広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    野手

     2016年の新人王は、セ・リーグが阪神の高山俊、パ・リーグは日本ハムの高梨裕稔が受賞した。近年は大学、社会人1年目選手の受賞が続いていたが、高梨は大卒3年目での受賞。高卒から新入団した選手以外の3年目以上の受賞は、高梨が史上初めてだった。

     今年の新入団選手には好投手が多く、パ・リーグはソフトバンクの田中正義(創価大)、ロッテの佐々木千隼(桜美林大)、オリックスの山岡泰輔(東京ガス)。セ・リーグは広島の加藤拓也(慶大)、ヤクルトの星知弥(明大)、中日の柳裕也(明大)らが早くも新人王候補に挙げられている。

     2年目以降でも、塹江敦哉(広島)、熊原健人(DeNA)、望月惇志(阪神)、野田昇吾、本田圭佑(ともに西武)ら楽しみな投手が多く、野手の西川龍馬(広島)、真砂勇介(ソフトバンク)、平沢大河(ロッテ)らも資格(支配下登録5年以内、投手30イニング以内、野手60打席以内)を有している。

     中でも2年目を迎える広島の西川は、1年目から内野のバックアップとして25年ぶりのリーグ制覇に貢献。菊池涼介、田中広輔、ルナ、安部友裕らの存在もあり62試合の出場にとどまったが、打席数は58で同資格を残した。

     飛躍が期待される2年目。主戦場の遊撃には切り込み隊長の田中がいるが、ルナが去ったあとの正三塁手候補のひとりとして期待されている。その座を安部や堂林翔太らと争うことになりそうだが、1年目から打率.294をマークした打撃センスは魅力的。守備力も高く、菊池、田中の控えとしても計算できる。

     社会人・王子を経ての入団だが、年齢は大谷翔平や鈴木誠也と同じ22歳。緒方監督は連覇の条件に昨季の鈴木のような若手の台頭を挙げており、その中に西川が含まれていることは間違いない。

     大ブレークした鈴木が「天才」と称す期待の2年目・西川龍馬。レギュラーを勝ち取ることができれば、自ずと新人王に近い位置にいるはずだ。

     広島の菊池涼介(26)が12日に静岡県内で自主トレを公開。WBCに向けて例年以上に早い調整を進めている。昨季は不動の2番として25年ぶりのリーグ優勝に貢献。181安打で最多安打を獲得し、ゴールデングラブ賞にも選ばれた。

     侍ジャパンの中心選手として期待する小久保監督は、昨年11月の強化試合では主に本職の二塁で起用。大会本番でのスクランブル起用を見据えて遊撃も1試合守った。

     一方で、懸案事項になっているのが三塁だ。強化試合では菊池と同じ二塁のヤクルト山田が三塁に挑戦。山田、菊池の両方をスタメン起用したい小久保監督の意向があったものの、山田は三塁守備でのフットワークに戸惑い、悪送球を記録した。

     ある球界OBは、「山田の守備負担を軽減するには、指名打者で起用し、菊池を二塁、ソフトバンクの松田を三塁で使えばいい」と言うが、別のOBは「山田を二塁、菊池を三塁に置くのがベスト」と、こう続ける。

    「山田は入団当初、遊撃手だった。しかし、送球難によって二塁に転向した。その時の経験もあって、遊撃や三塁に必要不可欠な長い距離の送球に不安を抱えているそうだ。ただ、山田は守備からリズムをつくるタイプだという。三塁や指名打者ではなく、本職の二塁で起用した方が得策だと思う。菊池のプロでの三塁経験は12年の1試合のみだが、強肩かつ守備範囲が広く、動物的な反射神経を持つ。三塁は速い打球に対応しないといけないが、菊池なら問題ないだろう。高校時代は三塁手だったこともアドバンテージになる」

     本番のスタメン発表ではどうなるか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000015-nkgendai-base

     セ・リーグ連覇の新戦力に―。広島カープの庄司隼人内野手(25)が12日、新たなシーズンへの意気込みを語った。

     庄司は毎年恒例となった合同自主トレを菊池涼介内野手(26)らと静岡県内で行っており、この日もノックやロングティーなどで約3時間、汗を流した。WBC日本代表から学ぶことが多く、「充実した練習ができています」と声を弾ませた。

     昨年は1軍で3試合に出場したものの、2打数0安打。「1打席に懸ける気持ちが強すぎて空回りしてしまった」と振り返る。チームのリーグ制覇に何も貢献できなかったことが悔しい。今季は「いかに平常心を保って打席に立つか」がテーマ。緒方監督も「リーグを連覇するためには新しい戦力が必要」と話しており、「その力になって、今年こそ優勝に貢献したい」と力を込める。

     昨年9月には第1子となる長男も誕生。家族が増えたことで「やらなければ」という自覚と責任も強くなった。「少なくても50試合は1軍でプレーしたい」と庄司。18日まで故郷で練習を積み、2月のキャンプに備える。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000225-sph-base

     広島は11日、広島市内のマツダスタジアムで1回目のスカウト会議を行った。不作と言われる17年ドラフトへ、指名候補選手232人をリストアップした。さらに各地区のスカウトが注目選手をリストアップ。早実・清宮幸太郎内野手(2年)や履正社・安田尚憲内野手(2年)、JR東日本田嶋大樹投手(20=佐野日大)、ヤマハ・鈴木博志投手(19=磐田東)はビデオもチェックした。



