広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    野間峻祥

     昨年のドラフト会議では高校生組が藤平尚真(楽天)、今井達也(西武)、寺島成輝(ヤクルト)、堀瑞輝(日本ハム)、大学生組が田中正義(ソフトバンク)、佐々木千隼(ロッテ)、加藤拓也(広島)、吉川尚輝(巨人)、浜口遥大(DeNA)、大山悠輔(阪神)、柳裕也(中日)、社会人組は山岡泰輔(オリックス)がドラフト1位指名を受けた。

     多くのドラフト1位ルーキーたちが入寮し、プロ野球生活の第一歩を踏み始めている。そんな彼らが、プロの世界でどのような活躍を見せるか気になるところ。ここでは、最近5年間で広島からドラフト1位指名を受けて入団した選手たちが、1年目にどのような成績を残したのか振り返っていきたい。

     この5年間でみると、広島は11年ドラ1・野村祐輔、13年ドラ1・大瀬良大地の2人が新人王を受賞している。明治大からドラフト1位で入団した野村は、開幕ローテーションに入り、オールスター前に7勝、防御率1.41と抜群の安定感を発揮した。後半戦は勝ち星に恵まれず10勝に届かなかったが、防御率は1.98を記録。規定投球回に到達した新人投手で防御率1点台は、66年の堀内恒夫氏以来となる快挙だった。2年目以降は、苦しんだ時期もあったが、昨季は16勝をマークし25年ぶりのリーグ優勝の立役者となった。

     13年ドラ1の大瀬良は、春先は5月1日の阪神戦で完投勝利するなど、安定した投球を見せていたが、交流戦に入ると調子を落とす。それでも、9月に月間3勝を挙げるなど復調し、2ケタ10勝をマーク。2年目と3年目は先発ではなく、リリーフでの登板が増えている。

     その他、最近5年間のドラフト1位の1年目成績は以下の通り。

    最近5年間のドラ1の成績

    【2012年】
    野村祐輔(明治大)
    1年目成績:27試 9勝11敗 防1.98
    ☆東海大・菅野智之、東洋大・藤岡貴裕とともに“大学BIG3”と呼ばれた野村は、1年目から先発ローテーションに入り9勝をマーク。規定投球回に到達した新人投手で防御率1点台は、66年の堀内恒夫以来46年ぶりの快挙となった。新人王にも輝いた。

    【2013年】
    高橋大樹(龍谷大平安高)
    1年目成績:61試 率.219 本2 点12 ※二軍成績
    ☆森雄大の抽選が外れ1位指名で入団した高橋。1年目は高卒ということもあり、同期の鈴木誠也、美間優槻とともに二軍で汗を流した。一軍出場はなかったが、将来の大砲候補として育成された。

    【2014年】
    大瀬良大地(九州共立大)
    1年目成績:26試 10勝8敗 防4.05
    ☆ドラフト当時、大学ナンバー1投手と呼ばれた大瀬良は、3球団競合の末、広島に入団した。1年目から開幕ローテーションに入り、プロの壁にぶつかる時期もあったが、10勝をマーク。球団の新人投手では、12年の野村以来となる新人王を受賞した。

    【2015年】
    野間峻祥(中部学院大)
    1年目成績:127試 率.241 本1 点10
    ☆走攻守三拍子そろった外野手として入団した野間は、緒方孝市監督が若手時代に着けていた「37」を与えられた。期待度がかなり高かったルーキーは、開幕一軍の切符を掴むと、代走・守備固めを中心に127試合に出場した。

    【2016年】
    岡田明丈(大阪商業大)
    1年目成績:18試 4勝3敗 防3.02
    ☆大学4年の時に頭角を現した岡田は、広島から1位指名を受け入団。好投しながらも勝ち星に恵まれない時期もあり、4勝だったが、防御率3.02と安定した投球を見せた。本拠地マツダスタジアムでは3勝0敗と1度も負けなかった。

    【2017年】
    加藤拓也(慶応大)
    ポジション:投手
    生年月日:94年12月31日
    投/打:右/右
    身長/体重:175センチ/90キロ
    経歴:慶応高-慶応大




    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00100257-baseballk-base

     断捨離入寮だ。広島ドラフト3位・床田寛樹投手(21)=中部学院大=は7日、野球道具と少年野球時代のチームメートからもらった激励の色紙2枚だけを持ち込んで入寮。「テレビもありません。寮長から『ここに長くいたら2軍。1軍に早くいけるように頑張れ』と言われましたし、僕もそういう気持ち」と唇を結んだ。

