広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

     「オープン戦、広島0-0オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     未来のスラッガーの登場に満員のスタンドがどよめいた。0-0の七回1死、広島のドラフト3位・林(智弁和歌山)が代打で出場した。「人がたくさん入っていて雰囲気が違いました。すごいと思った」。1軍の雰囲気に初々しさを見せながらも、初球から果敢にスイング。カウント2-2から最後は榊原の142キロに空振り三振を喫したが、1打席に自分の魅力を詰め込んだ。

     「(出場は)試合中に言われました。思い切り?自分にはそこしかないので。思い切って振れとコーチの方から言われていた。(緊張は)なかったです」

     この日のオープン戦初出場は、元々マツダスタジアムで試合前に「新入団選手紹介」が予定されていたことに加え、緒方監督からのご褒美の意味もあった。前日16日のウエスタン・ソフトバンク戦。「4番・一塁」で出場し、八回に決勝本塁打を放っていた。そんな特別な“昇格”だったこともあり、林は午前中に2軍の大野練習場で汗を流してから1軍ベンチ入りしていた。

     以前から林のスイングに舌を巻いていた迎打撃コーチは「ストライクをどんどん振りにいけていた」と積極性を評価。結果こそ出なかったが「真っすぐを力強く振りにいけていた」と称えた。

     今後は再びファームで4番として英才教育を受ける。林は「あそこで打たないと、ここ(1軍)では戦えない。あそこで打てるようにやっていきたい」と力を込めた。貴重な経験を糧にして、強打者の道を歩んでいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000035-dal-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     広島ドラフト1位、小園海斗(18)=報徳学園=が3日の西武戦(長崎)で高卒新人野手として2013年の日本ハム・大谷翔平(現エンゼルス)以来のオープン戦本塁打を記録したが、くしくもこの日午前、球界御意見番の張本勲氏(78)が小園の打撃フォームの欠点を指摘していた。なおさら今後の小園に注目が集まる。

     TBS系で放送された朝の情報の番組「サンデーモーニング」の「週刊御意見番」のコーナーで、張本氏はこう指摘した。「バットの握り方が非常に悪いわね」

     具体的にはこうだ。「“こぢから”はあるんですけど、グリップのね、人さし指を二つとも遊ばしているから。やっぱり10本の指を使用しないとね、インパクトの時にずれがあるし、弱くなるんですよ」

     前日(2日)の西武戦(佐賀)でプロ初長打の右翼フェンス直撃二塁打を放ったことを知った上での“喝”。日頃から「足を上げる子と、指を遊ばせている子がすごく多い。なぜ子供の頃から指導してやらないのかなと思いますよ」と不満を抱いている。

     小園はこれでオープン戦通算7打数4安打(打率・571)、1本塁打、1打点、3得点で開幕一軍へ視界が開けてきたが、通算安打の最多記録保持者(3085本)の“安打製造機”張本氏の打撃哲学に反する以上、見過ごせない。

     張本氏のもう一つの不満「足を上げる」ことに関しても、過去に興味津々の経緯がある。“ゴジラ”こと松井秀喜氏のプロ入り当初の巨人宮崎キャンプで、当時の長嶋茂雄監督が直々に張本氏に指導依頼。

     張本氏は松井氏に「ワンちゃん(巨人・王貞治)は一本足打法で世界のホームラン王になったが、あれはワンちゃんだからできた例外だ。足を上げるのをやめて、すり足にしないとダメだ」と直言。しかし、松井はすぐには足を上げるのをやめなかった。

     だが、実際にプロの世界で悪戦苦闘する中で、足の上げ幅を少なくし、徐々にすり足打法へ変わっていったのだ。

     「世界の王」に対し「アジアの張本」を自任する張本氏のアドバイスに飛びつかず、自ら体験した上で変貌していった松井氏。昨年のドラフトで4球団の1位指名が競合した小園が、松井氏の道を歩むのか、苦言に対する反応が楽しみだ。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000002-ykf-spo

