広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野村祐輔

     ◇交流戦 広島4―5日本ハム(2019年6月11日 札幌D)

     セ・リーグ首位の広島は敵地で日本ハムに4―5で敗れ、交流戦通算2勝5敗と黒星先行。ロッテ、中日と並んで最下位に転落した。

     先発投手の野村が6安打5失点でプロ8年目にして自身最短となる初回KO。島内、菊池保、遠藤、中崎とリリーフ陣が無失点リレーでつなぎ、8回には3番・バティスタが5試合ぶりとなる18号2ランをバックスクリーン右に叩き込んで1点差に迫ったが、1点及ばなかった。

     また、交流戦突入後、12球団で唯一DHに安打が出ていない広島だが、この日初めてDHに入った正捕手の会沢も4打数無安打に終わり、待望のDH初安打ならず。松山の8打席、長野の4打席に続いてDH選手はこれで16打席連続ノーヒットとなった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000207-spnannex-base

    ○ 日本ハム 5 - 4 広島 ●
    <1回戦・札幌ドーム>

     日本ハムが逆転勝ち。広島は先発・野村の初回5失点が響き、交流戦は3カード連続の初戦黒星となった。

     広島は1回表に4番・鈴木の適時二塁打で先制したが、その裏に野村がいきなり崩れた。先頭の西川、続く大田に連打を許すと、3番・近藤には四球を与え無死満塁。4番・中田には初球を左翼線に運ばれ、これが逆転となる2点適時二塁打となった。

     野村は5番・王、9番・中島にも適時打を浴び計5失点。1回49球、6安打1奪三振1四球の内容で、プロ最短となる1回でマウンドを降りた。

     中継ぎ陣は力投。5回は2番手・島内が失策と連続四球で無死満塁のピンチを招くも、あとを受けた3番手の菊池保が2三振含む完璧リリーフで得点を許さなかった。4番手・遠藤もピンチで踏ん張り、5番手・中崎は3者凡退。救援陣は2回から無失点でつないだが、勝利にはつながらず野村は3敗目(3勝)を喫した。

     打線は3点を追う8回、3番・バティスタの18号2ランで1点差に迫るも、あと1点届かず。1番の野間は初回の第1打席で空振り三振、二死三塁で迎えた2回の第2打席は遊ゴロに倒れ、7日ソフトバンク戦(マツダ)の第3打席から13打数連続無安打。5回の打順で代打・長野を送られ、途中交代となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00191658-baseballk-base

     広島・九里亜蓮投手が3日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に野村、大瀬良、床田、山口とともに参加した。

     今季は4月29日・ヤクルト戦での先発を最後に、中継ぎでの登板が続いていた。だが、2日の阪神戦で2回7失点だったアドゥワが中継ぎへ配置転換となったことで、9日・ソフトバンク戦に先発する見込みとなった。

     この日はキャッチボールなどで調整。「行けと言われたところでしっかり投げるだけ。そこは変わらずです。ゾーンの中で勝負していく投球スタイルなので、それを貫いていきたい」と意気込みを語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000083-dal-base

     広島が4日の西武戦(メットライフ)に延長12回、4―5で今季初のサヨナラ負け。交流戦黒星発進で令和初の連敗を喫した。4時間24分の熱戦に敗れた緒方監督は、疲れの色を浮かべて「タフな試合になったね」。序盤の4点差を追いついた打線の粘りと救援陣の踏ん張りを評価しつつ「しっかり戦えているが、最後に接戦をものにしていけるようにしないといけない」と手綱を締め直した。

     先発は前回4回途中6失点でローテーション崖っ縁の野村。意外だったのは女房役にこれまでの会沢ではなく、磯村嘉孝捕手(26)を起用したことだ。高ヘッドコーチによれば「(野村の)気分を変えてみようかと」との意図だった。

     野村は6回6安打4失点。3回以降は無失点と立ち直っただけに新バッテリーの評価は微妙なところだが、打撃では磯村が抜てきに応えた。4回一死二塁の第2打席は右翼線を破る適時二塁打で田中広の同点打を呼び込んだ。6回の第3打席にもバックスクリーンまであと一歩の中越え二塁打を放ち、野村降板後の7回守備から会沢にマスクを譲った。

     広島は現在捕手4人制を敷く。坂倉は代打要員&控え捕手だが、ベテランの石原がジョンソン、磯村が若い山口に加え野村の相手を務めるとなると、正捕手の会沢は週の半分しか先発マスクをかぶらないことになる。「アツ(会沢)を壊さないため」との声もあるが、球界屈指の打てる捕手を“温存”できるのだから、捕手不足に悩む他球団にはうらやましい限りだろう。