     これからは野球が職業になる。即戦力として期待されるが、開幕1軍を約束された訳ではない。競争を勝ち抜くために、すべてをささげる覚悟だ。

     「挫折をするだろうし、うまくいかないときもあると思う。そのときは、この色紙を見て気持ちを切り替えられればいい」。間もなく始まる戦いの日々。開幕ローテ入りを目指して白球を追いかける。


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000023-dal-base

     広島中崎翔太投手(24)と野間峻祥外野手(23)が25日、広島市内のショッピングモールでトークショーを行った。
     クリスマスに合わせてサンタクロースの帽子をかぶって登壇。質問コーナーでは理想のクリスマスデートが問われた。野間が「クルージングがしたいです。ロマンチックに」と答えると黄色い歓声が上がった。中崎はすかさず「競馬場に行けたらいいですね。ちょうど有馬記念のシーズンなので。熱中して終電を逃して、厩舎に泊まります」と答えて笑いを誘った。

     クリスマスプレゼントでほしいものを問われると野間は「彼女です! 昨日(クリスマスイブ)も鈴木(誠也)と一緒にいました。今日はここにいます。彼女はいません」と宣言。一方の中崎は「馬がほしいです」と答えた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-01756552-nksports-base

     広島・堂林翔太内野手(25)が21日、「勝負」と位置づける来季に向け、1月1日から自主トレを始める決意を明かした。

     元日始動がプロ8年目で初なら、広島で年末年始を過ごすのも初。好感触を得るフォーム固めと体力強化を主に無休で汗を流す構えだ。

     「いい感覚をキープできている。もちろん、元旦から動くつもりです」

     9月末に意を決し、新井への弟子入りを志願。今オフは、午前中にマツダで打ち込むなどして技術を磨くと、午後にはベテランも通う広島市内のトレーニングジムで強化運動に取り組む。一連の練習終了後には必ず、鏡の前で50回程度スイングするのが日課だ。

     「今はスイングを大事にしている。ダラダラやらず、1回1回を集中して。新井さんにも会えば見てもらっています」

     チェックポイントはトップの位置。「体の中に(バットのヘッドが)隠れないように」。ギリギリまで球を引きつけ、一気に爆発させる。その姿態はまるで新井だ。「そこまで意識していないけど、似ているとよく言われる」のもうなずける。

     リーグ連覇が懸かる来季。首脳陣は堂林への期待感を隠さない。緒方監督が「新戦力としてチーム内競争に顔を出してほしい」と言えば、石井打撃コーチも野間と堂林をキーマンに指名し、「2人がどう食い込んでくるか楽しみ」と語った。

     「来季が本当の勝負になると思います」

     再び脚光を浴びるか否か…の分岐点。一念発起した堂林に注目だ。 (江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000052-spnannex-base

     広島・小窪哲也内野手(31)と野間峻祥外野手(23)が23日、広島県呉市で行われた幼稚園児らとの交流イベントに参加した。

     園児からあこがれの選手を問われた小窪は「黒田さんにあこがれていますけど、野手で言ったらヤクルトのバレンティン」と回答。「タイプが違うので目指すことはないですけど、1シーズンに60本塁打を打っているので」と敬意を示した。

     一方、野間は「(巨人の)マシソン」と投手の名を挙げて、笑いを誘った。さらに今季を振り返り「個人的には2軍(生活)が長くて悔しいシーズンでしたけど、チームとしては(リーグ優勝できて)『最高でーす!』」。今季ブレークした鈴木のお立ち台での定番フレーズを叫んで、会場を熱狂させていた。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000102-spnannex-base

     広島・堂林が、自身初となる外野用グラブをミズノ社にオーダーした。

     「ポジションにこだわりはない。出ることが最優先ですから」と3年ぶりの外野への本格転向に意欲を見せた。今秋キャンプで三塁から左翼にコンバートされた。来季は左翼を野間らと争うことが濃厚で、パワーアップのため、肉体改造にも着手。1年前は90キロを割っていた体重は93キロまで増量。兄貴分のドジャース・前田は「下位(打線)で20~30本打つと投手は怖い」とハッパをかけた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000033-sph-base