    <オープン戦:広島12-5DeNA>◇9日◇福山

    広島西川龍馬内野手が3番アピール打を放った。1点ビハインドの3回1死二、三塁から低めチェンジアップを拾って、右へ逆転二塁打。4回は四球を選んで、4番鈴木の満塁弾をお膳立て。



    3割近いオープン戦打率を残し、打撃内容も悪くない。「僕は誠也が後ろにいたら楽に入れます」と3番に好感触。東出打撃コーチも「(鈴木と)同学年だし、はまってくれれば」と期待した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-03090987-nksports-base

     「練習試合、広島-社会人オール広島」(7日、マツダスタジアム)

     広島ドラフト3位・林晃汰内野手(智弁和歌山)が自慢の打撃でアピールした。

     メヒアの先制弾が飛び出した二回だ。1死から先発左腕・河野の142キロを捉え、左翼線へ強烈な二塁打を放った。

     身長182センチ、体重88キロ。高校通算49本塁打を誇るスラッガーが、マツダスタジアムで鮮烈デビューした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000076-dal-base

     広島・野間峻祥外野手(26)が27日、デイリースポーツの独占インタビューに応じた。昨季は初の規定打席に到達するなど、リーグ3連覇に貢献したブレーク男。攻守でチームの中心だった丸がFAで巨人に移籍した今季、レギュラーを念頭に置く中、進化の年へ「1番・中堅」と打率3割を目指す思いを語った。



      ◇   ◇

     -昨季はプロ4年目で初めて規定打席に到達。今年は楽しみと不安どちらの気持ちが強いか。

     「去年終わった時点から不安な気持ちですね。日本シリーズが終わった時点で今年が始まったと思っていた。その中で競争が始まるというのもある。どうなるのかなという不安はありましたね。でもやらないといけないですし、勝っていきたい。危機感は常にあります」

     -これまでとは違う不安や危機感か。

     「去年までとは違いますね。周りの見方や、期待の言葉もあるので」

     -フルで出場していく難しさも感じたか。

     「そうですね、夏前や、夏場。外の球場が多かったんですけど、やりたいことができなかった。体力にはある程度自信があったんですけど、1年やるのはしんどいんだなと。体が思ったより動かないというのはありましたね。準備が大事だなと感じました」

     -準備で大事なことは。

     「これも慣れもあるんですかね…みんなしんどいと言ってますけど、練習に入るところ、試合前の過ごし方は大事だなと。ケアも自分でできる範囲で気になるところをほぐしたり、トレーナーさんに頼らないといけない部分もありますし」

     -夏場は打撃面も変わった?

     「バットがちょっと重く感じる日もあれば、そうでない日もありました。夏場になるとちょっとバットを振りにくくなったのかなと。なのでちょっとだけ短く持ったりとかはしてました」

     -バットを練習では長く、試合では短く持つ印象がある。

     「去年からですかね。それまでは長く持って、追い込まれたら短く持っていました。練習では長く持ってある程度大きく打つようにスイングして、試合ではなるべくコンパクトに振っていきたい。長く持つと僕の場合は体も一緒に振っちゃうところがある。初めは(指)1本分だったんですけど、だんだん短くなって。その日によって持ちやすいところがありますね」

     -変えた理由は。

     「やっぱり試合に出るためには、まずは塁に出ないといけない。投手に対応していくためにはヒットで塁に出るところを意識して、コンパクトにと。なので短く持つようにしました」

     -理想の打撃の形は。

     「まだ真っすぐに対して、自分の中で見てから振ってしまうところがある。もうちょっと自分のポイントでしっかり振ること。まだ間がないところで勝負しにいってるところがあるので」

     -直球への対応に重要視し続けている。

     「(重要視しているのは)1年目からですね。去年もいい時は打てるところもあったけど、悪くなるとファウルで逃げることしかできない感じだった。狙ったところで甘いコースに来た時にしっかり捉えていかないと、なかなか1軍では厳しい。3割打とうと思ったら、そういうところも大事なのかなと」

