広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野間峻祥

    <広島-巨人>◇21日◇マツダスタジアム

    広島西川が先頭打者本塁打を放った。ストレートを2球見逃し、3球目の内角へのチェンジアップも見逃してカウント1-2。4球目のやや高めの145キロの直球をひと振りで仕留め、右翼スタンドに運んだ。見事な先制弾だったが、それ以上に1番打者としての働きが際立った。


    1番打者がやるべきこと、とくに初回の第1打席ですべきことは、相手投手の調子や球筋を味方ベンチに見せることだ。球数を多く投げさせ、攻略に生かす要素をできるだけ多く引き出したい。初球は手を出してもいい球だったし、2球目もそう。それでも西川はグッとこらえ、4球目まで待った。巨人先発桜井は、広島戦初先発。そういう意味でも、この待球策はファインプレーといえる。今季の西川は4番と9番以外の7つの打順を経験しているが、1番の資質は十分だ。

    今季の広島は打順がなかなか固まらず、それが低迷につながっている。それでも、球宴明けから西川を1番に置く上位打線は6試合不変だ。この形が今の広島のベストなら、できるだけ変えずに戦ったほうがチームは落ち着く。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-07211016-nksports-base

    ■広島 2-1 巨人(21日・マツダスタジアム)

     広島は21日、本拠地・マツダスタジアムでの巨人戦を2-1でサヨナラ勝ち。5月30日ヤクルト戦以来の同一カード3連勝を飾った。


     広島は初回に西川の6号先頭打者ホームランで先制に成功。だが、3回に先発九里が1死三塁から丸に中犠飛を浴び同点に追い付かれるとその後は両チーム無得点が続く。試合は延長戦に突入し10回に1死満塁から鈴木が右前打を放ちサヨナラ勝ちを収めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00447296-fullcount-base

    <DeNA5-8広島>◇15日◇横浜

    広島は連敗を11で止め、後半戦白星スタートとなった。1回に鈴木の2点先制二塁打などで4点を奪うと、その後も打線がつながって11安打で8得点を挙げ、投手陣が粘ってリードを守り抜いた。

    広島緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。

    -連敗が止まった

    緒方監督 オールスター明け、後半戦を勝ってスタートできたことは非常にうれしい。選手もゲームセットの瞬間、表情がいっぺんに和らいだように感じた。勝って何よりです。

    -1回の攻撃が大きかった

    緒方監督 もちろん。今日の試合を振り返れば、西川から始まって、誠也があそこでしっかり2点適時打を打ってくれて、本当に勢いがグッときた。九里がちょっとつかまったあそこ(3回)をしのぎ切って、6回まで粘り強く投げてくれた。

    -1番に西川を起用

    緒方監督 打席での粘りがあり、淡泊さがなく、集中力をしっかりと全打席で感じた。トップバッターとしての役割(をこなそうとする姿勢)が伝わってきた。

    -今後も打線は入れ替えながらになるか

    緒方監督 いい打線の形が決まれば、それに越したことはない。そこは見極めながらやっていきます。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-07151212-nksports-base

     13日のプロ野球公示で、広島は上本崇司内野手の登録を抹消し、オリックスは齋藤綱記投手、鈴木優投手の2人の出場選手登録を抹消した。

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    広島
    内野手 上本崇司

    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    オリックス
    投手 齋藤綱記
    投手 鈴木優


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00438557-fullcount-base

     広島・下水流昂外野手(31)と楽天・三好匠内野手(26)との1対1の交換トレードが2日、両球団から発表された。

     下水流は球団の広報を通じて「大変驚いています。カープ球団には6年半、お世話になりました。その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように精いっぱい頑張ります。カープファンの皆さま、6年半応援ありがとうございます」とコメントした。

     下水流は2013年にホンダからドラフト4位で広島に入団した。昨季は7月20日の巨人戦(マツダ)で逆転サヨナラ2ランを放つなど印象的な活躍をしたが、今季は2月のキャンプ中に左脚を痛めて離脱するなど2試合で4打数無安打。外野の選手層は厚く、1軍昇格の機会がなかなか巡ってこなかった。

     一方で三好は2012年に九州国際大付高からドラフト3位で楽天に入団した。今季は代走、守備固めとして17試合に出場し、4打数1安打だった。遊撃を含めた内野の複数のポジションを守ることができ、手薄な内野陣の中で貴重な存在となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000520-sanspo-base

     28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、広島の高橋大樹について言及した。

     高橋は3回の第2打席でプロ初本塁打を放つと、3-3の5回無死走者なしの第3打席はファウルで粘り、11球目のスライダーを冷静に見極め四球を選んだ。

     江本氏は「素晴らしい四球ですよ。ヒットを打つよりも、価値が大きいですよね」と話し、「これだけ粘れば1番の役割を果たしていますよ。食らいついてせっかくきたチャンスだというところが出ていますよね」と必死さを評価した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00193813-baseballk-base

     「DeNA2-2広島」(30日、横浜スタジアム)

     雨のため20分遅れで試合開始となった一戦は延長十二回、引き分けに終わった。


     2-2の十二回。DeNAの守護神・山崎の前に三者凡退に仕留められ、広島の勝ちはなくなった。その裏に投入の7番手・遠藤も奮起。DeNA打線を3人で斬り、得点は許さなかった。

     広島は勝利目前で追いつかれた。2-1で九回を迎えたが、1点を守り切れず。5番手のフランスアが2死三塁で佐野に右前へ同点打を運ばれ、延長にもちこまれた。

     直前の九回表に無死満塁と絶好の追加点のチャンスを作りながら国吉の前に無得点に終わったのも響いた。

     意地を見せていた。1点を追う七回。先頭の鈴木がこの日2安打目となる中前打で出塁。続くメヒアが藤岡から逆転の2号2ランを右翼へ運んだ。鈴木は四回に14打席ぶりの安打を放っていた。

     先発の床田は三回に筒香に先制二塁打を許したが、6回を3安打1失点の好投だった。

     引き分けたDeNAは35勝36敗で阪神と並び、同率の3位に浮上した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000130-dal-base

     交流戦最下位に終わった2位・広島は、リーグ戦再開後の初戦となったDeNAに3-13で敗れた。

     広島はエースの大瀬良大地を先発に立てたが、5回途中12被安打7失点でノックアウト。4番手で登板した中村祐太も2回を投げて6失点と、DeNA打線を止めることができなかった。

     打線は2回に田中広輔の犠飛、3回に高橋大樹、4回にメヒアの本塁打が飛び出したが、5回以降はDeNA投手陣を捉えることができなかった。

     28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、広島について「投打のバランスが良いというのが特徴ですけど、ちょっと崩れてきていますよね。交流戦最下位というのもなんとなくわかる気がしますよね。対パリーグは関係ないですよ。内容が悪くなりすぎていますよね」とバッサリ。

     さらに、投手陣については「ピッチャーが良かったんですけど、救世主的な投手が出てこないとダメですよね。大瀬良が崩れたら苦しいですよね。(前回登板で完封勝利の)九里だって好投が続くかわからないですからね。あきらかに足りない」と台所が厳しいのではないかと指摘した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00193807-baseballk-base

    このページのトップヘ