広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野村祐輔

     コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。そこで過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。今回は昨季セ・リーグ4位の広島東洋カープ。




    12球団唯一全ての開幕投手が勝ち越し

      2015~2019年の5年間、広島の開幕戦先発マウンドに上がったのは前田 健太(現・ツインズ)、ジョンソン、野村 祐輔、大瀬良 大地の4人。

     2016~2018年の間、セ・リーグを3連覇するなどここ数年は強さを見せつけてきた広島だが、その順位と開幕投手の成績は必ずしも一致していないようだ。2015年には前田健太が、2019年には大瀬良大地が二桁勝利を挙げているが、どちらの年も4位に終わっている。前田に至っては1年間ローテーションを守り、200投球回をクリアし、さらに最多勝も獲得したにも関わらずである。2016年はジョンソンが15勝を挙げエースとしてチームを優勝に導いているが、2017年のジョンソン、2018年の野村祐輔は二桁勝利に届かなくてもチームは優勝することができた。

     勝ち星に目を移すと、5年間で54勝を挙げており、これは巨人の59勝に次いで12球団2位の数字だ。さらに、5人全員が勝ち越しており、これは12球団唯一のこと。広島の開幕投手(=エース)は多く勝つだけでなく、「負けない投手」であるとも言える。黒星が少ないだけなら単純に登板数が少ない可能性も出てくるが、平均すると約23試合に登板しており、これはちょうど12球団の平均と一致する。また、投球回については平均約151回と、12球団平均の145回を先発1試合分ほど上回る。それだけ広島の開幕投手たちは、年間を通して「ローテーションを守って、長い回を投げ、負けない」投手だということだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010008-hbnippon-base

     プロ野球は15日にオープン戦全日程を終了。新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定されていた20日の開幕は延期された。各球団は4月中の開幕を目指して、練習試合などで調整を続ける。

     広島は5勝5敗2分けの6位で、チーム打率は・271、チーム防御率は4・71だった。佐々岡監督のオープン戦総括は下記の通り。

     「期待していた分、投手もなかなか決まらない。開幕日延期が決まった中で、試した部分もある。17日からファームで投げる投手は、サバイバルという形で投げてもらいたい。選手ももっと、危機感を持ってやってもらいたい」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-03160131-sph-base

    広島ドラフト1位の森下暢仁投手(22=明大)が日刊スポーツの独占インタビューに応じた。プロ初のキャンプで感じていること、明大の善波達也前監督(57)との思い出、14日から始まる対外試合でのデビューに向けた現在の心境などに迫った。チームは13日から、沖縄・コザしんきんスタジアムで2次キャンプに入る。【聞き手=古財稜明】


        ◇    ◇    ◇

    -宮崎・日南での1次キャンプを終え、折り返し

    本当に1日1日があっという間でした。最初よりは慣れてきた感じですね。

    -初日、2日目に明大の先輩、野村とキャッチボールをしていた

    野村さんに声を掛けていただきました。誰とやったらいいのかも分からない状態の中で、誘っていただけたのでうれしかったです。

    -プロ入りして新たな発見は

    打者と対戦して、強い球を投げられたと思ってもしっかり捉えられた。打球も大学と全然違う。しっかりと自分が思った球を投げないと、結果がついてこないという印象を受けました。

    -すごいなと思った選手は

    ブルペンでも、大瀬良さん、岡田さんとか皆さん球が力強かった。体格も全然違う。まずはそういうところから追いつきたい。

    -大瀬良を間近で見て感じたことは

    球界を代表する投手ですし、体の大きさも違う。練習も丁寧にやられていて、コントロールもすごい。そういうところを見ると自分も「あのようになりたい」と思いましたね。

    -野球人生の転機は

    高校(大分商)の時に東海大相模と2、3年生で練習試合で2回対戦した時のピッチングが良かった。その2試合でレベルが上がって、自信がついた感じはありました。あとは大学進学を決めたこと、大学で主将を務めたことです。

    -プロを意識したのは

    高校2年の終わりくらいです。1学年上の笠谷さんがソフトバンクに行って、自分もプロに行きたいという思いになりました。

    -明大へ進学したきっかけは

    善波監督から声を掛けていただきました。何度も高校まで来てくださったのもありましたし、中日の柳さん、阪神の坂本さんとか先輩と話す機会があって、いろいろ話を聞いた中で明大に行くことを決めました。