     -息抜きは。

     「何も考えないことです。部屋で何も考えない、無の時間。結構明るく振る舞っているんですけど、一人になるとすごい根暗なんですよ(笑)。結構ヤバい時ありますよ。暗いところで何もつけずに座っているだけとか…。ほぼ瞑想(めいそう)です」

     -それがいい時間になっている。

     「それがないと駄目だと思いますね。大学の時からですよ。寮で真っ暗の中、上半身裸でソファに座って。部屋に入ってきたヤツびっくりしますよ。長い時間ではないんですけど。でも数分で済むかな…。ふとした時たまに暗闇にいますね」

     -メジャーリーグを見ることもあるか。

     「好きというかプロに入っていろいろな打者を見てます。去年は試合に出だして初めの方、自分のことをハーパー(前ナショナルズ)だと思って打席に入っていました(笑)。ナゴヤドームで3本打った時(4月21日・中日戦、4打数3安打)も。ハーパーにしたのはなんとなくです。そのぐらいの余裕を持ってということですね」

     -3月9、10日には初選出の侍ジャパンでの試合(メキシコ戦、京セラドーム)もある。

     「最終的には(侍を)目指していくものだと思いますけど、自分でもまだそのレベルに達していないと思います。まずはカープでレギュラーを取っていかないといけないと思うので」

     -3月2日から再びオープン戦が始まる。

     「走攻守で、必死に自分をアピールしてやっていければと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000034-dal-base&pos=1

     広島・野間峻祥外野手(26)が27日、デイリースポーツの独占インタビューに応じた。昨季は初の規定打席に到達するなど、リーグ3連覇に貢献したブレーク男。攻守でチームの中心だった丸がFAで巨人に移籍した今季、レギュラーを念頭に置く中、進化の年へ「1番・中堅」と打率3割を目指す思いを語った。


      ◇   ◇

     -今季戦う上での、一番のモチベーションは。

     「まず今競争していますし、センターのポジションをしっかり勝ち取って、開幕からスタメンで出られるように頑張っていきたいなと思っています」

     -昨年主に守ったのは左翼だった。

     「そこも慣れですね。僕は左翼が一番難しいと思っていますけど、結局は慣れましたし。特にどこでも変わらないと思います」

     -中堅手は外野を統率する部分もある。

     「去年丸さんがやっていたのを見ていますし、打者によってある程度3人で話しながらやっていければいいかなと思います」

     -丸はFAで巨人に移籍したが、その丸から学んで生かせる部分は?

     「指示だったりは常に気を配ってやってもらっていましたし。そこはやらないといけないなと」

     -センターに入ると責任感も出てくる。

     「だいぶそこはありますね。センター中心で両サイドに動いていくので、大事だなと思ってやっていきたいですね」

     -昨季失策は1個のみだった。

     「外野手は1個でも多いんじゃないかなと。後ろにそらすとかイージーゴロをエラーするのは駄目だと思います。ある程度普通にやっていれば、あとは送球に気をつければ大丈夫かなと」

     -打撃の方はここまで順調にきている?

     「量は振れているかなと思います。あとは実戦の中で理想の形を求めて。練習と実戦の差をできるだけ縮められるようにしたいと思います」

     -打率3割は一つの指標か。

     「去年は届かなかったんですけど(打率・286)、捉えることができてくれば足で稼げるところもあると思うので、そういうところに近づいてくるのかなと」

     -投球を捉えるのは簡単ではない。

     「ある程度の割り切りも必要だと思います。自分のスイングを相手は崩しにくるものだと思うので、自分のスイングをできる時に捉えていけるようにやっていきたいです」

     -打順は。

     「やっぱり1番は打ちたい思いがあります。足を生かす部分でも、1番の方がいいなとは思います」

     -昨季後半(25試合で)経験したからこそ思うところもある。

     「そうですね。先頭で僕が変な入りをすると今日いいのかな?とチーム全体が思うと思う。そこでカーンと1本打てたり、粘ったらチームもいけるというところもあると思う。あとは先発投手に対しても(初回で)重要になってくるし、いろいろな仕事がある。やってみたいなというのは、去年やってみて思いました」

