広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野間峻祥

     広島の野間峻祥外野手(26)が14日、開幕レギュラー奪取へ意欲を燃やした。現在は宮崎県内で鈴木誠らと合同自主トレに励む日々を送る。今季は武器の俊足にさらに磨きをかけ、盗塁数を増やすことを宣言。昨秋から取り組む新打撃フォームを完成させ、走・攻でし烈な外野戦争を勝ち抜く覚悟だ。



     6年目の今季はレギュラーの座を不動のものにする。開幕スタメンに向け、野間はチームメートとともに自主トレに励んでいる。単独ではなく、合同でやることによって「他の選手を体感できる」と相乗効果を実感している。

     昨季は123試合に出場し、打率・248、2本塁打、16打点と数字的にはやや物足りなさが残った。厳しいポジション争いを勝ち抜くためには当然、一層のレベルアップが要求される。

     「足という部分で負けていない」と言うように、野間の最大の武器は機動力だ。昨季は14盗塁で成功率・875と好成績を残した。それでも「企画数が少なかった」と反省。「相手にプレッシャーをかける意味でも企画していった方がいい」と、盗塁企図数を増やすことで盗塁数増につなげ、得点に絡む機会も増やす狙いだ。

     昨年の秋季キャンプから打撃フォーム改造に取り組んでいる。朝山打撃コーチから「強く振れ」との助言を受け、長打力向上を目指している。自主練習では安定感が増し、完成形への手応えをつかみつつある。

     西川や長野、新加入したドラフト2位の宇草(法大)らがライバル候補になる。「上位を打ちたいですし、とにかく外野がし烈なので」。狙いは1番奪取だ。切り込み隊長定着へ、キャンプ、オープン戦を通じてアピールを重ねていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000034-dal-base

     広島・鈴木誠也外野手(25)が新境地を見せている。11日に宮崎・串間市内での自主トレを公開。午前はランニングやキャッチボール、午後からは打撃練習で汗を流し「今年は五輪もありますし楽しみのほうが強い。けがをしない体づくりをしていきたい」と抱負を口にした。

     今オフはソフトバンク・内川との合同自主トレを卒業し、堂林、野間、曽根、永井とトレーニングを行うが「もう8年目かという気持ちが強い。雑に過ごしていたらすぐにプロ野球人生が終わってしまう。一日一日大切に過ごしていきたい」と意気込みを口にした。

     今年は赤ヘルの4番だけでなく“もの言い役”としても期待されている。チームの勝利を最優先にする鈴木誠は、この日「自分の成績が悪ければ給料とかも落ちるので難しいが、それでもチームのためにやったほうが僕は成績がよくなると思っている。新しく入ってくるレギュラーの選手が自分のこと(だけ)を考えていたら正直厳しいと思う」とV奪還に向けてチーム打撃に徹することを呼び掛けた。

     自らの数字に関しても「首位打者は狙っていない。それよりも出塁率であったり、打点を上げるほうがいい」とキッパリ。そんな姿に球団内からは「去年は締めることができる選手がいなかった。若いが実績は十分だし、考え方がしっかりしている。どんどん発言していってほしい」(チーム関係者)との声も。

     3連覇中にバットだけでなくチーム一丸の重要性を説き、ナインを陰からも支えた新井貴浩氏(42)のような助言役&調整役としての役割も求められている。

    「僕は3年目以内に出られないとクビになると思っていた。今の子たちはゆっくりゆっくりやっている。そうやっていると消えるよと伝えている」と若手選手へ強烈なハッパも忘れなかった鈴木誠。今年は陰に日なたにフル回転といきたいところだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000023-tospoweb-base

     広島の朝山東洋打撃コーチ(43)が30日、理想の1番打者像を明かした。来季も4番・鈴木を軸に打線を組むが、得点力アップのためにはリードオフマンの働きが重要だと強調。2番以降に勇気を与える打撃ができる選手を起用する方針だ。来年の春季キャンプ、オープン戦を通じ、適任者を見極めていく。

     得点力アップには1番打者の活躍が欠かせない。朝山打撃コーチはリードオフマン像を言葉にした。「一番初めに打席に入る。みんなが見ているし、その打者が打てば『行けるぞ!』という雰囲気になる。勇気をもたらしてくれる打者を置きたい」と力を込めた。

     攻撃的な姿勢を求めている。状況に応じ、四球を選ぶこともチームのプラスになる。それでもまずは積極的なスイングを心掛けてほしいという。「1球も振らずに見逃し三振などで終われば、その後の打者が受け身になる」。理想の結果は「1点を取れば、雰囲気が明るくなる。先頭打者ホームラン」だ。