    -善波監督の指導で成長した部分は

    高校までどんな練習をしたらいいか分からなくて、打撃練習ばっかりやったり、内野のノックに入ったりして、投手のことはほとんどしてなかった。大学に入って1年から3年の間は思うような結果も出なかった。その中で監督が「もっとやらないといけない」と常に言ってもらって、成長できた部分はあります。

    -大学では主将

    それまで主将をやったことがなかった。本当は別の選手が主将をやる予定だったんですけど、その選手がケガで2週間くらいチームを離れた時に、自分がチームを引っ張っていかないといけないという気持ちになった。その時に善波監督から「お前が主将をやってみていいんじゃないのか」と言っていただいた。自分自身も勝負の年でしたし、その時に善波監督から「しっかり責任感と自覚を持ってやりなさい」と言われたことが印象に残っています。

    -指導は厳しかった

    厳しく指導してもらいましたし、「普段の生活が野球につながる」ともよく言われていた。そういうことをしっかりやろうという意識でやっていました。

    -キャンプ後半戦。いよいよ対外試合が始まる

    先発ローテーションに入るには、そこで結果を出さないといけない。サインプレー、フィールディング、けん制でミスをしないことが大事ですし、打者に対して逃げずに攻めていくということを意識してやっていきたいです。

    -将来どんな選手になりたい

    球界を代表する選手というか、大瀬良さん、野村さんみたいに「カープといったら誰?」となった時に「森下」と言ってもらえる選手になりたいです。

    ◆森下暢仁(もりした・まさと)1997年(平9)8月25日生まれ、大分市出身。大分商では1年夏に背番号11で甲子園ベンチ入り。3年夏はU18W杯で10回を投げ無失点。明大では大学日本代表で17年ユニバーシアード優勝、18年ハーレム国際大会優勝に貢献。4年時の全日本大学選手権でエースとして38年ぶりの日本一に導いた。今季推定年俸1600万円、背番号18。180センチ、76キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-02120393-nksports-base

     広島・佐々岡真司監督(52)が“コミュ力発揮”でチーム力アップを狙っている。宮崎・日南市での春季キャンプは7日に第2クールがスタートし、主力級の打撃投手登板も始まった。先発ローテ入りを目指す床田は会沢や鈴木誠らに切れ味鋭いボールを投げ込み「ブルペンより良かった。いい球をより多く投げていきたい」と手応えを口にした。

     先発ローテ入り確実の野村が右ふくらはぎ痛のためリハビリ組に回っているだけに左腕の好投にひと安心…かと思いきや手放しでの賛辞はなし。「(手を)すぐに抜いちゃうタイプ。ハッパを掛けながらやっていきたい」と締めた。5日のシート打撃では期待する遠藤&山口の20歳右腕コンビがパッとしない状況とみるや「秋に見せたいいものが出ていない。スピードもキレもない」とバッサリ。ソフトバンク・千賀のフォームを参考にする遠藤には「名前を出すのは千賀君に失礼」と辛辣だった。

     しかし、辛口だけで終わらないのが佐々岡流だ。山口や遠藤と個別に話をし、エールを送るなど“アフターフォロー”に抜かりはなし。今回の床田に関しても期待の裏返しだ。指揮官自身、現役時代は超体育会系でバリバリの上下関係のなかで生き抜いてきたタイプだが「厳しさも必要だが、今の子はそれだけではやっていけない」と若手選手に合わせたタクトを駆使している。

     この日、本格的にリハビリを開始した野村には「俺は(同じケガを)引退後にやったわ、ゴルフやっているときに。そのときは4日で治ったぞ」と独特のゲキを飛ばした。アメとムチを巧みに使い分ける佐々岡監督なりの人心掌握術に注目だ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-01730019-tospoweb-base

    「右腓腹筋損傷」で別メニュー調整中の広島野村祐輔投手が、キャッチボールを再開した。下半身を使わず10メートル、バランスボールに座って10メートル、ともに上体だけで15メートル、マウンド上からと、それぞれ40球前後投げた。



    野村は「せっかく(肩は)つくってきたので」と肩周りの筋力維持のためと説明。佐々岡監督は「できる範囲でやっていると思う」と練習内容は一任した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-02071017-nksports-base

