広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

     鋭いライナー、高いバウンドが外野の芝生で弾む。プロ4年目。俊足、強肩が武器の広島・野間峻祥外野手に打撃開眼の予感だ。すでに猛打賞を3度記録するなど、43打数15安打で打率・349(5月10日現在)と好調をキープ。野間は「たまたまです」と謙虚だが、「打てるボールをしっかり前に飛ばせているのがいいと思います」とうなずく。

     今季は外野手に故障者が相次いでいる。4月上旬に鈴木が下半身の張りで一時離脱。丸も4月28日・阪神戦の守備中に右太もも裏を痛め、出場選手登録を抹消された。チームのピンチは若手にとってチャンス。他の外野手と同じように野間にもスタメン機会が与えられ、その中で結果を残している。

     「ストライクを打つように積極的にいっています。得点圏ではなおさら。追い込まれると厳しいので。芯で打とうとせず、上からしっかり(球を)つぶしにいくイメージです」

     打席では甘い球にターゲットを絞り、浅いカウントから積極的にバットを出す。塁に出れば、足でかき回す。どこでも守る外野守備は安定感抜群だ。東出打撃コーチも「野間が打ってくれると、チャンスも増えてくる」と目を細める。

     ここまで試行錯誤を繰り返してきた。昨秋は「すり足打法」にトライ。だが「構えたところから打ちにいけなかった。球を見てから打とうとしていた」と断念。ただ遠回りではない。「練習ではきれいに打とうとしてしまう。試合と同じように100%で振ろう」と意識改革。春季キャンプでは胃腸炎を患い、別メニューの時期もあったが、一心不乱にバットを振り続けた。

     「外野手は打たないといけない。今のところ、出る機会をもらっているので、継続していいものを見せていきたい。打つことで足も生かせる。チャンスだと思ってやりたい」

     昨季は主に代走、守備固めとして98試合に出場し、リーグ連覇に貢献した。ただ打率・189。課題は明白だった。今季はひと味違う。快音が続く打撃に磨きをかけ、走攻守でファンを魅了する。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000083-dal-base

     広島のリードオフマン・田中広輔は、四球数がリーグ2位の27、出塁率もリーグ5位の.430を記録している。

     5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた山本昌氏は「選球眼もイイですし、野球を良く知っていますよね」と絶賛。「いやらしい野球をしていますよね。出塁率も高いですしね」と続けた。

     同日に行われたヤクルト戦、2回の第2打席で四球を選んだ打席に山本昌氏は「あれだけの真っ直ぐがきて、いきなりチェンジアップがくると、そう簡単に対応ができないですけど、ファウルを打ってしっかり四球を勝ち取りますから」と評価。

     「野球を知っている選手がいるチームは強いなという感じがします。良いトップバッターになりましたよね」。4月12日の阪神戦から20試合連続出塁を記録するなど、1番・田中がカープの攻撃を牽引している。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00152488-baseballk-base

    <巨人10-2広島>◇13日◇東京ドーム

     広島美間優槻内野手(23)が9回にプロ初安打を記録した。

     8回の三塁守備から出場した美間は9回、巨人カミネロの155キロをライナーでセンターへはじき返した。鳴門渦潮(徳島)から12年ドラフト5位で入団しプロ6年目。10打席目で記録した初安打にも「1打席1打席が僕にとっては勝負。無駄な打席はない」と表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00178697-nksports-base

     今年も打線頼みになりそうだ。

     リーグ3連覇を狙う広島は中日に逆転勝利。2―3の1点ビハインドで迎えた六回、先頭のエルドレッドが同点本塁打を放つと、1死二、三塁から田中の2点二塁打で一気に試合をひっくり返した。

     強力打線を誇る一方で、投手陣には不安が残る。プロ7年目で初の開幕投手を任された野村はこの日、6回3失点と試合をつくったものの、オープン戦で3勝9敗2分けの11位と大きく負け越したのは、チーム防御率12球団ワーストの4.73という大乱調に原因があった。

     野村、ジョンソン、大瀬良の先発3人はある程度の計算が立つといっても、昨季15勝の薮田、同12勝の岡田が揃って不調。開幕2カード目のヤクルト戦に先発予定の高卒2年目の高橋昂も、未知数だ。