     リーグ4連覇を逃し、4位に終わった今季は1番探しで混迷した。田中広が開幕から絶不調。一時、存在感を示した野間も定位置をつかむことはできなかった。勝ち切れなかった前半戦は、9人(16、17年=2人、18年=4人)が入れ替わった。

     春季キャンプから競争の幕が開ける。右膝の手術を受けた田中広は万全の状態で臨める見通しが立ち、野間は秋季キャンプでパンチ力を見せつけた。西川も打撃力はチーム屈指だ。この3人が有力候補で、もちろん新たな選手の台頭も待ち望んでいる。

     不動の4番・鈴木を軸に組む来季の打線。「攻撃的なメンバーを置きたい」と青写真を描く。サバイバルレースから切り込み隊長の座を勝ち取ってほしいと願っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000022-dal-base

     リョーマ打法でリョーマに打ち勝つ! 広島・野間峻祥外野手(26)がマツダスタジアムで取材に応じ、今オフ改造中の新打撃フォームの狙いを披露。来季の目標に今季の10倍となる「20本塁打」を掲げた。

     野間は5年目の今季、123試合に出場して打率2割4分8厘、2本塁打、16打点。“ポスト丸”の一角と期待されて開幕オーダーにも名を連ねたが緒方前監督による“体罰騒動”も影を落とし、中盤以降は失速してシーズンを終えた。

     課題の打撃では重心が前方に突っ込む悪癖を修正するため、体の上下を逆に回転させるツイスト打法などにも取り組んだが「目先の結果を求めて縮こまって、空回りしてどつぼにはまっていた」。今オフは「後ろに乗っかるイメージをつけやすい」と秋季キャンプからバットを寝かせた状態から始動する新フォームに取り組んでいる。

     参考にしているのはイチロー氏や後輩の西川龍馬内野手(25)、西武・秋山ら。今季ブレークした西川は細身の体で16本塁打をかっ飛ばした。野間のテーマも長打力の向上。「東洋さん(朝山打撃コーチ)には『20発ぐらいは』と言われています。練習では飛距離も出だしていい感じで振れている。自分としても年間通して普通にやれば、それぐらい打てる力強さを求めてやりたい」とアーチ量産をもくろんでいる。

     佐々岡新監督が来季の打線に求めるキーワードも長打力。鈴木、西川、長野ら実力者がひしめく外野にパワーアップした野間が殴り込みをかける。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000033-tospoweb-base

    誠也との初タッグで打撃開眼だ。来季11年目の広島堂林翔太内野手(28)が25日、年明け宮崎県内で鈴木誠也外野手(25)らと行う合同自主トレへの意気込みを語った。ここ数年の停滞感打破のため、自ら動いた。日本の主砲に成長した後輩たちの合同トレ参加を直訴。誠也塾入門を決めた。鹿児島の護摩行で精神を鍛えた後、宮崎では若き主砲のもとで打力を磨き抜く。



       ◇   ◇   ◇

    これまで広島を拠点に自主トレを行ってきた堂林が、年明けは自ら志願して「チーム・野間」に加わる。年下ながら広島だけでなく、日本の主砲となった鈴木らが集まる合同自主トレ参加を自ら志願した。最高の教材を前にして、年齢などは関係ない。純粋な打力向上の意欲が背中を押した。

    「誠也という球界でもナンバーワンの打者の近くでやれるということなので、何かひとつでも吸収して、キャンプに臨んでいけたらと思っています」

    3学年下の後輩で、入団時から鈴木は堂林を慕い、プライベートでも仲がいい。これまで何度も打撃論をかわしてきた。今では日本を代表する打者に成長した後輩に学ぶことはまだ多くある。「すごく引き出しが多いですし、後輩ですけど、何かを学んで自分のものにできたら」。同じ右打者として停滞感を打ち破るきっかけとしたい。

    年内は例年通り広島でトレーニングを続け、1月上旬に鹿児島で会沢らと護摩行に臨む。精神修行を終えたあとに、そのまま宮崎県へ移動して合流する予定だ。「誠也が言っているように、一緒にやることによって、みんなが少しでも良くなって、全体的に良くなればチームもいい方向に行くと思います」。鈴木だけでなく、野間や曽根は練習の虫。堂林もチームで随一の練習量を誇るだけに、相乗効果も期待できそうだ。

    今年は前年から試合数を大きく落とし、安打数は1軍デビューした12年以降初の1桁となる7安打。2年連続本塁打なしに終わった。「チームが苦しいとき、困ったときに起用される存在であれば、スタメンも増えてくる。どこのポジションを守るかは分かりませんけど、ライバルは多いので、そこを一つひとつクリアしていきたい」。三塁や一塁、外野などポジションは問わない。チャンスをうかがうため、鈴木とのタッグで20年型打法を固めていく。【前原淳】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-12250631-nksports-base