    【赤坂英一「赤ペン!」】25年ぶりに優勝したカープの首脳陣、全員が留任すると発表された。その中で、三塁コーチとして貢献した河田雄祐・外野守備走塁コーチは、チーム内で「河田佳祐」と呼ばれている。由来は極めて単純、昔からカラオケの持ち歌が桑田佳祐のサザンオールスターズだから。一般社会でも、40代以上の中間管理職などに多いタイプである(河田コーチは48歳)。

     いまだから書けるのだが、CSファイナルステージを目前に控えた10月8日、マツダスタジアムのパーティールームで行われた決起集会も、“河田佳祐オンステージ”で大いに盛り上がった。焼き肉を平らげ、ほどよく酔いも回ったころでテーブル上に立ち上がると、マイク代わりにコーラのペットボトルを握り、名曲「涙のキッス」をアカペラで熱唱してみせたのだ。

     さらに、河田コーチの後ろでは鈴木、野間の“仲良し外野手コンビ”もテーブルに上がり、手拍子を取りながら素晴らしいダンスを披露。石井打撃コーチが撮っていたこの動画をチラッとだけ見せてもらうと、実に息の合った絶妙のパフォーマンスで、私まで思わず拍手しそうになったほど(もっとも、河田コーチは石井コーチに撮られていることにまったく気づいてなかったらしい)。

     いかにも東スポ向きのネタなので、すぐにこの「赤ペン!!」で書きたいと河田、石井両コーチにお願いしたら、「いまはマズイでしょう。日本一になったらOKです」という返事。日本シリーズは残念ながら2勝4敗で敗れてしまったが、今季の広島の結束力の強さ、雰囲気のよさを示す秀逸なエピソードとしてここに紹介させてもらった。

     なお、野間はCSから日本シリーズまで、本拠地で試合があるときは、いつも12時半ごろから黙々と早出の打撃練習に取り組んでいた。ティーは球出しの石井コーチ、フリーは打撃投手の東出コーチを相手に、1時間以上みっちり打ち込んでいたものだ。その野間の次にグラウンドに現れ、負けじとバットを振っていたのが鈴木である。

     発散するときは発散し、練習するときはしっかり汗を流す。来季は鈴木がレギュラー2年目、野間はプロ3年目と、どちらも真価を問われる勝負の年。

     2人揃って外野のレギュラーに定着し、来年の決起集会でも河田コーチの後ろでダンスを踊って、チームを大いに盛り上げてもらいたい。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000008-tospoweb-base

     25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島が来季、異例の“打撃コーチ3人制”を敷く。24日に来季のスタッフを発表。就任3年目となる緒方孝市監督(47)をはじめ全員が留任するが、最も若い迎(むかえ)祐一郎1軍打撃コーチ補佐(34)は打撃コーチに昇格する。

     もっとも、今季も広島の打撃指導は、石井琢朗打撃コーチ(46)、東出輝裕打撃コーチ(36)、それに迎補佐の“三位一体”で行われた経緯がある。

     昨季の広島打線はチーム打率・246(リーグ5位)、506得点(同3位)だったが、今季はいずれも断トツの・272、684得点へと劇的に押し上げた。そのご褒美の意味もあってか、迎補佐が昇格し、名実ともに横並びの“3人コーチ制”が実現したというわけだ。

     広島では昨季限りで、オリックス・コーチ時代にイチロー(現米マーリンズ)を育てるなど名伯楽の呼び声高い新井宏昌打撃コーチが退団。緒方監督との確執が取り沙汰された。

     そんな中で誕生した“3人制”。昨季まで1軍守備走塁コーチだった石井コーチは、初めての打撃担当だったが、現役時代には通算2432安打を誇った名球会会員で、一番年上でもあったためリーダー格。昨季まで選手兼任で2軍野手コーチだった東出コーチ、3人の中でただ1人留任となった迎補佐と、話し合いながら育成方針、練習メニューを立てる方式を取った。

     技術指導は「押しつけない。ヒントを与える」(石井コーチ)との方針。とはいえ、練習量は半端ではない。就任直後の昨秋のキャンプでは若手野手に1日800-1000スイングを課し、これが広島独特の猛暑にもスタミナ切れを起こさずに済んだ要因といわれている。

     今季“神ってる”鈴木誠也らのブレークを促した3人の元から、来季どんな若手が飛び出すか楽しみだ。



    引用元 http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20161127/bbl1611271000001-n1.htm

    このページのトップヘ