広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野村祐輔

     広島・野村祐輔投手(29)が17日、2年連続で優勝を切り開く登板への意欲を示した。21日・阪神戦(マツダ)に先発する見込みで、現時点で最短優勝日と重なっている。昨年はV当日の9月18日に先発し好投した右腕。今年の開幕投手の経験も生かし、27年ぶりの本拠地Vへ導く快投を披露する。

     グラウンドでの練習を終え、ベンチ裏へ引き揚げてきた野村はキラリと目を輝かせた。現在優勝マジックは4。20日からはマツダスタジアム9連戦とあり、27年ぶりの本拠地胴上げが決定的な状況。次回先発は“最短Xデー”の21日・阪神戦が濃厚で、2年連続優勝の日にマウンドに上がる可能性は十分だ。

     「チャンスがあるならそんなうれしいことはない。今年はマツダで決められるチャンスなので、決めたい」

     2度経験した重圧を生かす。昨年はマジック1で迎えた9月18日・阪神戦(甲子園)に先発して6回1失点の好投を演じ、2連覇が決まった。一昨年は対象チームの勝利で優勝は決まらなかったが、マジック2で迎えた9月8日・中日戦(マツダ)に先発し、勝ち投手となった。「最初の年は(力みを)感じすぎて自分の投球ができなかった。その経験があったから、去年は自分の投球ができた」と心構えはできている。

     Vへの大詰めを迎え、自身も上り調子だ。前回登板は6回4安打無失点で7勝目。それでも「立ち上がりが前回は(走者を)ためた中での投球だった。後半尻上がりに良くなってはきたけど、そこをしっかりやっていきたい」。キャッチボールから感覚を研ぎすませ、準備を整えている。

     「1試合1試合成長していけるように、そういう投球をしたいと思います」と力を込めた野村。昨年の優勝当日も相手は猛虎軍団。虎を狩り、歓喜の瞬間を再び引き寄せる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000036-dal-base

     広島が17日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。野村、九里、ジョンソンが参加し、それぞれキャッチボールなどのメニューで汗を流した。


     野村は前回登板の13日・DeNA戦で6回4安打無失点と好投し、7勝目をマーク。21日・阪神戦に先発見込みで、「立ち上がりが前回は(走者を)ためた中での投球だった。後半尻上がりに良くなってはきたけど、そこをしっかりやっていきたい」と表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000123-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島4―0DeNA(2018年9月13日 マツダ)

     広島の野村が6回4安打無失点の好投で7勝目。チームは零封リレーで優勝へのマジックナンバーを6とした。

     野村は奪った17アウトのうち、ゴロアウトが10。打たせて取る投球で8月10日の巨人戦以来となる白星を手にした。6回95球と球数はかさんだが、DeNA打線に三塁を踏ませぬ内容。先制弾の松山とともに上がったお立ち台では「援護点をもらって投げやすかった。自分の投球ができて良かった」と納得の表情を浮かべた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000170-spnannex-base

    <広島4-0DeNA>◇13日◇マツダスタジアム

    広島は2回に松山が先制の12号ソロ。3回に鈴木の29号2ランと田中の適時打で3点追加。DeNAは3回まで3安打も無得点。


    中盤は締まった展開。広島先発野村はコーナーワークがさえ6回まで無失点。DeNAも中継ぎが3回から3イニングを無失点。

    広島は7回から継投で逃げ切り、2連勝で3カードぶり勝ち越し。6回無失点の野村は7勝目。DeNAは2連敗。飯塚は6敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00329097-nksports-base

    <中日3-0広島>◇7日◇ナゴヤドーム

    広島が6度目の完封負けを喫し、後半戦初の3連敗となった。



    先発野村は7回2失点で自責0も4敗目。4回に三塁西川の適時失策があり、続く高橋の二塁打で2点目を失った。打線は笠原の前に散発3安打で三塁を踏めなかった。優勝マジックは2位ヤクルトが敗れたため、1つ減って「10」となった。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