     広島・磯村嘉孝捕手(27)が22日、野村祐輔投手(30)、野間峻祥外野手(26)と共に広島テレビ社屋、エキキターレで初開催された「カープフェス2019」のトークショーに参加した。プロ10年目を迎える来季は本職の捕手に加え、今秋から挑戦中の一塁、そして代打の“三刀流”で挑む覚悟。今季自己最多の65試合に出場した勝負師が、さらなる飛躍を目指す。

     来季、キャリアハイを目指す磯村は今オフ、広島を拠点とし下半身強化に励んでいる。「今年は春先にケガをしたので同じことを繰り返さないようにしたい」。プロ10年目となる2020年は、複数ポジションで出場機会を増やす覚悟だ。

     今季は自己最多となる65試合に出場。打率・278、4本塁打、21打点といずれもプロ入り最高の数字を残した。打力を買われて今秋から一塁に挑戦しているが、まずは「捕手で試合に出るのが一番」ときっぱり。正捕手の会沢、ベテラン・石原に次ぐ“第3捕手”からの脱却を図っていくのが第一目標だ。

     その上で「状況によっては一塁でもスタメンで出られるようにしたい」。前日にはファーストミットが届いたそうで「まずは柔らかくしないと」と、競争が始まる来春キャンプへ着々と準備を進めている。

     さらに「代打は得点圏で出ることが多い。チャンスで打点を挙げてチームに貢献したい」と磯村。今季は代打打率・323、得点圏打率・389と抜群の勝負強さを発揮しただけに、切り札としても期待がかかる。

     「あまり難しく考えず、変なこだわりはないので状況に合わせて準備をしようと思う」と力を込めた磯村。チームに欠かせぬ男は、自然体の“三刀流”で飛躍を目指す。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000037-dal-base

    目指せ20発!! 広島野間峻祥外野手(26)が24日、マツダスタジアムで約3時間汗を流した。例年通り、年内は広島市内のジムと本拠地で筋力強化と技術練習を続ける。年明けにはプロ入り初の合同自主トレを同僚の鈴木らとともに宮崎県内で予定する。秋季キャンプで好感触を得た新打撃フォームを確立させていく。


      ◇    ◇    ◇

    明確な方向性と両手に残る好感触を持ち、野間はバットを振り続けた。例年通り広島市内のジムで筋力強化を行い、マツダスタジアムではマシン打撃や素振りなどの技術練習を並行するオフを過ごす。手探りだったこれまでのオフとは違い、今年は打撃感覚の変化や確かな手応えを感じられる日々を送っている。

    「(来季から1軍打撃コーチの朝山)東洋さんには20発くらいは、と言われている。年間通して普通にやれば、それくらい打てる力。それを求めてやっていきたいと思います」

    キャリアハイは18年の5本塁打だが、高い潜在能力は誰もが認める。来季から1軍担当となった朝山打撃コーチは秋季キャンプ中に「ロングティーを見てもらえれば分かりますが、飛ばす能力はものすごくある」と柵越えを連発するパンチ力を認めていた。

    苦しんだシーズン終了後に打撃フォームを大きく変えた。チームメートの西川や西武FAの秋山のようにバットを後頭部の後ろに倒して構える形にし、秋季練習で確かな手応えを得た。「(キャンプでは)飛距離も結構出て、今もいい感じで振り抜けている」。周囲の評価も上々だった。年々増加する筋肉量に、確かな技術力も加われば、一気に長打力が開花する可能性も秘めている。

    年明けには鈴木や堂林ら広島5選手で宮崎県内でプロ入り初の合同自主トレに臨む。同世代で仲がいい。ただ、厳しいことも言い合える関係でもある。「みんなで思ったことを言えるメンツだと思うので、いろいろ指摘してもらいながら、いろいろ聞きながらやっていきたい」。打撃投手や栄養士を同行させる徹底ぶりで、妥協は許さない覚悟だ。リーグ優勝を逃し、ここ数年よりもオフ期間は長い。多くのものを吸収し、激しい外野手争いへの臨戦態勢を整えていく。【前原淳】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-12240748-nksports-base

     「誠也会」結成だ。広島・鈴木誠は、来年1月上旬から堂林、野間、曽根、永井の同僚5人と宮崎県内で自主トレを行うことを明かした。昨オフまで参加していたソフトバンク・内川らとの合同自主トレは“卒業”する。

     「たくさん吸収できました。次は一緒に戦う仲間とより良い方向にいけたらと思っていた。内さんにずっと頼るのもどうかな…と。成長するためには、いつかは自分でやらないといけない」