     野村とのコンビを振り返って「(配球面で)自分の色を出していこうと。ただ4点取られてしまったので次にチャンスがあればゼロに抑えたい」と反省した磯村だったが、2安打で打率は4割2分5厘に上昇。「DHで使おうか」という東出打撃コーチの言葉も冗談には聞こえない。セ王者の広島が捕手層の厚さを見せつけ、敗れても強しを印象付けた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000039-tospoweb-base

     「交流戦、西武5-4広島」(4日、メットライフドーム)

     広島が今季初のサヨナラ負けを喫した。

     4点を追う四回、バティスタの16号ソロ、西川の適時二塁打などで同点としたが、延長十二回に菊池保が中村にサヨナラ打を浴びた。

     緒方監督は「タフなゲームになった」と振り返り、「(打線は)いいつながりがあって、いい攻撃ができた。また明日」とサバサバと話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000180-dal-base

     広島は延長11回までもつれた31日の阪神戦(マツダ)に2―1で今季5度目のサヨナラ勝ち。4連勝で5月を20勝4敗1分けで終え、球団の月間勝利数記録を更新した。

     野間のサヨナラ打もさることながら、7回無失点の先発・床田寛樹投手(24)の好投も見逃せない。守護神・中崎が9回に追いつかれてリーグトップに並ぶ6勝目は逃したが、7回を投げ切ったのは4月27日のヤクルト戦以来で完全復調をアピール。「今日は良かったです。低めに(球を)集められましたし(回の)途中で交代せずに投げられたので」と満足そうな表情で話した。

     左ヒジ手術から見事に復活した床田には「自分が打って勝ちたい」という目標がある。もともと「投球よりも打撃の方が好き」で、チームに勝ちを呼び込む打撃に並々ならぬ意欲を燃やす。

     そのための準備も万全を期している。まずはバット。用具メーカーからもらったのは4番を打つ鈴木モデル。野間からも数本もらい、昨年までチームメートだった巨人・丸のバットも「丸さんのなら打てそうじゃないですか」と関係者を通じてゲットした。同級生の鈴木には時間を見つけては打撃のコツを聞くこともある。

     人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」でも打撃に一家言を持つ。打って勝ちたいとの強い思いから、床田がパワプロでチョイスするチームは強打のソフトバンク、西武、巨人。自身がよく使う選手は西武の森や秋山といったスラッガーだという。

     この日もプロ初安打はならなかったが、5回の第2打席で四球を選び、菊池涼の中前打で二塁から一気に先制のホームを陥れる好走塁を見せた。今や左のエース格となった床田は、投球だけでなく打撃にも貪欲だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000019-tospoweb-base

    ■広島 8-7 ヤクルト(28日・神宮)

     広島は28日、敵地でのヤクルト戦を8-7で勝利した。同点で迎えた3回に鈴木の中前打で勝ち越しに成功するとその後も打線が爆発し16安打8得点で快勝。ヤクルトは泥沼の12連敗となった。


     1-1の同点で迎えた3回。広島は1死一、三塁から鈴木の中前打で勝ち越しに成功。すると西川の適時内野安打、田中のタイムリー二塁打で一挙3点を奪い主導権を握る。

     さらに4回もバティスタの左前タイムリー、西川の中前適時打などで3点を追加。1点リードの8回には會澤がバックスクリーンへこの日2本目となる6号ソロでリードを広げた。

     ヤクルトは5回に山田哲の12号ソロ、村上の13号2ラン、青木の2点タイムリーで5点を奪い、8回には中村のタイムリーで1点差に詰め寄ったが試合をひっくり返すことができなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00389914-fullcount-base

    <巨人5-4広島>◇26日◇東京ドーム

    首位広島の連勝が11で止まった。3点を追う7回に連打で1点返し、さらに代打長野が同点タイムリーを放ったが、8回に勝ち越されて敗れた。



    それでも、ライバル巨人に冷や汗を流させたのは大きな収穫。投、攻、守の充実ぶりを、改めて証明した。最下位が定位置だった開幕直後を経て、チームはどう変わったのか。「進撃の5月」について検証した。

       ◇   ◇   ◇

    広島が際どいプレーで決勝点を取られた。8回1死満塁から重信の中飛で、三塁走者岡本がタッチアップ。中堅野間の返球を受けた捕手会沢が体を投げだしてタッチしたが及ばず、生還を許した。リプレー検証でも判定はそのまま。7回に3点差を追いついたが、1点差で敗れた。それでも会沢は「最後まであきらめないカープの野球ができた」と充実感を漂わせた。

