広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野手

     広島の野間峻祥外野手(26)が14日、開幕レギュラー奪取へ意欲を燃やした。現在は宮崎県内で鈴木誠らと合同自主トレに励む日々を送る。今季は武器の俊足にさらに磨きをかけ、盗塁数を増やすことを宣言。昨秋から取り組む新打撃フォームを完成させ、走・攻でし烈な外野戦争を勝ち抜く覚悟だ。



     6年目の今季はレギュラーの座を不動のものにする。開幕スタメンに向け、野間はチームメートとともに自主トレに励んでいる。単独ではなく、合同でやることによって「他の選手を体感できる」と相乗効果を実感している。

     昨季は123試合に出場し、打率・248、2本塁打、16打点と数字的にはやや物足りなさが残った。厳しいポジション争いを勝ち抜くためには当然、一層のレベルアップが要求される。

     「足という部分で負けていない」と言うように、野間の最大の武器は機動力だ。昨季は14盗塁で成功率・875と好成績を残した。それでも「企画数が少なかった」と反省。「相手にプレッシャーをかける意味でも企画していった方がいい」と、盗塁企図数を増やすことで盗塁数増につなげ、得点に絡む機会も増やす狙いだ。

     昨年の秋季キャンプから打撃フォーム改造に取り組んでいる。朝山打撃コーチから「強く振れ」との助言を受け、長打力向上を目指している。自主練習では安定感が増し、完成形への手応えをつかみつつある。

     西川や長野、新加入したドラフト2位の宇草(法大)らがライバル候補になる。「上位を打ちたいですし、とにかく外野がし烈なので」。狙いは1番奪取だ。切り込み隊長定着へ、キャンプ、オープン戦を通じてアピールを重ねていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000034-dal-base

    広島は10日、広島市内の球団事務所で今年初のスカウト会議を行い、今秋ドラフト候補を274人リストアップした。

    この日は8人の候補を映像で確認した。田村恵スカウト部課長は「現状で脚力のある若い選手が増えてきた。投手はもちろんですけど、長打力の素質を持った選手を探していこうという形です」とテーマを明かした。

    上位候補として、社会人NO・1右腕のトヨタ自動車・栗林良吏(りょうじ)投手(23=名城大)、近大・佐藤輝明内野手(3年=仁川学院)、東海大・山崎伊織投手(3年=明石商)、中央大・牧秀悟内野手(3年=松本第一)、中京大中京・高橋宏斗投手(2年)らの名前が挙がったとみられる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01100363-nksports-base

     広島は10日、広島市の球団事務所で今年初めてとなるスカウト会議を開き、今秋ドラフト会議の候補274人をリストアップした。8人を映像でチェックした。

     上位候補には、トヨタ自動車・栗林良吏投手(23)、中大・牧秀悟内野手(3年)、東海大・山崎伊織投手(3年)、中京大中京・高橋宏斗投手(2年)らの名前が挙がった。

     将来的なチーム編成を見据えた上でも、今年はパンチ力のある野手の獲得がテーマの1つになる。田村恵スカウト課長(43)は「投手はもちろんだけど、長打力のある素質を持った選手を探していきたい」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000067-dal-base

    広島菊池涼介内野手(29)が12日、静岡市清水庵原(いはら)球場での自主トレを公開し、守備や打撃などで精力的に体を動かした。ポスティングシステムで大リーグ移籍を目指したが、昨年12月末に残留を決断。


    カープの一員として迎える9年目のシーズンへ「本当にスッキリしましたし、気持ちを入れ替えて今年明けさせてもらった。周りを全て見ていかないといけない立場なので、また新しいチャレンジというか、新しい気持ちで頑張ります」と意気込んだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-01120643-nksports-base

     広島の新人合同自主トレが12日、廿日市市内の大野練習場で行われた。

     30メートル走では、ドラフト2位・宇草孔基外野手(22=法大)が、唯一の3秒台となる3秒98をマーク。3秒台が俊足の目安とされており、2位だった森下(明大)の4秒12を大きく引き離す断トツだった。

     大学4年春のリーグ戦では13試合で6盗塁し、高校3年春の甲子園大会初戦・米子北戦では、大会タイ記録となる1試合5盗塁をマーク。自慢の俊足のアピールに成功した。

     午後からは、広島市内の病院で体力測定を行った。指示に応じてジャンプする反応時間は、野手トップの韮沢(花咲徳栄)に次ぐ野手2位をマークし、瞬発力の高さも示した。

     「スピードを持ち味としてプレーしている。スピードがある分、体に負担もかかると思う。速さを維持しながら長くプレーを続けていくことも大切な要素。そういうところも意識してやっていきたいです」

     腕の筋力測定でも高数値を記録。「柳田選手とか鈴木誠也選手のような、大きくてスピードもあるプレーヤーになりたい」。俊敏性とパワーを兼ね添える先輩らを理想に掲げた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000224-spnannex-base