     先発が結果を残せず、早い回で降りれば、中継ぎに負担がかかる。中継ぎがヘバり始めると、いくら野手が点を取っても勝てない試合が出てくる。

    「そういうチームは得てして、野手がどんどんシラけていき、チームが機能しなくなるもの」

     とは、ライバル球団の首脳陣の一人。3連覇を果たすには、何より先発の奮起が求められる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000024-nkgendai-base

     足首骨折という大怪我からの復帰を目指す広島東洋カープの鈴木誠也外野手。想像だにしなかったアクシデントで、昨季は終盤から戦線離脱を余儀なくされたが、今春のオープン戦では早くも復活の狼煙を上げている。打率.344、3本塁打、6打点という圧巻のパフォーマンスで、30日に迎える中日との開幕戦に向け、万全に仕上げた。不運な故障の影響を微塵も感じさせない“神っている男”の凄さはどこにあるのか――。


     昨年8月22日、敵地でのDeNA戦でアクシデントに見舞われた。2回2死の場面、右中間に飛んできた大きな打球にジャンピングキャッチを試みたが、着地時に右足首を負傷。担架に乗せられ、退場を余儀なくされた。

     診断結果は右脛骨内果の剥離骨折。骨の接合手術とともにじん帯も修復し、鈴木の2017年シーズンは終わった。だが、離脱までの115試合で残した、打率.300、26本塁打、90打点という圧巻の活躍が認められ、2年連続でベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた。

     大怪我を乗り越え、今季は開幕からの完全復活を期する23歳は、オープン戦で結果を残し、順調な回復をアピール。スピードとパワーを兼ね備え、その勝負強いバッティングから、緒方孝市監督に「神ってる」と呼ばれた鈴木の凄さの根源はどこにあるのだろうか。

    「新井(貴浩)選手など一流どころはそうなんですけど、鈴木選手は自分の肉体の限界値というのを分かっているように思います。しかも、その限界値がとても高い。心や身体にそれなりの負荷をかけることができれば、自分の限界値が少しずつ上がる。それができる選手なので、あそこまでたどり着いたのではないでしょうか。どんな世界でも同じだと思いますが、それができない選手は消えていってしまいますが、基本的にプロのトップレベルにいる選手は、自分の限界値を越えることができる人たちだと思います。鈴木選手はその一人ですね。心も身体も強い選手です」

     こう証言したのは、広島東洋カープの石井雅也トレーナー部長だ。広島を支える41歳の大ベテラン・新井貴浩内野手と同様に、フィジカルエリートが肩を並べるプロ野球界でも、圧倒的に高い心身両面の強度が存在するという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00115735-fullcount-base

     ◇練習試合 報徳学園15―2浜松商(2018年3月10日 鳴尾浜)

     今秋ドラフト上位候補の報徳学園・小園海斗内野手(2年)が10日、対外試合初戦の浜松商戦に「1番・遊撃」で先発。広島、ヤクルトの2球団が視察する中、6回に中越え適時二塁打を放つなど勝利に貢献した。

     外寄りのカーブを仕留めた打球は中堅手の頭上を越えた。「それまでの打席は体が突っ込んでいたので、体を残して打つことを意識しました」。この日は1安打に終わったが、好守で投手陣を盛り立てた。体重は昨秋から7キロ増えて79キロになり「打球も飛ぶようになってきた」とうなずいた。大角健二監督も「逆方向へ強い打球を打てるようになってきた」と成長を認める。

     昨春の選抜大会は1回戦で本塁打を放つなどチームの4強入りに貢献。昨夏は2年生ながらU―18日本代表にも選ばれ、木製バットで14安打を放ってチームトップの打率・378を残した。今春は選抜出場を逃したが、ことしは夏の100回大会優勝とU―18日本代表入り、プロ入りの三大目標を掲げる。

     広島の鞘師智也スカウトは「(ドラフト1位の)12人に入る可能性がある」と断言する逸材。30日には地区大会も控える。小園は「春は近畿大会出場が目標。夏につなげるためにもてっぺんを取りたい」と意気込んだ。(吉仲 博幸)

