広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

     昨季を上回るペースでマジックを点灯させた赤ヘルの強みは何と言ってもチーム打率2割7分8厘を誇る12球団ナンバーワンの打線。その“潤滑油”となっているのが、広島・丸佳浩外野手(28)だ。

     20本塁打を放ち25年ぶりのリーグVに貢献した昨季と比べて、今季は内野安打の割合が極端に低い(昨季は11・1%、今季は3・9%=成績は8日現在)。逆に二塁打数はすでに昨季の30に並んでおり、本塁打数も現時点で17本と昨季超えも射程圏だ。ここまで126安打しており、このペースでいけば自己最多となる2014年の166安打を上回る。

     昨季と何が変わったのか。丸は自身の打撃について「今年は『バットを振り抜く』ことを意識してやっている。当てにいく、走り打ちをするというのを追い込まれるまでしないようにしているのが、内野の間を抜けたり外野まで飛んだりしていることにつながっているのかも。長打が増えている直接の要因は分からないけど」と分析する。

     丸の成長について、チーム関係者は「意識してやっていることが結果になっているのはレベルアップしている証拠」と断言。さらに「田中や菊池をホームにかえしたり、チャンスメークすることで(鈴木)誠也のプレッシャーがなくなるとまでは言わないけど、少しは気持ちが楽になっているかも」と4番鈴木の負担軽減にもひと役買っていることを強調する。バージョンアップした背番号9のバットがリーグ連覇へ導く。
    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/726942/

     代打で打率.433、1本塁打、11打点の成績を残す広島の西川龍馬は、三塁でレギュラー出場していた安部友裕が故障でスタメンを外れてから9試合連続で先発出場する。

     15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した山本昌氏は、「安部選手がケガしても西川選手がいますし、穴を全く感じさせませんよね」と安部と遜色ない活躍を見せる西川を評価した。

     西川は安部が復帰後も三塁で先発出場するなど、レギュラー争いを激化させている。
    引用元 https://baseballking.jp/ns/128272

     102試合目で優勝マジック33が初点灯した広島。まだ41試合を残す中、野手では唯一、シーズン自己最多出場を更新しているのが5年目の上本崇司内野手(26)だ。新人だった13年の30試合を上回る33試合に出場している。

     実は「第4の捕手」という“重役”を担っている。植田バッテリーコーチが説明する。「彼は器用だから。何かあったときは頼む、と前もって伝えている」。7月21日の中日戦。負け試合の中、勝利を目指すため石原、磯村に代打が送られたことで、9回には会沢がマスクをかぶった。万が一、会沢にアクシデントがあった際、マスクをかぶる予定だったのが上本だった。

     「捕手で試合に出たのは中学のときが最後。正直、準備は何もしていないけど、心構えだけはできています」。チームにとっては、捕手としての出場機会がないことが一番だろうが、欠かせないピースであることも事実だ。

     今季は定評のあった守備に加え、俊足ぶりも光る。プロ初盗塁を含む2盗塁をマーク。何より今季のチーム初勝利を呼び込んだことが記憶に残っている。開幕2戦目だった4月1日の阪神戦。延長10回に代走出場し1死二、三塁から安部の二塁へのゴロで三塁走者として好走塁を見せ、サヨナラ勝ちを呼んだ。

     河田外野守備走塁コーチからも走塁面で評価を受ける。「そんなに出場機会はないけど、初めて盗塁を決めたこともあり、自信をつけたんじゃないかな。必要とされていることに喜びを感じていると思う。今年は自信なさげにしている姿がなくなったね」と変化を感じている。

     上本自身も「強気な気持ちを持って、今年はやれていると思います」と一定の手応えをつかんでいる。その一方で、現状には満足していない。「試合出場数が、ただ増えただけでは仕方ないです。盗塁もまだ2つだけですし、打席にももっと立ちたいですから」。

     今季は7打席に立って1四球も無安打。悔やむのは5日DeNA戦で7回2死で回ってきた打席だった。カウント2―2からフォークを空振り三振。「結果を出したいという気持ちが強くて…。つい、欲が出てしまいました」。顔をしかめながら振り返る姿から歯がゆさが伝わってきた。代走、守備固め要員のままで終わるつもりは毛頭ない。(記者コラム・柳澤 元紀)


    引用元 http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/09/kiji/20170809s00001173031000c.html

     広島が1日の阪神戦(マツダ)に4―3で劇的勝利を飾った。

     勝負は一瞬で決まった。広島の逃げ切り勝ちを演出したのは会沢翼捕手(29)だ。1点差を追う阪神は9回一死一塁からヒットエンドランを仕掛けるも、上本が空振り三振。一走の西岡は二塁へと激走していたが、上本が空振りした勢いに“見せかけて”バッターボックスから大きくはみ出して二塁への送球を妨害。会沢が「(上本の体に)手が当たった」と杉永球審に猛アピールし、守備妨害で首尾よく試合終了となった。打っては3―0の4回に一死一、三塁から10球目を左前へ運んだ。会沢の攻守にわたる活躍に緒方監督も「(9回は)大ファインプレーだった。審判もよく取ってくれた」とご満悦だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000014-tospoweb-base

     40歳の大ベテラン・新井貴浩(広島)が、好機で存在感を示した。

     2試合連続でスタメン出場となった30日のヤクルト戦は、『5番・一塁』で出場。0-0で迎えた4回二死一、二塁の場面で、新井は先発・石川雅規の低めのシンカーをセンターへ運ぶタイムリーヒットを放った。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた若松勉氏は、このタイムリーに「見逃せばボールですよ。上手く呼び込んで、センターに持っていきましたね」と解説した。

     さらに8回二死一、二塁で迎えた第5打席では、久古健太郎が投じたストレートをレフトスタンドへ放り込んだ。

     この日は1本塁打4打点の活躍を見せた新井だが、阪神時代はチャンスを潰すことが多かった。若松氏は「(阪神時代は)『頑張らなきゃいけないんだ』と実力以上のモノを出そうとしすぎたんでしょうね。(広島復帰後は)自然体に昔のまんまに戻ってきました」と分析する。

     広島復帰後、再び勝負強さを取り戻した新井。今季は得点圏で、打率.340、3本塁打、30打点の成績を残す。若手、中堅が打線を引っ張っているが、広島にはチャンスで頼りになる大ベテランがいる。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00126227-baseballk-base&pos=3

    このページのトップヘ