    広島鈴木誠也外野手(25)は黒田魂と新井魂を胸に刻んで今季に臨む。6日から始めた宮崎・串間市での合同自主トレを公開。ソフトバンク内川との合同トレを卒業し、野間ら広島4選手を引き連れて独り立ちした。


    チーム内での立場も変わり、今や後輩、先輩関係なく助言を求められる。主力としての自覚は強い。「(若手には)言った方がいいかなという時は言います。でもプレーや練習でしっかりしていれば、やってくれると思う。僕は黒田さん、新井さんの姿を見てやれた」。3連覇の礎を築いた先輩のように背中でも引っ張る覚悟を示した。

    チームの再浮上には選手の意識改革が欠かせない。「優勝している時は自分のことを考える選手が少なかった。レギュラーの選手が自分のことを考えていたら正直厳しい」。主力だけではない。突き上げが弱い若手にはハッパを掛けた。「僕は3年目にレギュラーを取らないとクビになると思っていた。1年目からレギュラーを取るつもりだった。今の子たちは遅い。ゆっくりやっているように見える。そんなことをやっていると消えてしまうよと伝えたい。そんな甘い世界じゃない」。練習中は笑顔が目立った主砲の表情が厳しくなった。

    昨季は首位打者と最高出塁率。侍ジャパンでも中心打者となった今も「常に危機感を持っている。若手、ベテランよりも練習、意識を高く持っていないと抜かされてしまう」と言い切る。だからこそ向上心は尽きず、目標も高い。「全ての面でレベルアップしたい」。もちろんバットでも、チームを引っ張っていく。【前原淳】

    ○…昨年8月に鈴木誠と結婚した愛理夫人が自主トレ地を訪れ、練習姿を見守った。新体操日本代表としてオリンピック(五輪)に2度出場した元アスリートで、NHKのスポーツニュースなどに出演しているだけに、まなざしは真剣そのものだった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-01110658-nksports-base

     広島東洋カープ4位指名の韮沢 雄也。打撃の完成度がピカイチのものがある。昨年のワールドカップでは、10安打を放ち一塁手部門でベストナインを獲得した。カープは左の好打者、強打者が多い球団でその競争は非常に激しいが、その中でも生き残るためには、走攻守すべてにおいてレベルアップする必要があるだろう。


     ドラフト会議、韮澤は覚悟を決めている。11月に行われた彩の国野球フェスティバルでは、中学生たちに指導を行った。遊撃守備では華麗な守備を披露し、打撃練習ではシュアな打撃を披露し、その姿は中学生のお手本だった。韮澤はどういう思いでこのイベントに参加したのか
    「高校3年間、埼玉で過ごして応援してもらったので、教える立場として野球人口を増やしていきたいので、野球を好きになってもらいたい思いで教えました」

     その後もアピールが大事となる春季キャンプでけがをしないよう、体作りを行ってきた。

     合同自主トレもスタートし、プロ野球選手としてスタートを切った韮澤。そんな韮澤の決意を聞いた。
    「自分を育ててもらった新潟や埼玉に恩返しできるように活躍して頑張っていきたいです」

     プロでも活躍し、新潟、埼玉、広島の3県のファンから愛される選手へ成長できるか注目だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00010007-hbnippon-base

     広島ドラフト2位の宇草(法大)は、プロでもポジティブ思考を貫く構えを見せた。好きな言葉は「ALL OK」。精神面を見つめ直した、大学の4年間。「感情のコントロールをすごく意識してきた。どんなときでも攻めることを貫いてきたので、カープに入っても変えずにいきたいです」と意気込んだ。

     4年秋のリーグ戦では打率・100と不調に悩まされた。「大学で積み重ねの重要さを学びました。いろんなことが全てつながっているはず。リーグ戦の悔しさにも意味があると思っています」と、結果に左右されることなく前を向いてきた。

     俊足強打の外野手で、全力疾走をモットーとする。「全力で走ることで、気持ちのブレをなくすことができる。劣勢の展開でも続けることができるかは、自分との戦いになる」。1月上旬から新人合同自主トレが始まり、春季キャンプでは1軍スタートが有力だ。「積極的な打撃と走塁を見てほしいです」と、気持ちの強さでアピールする。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000017-spnannex-base

     広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=と同2位・宇草孔基外野手(22)=法大=の新春対談が実現した。高校3年時の日本代表で初めて出会い、東京六大学リーグでもしのぎを削った間柄。大学時代の思い出や同じユニホームを着て描く未来像などを語り合った。森下は新人王を目標に掲げ、宇草は一日一生の精神でグラウンドに立つと誓いを立てた。=ルーキーズ初夢対談2


      ◇   ◇

     -これまで広島に来たことは?   

     宇草「1回だけあります。小6のときに全国大会が広島であったんです。マツダスタジアムができた年かな。マツダで入場行進をして、試合は広島市民球場だった」

     森下「へー」

     -大学での初対戦は覚えている?

