広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野村祐輔

    広島のエース、大瀬良大地投手が19日のDeNAとの今季開幕戦で、投げては1失点完投勝利、打ってはプロ初本塁打を放つ大活躍を演じ、広島OBでツインズの前田健太投手がツイッターで「やばいな。笑 最高!」と反応したのを見て、思わずニヤリとしてしまった。というのは今年2月、広島の宮崎・日南キャンプを取材した際、球団関係者からこんな話を聞いていたからだ。



    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609


    「大瀬良はルーキーイヤー(2014年)に、マエケン(前田)と野村祐輔から、シーズンを通して『安打数+打点数』のポイントが1番高かった者に他の2人が食事を御馳走する、というゲームを持ち掛けられていたんだよね。ただし、大瀬良は九州共立大時代の4年間、DH制でほとんど打席に入っていなかったから、1人だけポイントを倍にするアドバンテージをもらっていた」  実際にどんな食事会になったのかまでは取材できなかったが、14年の打撃成績を比較すると、マエケンは60打数9安打1打点(打率.150)で“10ポイント”。野村は30打数7安打4打点(.233)で“11ポイント”。大瀬良は53打数5安打3打点(.094)だが、倍にすれば“16ポイント”で断トツとなる。さぞかし、おいしく“ゴチ”になったことだろう。


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/285a5af0275a1019720e793ca8e8777bd3f5b54a

    オリックス - 広島 <ウエスタン1回戦・オセアンBS>  広島の野村祐輔投手は26日、オセアンBSで行われているオリックスとのファーム戦に先発登板し、6回無失点と好投した。

    高卒3年目の中村奨成とバッテリーを組んだ野村は、140キロ前後のストレートを軸に丁寧にコースを突くピッチングを展開。四球と安打で招いた初回のピンチを切り抜けると、2回以降はテンポよく打者を打ち取り、6回まで1安打、2四球、無失点で試合を作った。  野村は春季キャンプ中に右ふくらはぎを故障。先発ローテーション争いに出遅れ、プロ9年目にして初の二軍スタートとなっていた。それでも19日のウエスタン開幕戦に登板すると、中日打線を相手に7安打を許しながらも6回1失点でゲームメイク。中6日で迎えたこの日は6回1安打無失点と、格の違いを見せつけた。


    20200626-00234743-baseballk-000-1-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/07d0f5c8ec89d94e8cb1479b1b4e74f52d36e1fc

    早期昇格誓う。広島野村祐輔投手(30)はプロ9年目で初めて開幕を2軍で迎えることが11日、決定的となった。春季キャンプ序盤に右ふくらはぎを痛めて離脱した影響で、現在も2軍調整中。6日に昨年9月12日中日戦以来となる先発登板を果たしたばかりの右腕が、復活に懸ける思いを語った。

    20200610-00000048-asahi-000-7-view




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/846e0a1964099e5b37d12bd2d58fca80a897a7d0

    ad420dd916ce2a59db8ae20c8081974e

    先発争い、再ゴング! 広島が21日からマツダスタジアムで集合練習を行う。1軍全選手が一堂に会するのは4月8日以来。練習場所や練習メニューを変えながら接触を制限させるため「集合練習」と位置付ける。1カ月以上続いた分離練習の終わりは、新たな始まり。最短で6月19日開幕を見据え、開幕1軍争いが再開する。開幕ローテーションは残り2枠を九里亜蓮投手(28)、薮田和樹投手(27)、遠藤淳志投手(21)の3人で争う。


       ◇   ◇   ◇

    嵐の前の静けさのようだった。休日で人けのないマツダスタジアムだが、21日からはサバイバルの舞台となる。分離練習から集合練習となり、22日にはシート打撃が行われる。最短6月19日の開幕へ向けて、停戦状態だった開幕1軍争い争いが再び動きだす。

    広島の先発枠は開幕投手の大瀬良、左の大黒柱K・ジョンソンが確定。昨年7勝の床田と新人森下も開幕ローテ入りは濃厚といえる。一体感を掲げる佐々岡監督だが、序列は明確にする。分離練習のB班には先発候補が4人いたが、ブルペン捕手の都合で投球練習の回数は限られた。大瀬良と森下は調整を優先させるため、球数制限がないよう常に2人だけがブルペン投球できる組となった。一方で遠藤と薮田は中継ぎ投手とともに3人以上の日に組み込まれていた。

