広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    野手

     広島の緒方孝市監督が27日、「セ・リーグ ファンミーティング 2017」に参加。リーグ2連覇と日本一へ向け、昨季限りで現役引退した黒田博樹投手の穴埋めをポイントに挙げた。


     緒方監督が穴埋め役として期待したのが大瀬良大地、九里亜蓮の13年ドラフト1、2位コンビだ。ドラフト1位の大瀬良は昨季、右肘痛で出遅れ、17試合登板(先発1試合のみ)、3勝1敗、防御率3.32。ドラフト2位の九里は昨季27試合登板(先発10試合)、2勝2敗、防御率4.50だった。緒方監督は「中継ぎだった大瀬良と九里。投手陣の中でも期待したい」と期待を込めた。

     打線のキーマンには田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の“タナキクマル”を挙げ、課題には“神ってる男”の4番起用を挙げた。「上位のタナキクマルはウチの看板。当然、引っ張ってもらいたい中心選手。新井は開幕で4番に座る可能性は高いです。ただ、課題は4番打者。ここに鈴木誠也が昨季以上の成長が見られれば、4番に据えようと思っている。プレッシャーがかかるなら他の選手を据えようと思う」と話した。

    「もう一度、チームの底上げ。(キャンプから開幕まで)ちょっとケガ人が出て、満足はいかないが、新たに戦力が出てくると思う。楽しみにしている」。昨季のリーグ制覇メンバーが今季もチームを支えることとなるが、緒方監督は新戦力の台頭と若手のさらなる成長を望んでいた。


    引用元 https://full-count.jp/2017/03/27/post62950/

     WBC初戦。キューバに快勝した日本だが、試合を通じて圧倒していたわけではない。特に初回のピンチは冷や汗もので、ここで決壊していては結果はどうなっていたか分からない。試合のターニングポイントとも言うべきファインプレーはなぜ生まれたのか? 偶然ではない侍ジャパンの高度な戦略に迫る。




    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170308-00010002-baseballc-base

     「プロアマ交流戦、社会人オール広島-広島」(7日、マツダスタジアム)

     広島が、桑原樹内野手(20)のソロ本塁打で先制した。

     三回、2死走者なしで打席に入った桑原は、社会人オール広島の先発、加賀美の内角寄りの130キロの変化球をフルスイング。白球はきれいな弧を描いて右翼スタンドへと吸い込まれた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000049-dal-base

     広島岩本貴裕外野手(30)が2日、休日を返上して約2時間、ウエートトレーニングや素振りを行った。

     キャンプ打ち上げ翌日も休んでいられなかった。2軍キャンプスタートも、沖縄2次キャンプ参加。3月のオープン戦にも同行する。「(WBC組がいないことで)チャンスをもらった立場。結果を求めて(スイングが)小さくなったところがある。ただ、僕が求められるのは長打だと思う。準備をしっかりして1打席、1球に集中して打席に入りたい」。持ち前のパワーを武器に、2年ぶりの開幕1軍入りを目指す。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-01786580-nksports-base&pos=1

     ◇侍ジャパン強化合宿(2017年2月24日 宮崎市・宮崎県総合運動公園)

     侍ジャパンの重要な打順を鈴木が担う。ソフトバンク戦では、4番・筒香、5番・中田の後の「6番・右翼」に名を連ねた。

     走者がたまった場面での打席が増えることも予想されるが「自分で決めようとは思わない。1点をどう取るか。それが勝敗に関わってくるし、ヒットじゃなくても点は取れる」と、得点するためのチーム打撃に徹する心構えを示した。

     打撃練習では62スイングで4本の柵越え。バント、右打ちなどチーム打撃も確認した。「いろんなことが求められる打順。練習から意識していかないと、試合でうまくいかない」。鈴木の働きによっては、大量得点につながる可能性もある。昨季29本塁打した長打力も大きな魅力。鈴木の自在性が侍ジャパンの得点力の鍵を握っている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000088-spnannex-base

     広島の堂林翔太内野手(25)が20日、宮崎・日南キャンプを打ち上げ、チームと2次キャンプ地の沖縄入りした。

     緒方監督が日南キャンプ総括の中で堂林を「いい打撃の状態が続いている」と評価。前日の紅白戦でも、5回2死二、三塁から左前へ2点打を放つなど、存在感を見せており、堂林は「秋から続けてきたことができている。同じように続けていくことが大事」と意気込んだ。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000172-sph-base

    このページのトップヘ