     4年目の定位置奪取を目指していた16年に「チーム内川」に初参加し、4年間で侍ジャパンの4番にまで成長した。「自主トレは楽しくやるイメージがあったけど、ピリピリしていてキャンプみたいだった。だから内さんの所を選んでいたのもある。来年は仲のいい人たちとやるけど、練習とのメリハリはつける人たち」。温暖な気候を条件に拠点を選択し、厳しい練習を行う環境を整えた。最後には「“チーム野間”と書いておいてください」と命名も忘れず、始動を心待ちにした。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000049-spnannex-base

     広島・高橋大樹外野手(25)が来季の1軍フル帯同を目指して自主トレを続けている。今季は自己最多27試合の出場で打率・279、1本塁打、3打点。6月28日・DeNA戦(横浜)では今永から待望のプロ初本塁打を放った。オフは打撃に磨きをかけ、外野競争に割って入る覚悟だ。

     メモリアルアーチを放ったオフも、高橋大は悲壮な覚悟で練習に取り組んでいる。今秋から飛距離アップへ、新打法に挑戦。「バットの位置を低く力が入らないように。トップを意識しています」。プロ8年目を迎える来季へ、さらなるレベルアップを図っている。

     キャンプ中の紅白戦では7試合に出場し、打率・368を記録。佐々岡新監督へアピールしたが「長打が出なかったので。1球目、2球目の甘い球を捉えられるようにしないといけない」と不満顔。「(今季も)2ストライクからのヒットが多かった。1、2球目でもっと長打を打てるようにならないと1年で終わると思う」と危機感を募らせる。

     新たな試みは試行錯誤の段階だが、7年目の今季は確かなインパクトを残した。交流戦明け6月28日・DeNA戦(横浜)でプロ初本塁打を放つと、「まさかあると思ってなかった」という同学年の鈴木、西川と外野で同時出場も果たした。

     最大の持ち味は積極性だ。初球から思い切りガツン!その姿勢は1軍首脳陣から高く評価された。「追い込まれたら三振はダメ」と粘り腰も発揮。終わってみれば、自己最多27試合で打率・279をマーク。「対応できると思った」と手応えが残ったのも確かだ。

     京都の龍谷大平安からドラフト1位で広島入団。同2位鈴木がスターダムを駆け上がっていく中、プロ3年目から3年間1軍出場なし。「自分には能力がないのかな…」。マイナス思考に陥ることもあったが、努力は惜しまなかった。朝山コーチの熱心な指導もあって18年にプロ初安打を記録。「東洋(朝山)さんのおかげです」と感謝の思いは尽きない。

     長野、野間、新外国人ピレラ…。来季も外野は激戦区だ。「ずっと1軍で打てるような選手になりたい」。コンディションを整えるため、今オフはダイエットにも敢行。夕食は炭水化物を抜き、ビールも断っている。ナインから「ほんこん」の愛称で親しまれるダークホースが外野競争に殴り込みをかける。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000047-dal-base

     外野一本で勝負や! 広島・西川龍馬内野手(25)が13日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3700万円増の6800万円でサインした。外野に本格挑戦した今季は「天才」と称される打撃が開花。138試合で打率2割9分7厘、16本塁打、64打点の好成績を残した。来季へ向けては“リョーマ節”全開で「見栄えのいい数字を残したい」と首位打者取りを宣言。7年目の来季は定位置固めに挑む。

     一気に倍増超となる提示には「もう少し低いと思っていました。すごく評価していただいた」とニンマリ。球団側から高く評価を受けたのは外野守備だったといい「(自分でも)まさかここまでやれると思わなかった」と白い歯を見せた。

     打撃面の成長も著しく、6月には球団単独2位の27試合連続安打も記録。ただ本人は「悔いが残っている」という。「もうちょっと集中しておけば良かったな、と。周りがざわざわして、それがストレスになって…。(新記録を)狙っていたけれど『もういいかな』っていう部分もあったので。集中力がない分、打率も3割に届かなかった」と反省した。

     来季の目標については「打率は3割以上。首位打者を取れるぐらいに。本塁打は20本。打点は70以上は。盗塁はまあ、10できれば。得点圏で高い数字を残して、四球、安打数も…。アレ? 全部やんか!」と独りツッコミで笑いを誘うと、オフは現状の体重75キロから5キロ増の80キロへのウエートアップを図るという。

     ただ、三塁再挑戦については「それは無理。(秋季キャンプで)監督も分かったのでは。外野で勝負して駄目だったら諦めがつく」と外野一本を直訴。来季は外野でさらなる飛躍となるか。

    (金額は推定)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00000012-tospoweb-base

    このページのトップヘ