広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野村祐輔

     前半戦最初のヤマ場を乗り越えた。カープのゴールデンウィーク9連戦は2日・巨人戦(マツダ)が雨天中止となり、5勝3敗でフィニッシュ。離脱者が相次ぐ中、首位の座をがっちりキープした。


     当初は先発が不安視されていた。連戦前に今季の開幕投手・野村が「背中の筋挫傷」でチームを離脱。代役の先発を務めた薮田は結果を残せず2軍降格となったが、大瀬良が2勝、ジョンソン、岡田、中村祐がそれぞれ1勝を記録。九里も今季2度目の先発で好投を見せ、ローテ生き残りへアピールに成功した。中継ぎでは高卒2年目・長井がプロ初登板。いきなり自己最速154キロを計測し、圧巻のデビューを飾った。

     打線も得点力低下が心配されていた。丸が連戦初戦の28日・阪神戦で負傷交代。連続試合出場が700でストップし、翌日に「右ハムストリング筋挫傷」で出場選手登録を抹消された。昨季はリーグMVPを獲得。今季も打率・312、5本塁打、16打点。高ヘッドコーチが「確固たるレギュラーだからね」と話したように、チームに衝撃が走った。

     「3番中堅」はチーム全員でカバーした。3番に入ったバティスタがゴールデンウィーク8戦4発と大爆発。菊池も11試合連続安打を記録するなど、攻守でチームを支えた。中堅では4年目野間が存在感を発揮。打率3割を超え、今後は相手先発が左でもスタメン出場が検討されるほどだ。

     野村、丸が離脱しても改めて選手層の厚さを見せつけ、チームの底力を示した。最後の6日・ヤクルト戦は今季初のサヨナラ負けを喫したが、緒方監督は「痛い1敗になってしまったけど、みんな頑張ってくれた。広島に帰ってコンディションを整えてカープの野球をやっていきたい」ときっぱり。

     8日からはDeNAと2連戦、11日からは2位阪神と3連戦。今季も本拠地・マツダスタジアムでは10勝3敗と圧倒的な強さを誇る。打倒カープに燃える両チームをたたき、首位固めだ。

     (デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000051-dal-base

     8日18時に開始を予定していた広島-DeNA7回戦(マツダスタジアム)は、18時40分に中止が決まった。

     先発予定の中村祐太投手(22)は「準備はしていました。残念です。切り替えて調整していくしかない。雨の中で(の登板を)経験したことがなかったので、投げてみたかった」と話した。ここまで3戦3勝の右腕にとって、広島の日本人投手では00年の佐々岡真司氏以来となる開幕から4戦4勝は次回登板に持ち越しとなった。

     9日は岡田明丈投手(24)が先発する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00202732-nksports-base

     首位・広島が5日のヤクルト戦に10-1で勝利し、20勝リーグ一番乗り。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた山本昌氏は広島の強さについて「不動のレギュラー・丸選手が故障で離脱しても、補える選手がでてくるんですよね。また、新井選手がいない現状、エルドレッド選手、松山選手がしっかりと穴を埋めることができる」と、次から次へと出てくる戦力の厚さを挙げた。

     丸が不在となった現在は、野間峻祥、高橋大樹らにチャンスを与えられているが、野間は1日の巨人戦で3安打、5日のヤクルト戦でも2安打と打率.359をマーク、高橋大も4月30日の阪神戦でプロ初安打を含むマルチ安打を記録と、結果を残している。山本昌氏は「二軍にもいい選手がたくさんいる。選手層の厚さがカープの強さかなと思います」と語った。

     リーグ3連覇を目指す広島は、丸、野村祐輔といった投打の軸が故障で抜けても、新しい戦力が台頭する。山本昌氏が語るように“選手層”の厚さが広島の強さかもしれない。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00152344-baseballk-base

     「ヤクルト1-10広島」(5日、神宮球場)

     広島・大瀬良大地投手が7安打1失点の好投で、3年ぶりの完投勝利。チームトップタイの4勝目を飾った。

     威力ある直球に多彩な変化球を織り交ぜ、緩急も駆使した。立ち上がりから制球も安定。大量援護に守られながら123球を投げ抜き、「疲れはありましたけど、点差は開いていたので、何とか最後まで投げたいと思った。ひとりひとりという意識でマウンドに上がっていました」と汗をぬぐった。

     エースの野村が故障離脱し、昨季15勝の薮田も不調で2軍降格。チーム状況は苦しいが、大瀬良が先頭に立って投手陣を引っ張っている。九回の打席に向かうと完投を期待するファンから拍手を浴び、「大歓声の中で打席に立たせてもらい、また頑張ろうという気持ちになった。ファンの皆様に感謝です」と頭を下げた。

     完投勝利は15年5月4日の巨人戦以来、3年ぶりとなったが「もっとたくさん、最後まで投げられればいいんですけど。また頑張ります」と喜びは控え目。ヤクルト戦8連勝の話題も「力強い打線なので一生懸命、投げています」と、謙虚な姿勢は崩さなかった。

     鯉のぼりが揺れるこどもの日に、チームは3年ぶり勝利。リーグ最速で20勝に到達した。「こどもの日ということで夢を与えられるピッチングができたらと思っていた。最後まで投げることができて良かったです」。右腕の言葉に、真っ赤なスタンドから大歓声が沸き起こった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000174-dal-base

     9連戦を前に広島に試練が訪れた。26日DeNA戦で背中の張りを訴え4回で降板した野村が27日に出場選手登録を抹消。これを受け、先発ローテーションの再編を余儀なくされることになり、畝投手コーチは「先発は1イニング1イニング積み重ねてほしい」とさらなる奮起を促した。

