広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)が球宴明けから1軍に戻ってきた。後半戦の2試合目となった16日のDeNA戦(横浜)に「8番・遊撃」で先発し、いきなり2安打をマーク。ただ、最も目についたのは果敢な遊撃守備だった。


     2回1死で宮崎のゴロに猛チャージし、素早く一塁に送球。4回1死でもロペスの強いゴロを軽快なフットワークで処理した。「この間は攻めたプレーができなかったけど、今日は前に出てさばくことができて良かった」。本人のコメントからも手応えが伝わってきた。

     6月22日のオリックス戦(マツダ)では何でもない大城の遊ゴロを悪送球。翌23日の同カードでも2失策を犯し、その後は出場機会を与えられなくなった。山田和利内野守備走塁コーチ(54)は言う。

     「今、小園に対して最も大事にしていこうと言っているのは一歩目。どんな打球にも、まずは勇気を持って踏み出そうと。それさえできれば、捕球も送球も良くなってくるから」

     山田コーチは中日に在籍していた1988年に、黄金ルーキー・立浪の控えとして、53試合で遊撃守備に就いている。まさに18歳のお手本だったわけだが、当時から立浪の勝負度胸には光るものを感じていた。

     「やっぱりタツはここ(左胸を指して)が強かったね。ミスをしても、その次の機会があれば必ず攻めていく。打球に対して多少、衝突する癖はあったけど、必ずしっかり一歩目を切っていた」

     記録をひもとくと、立浪はルーキーイヤーに10失策を犯している。ただ、並み居る一流打者の打球にひるまず、攻めていった。高卒新人初のゴールデングラブ賞は華麗なグラブさばきだけでなく、折れない心でつかんだ勲章と言えるだろう。

     小園のここまでの4失策はすべてマツダスタジアムで記録されている。天然芝の球場は、人工芝に比べると、格段に難易度が増すことは間違いない。

     19日からは巨人、ヤクルトと本拠地で6試合が続く。ミスを恐れず積極的に攻める姿勢が見られるのか注目だ。(記者コラム・表 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000129-sph-base

    広島中村奨成捕手(20)が12日、マツダスタジアムで行われた母校広陵の初戦・西条農戦をスタンドから観戦した。

    球宴期間だったことで、プロ入り後初の生観戦がかなった。「後輩の応援に初めて来ることができて良かったです。いい刺激をもらいました。高校野球は1回きりなので、勝っても負けても、最後まで楽しんでもらいたい。まずは甲子園に行ってもらえるように応援します」。コールド発進の後輩たちに笑顔でエールを送った。

    今季、自身はケガで出遅れ、6月中旬に実戦復帰したばかり。7月に入ると、手薄な捕手事情もあり先発出場が増えている。15日阪神戦(倉敷)から始まるウエスタン・リーグの後半戦も先発のチャンスは増えそうだ。「(後半戦は)いいスタートを切りたいと思っている。しっかり刺激をもらったので、後半戦に生かしていけたらいいなと思います」。後半戦の巻き返しを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-07120486-nksports-base

    広島小園海斗内野手(19)が13日、再開された1軍練習に合流した。

    「前回は本当に悔しかった。積極的にやっていきたい」。前回2軍降格となった1日からわずか12日での1軍復帰に向けて鼻息は荒い。



    11日フレッシュ球宴では先頭打者弾でMVPを受賞し、後半戦に弾みをつけた。獲得した賞金100万円は試合後に食事をともにしたロッテ藤原と中日根尾に食事代を支払わされることになったが「賞金合わせても僕の方が(年俸が)少ないんですけどね」と首をひねりながら笑った。

    フレッシュ球宴で得たのはMVPだけではない。純粋に野球を楽しむことの重要性を再確認した。「楽しんでやれれば。そこに限る。その意識は変えずにやりたい」。再合流した広島1軍でも「楽しんでやれ」と声をかけられた。「前回(の1軍)は初めてのことだったので、いつも以上の緊張があった。次は安定した気持ちでいければ。気持ちづくりも大切」。新人だからこそ、求められる姿勢でもある。まだ責任を取る立場にはない。失敗を恐れない姿勢で、11連敗中のチームに新風を吹かせたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-07130691-nksports-base

    <広島-巨人>◇21日◇マツダスタジアム

    広島西川が先頭打者本塁打を放った。ストレートを2球見逃し、3球目の内角へのチェンジアップも見逃してカウント1-2。4球目のやや高めの145キロの直球をひと振りで仕留め、右翼スタンドに運んだ。見事な先制弾だったが、それ以上に1番打者としての働きが際立った。