     -1番は出塁率も大事になってくる。

     「理想は4割は欲しい。でも僕のレベルで変に見極めようとしたら良くない。今は四球の数を考えるのは駄目かと。ツボに入れば一発もあるとなってくれば、広輔さん(田中)みたいになれてくるのかなと思います。まずは一発で甘いところを捉えていけるようになれば、投手の見る目も変わってくるかなと思います」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000035-dal-base

     野球評論家の張本勲氏(78)が3日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=に苦言を呈した。


     番組では、各球団のプロ野球オープン戦を放送。「主力はボツボツ気合いが入ってきましたね。1か月切っているからね、シーズン。新人はそういうわけにはいかないからね。首脳陣にアピールしないといけないから必死ですよ」と指摘した。

     司会の関口宏(75)から今季の新人について「ハリさんが注目している小園君?」と小園の印象について聞かれた張本氏は「バットの握り方が悪いわね。人差し指を2つとも遊ばしているから」と指摘した。

     続けて「やっぱり10本の指を利用しないと、インパクトの時にずれがあるし、弱くなるんですよ」なんで遊ばせている「子どもの時から、そういう握り方している。すごく多い今の子どもたち」とし「バットを深く握ると指が遊びが多いんですよ。それでも、10本の指をちゃんと利用しないといけない」と説明した。

     その上で「今すごく多い、足を上げる子と指を遊ばせている子が。あれを、なぜ子どもの頃から指導者が指導してやらないのかなと思いますよ」と提起していた。

     小園は、2日の西武とのオープン戦で4回の守備から出場すると、7回の第1打席は痛烈な二直。8回無死一塁では西武・斉藤大の真ん中低めの真っすぐをシャープに振り抜き、右翼フェンスを直撃の二塁打でプロ初長打を放った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000051-sph-base

     「オープン戦、西武4-10広島」(3日、長崎県営野球場)

     広島・鈴木誠也外野手がオープン戦1号を放った。3-3同点に追いついた五回、無死一、三塁から右翼席へ3ランを運んだ。


     試合後は「たまたまです。風ですよ」と控えめに話し、「今日はいいでしょ、小園君でしょう。小園君にバッティングを教えてもらいます」とにっこり。オープン戦1号を記録した背番号51の後輩を持ち上げていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000137-dal-base

    ■広島 10-4 西武(オープン戦・3日・長崎)

     広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手が3日、西武とのオープン戦でプロ1号を放った。開幕1軍に向け猛アピールを続ける息子に母・こず江さんも「1試合1試合、気持ちを切らさずに頑張ってほしい」とエールを送った。


     自宅でTV観戦し記念すべきプロ1号を見届けた、こず江さんは「直前のファーストフライがラッキーな形だったので、ここで打ってほしいなと思っていたら……。ビックリしました」と“打ち直し”の一発に驚きの声を挙げた。

     宮崎、沖縄のキャンプ地にも足を運び練習試合、オープン戦は3試合を観戦。食事を共にする機会もあり「高校時代と変わらずプロに入ってもニコニコしていて安心しました。コーチの方や先輩の方にも色々と教わっているようで素晴らしいチームに入ったなと感じています」と口にする。

     高卒ルーキーながらオープン戦出場3試合で安打を放ち、打率.571、1本塁打、1打点と大活躍。「本人も目標を切らさずにやっているみたいです。1試合1試合、気持ちを切らさずに頑張って欲しいです」と、開幕1軍へ猛アピールを続ける息子にエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00310407-fullcount-base

     「練習試合、広島-楽天」(25日、コザしんきんスタジアム)

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)が2試合連続安打を記録した。

     四回の守備から途中出場。五回の1打席目は辛島の前に中飛に倒れたが、八回先頭の2打席目に4番手・福山から痛烈な中前打を放った。

     小園は24日のDeNAとのオープン戦(宜野湾)で対外試合初安打を放っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000096-dal-base

    このページのトップヘ