広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

     「広島秋季キャンプ」(9日、日南)

     広島・西川龍馬内野手(24)が9日、日南秋季キャンプに参加し、来季自己ベストの打撃成績を残すためにも集中の秋を継続していく意欲を示した。今季、打率・300に届かなかった原因を「集中力」と自己分析。今キャンプは守備がメインで打撃は自主練習が多いが、打席に入れば“一振不乱”。ランチ特打でも心地良い快音を響かせまくった。

     日南の日差しを浴び、西川は眼光鋭くバットを振り続けた。松山と2人のみで行ったランチ特打。左腕の打撃投手相手には36スイング中7本の柵越えを記録するなど快音を奏でた。進化へ「集中力だけですね」と語り、「ランチ(特打)も周りに何もない状態で、より集中できる。今日はわりかし良かった」と好感触を示した。

     規定打席に初めて到達したプロ4年目は打率・297。好成績を残すも、「1、2打席目あかんかったら、集中力が欠けていた。そこを集中していれば、3割いけたかなというのはあった」と言う。それだけに、一球一球に集中している秋だ。

     今キャンプは守備がメインで、打撃面は自身に任せられている部分が多い。午後の打撃ローテには入っていないが、この日の午後も自主的に右翼奥の屋内練習場で約1時間黙々とバットを振り、感覚を研ぎ澄ませた。

     打撃センスピカイチの背番号63。東出2軍打撃コーチも「技術については言ったことがない。(課題は)集中力の使い方」と説明し、「ウソ偽りなく、3割3分3厘は打てる」と太鼓判を押した。

     今季は主に外野での出場だったが、この秋は三塁の練習も再開している西川。「内野守備も下半身を意識して、(打撃に)つながっていけば」。前だけを見据え、プロ5年目も結果を残していく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000030-dal-base

    広島曽根海成内野手(24)が4日、コンディション不良でキャンプ地宮崎・日南から広島に戻った。

    キャンプ前から不安を抱えており、キャンプの練習量では悪化の恐れがあったため離脱という決断に至った。松原チーフトレーナーは「シリアスな問題ではない。まずは運動量を落としてから。有効に時間を使う」と軽症であると強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-11040813-nksports-base

     元広島の梵英心内野手が28日、都内で現役引退会見を行った。2006年から17年までカープで活躍し18年からは社会人野球・エイジェックでプレーした“松坂世代”は「長いような短いような野球人生でしたが、色々な人に会い勉強させていただいた」と語った。

     広島を退団してからここまでエイジェック硬式野球部で選手兼コーチとして活躍したが「夏以降選手として出る機会なくなったが、選手兼コーチの立場は難しいなと。今のスキルならどこかで壁にぶち当たる。選手に対してもよくない、自分に対しても恥ずかしい気持ち。選手としても一枠を僕に使わないといけない、その一枠を今から入ってくる選手に使ってもらいたい」と理由を語った。

     これまでの野球人生を振り返り「小学5年生から野球を始めてプレーさせてもらったが、たくさんの恩師、仲間と出会えて今日ここまでプレーすることができた」と感謝の言葉を口にした。

     プレーヤーとして一区切りをつけた梵。今後はエイジェックのスポーツ統括本部のスポーツ文化プロジェクトマネージャーとして活躍の場を広げていくが「一旦、現場を離れ、外から野球というスポーツを見直していきたい」と語った。

     梵はルーキーイヤーの2006年には123試合に出場し打率.289、8本塁打、36打点、13盗塁をマークし新人王。通算1096試合、990安打、打率.264、74本塁打、357打点、135盗塁を記録。2010年には盗塁王(43盗塁)、ゴールデングラブ賞を獲得するなどカープの正遊撃手として活躍した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00588005-fullcount-base

    広島育成1位指名の旭川大高・持丸泰輝捕手(17)は、先輩の言葉を胸にプロの世界に飛び込む。

    18日は同校グラウンドで練習。「指名後に(昨年巨人育成3位の)沼田さんから『おめでとう』とLINE(ライン)が来ていた。『自分の最高のプレーをする。悔いなく走れ』という先輩の教え通り、プロでも取り組んでいきたい」と決意を示した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-10180808-nksports-base