     当初は、ローテーション投手5人に昇格見込みの九里を先発に加えて9連戦を乗り切る予定だったが、3日巨人戦(マツダ)に先発予定だった野村の代役も必要となった。高橋昂は27日のウエスタン・阪神戦で126球を投げ完投したため中5日で同戦に向かうことが厳しくなり、中継ぎ調整中の薮田の先発復帰の可能性が浮上。その際は中村恭が昇格し救援に回ることが濃厚だ。

     突如訪れた開幕投手の不在のアクシデント。29日阪神戦に先発予定の大瀬良は「1イニングでも多く投げたいとみんなが思っている」と話せば、5月1日巨人戦(マツダ)での先発が見込まれる中村祐も「少しでも長く投げたい」と一丸で乗り切る構えをみせた。

     またかよ――。

     26日のDeNA戦に先発した広島の野村祐輔(28)がピリッとしない。初回にもらった3点をすぐに吐き出し、試合をもつれさせた。 

     広島が3試合連続で初回に先制した。

     プレーボール直後に連打と四球で無死満塁とすると、開幕2戦目の中日戦以来となる4番に復帰した鈴木が犠飛。幸先良く3点を先制したまでは良かった。しかし、野村がリードを守れない。初回に宮本に本塁打を浴びると、二回にあっさり同点に追い付かれた。

     鈴木の失策が絡んでいるため、自責は2ながら、3―3の五回裏からは2番手のアドゥワがマウンドへ上がった。緒方監督は「祐輔は背中に違和感が出たから無理をさせたくなかった」と四回で降板させた理由を説明したものの、コンディションだけの問題ではなさそうだ。広島の関係者がこう言った。

    「4失点だった前回の中日戦、8失点だったその前の巨人戦も初回に先制してもらった直後に逆転されている。今日も3点先制の直後に3失点。背中や右肩などに違和感があったにせよ、エースなんだから、投げるからには責任を果たして欲しいということですよ。先制攻撃を早い段階でフイにしたのが3試合も続けば、野手だって『またかよ』と思うだろうし、亀裂も入りかねない。離脱するなら一大事だし、しなくても、勝ったと喜んでばかりはいられない。ウチは投手次第。誰も安心していませんよ」

     DeNAとの敵地3連戦で3連勝。首位をガッチリ守ったとはいえ、16年に16勝(3敗)したエースがこの調子では、セ界はしばらく混戦が続きそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000018-nkgendai-base

     広島・野村祐輔投手が27日、背中の張りのため、出場選手登録を抹消された。

     前日26日・DeNA戦(横浜)で症状を訴え、4回4安打3失点で緊急降板していた。1軍復帰時期について畝投手コーチは「メドはまだこれから」と説明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000083-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島4―3DeNA(2018年4月26日 横浜)

     広島のブラッド・エルドレッド内野手(37)が、同点の9回にDeNAの守護神・山崎からバックスクリーンへ運ぶ代打決勝弾を放った。2位・DeNAに同一カード3連戦3連勝で2.5ゲーム差を付けて首位街道を快走する。

     開幕から8試合連続セーブ中だった山崎から値千金弾。鯉のぼりの季節到来を告げる一発だった。

     DeNAは4連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000158-spnannex-base

     「中日11-7広島」(20日、ナゴヤドーム)

     広島・野村祐輔投手が先発し、6回を投げて11安打4失点。3勝目はならなかった。

     1点の援護を受けた初回、アルモンテと平田に適時打を許し、あっさり逆転を許した。すぐに味方が追いついたが、三回は1死一、二塁からモヤに右前適時打を浴び、再び勝ち越し点を献上した。

     五回も先頭のアルモンテから中軸に3連打を浴び、1点を失った右腕。先頭に走者を許したのは6イニング中3度で「野手が援護をしてくれていたのに試合を作ることができずに申し訳ないです。イニングの先頭を多く出してしまったので苦しい投球になったし、なかなかリズムにも乗れなかった。今日の反省をしっかり生かして次の投球につなげたい」と振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000148-dal-base

     広島は13日、敵地東京ドームで昨季18勝7敗と勝ち越した巨人と対戦。今季初戦で勝利を挙げたいところだったが、投手陣が11安打10失点と打ち込まれ2-10で敗れた。

     広島は初回、丸佳浩の適時打で幸先よく先制。その裏、先発・野村祐輔がピリッとしなかった。先頭の坂本勇人に三塁打を打たれると、続く吉川尚輝の一ゴロを一塁・安部友裕がファンブル。その間に三塁走者の生還を許した。なんとか踏ん張りたい野村だったが、マギーに適時打、岡本に2ラン、中井大介にソロを浴び5点を失った。

     13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は先発した野村の初回失点について「(初回)坂本に三塁打を打たれましたよね。1点取ってもらっているところだったので、打たれたけど0点にという思いから少しボールが中へ中へとなり、最悪の5点に繋がったのかなと思うんですよね。1点を嫌がって5点になったというのを考えられなくはないですね」と分析した。

     2回以降は無失点に抑えた野村だったが、5回に吉川尚の犠飛、ゲレーロの適時二塁打などで3失点。代わった2番手・薮田和樹も7回に2点を許した。広島・野村、巨人・菅野智之の“同級生エース”対決は投手戦が予想されたが、終わって見れば2-10だった。

     広島の敗因について野村氏は「初回の5点というのが最後まで大きくのしかかりましたよね」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00150040-baseballk-base&pos=3

    このページのトップヘ