    開幕直後は最下位に低迷したが、4月17日からの8連勝で持ち直し、5月2日から引き分けをはさんで4連勝、同11日から11連勝。守備が乱れ、投手陣が踏ん張れず、攻撃もつながらなかったかつての姿は見られず、投、攻、守の歯車ががっちりとかみ合っている。

    ◆投手陣 開幕から大瀬良、床田、野村が3本柱を形成したが、ここに昨季中継ぎだったアドゥワ、復調したジョンソンが加わった。5本柱となったことでローテの谷間がほぼなくなり、いずれの試合も中盤まで試合をつくれるようになった。中継ぎでは左腕レグナルトが、5月24日巨人戦まで19戦連続自責0。20戦目に自責1が記録されたが、中盤以降を引き締め、勝つ確率を高めている。

    ◆攻撃陣 ベストオーダーを求め毎日のように打順を変更していたが、4月29日からバティスタを3番に固定。5月1日から不振の田中広を下位に下げ、1番に野間を入れた。懸念だった5番には打ってよし、小技もよしの西川を起用。野間、菊池涼、バティスタ、鈴木、西川の上位がほぼ固まった。3、4月のチーム打率はリーグ最悪の2割2分5厘だったが、5月は1位の2割8分4厘。緒方監督は「まだベストじゃない」と話すが、強力クリーンアップを中心に、多彩な攻撃ができるようになった。

    ◆守備陣 左翼に西川、一塁にバティスタが固定されたことで締まった。開幕当初は不安定だった西川の左翼守備も持ち前のセンスで向上。広瀬外野守備走塁コーチは「高いレベルを要求できるようになった」と話す。バティスタはここまで無失策だ。3、4月のチーム失策数はリーグ最多の25だったが、5月は12に激減。走力、守備力重視の布陣が機能している。

    高ヘッドコーチは「だれもあきらめず、今日も3点差を追いついた。きっかけがあればまた、連勝していけると思う」と手応えを語った。広島はまた、走りだす。【村野森】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-05261259-nksports-base

     広島が27日、神宮外苑で投手指名練習を行い、28日・ヤクルト戦(神宮)に先発する野村祐輔投手は強めのキャッチボールなどで調整した。

     チームは前日の巨人戦こそ敗れたものの、25日の同戦まで球団では3年ぶり3度目の11連勝を記録。自身も前回登板の21日・中日戦(三次)では7回3安打無失点と好投し、3勝目を挙げていた。

     再び連勝街道を走るべく、カード頭のマウンドに上がる右腕。「チーム全体がいい状態。これが続けばいい結果につながると思う。全員で戦っていきたい」と言葉に力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000106-dal-base

     「広島3-2中日」(21日、三次きんさいスタジアム)

     広島が今季2度目の8連勝。快進撃が止まらず、ついに今季初の単独首位に浮上し、鯉党は歓喜に酔いしれた。


     一時は最大借金8を背負い、首位とは7差を付けられたが、驚異的な巻き返しで“定位置”を奪い返した。開幕から、ここまでの“カープ劇場”を振り返る。

     3・29巨人戦5-0(マツダ)大瀬良が快投。開幕戦で巨人に快勝。

     4・10ヤクルト戦3-15(マツダ)延長十回に3失策が絡んで一挙12失点。悪夢のような惨敗で、涙を流すカープファンの姿もあった。過去、優勝チームの例がない4カード連続の負け越し。

     4・13DeNA戦6-1(横浜)床田がプロ初の1失点完投勝利。連敗を5で止める。

     4・16巨人戦2-8(鹿児島)守備が乱れ、敗戦。借金8、首位巨人との7ゲーム差はいずれもワーストに。

     4・17巨人戦5-4(熊本)敗色濃厚の九回、2死から3点を奪って大逆転勝ち。菊池涼が起死回生の同点打、石原がV打。流れが変わる。

     4・27ヤクルト戦2-0(神宮)床田、フランスア、中崎の完封リレーで8連勝!借金完済

     5・12DeNA戦8-1(マツダ)アドゥワのプロ初完投勝利鈴木11号3ランで快勝。待望の貯金1。

     5・18阪神戦4-0(甲子園)ジョンソン完全復活の3勝目 3戦19イニング連続無失点。貯金5。

     5・21中日戦3-2(三次)野村快投3勝目 今季初の単独首位!貯金7。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000146-dal-base

    このページのトップヘ