    明大野球部の善波達也前監督(57)が5日、広島のドラフト1位森下暢仁投手(22=明大)の激励のため、宮崎・日南市の天福球場を訪れた。


    教え子のブルペン投球を見学した善波氏は「もう少し(球が)バラついているかなと思ったんですけど、低めに質の良い球がいってて、いい感じだった。安心して帰れる」と笑顔。「大瀬良くんや野村は新人王、最多勝を取ってますけど、そういうカープを背負っていく投手になってほしい」と期待した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-02050571-nksports-base

      「広島春季キャンプ」(4日、日南)

     広島は4日、野村祐輔投手(30)が「右腓腹筋損傷」と診断されたと発表した。2日の坂道ダッシュで右ふくらはぎに痛みを覚えた。前日3日に全体練習を欠席し、宮崎県日南市の病院で検査を受けた。全治は未定ながらも、開幕ローテ入りに黄信号がともった。春季キャンプ4日目。佐々岡真司監督(52)の表情も曇った。

     野村は午前11時25分に球場入り。球場内のトレーニング室へ向かう通路を、右足をひきずりながら歩いた。その後、上半身の筋力トレなどを終えて扉を開け、ゆっくり言葉を紡ぎながら再び歩を進めた。

     「なってしまったことは仕方がない。今は治すことに全力を尽くす」。短い言葉に悔しさがにじんでいた。

     2日の練習で右ふくらはぎが異変を訴えた。球場左翼後方にある坂道をダッシュしていた時に「痛っ」と声を上げたという。3日は全体練習を休み、日南市内の病院で検査を受け「右腓腹筋損傷」との診断が下った。

     充実の自主トレを過ごし、万全の状態で今春を迎えたが、不慮のアクシデントに見舞われた。5日以降は日南に残留し、3軍でリハビリを開始する。松原チーフトレーナーは「体幹など患部の回復具合に合わせてトレーニングをしていくことになる」と説明した。

     全治は未定だが、一般的には回復までに2~3週間を要するとみられる。東京五輪の関係で昨年より9日早い開幕へ合わせるためには、急ピッチでの調整が必要だ。18年の開幕投手は入団以来8年間、一度も開幕ローテを外れたことはないが、今季の開幕ローテ入りには黄信号がともった。佐々岡監督は「開幕へ合わすより、しっかり治す方が先だと思う」と焦らせない方針だ。

     先発陣は大瀬良とK・ジョンソンの2本柱を軸に、残り4枠を争う。実績がある野村の離脱は戦力ダウンで、指揮官は「チームとしては痛い」と苦しい胸の内を明かした。その一方で、サバイバル激化による投手陣のレベルアップを願った。

     「その分、若手にはチャンス。競争をして枠を取ってもらいたい」。ドラフト1位・森下(明大)をはじめ、遠藤、山口の高卒3年目コンビやアドゥワらが虎視眈々(たんたん)とローテ入りを狙う。九里や床田もおり、火花散る争いに期待を寄せた。

     佐々岡監督にとって、昨秋の就任後に初めて起こった想定外の出来事。選手層に厚みを持たせるため「競争」をテーマに臨む今キャンプで、最初の試練が訪れた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00000021-dal-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     新戦力が注目の的になる2月1日のキャンプインへのカウントダウン。新人はヤクルト・奥川、ロッテ・佐々木のゴールデンコンビ、移籍組は楽天とロッテが話題だ。ところが、実際の戦力補強ナンバーワンは広島という意外な声もある。

     新監督は広島・佐々岡、ヤクルト・高津、楽天・三木の3人。中でも注目は広島・佐々岡真司新監督(52)だ。

     丸に巨人にFA移籍された昨季、球団史上初のリーグ4連覇に失敗して引責辞任した緒方前監督のリベンジを宣言。就任と同時に「V奪回、悲願の日本一達成」を公約したが、強運ぶりも発揮している。丸に続きFA移籍が心配された野村、会沢のバッテリー、さらにポスティングシステムでのメジャー移籍を希望していた菊池も残留した。

     主力トリオの移籍回避は最大の補強というわけだ。さらにドラフトでは即戦力投手ナンバーワンといわれる明大・森下を獲得。自主トレでも評判通りだと首脳陣はベタぼめだ。その上、明大の先輩・野村の刺激剤というダブル効果も。野村は後輩に負けまいと、エース復活宣言までしている。