    九里を含め、3投手にとってアピールの機会は限られる。仮に来月19日が開幕となれば、6月2週目の対外試合は最終調整と位置付けられるだけに、22日からシート打撃、今月末予定の紅白戦、来月頭の対外試合の3度の登板機会がアピールの場となる。薮田は「みんな同じ条件で同じ環境で練習してきた。ここからが戦い」と表情を引き締め、遠藤も「自主トレ期間中にやってきたことをやれれば結果も付いてくると思う」と腕をまくった。

    3月に2軍降格を味わった九里は、3年連続8勝と実績では群を抜くだけに、サバイバル再開にも冷静だ。「(開幕ローテに)こだわりたいですが、自分が持っているものを出すだけ」と落ち着いている。

    見極める立場の沢崎投手コーチも覚悟する。「1試合でどうということはないけれど、監督が言われたように合わせるのがプロ。(投手には)酷ではあるけど、見極めていかないといけない」。先延ばしとなっている開幕まで先発として生き残るためには、結果を残すしかない。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-25200488-nksports-base

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609

     頼れる先輩たちのサポートを力に変える。新型コロナウイルスの感染拡大により開幕日の決まらない中での調整が続くが、広島の床田寛樹投手(25)は「自分がやれることをやるだけです」と淡々と準備を整えている。「できれば(自分が)投げる試合の前に1、2試合に投げられればいいですけど…」と話しつつも、現在はブルペンなどで状態をキープするように心掛けている。

     昨年、先発ローテの一角を担った左腕には支えとなる3人の先輩がいる。1人目は同じ左腕のクリス・ジョンソン(35)だ。「KJ(ジョンソン)には去年からツーシームの投げ方だったり、左打者のインコースへの攻め方とか、いろんなことを聞いています」と技術論を中心に聞いていることを明かす。

     2人目、3人目はチームの中心投手の大瀬良大地(28)と野村祐輔(30)だ。エースの大瀬良とはこのオフ、一緒に自主トレを行うなどしてアドバイスをもらった。主力投手として長年チームを支えてきた野村にも積極的に質問しているという。

     床田は「大瀬良さんや野村さんには調整法だったり、気持ちの部分を聞いています」と話す。昨年はほぼローテを守り7勝を挙げたが、規定投球回数に3回1/3届かず満足はしていない。「規定投球回を達成したい」という若鯉は「自分の引き出しにしています」と3人の先輩を味方に今季を戦う。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000031-tospoweb-base

     コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。そこで過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。今回は昨季セ・リーグ4位の広島東洋カープ。




    12球団唯一全ての開幕投手が勝ち越し

      2015~2019年の5年間、広島の開幕戦先発マウンドに上がったのは前田 健太(現・ツインズ)、ジョンソン、野村 祐輔、大瀬良 大地の4人。

     2016~2018年の間、セ・リーグを3連覇するなどここ数年は強さを見せつけてきた広島だが、その順位と開幕投手の成績は必ずしも一致していないようだ。2015年には前田健太が、2019年には大瀬良大地が二桁勝利を挙げているが、どちらの年も4位に終わっている。前田に至っては1年間ローテーションを守り、200投球回をクリアし、さらに最多勝も獲得したにも関わらずである。2016年はジョンソンが15勝を挙げエースとしてチームを優勝に導いているが、2017年のジョンソン、2018年の野村祐輔は二桁勝利に届かなくてもチームは優勝することができた。

     勝ち星に目を移すと、5年間で54勝を挙げており、これは巨人の59勝に次いで12球団2位の数字だ。さらに、5人全員が勝ち越しており、これは12球団唯一のこと。広島の開幕投手(=エース)は多く勝つだけでなく、「負けない投手」であるとも言える。黒星が少ないだけなら単純に登板数が少ない可能性も出てくるが、平均すると約23試合に登板しており、これはちょうど12球団の平均と一致する。また、投球回については平均約151回と、12球団平均の145回を先発1試合分ほど上回る。それだけ広島の開幕投手たちは、年間を通して「ローテーションを守って、長い回を投げ、負けない」投手だということだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010008-hbnippon-base

     プロ野球は15日にオープン戦全日程を終了。新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定されていた20日の開幕は延期された。各球団は4月中の開幕を目指して、練習試合などで調整を続ける。

