広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野村謙二郎

     ◇セ・リーグ 広島3―5DeNA(2017年4月20日 マツダ)

     敗戦には得てしてミスが絡みがちだ。9回を打者3人で退けた今村が、2イニング目に2四球を与えるまさかの変調。終盤に追いつき、今までの勢いからすると、今日も勝つかな…と期待したファンは多いだろうが、自滅ではもったいない。

     思えばこの3連戦、あれほど活発に打った打線が援護できなかった。初戦の浜口に今永、井納。ルーキー以外の2人には相性もよくない。カープは去年のセ・リーグ王者だ。交流戦前後や球宴明けにはローテーションを再編し、3人を当ててくる可能性がある。対策を練り、早期に苦手意識を拭い去る必要がある。

     先発した大瀬良にも触れておきたい。試合を壊すことはないものの、やられるパターンは常に同じだ。ボールが先行し、甘い球を痛打される。ボール先行は、打たれてはいけない気持ちがそうさせるのか、ただ単にストライクが入らないのか。

     昨季まで在籍した偉大な大先輩は“打たれることを恐れない。最終的にホームを踏まさなければいい”と言った。失点しても、それ以上やらなければいい…という切り替えが大事。もう一度その言葉を思い出し、気持ちを整理してほしい。 (スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000068-spnannex-base

     広島前監督でスポニチ本紙評論家の野村謙二郎氏(50)がこのほど広島大大学院教育学研究科に合格した。

     4日から大学院生として一歩を踏み出すにあたり、「僕らはスパルタで育ったが、今は違う。カープの監督時代も指導の難しさを感じた。コーチングには以前から興味があり、学んだことを今後に役立てたい」と抱負を語った。

     専攻は健康スポーツ教育学。2月に社会人特別選抜試験を受けた。教員や教育学の研究を目指す学生と一緒に2年間学ぶ。担当教官で、柔道の全日本女子ジュニアヘッドコーチも務める出口達也教授(54)は「ご本人が望む環境を提供しながら一緒に勉強していきたい」と歓迎した。

     プロ野球OBが引退後に大学院に進んだ例としては、桑田真澄(巨人→早大大学院)、谷沢健一(中日→早大大学院)などがあるが、監督経験者は極めて異例だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000076-spnannex-base

    このページのトップヘ