     ◆小園 海斗(こぞの・かいと)2000年(平12)6月7日生まれ、兵庫県宝塚市出身。逆瀬台小1年から宝塚リトルで野球を始め、投手と遊撃手。光ガ丘中では枚方ボーイズに所属。報徳学園では1年春からレギュラー。2年春に甲子園4強。U―18日本代表。高校通算27本塁打。50メートル走5秒8。遠投110メートル。1メートル78、79キロ。右投げ左打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000079-spnannex-base

     ◆プロアマ交流戦 広島6―0社会人オール広島(7日・マツダ)

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)が、本拠地初の対外試合で2安打デビューを飾った。

     1点リードの6回2死走者なしで代打で登場すると、2球目の140キロの直球をフルスイング。打球は三遊間を抜ける左前安打となった。4―0で迎えた1死走者なしの場面では、同じくストレートを右翼線に運ぶ二塁打を放った。

     3打数2安打の結果に「(緒方)監督の前で、少しはアピールできたんじゃないかなと思います」と中村奨。指揮官も「2打席ともファーストストライクをアジャストして打つのだから大したもの」と高評価した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000167-sph-base

     「プロアマ交流戦、広島-社会人オール広島」(7日、マツダスタジアム)

     広島・美間優槻内野手が「6番・三塁」で先発し、先制ソロを放った。

     五回2死無走者の場面。1ボールからの2球目、相手右腕・加賀美の138キロを捉え、打球は左翼スタンド中段の看板に直撃した。

     3、4日の西武とのオープン戦では計8打数4安打3打点をマークするなど、開幕1軍入りをかけて、引き続き好調をアピールした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000060-dal-base&pos=3

     広島・新井貴浩内野手(41)が、節目のプロ20年目の春季キャンプを終えた。仕上がりは昨年以上で、今年も勝負強い打撃に期待大だ。昨季は100試合に出場し、打率・292、9本塁打、48打点。新井が年を重ねても活躍を続ける要因は何か。昨年のデータからひもといた。

      ◇  ◇

     今年も新井は2月中旬に1軍本隊を離れ、2軍キャンプ地・日南でじっくり調整した。「今年はいいんじゃないかな。昨年よりいいと思う」。仕上がりは順調そのもの。ベテランの健在ぶりを示す、こんなデータがある。

     113打数42安打、6本塁打、打率・372。昨季、新井が直球を打った数字だ。打率・372は100打席以上立った打者の中で12球団トップ。速球に振り負けず、しっかり捉えられていることが分かる。コース別に見ると、真ん中から外角高めにめっぽう強く、打率は5割以上。ただ、新井にとっては意外な数字だったようで「どういうこと?真っすぐをよく打っているということ?12球団1?すごいね!」と目をパチクリさせた。

     年齢を重ねると直球に振り負けたり、球を捉えたと思っても空振りすることがあると聞くが、新井にはまるで当てはまらない。成績低下に直結すると言われる目の衰えも、全く感じないという。

     「全然ないんよね。年取ったら目に来る、真っすぐが速く感じるとか言うけど全くない。目のトレーニング?何もしてない(笑)」

     配球の読みも要因かと聞けば「経験的なものもあると思う」とうなずき、「でも速い球を打ち返す技術、体力がないと打ち返せない」と言った。そして打撃において「速い真っすぐ」を打つことを若い頃から何よりも大切にしてきたという。

     「今は動かしたり、チェンジアップだったり、いろんなボールがあるけど、打者にとって一番嫌な球は速い真っすぐ。これはみんなそうだと思う。だから速い真っすぐを捉えられていることはいいこと。41歳になってそれはすごいことだと思うよ。自慢できるね」

     41歳を迎えても元気いっぱいだ。キャンプ前半は恒例の坂道ダッシュで下半身を鍛え、中盤からはバットを振り込んだ。今年もギリギリまで体を追い込み、速い直球に振り負けない体を作り上げた。同時に技術的な向上も目指している。「いかに自分のいい形で打てるか」。その精度を上げるため、シーズン中も「感覚的なマイナーチェンジ」を繰り返しているという。

     「まだ良くなると思っている。もう良くならないと思ったら、辞める時。まだまだ負けんという気持ち」。向上心に支えられた体力と技術で、今年も速球を打ち返す。(データは共同通信デジタル)=デイリースポーツ・杉原史恭


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000057-dal-base

    このページのトップヘ