広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    野村祐輔

     広島が15日、静岡で行われた楽天とのオープン戦に1-4で逆転負けした。

     先発の野村祐輔は5回を4安打無失点。3回に3連打で無死満塁のピンチを背負ったが、2番・藤田をスライダーで一ゴロ。3番・今江も外のスライダーを引っかけさせて投ゴロ併殺に仕留め、無失点で切り抜けた。

     15個のアウトのうち、9つを内野ゴロで奪った。一方で三振は0と、打たせて取る持ち味を存分に発揮。4回2失点だった前回登板よりも内容は良く、昨季の最多勝右腕が順調に仕上がってきた。

     6回はブレイシア、7回はジャクソンがそれぞれ3者凡退でつないだが、誤算は8回の今村。2つの四球で1死一、二塁のピンチを招くと、藤田に同点タイムリー。今江への四球で満塁とされ中川に右翼へ走者一掃の3点二塁打を打たれた。

     打線も9安打を放ちながら1得点に終わった。

     心配なのはエルドレッド。「6番・指名打者」で先発出場したが、2回の1死三塁で迎えた第1打席は二ゴロ。4回の第2打席は四球。7回の第3打席も三ゴロに終わった。オープン戦は目下、17打席連続無安打、18打数1安打で打率はわずか.056。甘い球を打ち損じるケースが目立っている。

     外国人枠を争う新助っ人のペーニャが打率.368と結果を残しているだけに、エルドレッドはここから巻き返したいところだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010019-fullcount-base

    ◆オープン戦 楽天―広島(15日、静岡)

     広島の野村祐輔投手(27)が先発して5回4安打無失点で、順調な仕上がりをアピールした。3回には無死満塁のピンチを背負ったが、藤田を一ゴロ、続く今江を投ゴロ併殺に打ち取り無失点で切り抜けた。

     それでも、昨季のセ・リーグ最多勝投手は「結果はゼロに抑えられたけど、内容は良くなかった。狙ったところにあまり投げられていない」と厳しめのジャッジ。「フォームをもう一度、確認して投げたい」と修正ポイントを挙げた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000127-sph-base

     広島は13日、「黒田博樹特別試合」として行われる、18日の日本ハムとのオープン戦(マツダ)で、監督、コーチ、選手らが着用する特別ユニホームを発表した。


     特別ユニホームは、黒田氏が入団した当時のユニホームをモチーフに、背番号や胸の「CARP」の文字に金色の刺しゅうが施され、左胸には特別ワッペンが付けられている。

     小窪選手会長、野村、会沢の3人が着用して登場。野村は「黒田さんが付けていた番号。永久欠番にもなっているし、着させていただいて光栄に思います」と話した。

     また、当日は昨季のリーグ優勝を記念して製作されたチャンピオンリングが各選手に贈呈され、始球式には黒田氏が登場する。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000054-dal-base

    ◆オープン戦 広島0―4ヤクルト(12日・マツダスタジアム)

     ジョンソンの開幕投手が事実上、決定した。緒方監督は「次(の登板後)くらいでしょう、タイミング的には。しっかりとこちらから伝えるのは。そのつもりで本人もやっているでしょう」と胸の内を明かした。外国人の2年連続開幕投手は球団初。外国人左腕の2年連続は12球団でも史上初となる。

     昨季の沢村賞左腕は今年のオープン戦初登板でも抜群の安定感だった。キレのあるカットボールで、広岡(三ゴロ失策)、坂口(三ゴロ)と2本のバットを粉砕した。失策が絡んで2点を失ったが、4回を2安打、無四球で自責点は0。「安打は気にせず、四球を出さないことをテーマに投げた。ストライク先行で投げられたのは良かった」と涼しい顔で振り返った。

     開幕までに2試合の登板を予定。「いつ投げるかはわからないが、しっかりと状態を保つだけ。まだ、ばらつきがあるので、修正しないといけない」。万全の態勢で3月31日の阪神戦(マツダ)に照準を合わせる。(角野 敬介)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000340-sph-base

     広島は8日、マツダスタジアムで行われた埼玉西武とのオープン戦に1-6で敗れた。寒風吹く中で、投打ともに精彩を欠く結果となったが、緒方監督は「これからいろいろとバランスを見ながら選手を起用していきたい」と先を見据えた。