     会議の時間も短く苑田スカウト統括部長は「例年はこの時期だと300人くらいはいる。長くやってきたが、ここまで候補選手が少ないのは初めて。でも逆に言えば、うちの優秀なスカウトの腕の見せどころ。やりがいがあるね」と話した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-01763815-nksports-base

     広島・桑原樹内野手(20)が8日、静岡・菊川市内で行われた成人式に出席。プロ3年目のシーズンへ意欲を新たにした。

     25年ぶりのリーグ優勝で全国的に広島旋風が吹いた昨年。しかし2軍の選手にはビールかけもVパレードも関係なかった。「自分は何もしていないし、全然うれしくない」と桑原は悔しさをにじませる。昨季はウエスタンリーグ全109試合に出場し、打率2割4分8厘、3本塁打と成績を残したが、「全然ダメです」。秋の1軍キャンプに参加した際には守備も打撃も、すべてにおいて足りないことを実感したという。

     12月26日に地元・静岡に帰省し、母校で自主トレを積んできた。「このままではあと2、3年で終わってしまう。1軍のレギュラーになるつもりで、危機感を持ってやるしかない」。成人式のお祝いムードに浸ることなく、10日には広島に戻り、バットを振り込んでいく。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000235-sph-base

     広島の新入団選手発表が13日、広島市内のホテルで行われた。ドラフト4位日大三・坂倉将吾捕手(18)はまさかの“トレーニング”を明かした。

     右投げ左打ちの打てる捕手。高卒ながら3拍子そろった好素材。高校通算25本塁打を誇り、神宮のバックスクリーンに放り込んだこともある。憧れの選手を問われると「石原捕手です。捕手としての一番は勝てること。僕も勝てる捕手を目指したい」と意気込んだ。

     毎日欠かさないトレーニングを問われると「朝の散歩です」と告白。「朝があまり強くないので。体を動かしたいということと、四季折々を感じたいと思ってやってきました」と続け、会場を笑わせた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-01751261-nksports-base

     ロッテは12日、鴨川秋季キャンプの入団テストで合格した前阪神・柴田講平外野手(30)、前ソフトバンク・猪本健太郎内野手(25)、BCリーグ、前石川ミリオンスターズ・三家和真外選手(23)の3選手と来季の契約を結び、ZOZOマリンスタジアム内で入団会見を行った。柴田は年俸700万円、猪本、三家は500万円(金額は推定)。

     苦労人の三家がNPBに復帰した。「取りあえずホッとしていますが、気を引き締めてやっていかなければと思っています」。

     11年に育成4位で広島に入団したが、13年に右ひざのケガもあり戦力外通告を受けた。

     「野球をやりたい」という強い意志からBCリーグ・石川でプレーを続けた。今季は打率・248、5本塁打、26打点の成績を残して、ロッテの入団テストに挑戦して合格を勝ち取った。

     広島退団後はゲーム会社でアルバイトをした。「お金を大事に使う難しさが分かった。BCに入ってからは1年、1年が勝負とやってきた」という。

     周囲の関係者たちからの「まだできる」「頑張れ」の言葉を励みに、「24、5歳をメドにしてきた」と振り返った。

     「全力で必死でやる。野球への姿勢がアピールだと思います」。スイッチ・俊足に磨きをかけて、苦労人は1軍を目指す。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000054-dal-base

     2016年、セ・リーグの最優秀選手(MVP)に選出されたのは広島・新井貴浩だった。

     大ベテランがプロ18年目での初選出。39歳での受賞は、門田博光(南海/1988年)の40歳に次ぐ高齢記録だ。それだけ年齡を重ねてきているだけに、過去には選手として崖っぷちに立たされたこともある。

     阪神時代の最終年となった2014年には、マウロ・ゴメスの加入によって三塁の控えや代打に甘んじたこともあり、出場機会が激減。出場試合数は前年の140試合から94試合に減り、打率.244、3本塁打、31打点はいずれも阪神移籍後の7年間で最低の数字に終わった。

     すると2015年、推定年俸2億円から2000万円への大減俸をのんで広島に復帰。出場機会を求めての古巣復帰だったものの、当初は代打での起用がメインになるものと思われていた。

     ところが、運が新井を味方する。助っ人勢の相次ぐ故障もあって4月半ばから4番に定着。気迫あふれるプレーで若い後輩を鼓舞し、黒田博樹とともに投打の柱となる。

     そして迎えた今季、シーズンを通して中軸を担い、計132試合に出場。打点ランキング3位の101打点を記録するなど、ベテランらしい勝負強さを発揮し、チーム悲願の優勝に大きく貢献。個人としても通算2000安打に300本塁打、1000得点と節目の記録達成ラッシュに加え、最後にはMVPという大きな勲章も掴んだ。

     まさに、崖っぷちからの大復活...。例は多くはないものの、この新井と同じように“引退説”さえささやかれるような状況に追い込まれながらも、復活した選手は他にもいる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00098297-baseballk-base

     広島・堂林が、自身初となる外野用グラブをミズノ社にオーダーした。

     「ポジションにこだわりはない。出ることが最優先ですから」と3年ぶりの外野への本格転向に意欲を見せた。今秋キャンプで三塁から左翼にコンバートされた。来季は左翼を野間らと争うことが濃厚で、パワーアップのため、肉体改造にも着手。1年前は90キロを割っていた体重は93キロまで増量。兄貴分のドジャース・前田は「下位(打線)で20~30本打つと投手は怖い」とハッパをかけた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000033-sph-base

    このページのトップヘ