     今季外野のレギュラーを奪った広島・西川が14日、マツダスタジアムでの秋季練習で三塁練習を再開した。


     午後の特守で約1時間、山田内野守備走塁コーチのノックを受けた。高ヘッドコーチは「今年外野に行って自信を付けたから、よく考えたい」と本格的なコンバートには否定的。西川は「下半身強化になるし、バッティングにもつながる」とプラスに捉えていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000107-dal-base

     ―他球団の評価を聞きたくなかったか。

     「それはね、まあ…。けれど、やっぱり先ほども言いましたが、やっぱりカープの評価がどれくらいなのかというのが一番だったのかなと思います」

     ―家族の反応は。

     「そうですね。そこは一番悩みました。親父の勝手な都合で子供に迷惑をかけられないなっていうのもあったし。(家族も広島に残りたがっていた?)そうですね。子供たちに聞いても『広島が好き』ってのがありました。まあ嫁にはね『もうあなたに任せます』という言葉をもらったので」

     ―佐々岡監督には決断を伝えたか。

     「はい伝えてます。『よろしく、ありがとう』と(言ってもらえた)。はい」

     ―監督の慰留が決断に影響したのか。

     「それは間違いなくあります。はい」

     ―条件は。

     「一応、複数年ということで。3年ですね、はい」

     ―3年契約はうれしかった。

     「まあそうですね。やっぱり会見でも言いましたけど、誠意っていうのが一番心に響いたというか、はい」

     ―権利を持つ野村、菊池涼、松山のチームメートにメッセージを。

     「それはね、僕はもう、一緒にプレーしたいというのが本音です。僕もやっぱりFA権を取って考えることがたくさんあったので、その気持ちも分かります。でも基本は一緒にプレーしたいというのが本音です」

     ―ファンの手紙は届いたのか。

     「はい。球団の方に。(残留を願う内容?)まあ、ありましたし、うれしかったですね」

     ―気持ち的にスッキリしたのか。

     「スッキリはしてますけど、やはり今年のシーズンは悔しい思いをしたので、そこは来年に向かってやっていかなくちゃいけないと思っています」

     ―生涯広島でプレーするつもりか。

     「やっぱり僕は1年勝負だと思ってますから、この世界は。成績が伴わなかったらダメだと思います」

     (退室間際に頭を下げながら)

     「これからもよろしくお願いします」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000123-sph-base

     ―今後の役割は。

     「やっぱり今年はホントに悔しい思いをしましたし、それはみんなが思っていることだと思う。この秋はそういう(V奪還へという)方向に向かっていると思う。僕も一緒になってやっていきたいと思います」

     ―他球団の評価は聞きたくなかったか。

     「一番はやっぱり、カープがどれくらい僕のことを評価してくれるかっていうことだった。その中で球団から、すごい温かいお言葉、うれしいお言葉をいただいた。そこまで悩まなかったっていうのも、正直な感じではあります」

     ―評価のポイントは。

     「僕はキャッチャーですし、選手会長もやらせてもらっているので、そういうところも評価していただいたのかなと思います。うん、そんな感じですかね」

     ―今の気持ちは。

     「一番はホッとしたというよりも、また来年やってやるぞという思いが強いです」

     ―佐々岡監督の胴上げへ。

     「やはり今年の成績は、ひとりひとりが反省しなくちゃいけないと思ってます。僕もしっかりと反省をして、監督とともに、もう一回リーグ優勝を目指していきたいなと思っています」

     ―ファンにメッセージを。

     「はい。えー、うん。ファンのみなさんには、えー、手紙もたくさんいただきましたし、うん。熱い声援も、これからね、またしてくれると思います。うん。また、うん(声を詰まらせる)。うん…うん。ファンの皆さんと一緒に喜びをね、分かち合えるように、必死になって頑張っていきたいと思います」

     (囲み会見)

    ―最初から残留の方向性だったのか。

     「そうですね。その方向性の方が高かったですね」

     ―誰と相談したのか。

     「いろんな人です(笑い)。やっぱり相談して、いい言葉(をもらったこと)もありましたけど、最終的に決めるのは自分だと思っていたので。でも『残ってほしい』とか『出ていかない方がいいんじゃないか』という言葉もたくさんいただきましたね」

