広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野村祐輔

     広島は25日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に0-1で敗れた。試合は野村祐輔と菅野智之の両エースによる息詰まる投手戦となったが、マギーの本塁打による1点を守り切った巨人が勝利した。打線が菅野に散発4安打と完璧に封じられ、緒方監督は「今日は相手が上回った」と脱帽だった。

     菅野との今季初対戦では6回に集中打でKOしたが、この日は最後まで得点することができなかった。3回には1死二塁、4回には2死から松山の三塁打で得点圏に走者を進めたが、タイムリーが出なかった。

     緒方監督は「数少ないチャンスで、そこで1本出るか出ないか。そういう戦いだった」と試合を振り返り、「前回は打てたけど、今回はやられた。これから何度も対戦していく投手だし、次回はやり返さないと。選手もそう思っているだろうし、やってくれると思うよ」と、次回に期待した。

     10連勝の後、3勝7敗とチームは急降下し、2位巨人との差は0.5ゲーム差となった。指揮官が「このところ、なかなかこちらのペースで先制できていない試合が多い」と言うように、打線に開幕直後の勢いがない。この日は菅野対策で一塁に安部、三塁に西川を起用したが、起爆剤とはならなかった。

    「打線には、個人の調子も含めて、その時その時の状態がある。1つのオーダーでいくつもりはない。これからもいろいろなパターンを考えながらやっていきたい」という緒方監督。最後は「明日もあるわけだから、なんとか先制できるようにやっていきたいね」と、気持ちを切り替えていた。



    引用元 https://full-count.jp/2017/04/25/post66331/

     広島・野村祐輔投手(27)が24日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加。キャッチボールなどで汗を流した。

     25日から2位巨人と首位攻防3連戦。初戦(マツダ)に先発予定の右腕は「カードの頭を取れるように、しっかり投げるだけです」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000048-dal-base

     昨年の王者・広島が今年も好調だ。開幕15試合を11勝3敗1分で乗り切り、貯金は早くも8つ。安定した強さで今年も首位を走っている。

     広島の下馬評はと言うと、「昨年は出来すぎ」という声も少なくなく、また投手陣の精神的支柱を担った黒田博樹がユニフォームを脱いだことで、“黒田ロス”に陥るのでは...という心配も指摘されていた。

     ところがフタを開けてみると、ここまでのチーム防御率は3.04でリーグトップ。黒田が抜けた先発陣はここまでリーグトップのイニング数98回1/3を記録し、それでいて防御率はリーグ2番目の3.39と安定したパフォーマンスを披露している。

     先発陣の勝利の内訳を見てみると、九里亜蓮と岡田明丈が2勝で引っ張り、野村祐輔とルーキーの加藤拓也、床田寛樹が1勝ずつの計7勝。そんな彼らにはある“共通点”がある。全員が大卒でプロの世界へと入ってきた投手たちということだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00112817-baseballk-base

     広島の野村祐輔投手(27)が17日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた投手指名練習に参加。今季初対戦となる18日・DeNA戦(マツダ)の先発に向けてキャッチボールやダュシュ、体幹トレーニングなどで汗を流した。



     昨季はDeNA戦に3試合に登板し、0勝1敗とセ・リーグ5球団で唯一白星を挙げることができなかった。「全員の打者に注意しないといけない。回の先頭を出して、前回の投球は苦しいものになってしまった。しっかり自分のできることをやっていきたい」と気を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000048-dal-base

     (セ・リーグ、巨人6-9広島、1回戦、11日、東京D)広島が14安打9得点の猛攻で首位攻防戦を制し、連勝を8に伸ばした(1分け挟む)。2番・菊池は七回に1号2ランを放つなど6打数5安打3打点と大当たり。プロ初の4番に座った鈴木が3安打2打点の活躍で、勝利に導いた。

     リーグ2位の巨人の先発は菅野。首位・広島の先発は野村で投げ合いが予想されたが、乱打戦となった。先制したのは巨人。三回二死三塁から、2番・立岡の三ゴロを広島・安部が一塁に悪送球。三走が生還した。巨人は五回には1番・中井が野村から左越え2号2ランを放った。

     広島は六回に打者一巡の猛攻で6点を奪い、逆転した。まず一死一、三塁から、安部の一ゴロを巨人・阿部が野選で三走・鈴木が生還。さらに代打・小窪が右越え2点三塁打を放ち、同点に追いついた。菅野は続く田中を四球で歩かせた後、巨人は2番手のD3位・谷岡に継投。すると広島・菊池が中前適時打を放ち、1点を勝ち越した。猛攻は続く。プロ初の4番に座った鈴木が右中間に2点二塁打を放ち、6点目を挙げた。

     巨人はその裏、反撃。無死一、二塁からマギーが左越え適時二塁打で1点を返す。さらに亀井が右前適時打、重信が左前に同点適時打を放ったが、救援陣が鯉打線につかまった。

     広島は七回に3点を勝ち越した。一死二塁から小窪が、巨人4番手・森福から左翼への適時打を放ち、1点を勝ち越し。さらに菊池がこの日5安打目となる1号2ランを左翼スタンドに運び、突き放した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000561-sanspo-base

     ◇セ・リーグ 広島7―1中日(2017年4月4日 ナゴヤD)

     広島が12安打7得点で3連勝。昨季16勝を挙げ最多勝を獲得した野村が投げては7回4安打1失点、打っては2安打と投打に活躍した。

     昨季同様低めへ丁寧に投げ込む投球で中日打線を手玉に取った野村。3回に溝脇からソロ本塁打を浴びた1失点のみに抑えた。通算50勝目をマークするとともに、昨年4月12日から続く中日戦での連勝を5に伸ばした。

     打線は2回にエルドレッドの左越え2ランで先制。さらに安部、野村の下位打線に安打が出て2死一、三塁とし、田中の左前適時打で1点追加した。6回には2死走者なしから石原、野村の連打で好機を作り、菊池、新井の適時打などで4点を追加した。

     中日は先発の若松が3回7安打3失点で降板。6回から登板した3番手の浅尾が4失点し試合を決定づけられた。打線も7安打止まりで元気がなく、37年ぶりの開幕4連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000152-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島―中日(2017年4月4日 ナゴヤドーム)

     昨季2冠右腕に出陣の時が来た。広島・野村は王手をかけている通算50勝について「言われるまで考えていなかった」と無関心を通した。

     4日の中日戦で勝てば、通算110試合目での到達。昨季限りで引退した黒田博樹氏の161試合、ドジャース・前田の122試合目の登板を上回る球団最速達成でも、「その試合、その試合で勝てるように全力で投げたい」とチームの勝利最優先の姿勢を崩さなかった。

     最多勝と勝率1位に輝いた昨季も初登板を敵地ナゴヤドームで迎え、若松と投げ合って5回1/33失点の黒星発進。「緊張は必ずすると思うけど、冷静な部分がないといけない。しっかりやりたい」。エースの風格を漂わせながら、今季初戦へ意気込んだ。 (柳澤 元紀)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000075-spnannex-base

     広島・野村祐輔投手(27)が3日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加。今季初先発予定の4日・中日戦(ナゴヤドーム)に向けて、キャッチボールやダッシュなどで汗を流した。

     チームは阪神との開幕カードを2勝1敗と勝ち越した。「いい流れできているので、カード頭を取れるようにしっかり頑張りたい」と意気込んだ。昨季は16勝3敗。最多勝、最高勝率の二冠に輝き、今季はジョンソンと共に先発ローテの軸として期待される。ナゴヤドームでは13年9月24日以来となる白星を目指す。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000053-dal-base

    このページのトップヘ