     広島は5勝5敗2分けの6位で、チーム打率は・271、チーム防御率は4・71だった。佐々岡監督のオープン戦総括は下記の通り。

     「期待していた分、投手もなかなか決まらない。開幕日延期が決まった中で、試した部分もある。17日からファームで投げる投手は、サバイバルという形で投げてもらいたい。選手ももっと、危機感を持ってやってもらいたい」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-03160131-sph-base

    広島ドラフト1位の森下暢仁投手(22=明大)が日刊スポーツの独占インタビューに応じた。プロ初のキャンプで感じていること、明大の善波達也前監督(57)との思い出、14日から始まる対外試合でのデビューに向けた現在の心境などに迫った。チームは13日から、沖縄・コザしんきんスタジアムで2次キャンプに入る。【聞き手=古財稜明】


        ◇    ◇    ◇

    -宮崎・日南での1次キャンプを終え、折り返し

    本当に1日1日があっという間でした。最初よりは慣れてきた感じですね。

    -初日、2日目に明大の先輩、野村とキャッチボールをしていた

    野村さんに声を掛けていただきました。誰とやったらいいのかも分からない状態の中で、誘っていただけたのでうれしかったです。

    -プロ入りして新たな発見は

    打者と対戦して、強い球を投げられたと思ってもしっかり捉えられた。打球も大学と全然違う。しっかりと自分が思った球を投げないと、結果がついてこないという印象を受けました。

    -すごいなと思った選手は

    ブルペンでも、大瀬良さん、岡田さんとか皆さん球が力強かった。体格も全然違う。まずはそういうところから追いつきたい。

    -大瀬良を間近で見て感じたことは

    球界を代表する投手ですし、体の大きさも違う。練習も丁寧にやられていて、コントロールもすごい。そういうところを見ると自分も「あのようになりたい」と思いましたね。

    -野球人生の転機は

    高校(大分商)の時に東海大相模と2、3年生で練習試合で2回対戦した時のピッチングが良かった。その2試合でレベルが上がって、自信がついた感じはありました。あとは大学進学を決めたこと、大学で主将を務めたことです。

    -プロを意識したのは

    高校2年の終わりくらいです。1学年上の笠谷さんがソフトバンクに行って、自分もプロに行きたいという思いになりました。

    -明大へ進学したきっかけは

    善波監督から声を掛けていただきました。何度も高校まで来てくださったのもありましたし、中日の柳さん、阪神の坂本さんとか先輩と話す機会があって、いろいろ話を聞いた中で明大に行くことを決めました。

    -善波監督の指導で成長した部分は

    高校までどんな練習をしたらいいか分からなくて、打撃練習ばっかりやったり、内野のノックに入ったりして、投手のことはほとんどしてなかった。大学に入って1年から3年の間は思うような結果も出なかった。その中で監督が「もっとやらないといけない」と常に言ってもらって、成長できた部分はあります。

    -大学では主将

    それまで主将をやったことがなかった。本当は別の選手が主将をやる予定だったんですけど、その選手がケガで2週間くらいチームを離れた時に、自分がチームを引っ張っていかないといけないという気持ちになった。その時に善波監督から「お前が主将をやってみていいんじゃないのか」と言っていただいた。自分自身も勝負の年でしたし、その時に善波監督から「しっかり責任感と自覚を持ってやりなさい」と言われたことが印象に残っています。

    -指導は厳しかった

    厳しく指導してもらいましたし、「普段の生活が野球につながる」ともよく言われていた。そういうことをしっかりやろうという意識でやっていました。

    -キャンプ後半戦。いよいよ対外試合が始まる

    先発ローテーションに入るには、そこで結果を出さないといけない。サインプレー、フィールディング、けん制でミスをしないことが大事ですし、打者に対して逃げずに攻めていくということを意識してやっていきたいです。

    -将来どんな選手になりたい

    球界を代表する選手というか、大瀬良さん、野村さんみたいに「カープといったら誰?」となった時に「森下」と言ってもらえる選手になりたいです。

    ◆森下暢仁(もりした・まさと)1997年(平9)8月25日生まれ、大分市出身。大分商では1年夏に背番号11で甲子園ベンチ入り。3年夏はU18W杯で10回を投げ無失点。明大では大学日本代表で17年ユニバーシアード優勝、18年ハーレム国際大会優勝に貢献。4年時の全日本大学選手権でエースとして38年ぶりの日本一に導いた。今季推定年俸1600万円、背番号18。180センチ、76キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-02120393-nksports-base

    このページのトップヘ