     先発の野村は4回2失点。指揮官は「初回は逆球もあったし、思ったところに投げられていなかった。それでもその後はしっかりと修正していい形で投げられていた」と評価した。初回に先頭打者の打球を足に受けたが、「痛がるそぶりを見せなかったので、そのまま投げさせた」と心配する様子はなかった。

     WBC組以外はほぼベストメンバーだった打線については、「(新井は)見たまま。丸は内容も良かったし、今年も打線の中心としてやってもらいたい」と状態に満足そうだった。

     新外国人のペーニャも安打を放ったが、「ゲーム勘は最初から問題なかったようだった。今は日本のピッチャーに慣れていく段階」と、今後に期待した。

     リリーフの一岡が右内転筋痛で離脱したが、最終回に登板した中田が無失点に抑えた。緒方監督は「下からの強い推薦があった。いいボールを投げていたし、またチャンスを与えていく」と合格点を付けた。

     外国人枠争いやリリーフ陣の整備など、この先もまだまだ競争が続きそうだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010004-fullcount-base

     「広島春季キャンプ」(1日、沖縄)

     広島が1日、春季キャンプを打ち上げた。背中の張りで別メニュー調整していた福井優也投手(29)が5日ぶりに全体練習に合流。順調な回復ぶりをアピールした。アクシデントを乗り越えて、目指すは開幕ローテ入り。広島に戻ってからは調整ペースを上げ、オープン戦で結果を残していく。

     時折、雨粒が落ちる曇り空とは対照的に、福井の表情は晴れやかだった。笑顔の理由は「背中の張り」が順調に回復している証し。5日ぶりに参加した全体練習を終えると、しっかり前を見据えた。

     「怖さはあるけど、問題ないです。開幕ローテ入り?そこを目指してやっているし、これから結果を出して、つかんでいきたい」

     アクシデントが起こったのは2月24日の練習中だった。キャッチボールを終えると手で×印。投手陣のノックでは1人、送球練習を行わずブルペンでの投球練習もしなかった。翌25日に予定されていた、中日とのオープン戦の先発を急きょ回避し、別メニューでの調整を余儀なくされた。

     この日は、25日以来となるキャッチボール。最大40メートルの距離を投げた。相手を務めた菊地原3軍投手コーチは、球筋に納得の表情だ。ダッシュでも背中を気にするしぐさはなく力強い姿がグラウンドに帰ってきた。

     キャンプを終え、畝投手コーチは開幕ローテについて「決まっているのは3人」と言った。ジョンソン、野村に加え、岡田が当確だ。大瀬良は1次キャンプ地の日南で「右脇腹の違和感」を訴え2軍調整中。4日まで行われる2軍キャンプの最終クールで、故障後初めてブルペンに入る。再発を避けながら焦らずに調整を進めており、開幕に間に合うかは微妙な状況だ。

     緒方監督は今キャンプの総括会見で新人2人について「いいものを見せてくれた。3月のオープン戦でも続けていってほしい」と話した。残りは3枠。内容、結果とも残したドラフト1位・加藤(慶大)、同3位・床田(中部学院大)、九里、ヘーゲンズらで、それを争う。

     状態が上向いていることから、福井は近々ブルペンでの投球練習を再開する。「最後にできなかったことがあるけど、(キャンプは順調に)できた。出遅れた思い?全くない。満足しています」と力を込めた。3月のオープン戦は16試合。開幕まであと1カ月だ。存在感を示して、先発の一角を奪い取る。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000012-dal-base

    ◆練習試合 広島1―0ネクセン(27日・コザしんきんスタジアム)

     広島・九里亜蓮投手(25)がネクセン(韓国)打線を3回無失点に抑え、開幕ローテ入りへアピールした。

     3回から2番手で登板。3回は3者凡退、4回は2死から連打を浴びて一、二塁とされたが、5番打者を二ゴロに打ち取りピンチを脱出。5回も3人で抑えた。

     昨季も先発、中継ぎにとフル回転した右腕。大瀬良、福井ら先発候補が順調さを欠いている中で安定した投球を続けている。「周りのことは全然気にしてない。自分のやれることをやるだけ」と、目標の開幕ローテ入りへ自然体で意気込んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000163-sph-base

    このページのトップヘ