     「丸がFA移籍すれば、相次ぐ流出でタナキクマルも完全崩壊し、昔の弱小チームに逆戻り」と広島OBたちは危惧していたが、歯止めがかかった。「佐々岡なら優勝できる」という声まで上がっている。

     球団史上初のリーグ4連覇に失敗した昨季でも、広島は巨人に5年連続勝ち越し。佐々岡新監督も早々と高らかに、6年連続勝ち越しを公言している。巨人のリーグ連覇は当然のこと、8年ぶりの日本一の成否ばかりに目がいっていると、落とし穴が待っている。

     事実上、12球団一の“補強”をした新生・佐々岡カープがV奪回のサプライズ万馬券あり。まずは2・1キャンプインから注目というワケだ。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00000000-ykf-spo

     広島の野村祐輔投手(30)が17日、岡山県倉敷市内のグラウンドで自主トレを公開した。ドラフト1位・森下は、大学の後輩。“明大タッグ”を組み、チームの貯金量産を誓いに立てた。自身は今オフ、筋力トレに重点を置いたことで、体重は3キロ増えて88キロに。パワーアップした体で勝利への道を切り開いていく。



     野村は充実感いっぱいの汗を流した。80メートルの遠投では力強い放物線を描き、体感トレでも体をいじめ抜いた。「昨年の自主トレで仕上げにしていたメニューが、最初からできている」。順調な調整に白い歯がこぼれた。

     今季から明大の後輩である森下が同僚になった。8歳年下の右腕と“明大タッグ”を形成して見据えるのは、そろって白星を積み重ねることだ。具体的な数字こそ明言しなかったが「勝てるだけ勝ちたい」。貯金量産を目標に掲げた。

     助言は惜しまない。自身の新人時代を振り返れば、前田(ドジャース)が道しるべをつくってくれた。「困ったときに聞きたいことがあればアドバイスしたい」。今季が9年目。培ってきた経験を数多く伝えていく。

     昨季は6勝5敗、防御率4・06で終えた。悔しさを力に変える今季。下半身より上半身の筋力が弱いと自己分析して肉体強化に注力してきた。体重は3キロ増の88キロになったが「動きに変化はない」。生涯最重量の最高ボディーで春季キャンプに臨めそうだ。

     「昨年、新たな気持ちで、倉敷で自主トレをしたけど悔しい1年になった。もう一度、ここから始めて、やり返したい気持ちがあった。キャリアハイを目指します」。故郷から幕を開けた20年シーズン。野村は力強く前へ進んでいく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000026-dal-base

     広島・野村祐輔投手(30)が頼れる“パイセン”になる。17日に故郷の岡山・倉敷市内での自主トレを公開。キャッチボールやダッシュなどでみっちりと汗を流し「1年間戦える体づくりをしている。キャンプでいつ投げろと言われてもいいように準備をしていきたい」と6勝5敗、防御率4・06に終わった昨季のリベンジに向けて意気込んだ。

     そんな野村が今年背負うのは自分の成績だけではない。今年は明大の後輩であるドラフト1位・森下暢仁投手(22)が入団。自身の新人時代は前田健太投手(31=現ドジャース)に弟子入り”し、さまざまな助言をもらったことが新人王獲得につながっただけに「(前田は)すごく話しやすい先輩でいろんなアドバイスをいただいた。(今度は)僕がいい見本になれるような先輩でありたい」とかわいい後輩のためにひと肌脱ぐつもりだ。

     なかでもチーム内で期待されているのは“ポーカーフェース”の伝授だ。「野村はピンチでも『本当に1年目か?』と思うほどまったく表情に出なかった。だからなめられることがなかった。ちょっとでも隙を見せたらのまれるのがプロの世界。そういう部分を森下にも教えてほしい」(チーム関係者)。普段はさわやかフェースの野村だが、プロ入り以来マウンドでは打者との駆け引きに徹するために無表情を貫いている。そうしたプロとしてのノウハウを惜しみなく森下に伝授してほしいという。

     この自主トレではウエートトレにも力を入れており3キロの体重増に成功し球の威力もアップ。フォーム改造にも着手し「キャリアハイを出したいと思っている」と最多勝&最高勝率を獲得した2016年以上の活躍を狙う。森下の“指南役”という重責も務めてチームの勝利に貢献したいところだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000010-tospoweb-base

    このページのトップヘ