     ―ファンへのメッセージのくだりで感極まる場面も。

     「まあ『どこに行こうが応援する』っていう言葉をたくさんいただきましたし、やっぱり『残ってほしい』という言葉もたくさんもいただいたので」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000122-sph-base




     10月17日のドラフト会議を前に、ドラフト専門記者の小関順二氏に各球団ごとの補強ポイントと今年のドラフトでのオススメの選手を紹介していただいた。
     それぞれの補強ポイントを整理すると共に、どの選手を指名するとよいか、球団の台所事情を踏まえて解説していく。今回は広島東洋カープ編をお届けしたい。


    4位 広島東洋カープ

    〈勝-敗-分〉70-70-3
    〈勝率〉.500
    〈打率〉.254
    〈防御率〉3.68

    ★将来性重視の勝ちが見込める投手

    【補強ポイント】
    投手か野手のどちらかといえば投手。三連覇した時は揃っていたのですが、、、
    野村FAの問題もありますし、万全なのが大瀬良しかいない。緊急ではないにしろ、投手の面で補強は必要です。

    【指名オススメの選手】
    佐々木 朗希(大船渡)投手
    西 純矢(創志学園)投手
    山瀬慎之介(星稜)捕手
    藤田 健斗(中京学院大中京)捕手

     カープは即戦力というより素材をみる傾向にあります。完成度より将来性というスタンスですね。佐々木か奥川かとなると佐々木だろうと思われます。佐々木を外すと外れ一位で地元・岡山の西を指名するのではないでしょうか。もしくは競合を避け、一位で西に行くことも考えられます。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00010007-hbnippon-base

     広島は2日、岩本貴裕外野手(33)ら5選手に来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。戦力外通告を受け、岩本は現役引退を表明。故郷である広島での11年間に悔いを残さず、異例とも言える笑顔での決断となった。

     戦力外を告げられても、岩本は何も変わらない。「暗い顔しても仕方ないじゃないですか…。悔いなくできた。まだ(現役を)やりたいというのはない」。非情な宣告の直後でも、人懐っこい笑顔のまま質問に答えた。

     11年目の今季は、4月28日ヤクルト戦の代打での1打席のみに終わった。1軍登録期間は9日間だけ。2軍では70試合で打率・281を残しながら、1本塁打、5打点にとどまり、引き際を意識せざるを得なかった。「終盤に入って、このままでは悔いが残るな…と。ある方からの助言もあって“やるからには一生懸命やってみたらいいんじゃないか”と。悔いなく由宇でもやれたと思う」。金言を送った人物は伏せても、常に笑顔の岩本だからこそ、人の縁にも恵まれた。

     広島商から亜大に進学し、08年ドラフトで1位指名を受けた。「2年目にノーステップにしたのは、一番変えたところ」。2年目の10年に14本塁打と天性の長打力が花開き始めた。しかし、右膝を手術するなど定位置奪取には至らなかった。一番の思い出は、10年8月27日の巨人戦。守護神のクルーンから放った同点2ランを思い浮かべると、ひときわ笑顔になった。

     金本知憲らが背負った背番号10だった。「金本さんがつけられて、記録と記憶を残された方だった。いい結果を残せずにいたことは申し訳ない」。広島市出身のドラフト1位。笑顔の裏には人知れず戦った苦悩もあった。

     「僕は広島出身。カープにいらないと言われたら仕方ない。最初のころは(地元の重圧が)あったかもしれない。でも、この年になっても“がんちゃん、がんちゃん”と呼んでくれてうれしかった。地元でよかったな…と思います」

     今後については未定とした。「家族とかいろんな人と話し合って決めたい」。“がんちゃん”として生きた11年間に区切りをつけ、新たな道を歩む。

    (河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000042-spnannex-base

     広島は27日、マツダスタジアムでスカウト会議を開いた。今回は大学、社会人の候補選手を中心にチェック。高校生を含めて、候補選手は84人に絞った。

     1、2位の上位候補の選手は約20人。中でも星稜・奥川恭伸投手、大船渡・佐々木朗希投手、創志学園・西純矢投手、明大・森下暢仁投手、JFE西日本・河野竜生投手の5人を高く評価した。

     苑田スカウト統括部長は「5人がずば抜けている。重複するだろうね。今日は単独で行くかという話は出ていない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000062-dal-base

    このページのトップヘ