシュ、ノックの後、ランチを挟んで、ウエートトレーニング、フリー打撃とみっちりメニューをこなした。

     「もう1回、1年間ケガをしないで戦いきれる土台作りをテーマにやっています。順調に来ています」と汗をぬぐった。

     2年連続のフルイニング出場、打率3割、30盗塁を目標に掲げて臨むシーズン。「変わったことはしていない。基本を忠実に、足を使って守備をする。体全体を使って打つ。量をこなすのはキャンプでやるので、今出来ることを丁寧にやっています」と話した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-01768823-nksports-base

     広島・石原慶幸捕手(37)が19日、マツダスタジアムの室内練習場で、新井、下水流と汗を流した。

     昨季はリーグ優勝に貢献し、ゴールデングラブ賞と、ベストナインを獲得。この日は合同自主トレ休日だったが、「休日でも自分たちがやろうと思えば、関係なくやろうと思っている」と意欲的だった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000054-dal-base

     2016年の新人王は、セ・リーグが阪神の高山俊、パ・リーグは日本ハムの高梨裕稔が受賞した。近年は大学、社会人1年目選手の受賞が続いていたが、高梨は大卒3年目での受賞。高卒から新入団した選手以外の3年目以上の受賞は、高梨が史上初めてだった。

     今年の新入団選手には好投手が多く、パ・リーグはソフトバンクの田中正義(創価大)、ロッテの佐々木千隼(桜美林大)、オリックスの山岡泰輔(東京ガス)。セ・リーグは広島の加藤拓也(慶大)、ヤクルトの星知弥(明大)、中日の柳裕也(明大)らが早くも新人王候補に挙げられている。

     2年目以降でも、塹江敦哉(広島)、熊原健人(DeNA)、望月惇志(阪神)、野田昇吾、本田圭佑(ともに西武)ら楽しみな投手が多く、野手の西川龍馬(広島)、真砂勇介(ソフトバンク)、平沢大河(ロッテ)らも資格(支配下登録5年以内、投手30イニング以内、野手60打席以内)を有している。

     中でも2年目を迎える広島の西川は、1年目から内野のバックアップとして25年ぶりのリーグ制覇に貢献。菊池涼介、田中広輔、ルナ、安部友裕らの存在もあり62試合の出場にとどまったが、打席数は58で同資格を残した。

     飛躍が期待される2年目。主戦場の遊撃には切り込み隊長の田中がいるが、ルナが去ったあとの正三塁手候補のひとりとして期待されている。その座を安部や堂林翔太らと争うことになりそうだが、1年目から打率.294をマークした打撃センスは魅力的。守備力も高く、菊池、田中の控えとしても計算できる。

     社会人・王子を経ての入団だが、年齢は大谷翔平や鈴木誠也と同じ22歳。緒方監督は連覇の条件に昨季の鈴木のような若手の台頭を挙げており、その中に西川が含まれていることは間違いない。

     大ブレークした鈴木が「天才」と称す期待の2年目・西川龍馬。レギュラーを勝ち取ることができれば、自ずと新人王に近い位置にいるはずだ。

    このページのトップヘ