     宇草「覚えてます。3年の春かな」

     森下「結構、打たれてると思うよ」

     宇草「結果は覚えていないんだよ。でも、見た通りすごい投手だった。素晴らしい、打てないッス」

     -その後も何度か対戦があった。

     森下「宇草は足が速いから逆方向を狙えばヒットになる可能性は高い。でも自分との対戦ではファーストゴロだったっていう印象が強いよ」

     宇草「普段は常にセンター返しを意識するんだけど…。良い投手だから欲が出るんだよ。絶対に打ちたいと。欲を出し過ぎたね」

     -大学進学を選んだ理由は?

     森下「自分の中ではプロに行きたいと思ったけど、プロでできるかって考えたときにうまくいくイメージがなかった。怖い場所だという感覚があって。柳さん(中日)とか(坂本)誠志郎さん(阪神)に『4年間、大学で野球をやってプロに行っても、高校からプロに入ったメンバーと変わらない。野球に対する経験は、自分がやれば変わらないし、大学に行けば横のつながりもできる』と言ってもらった。善波前監督からも『必ずドラ1で行かせてやる』と言ってもらって」

     宇草「僕はプロとか全く考えていなかった。大学でも野球を続けられるかなって心配していたぐらい。法政さんからお話をいただいて、お世話になりますと決めた」

     -常総学院は全国屈指の強豪校。その中でセンバツにも出た。

     宇草「プロに行きたいなと思っていましたけど、本当に現実味を帯びたのは、大学3年の秋が終わってから。それまではメンバーに入れなかったし、試合にも出ていなかった。社会人でできるかなと考えていた。先輩にもそういう相談をさせてもらった」

     -大学4年間を振り返ると。

     森下「高校のときは、ほぼ何もしていなかった。体幹や走り込み、ウオーミングアップやトレーニングも…。バッティングをして終わりの日とかもあった。今思うと、高校のときはめちゃめちゃ甘ちゃんだった。こんな状態で大学に行ったから、アップだけでしんどかった」

     宇草「僕も高校時代はあんまりアップの時間はなかった。大学はアップがめっちゃ長いよね」

     森下「高校時代は、授業が終わったらグラウンドに出てきてケージを準備。集合して『バッティング!』って。投手も野手と一緒。だから大学では野手と投手が分かれているというのが最初、意味がわからなかった」

     宇草「オレも一緒。大学って、めっちゃ分かれてる」

     森下「だから大学では、何でバッティングさせてくれんの?って思った」

     宇草「暢仁ってめっちゃ打つからね。明治で一番嫌だった。マジでめっちゃ打つ」

     森下「打撃と投球はつながっていると思ってるから(笑)」

     宇草「出た!名言!」

     森下「打撃はその場で回転したり、下半身を使わないといけないでしょ。ピッチングも同じ。投げることと打つことは、似ているんじゃないかなという考え」

     宇草「リーグ戦で代打で出てきたことがあったよね。結果は三振だったけど、雰囲気が全然違った。落ち着いていた」

     森下「結構、粘ったなぁ」

     宇草「意味わかんないよ、投手が代打って」

     -プロで打撃での目標は。

     森下「ホームランは1本は打ちたいなっていう気持ちがあります。大学で打てなかったから」

     -森下投手から見て宇草選手はどんな選手だった。

     森下「六大学のオールスターで一緒だった時、練習での打球がみんなと違っていた。みんな真剣に振ってレフトのフェンス直撃だったのに、宇草は最後に出て来て、バックスクリーンへ3本くらいぶち込んだ。コンパクトに振って。ショートの位置で見ていたんだけど、すごいって思った」

     宇草「みんな見てたから練習用の打撃をしたんだよ。ちょっと頑張ろうと思って」

     -宇草選手は俊足も武器。森下投手もかなり警戒したのでは?

     森下「けん制は練習しましたね」

     宇草「めっちゃけん制するもんね、そしてうまい!一塁走者で盗塁を試みたのは1回だけかな。成功もその1回だけ」

     -先輩選手に聞きたいことは?

     森下「一番、聞きたいことは苦労したことですね。勝手なイメージだけど、ほとんどが苦労ばかりで、簡単にいかない世界だと思っているんです。やっておいた方が良いことを知りたい」

     宇草「たくさんあるけど、プロは毎日試合がある。どういう気持ちで臨んでいるのかなと思う。良い日もあれば、悪い日もある。悪い日にどういう考え方で臨んでいるのか聞きたい。もちろん技術的なこともたくさん聞きたいですけど、シーズンの流れが全くわからないので、こういうときは、こういうことを意識した方がいいよとか。取り組み方とか考え方を聞きたいです」

     -目指す選手像は?

     宇草「どんなときも攻めていきたい。打撃と走塁が自分の長所。どんどん攻めていって、負けているときに流れを変えられる選手になりたいです。来年、クビになるかもしれない。自分はそれくらいの危機感を持ってやっていきます」

     森下「結果を残して、できる限り長く野球を続けたい。そして、いずれは球界を代表する選手になりたいと思っています」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000017-dal-base

    このページのトップヘ