    1番打者がやるべきこと、とくに初回の第1打席ですべきことは、相手投手の調子や球筋を味方ベンチに見せることだ。球数を多く投げさせ、攻略に生かす要素をできるだけ多く引き出したい。初球は手を出してもいい球だったし、2球目もそう。それでも西川はグッとこらえ、4球目まで待った。巨人先発桜井は、広島戦初先発。そういう意味でも、この待球策はファインプレーといえる。今季の西川は4番と9番以外の7つの打順を経験しているが、1番の資質は十分だ。

    今季の広島は打順がなかなか固まらず、それが低迷につながっている。それでも、球宴明けから西川を1番に置く上位打線は6試合不変だ。この形が今の広島のベストなら、できるだけ変えずに戦ったほうがチームは落ち着く。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-07211016-nksports-base

     「広島7-6巨人」(19日、マツダスタジアム)

     広島・西川が“菅野キラー”ぶりを見せつけた。四回にチーム初安打となる右前打を放つと、五回は左前へ鮮やかな適時打。七回も右翼線二塁打を放ち、逆転を呼び込んだ。

     これで対菅野は今季7打数4安打、打率・571、通算打率も・417の好相性だ。

     試合後、菅野撃ちの要因について「奇跡です!」と連呼し「打席には割り切って入っています。打てなくて当たり前と思ってます」と話した。「いい勝ち方をしたので、乗っていけたらいいですね」と声を弾ませていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000170-dal-base

     ◆高校野球熊本大会1回戦:九州学院8―0大津【7回コールド】(9日・県営八代野球場)


     その一撃で鬼門を粉砕した。初回2死一、二塁。九州学院の友田が、大津の右腕エース生田惇一郎(3年)の真っすぐを捉えた打球は県営八代野球場の左中間席(両翼97・6メートル、中堅122メートル)に消えた。高校通算11号の先制3ランだ。

     「コンパクトに打てたね。相手はいいピッチャーだった。打てないか、と思っていた」と坂井宏安監督も主砲の一発を勝因に挙げた。生田はこの試合で最速142キロをマークし、プロのスカウトも注目。友田はその得意球を狙い打ちした。

     本人は「先制点が欲しい場面。ワンヒットでいいと思っていました。芯に当たったし、左中間を破るかな、と」とアーチにちょっと驚く。打撃に磨きがかかったのはここ1カ月。坂井監督から下半身の体重移動をより意識した打撃をアドバイスされ、結果が出なくても黙々と練習した成果が大事な夏に開花しつつある。今では「打つのは自信があります」ときっぱり言えるまでに体得。打席に立つのが楽しくて仕方ない様子だ。

     九州学院出身と言えば、今売り出し中の村上宗隆(ヤクルト)。友田が1年の時、3年だった村上の姿を見てきた。「すごい選手。宗隆さんに追い付き、追い越したい」。同じ捕手の先輩を目標に高みを目指す。

     九州学院は昨夏、昨秋とも初戦敗退したが、2試合とも会場は県営八代野球場。「うちはここが鬼門。いい思い出がない。コールド勝ちは初めて」と坂井監督が声を上ずらせた。2回戦は舞台をリブワーク藤崎台球場に移し、21世紀枠で選抜大会に出場したシード校の熊本西と対戦。「相手は春の九州4強。先制点を取りたい」。友田はノーシードからの雪辱を描く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00010006-nishispo-base

     「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全セ-全パ」(13日、甲子園球場)

     ホームランダービーが行われ、広島・鈴木誠也外野手が初優勝。賞金100万円を獲得した。



     決勝はオリックス・吉田正尚外野手と対戦。先行の吉田正が3発で終わると、後攻の鈴木は4発を放って逆転。この時点で優勝が決まった。

     鈴木は3年連続3度目の出場で初優勝を飾り、「ありがとうございます。まさか優勝できるとは思っていなかった。すごくうれしいです」とコメント。本塁打を打てる秘けつを問われ、「しっかり寝てご飯を食べて、人より長いバットで遠心力を使って打つことです」と笑った。打球の平均速度165キロも出場8選手で最も速く、日産ノートe-POWER賞も受賞。車もゲットした。

     この日、準々決勝の残り2カードから行われ、まず第1試合ではDeNA・筒香、西武・山川がそれぞれ6本ずつ放ち、延長戦へ。筒香が1分間で5本を放ち、2本の西武・山川に勝利した。