    -野村の評価は

    緒方監督 今日、祐輔は良かったよ。久々に球のキレもあったし、両コーナーにしっかり投げられていた。

    -失策の失点が響いた

    緒方監督 そういう展開になってしまったからね。

    -笠原の状態は良かった

    緒方監督 そこはある程度、分かっていたから。連戦も続いている中、選手も今が一番の踏ん張りどころ。今日の結果だけでどうこうじゃない。また明日、頑張るしかない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000013-nkgendai-base

     広島は6日、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)の災害復旧や被災者支援の義援金として6選手が合わせて1000万円を広島市へ寄付すると発表した。

     6選手は前日、現役引退を発表した新井をはじめ石原、会沢、野村、中崎、鈴木。

     また、野村は出身地の岡山県倉敷市にも義援金を送るという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000044-dal-base

    ● ヤクルト 3 - 8 広島 ○
    <20回戦・神宮>

     広島の大瀬良大地が、7回2安打1失点に抑え、15勝目を挙げた。

     大瀬良は、ヤクルト打線を4回までノーヒットに抑えるピッチング。0-0の5回に4点の援護をもらうとその裏、大瀬良は中村悠平にこの日初安打となる適時打で1点を失う。それでも6回は、1番・坂口智隆から始まる打順を三者凡退に仕留めると、7回も無失点に抑え、7回2安打1失点で15勝目を手にした。

     1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏は大瀬良について「立ち上がりは探り探りに投げているような感じだったんですけど、3回ぐらいから自分の狙ったところに投げだすことができるようになってきましたよね。そこからは、例えばボールが先行しても、バッティングカウントでちゃんと打ってもファウル、凡打になるところに投げていました」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164438-baseballk-base

     「ヤクルト5-6広島」(31日、神宮球場)

     表情をゆがめ、打球の行方を目で追った。1-1の七回、2死一、三塁。広島の先発・野村祐輔投手が3番青木にこの日3安打目となる一発を被弾。打線が同点に追いついた直後に痛恨の勝ち越し3ランを浴びた。

     「勝負にいった球だった。あのカウントにしたのが悪い。(調子は)悪くなかった。いい方だったんですが」

     試合後は悔しさを押し殺して振り返った。激痛に耐えて粘投を続けていたが、七回に落とし穴が待っていた。1死から中村に中前打を打たれ、犠打と坂口の二塁内野安打で一、三塁。あと1死でチェンジだったが…。踏ん張りきれず、2ボールから投じたツーシームを完璧に捉えられた。

     前回8月24日中日戦(マツダ)は6回8安打4失点で3敗目。試合後は「申し訳ない」と繰り返し、リベンジを誓った。登板前日には「チームが勝てるように、先発の仕事をしたい」と、並々ならぬ決意を示していた。

     責任感も胸にマウンドに立っていた。前日までにフランスアと一岡が3連投。この日は別メニュー調整で登板予定がないことも「頭に入っていました」。初回、右太ももに打球を受けたがすぐさまマウンドへ。1イニングでも長く投げると、心に決めていた。

     チームが逆転勝ちを収め、黒星は吹き飛んだ。調子自体は決して悪くない。次回こそ、7勝目をつかむ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000027-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島6ー5クルト(2018年8月31日 神宮)

     広島が終盤の得点で延長に持ち込み、延長10回に丸の本塁打で勝ち越した。チームは4連勝で優勝マジックを「17」とした。

     広島は、3回に1点先制されたものの、7回に1死二塁で田中が右方向への適時三塁打で追いつく。しかし直後に4点勝ち越される苦しい展開に。だが8回、無死一塁でバティスタの22号2ランで反撃開始。チャンスは続き、1死満塁として松山の左前適時打で1点差に詰め寄り、9回にも1死三塁で野間の左犠飛で追いついた。延長10回には先頭の丸がライトスタンドへ31号ソロを放って勝ち越した。

     ヤクルトは、3回にバレンティンが右中間への適時二塁打で先制。7回に同点にされるが、直後に青木の勝ち越し7号3ランと西浦の右前適時打で一度は勝ち越しに成功する。しかしその後、リリーフ陣が誤算で、連勝は5で止まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000167-spnannex-base

    このページのトップヘ