     第2試合は広島・鈴木が4本を放ち、3本の西武・森に勝利。

     それぞれの勝者が激突した準決勝では広島・鈴木が5発、4本のDeNA・筒香を逆転して決勝に進んだ。

     前日の第1戦はオリックス・吉田正が準々決勝でヤクルト・村上に勝利。準決勝ではロッテ・レアードに勝利した巨人・坂本勇を破り、決勝に進んでいた。

     【ルール】

     ・2分間球数無制限で、ホームラン数を競う。

     ・同点の場合は1分間の延長戦を行う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000092-dal-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)=報徳学園=が14日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた全体練習に参加した。後半戦初戦の15日・DeNA戦から出場選手登録される予定で、即1番での起用の可能性もある。チームが1分けを挟んで11連敗と泥沼にはまる中、再進撃へドラ1が流れを変える。

     猛反撃へ、小園がいよいよ再昇格する。後半戦開幕は、現在の11連敗(1分け含む)が始まった横浜スタジアムでのDeNA戦。前日に1軍合流し、この日本拠地で汗を流したルーキーは「チャンスをもらったので、また生かしていけるように頑張りたい」と目をギラつかせた。

     チームは前半戦を借金5、4年ぶりのBクラスターンとなる4位で終え、首位・巨人には11ゲーム差をつけられた。小園は今月1日に出場選手登録を抹消されたが、その後ウエスタンで毎試合安打を記録するなど、6試合で25打数9安打、打率・360をマーク。チームの流れを変える存在として、期待が懸かる。

     昇格即1番で先発する可能性もある。1番はここまで9人が座った打順で、固定できていないのが現状だ。前半戦ラスト4戦は野間が「1番・中堅」を務めていたが、15日は松山が左翼で先発することが有力なことから、左翼だった西川が中堅に入る可能性がある。本職の遊撃だけでなく、2軍では三塁守備も経験してきた小園は、1軍で先発した3試合全て「1番」で出場している。野間が控えにまわれば田中広もいるが、当然小園も“1番候補”の一人に浮上する。

     自身にとっても、「1番」は慣れ親しんだ場所だ。報徳学園、U-18日本代表時代の定位置。「先頭で出られたら自分の気持ちも乗っていけるし、本当にチームの流れを変えたい気持ちもあるので」と意欲を見せる。

     積極的に攻めるイメージも膨らませる。「初球とかしっかり振っていきたい。先頭なので思い切っていくとチームの勢いも変わっていくと思う。どんどん積極的に振っていきたいと思う」と、みなぎる闘志を言葉に表した。

     11日に行われたフレッシュ球宴(楽天生命パーク)では先頭打者本塁打をマークするなどスター性を感じさせる活躍を見せ、MVPも受賞したノッてるルーキー。「常に気を抜けない」。高卒1年目として目の前の1球、1プレーに対してがむしゃらに臨むことが、チームにも良い風をもたらすはずだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000030-dal-base

    <イースタン選抜-ウエスタン選抜>◇11日◇楽天生命パーク

    ウエスタン選抜の1番広島小園海斗内野手(19)が日本ハム吉田輝から先頭打者本塁打を放った。先頭打者本塁打は83年広島定岡以来、36年ぶり。


    待望の初対戦に「絶対に打ってやろう」と燃えていた。吉田の直球勝負に小園もフルスイングで応えた。ファウル、空振り、ファウルで迎えた4球目。高め真っすぐにバットを振り抜くと、鋭い弾道はそのまま右翼席に突き刺さった。笑顔でダイヤモンドを一周した小園は「真っすぐで来ると思っていました」と最高の結果にさらに頬を緩めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-07110839-nksports-base

     「交流戦、広島7-6ロッテ」(20日、マツダスタジアム)

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手が「1番・遊撃」でプロ初出場初先発を果たし、初打席初安打を放った。一問一答は以下の通り。

     -初安打が1打席目に出た。

     「初打席初ヒットだったので、うれしかったです」

     -積極的にいった。

     「持ち味でもあるので、そこは変えずにいきました」

     -記念のボールは。

     「家に送りたいと思います」

     -デビュー戦を振り返り、悔しい結果という言葉もあった。

     「エラーもあったり、三振2つというのは悔しかった」

     -田中広がずっと守ってきた遊撃で先発した。

     「ずっと守ってきたところで出させていただいて、そこでしっかり結果を残そうというか、1軍のショートとしてしっかりやろうと思ってました」

     -デビュー戦の自己採点は。

     「40点ぐらいですね」

     -スタンドが真っ赤な中でプレーしたことは。

     「声援が自分の力になった。オープン戦の時からすごい応援と感じていたので、公式戦でしっかりとプレーしたいという気持ちでやってきて、今日真っ赤なスタンドで守って打ったりできたのは本当に良かったです」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000164-dal-base

    このページのトップヘ