広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野間峻祥

    マイナスからのスタート!? 開幕まで残り10日となり、広島緒方孝市監督(50)がチームづくりのビジョンを明かした。「丸の穴」「守り勝つ野球からの転換?」といった外野の声に惑わされず、「個」ではなく「組織」を、「今」だけではなく「近未来」を見据えている。底上げのために変化を恐れず、若い可能性に懸ける覚悟もぶれない。頂点までのプロセスをイメージし、タクトを振る。


      ◇    ◇    ◇

    開幕まで10日、オープン戦も19日のヤクルト戦(神宮)を含めて残り6試合となった。それでも緒方監督は野間に2軍降格を告げ、捕手坂倉を外野で起用。さらに田中の打順を変えるなど試行錯誤を続ける。迷い、ではない。確固たる覚悟がぶれない采配につながっている。

    「新しい選手を入れようと思えばマイナスからのスタートになる。チームを成長させるためには、それは覚悟しないといけない。その覚悟がないと、チームは変わらない」

    可能性や上積みを感じられるからこそ「マイナスからのスタート」を受け入れられる。2年連続MVPの丸が抜けたが「あれだけの選手の穴がすぐに埋まるわけがない。いろいろな可能性を探りながらやっていかないといけない」と腹を据える。個による穴埋めではなく、チーム全体の底上げに主眼を置く。若い力の潜在的な能力を引き出してこそ、チームは新しい姿に変貌する。リスクを恐れていては、何も変わらない。「個」ではなく「組織」、「今」だけではなく「近い未来」を見据えていた。

    実績ある長野も、実力を認めた上で「丸の代役」とは捉えていない。長野には長野の特長があり、スタイルがある。個人にとっても、チームにとっても最善の形を模索する。外国人5投手の起用法も、21日ヤクルト戦(同)の先発が見込まれるケーシー・ローレンス投手(31=マリナーズ)の結果次第では流動的となりそうだ。5投手を1軍枠の中でいかに“助っ人”として補うか。開幕しても入れ替えながら外国人4枠を有効活用するプランを練っていく。

    開幕は、19年型広島の完成を意味しない。丸や新井氏が抜けた今年は緒方政権下、最大の転換期かもしれない。ただ、前田(ドジャース)、黒田氏が抜けても頂点に立ってきた。ゴールは29日の開幕ではなく、その先にあるリーグ4連覇、日本一。指揮官は頂点にたどり着くまでのビジョンをしっかり描けている。【前原淳】

    <近年の緒方監督の哲学>

    「毎年同じメンバー、同じような戦い方で勝ち続けることなどできない。チームの色は毎年変わる。1つの色に染めようとは思わない」(毎年のように主力が抜けながらチーム内変化を促進)

    「カープはオフに大型補強して1年で違うチームを作れる球団とは違う。目の前の試合に勝つことが最優先なのは間違いないが、それだけではいけない。『育てながら勝つ』ことはカープで監督をやっている宿命だと思っている」(他球団が大型補強を進めても信念は揺るがない)

    「チームとして戦力はダウンするかもしれないけど、ダウンしたところから、あとはプラスの上積みしかない」(オフに丸、新井氏が抜けて決意)

    「チームを勝たせるのが重要なのは当たり前。ただ、それだけじゃない。ファンに喜んでもらう。カープの野球を見せる。これがすべて」(監督という仕事を問われ)

    「(選手の成長には)99%が選手自身の力。体力、技量など2軍で鍛えないといけないものもあるけれど、この場(1軍)でしか経験できないこともある。経験させて、何が足りないのかを(首脳陣が)分析して気付かせる。それの繰り返し」(選手育成論を問われ)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-03180779-nksports-base

    <オープン戦:広島0-0オリックス>◇17日◇マツダスタジアム

    14日のオリックス戦で右足に死球を受けた広島長野久義外野手は、2戦連続でオープン戦を欠場した。それでも試合前は外野の1カ所ノックに参加し、打撃練習も通常通り行うなど、軽傷である模様。



    高ヘッドコーチは「全メニューができる」と話しており、19日からの関東遠征に同行する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03170907-nksports-base

    「ポスト丸」がついに土俵際だ。侍ジャパンにも選出された広島の野間峻祥外野手(26)が開幕まで2週間を切った15日、二軍に降格することが分かった。代わって高橋大樹外野手(24)が一軍に合流する。

     巨人に移籍した丸の抜けた穴を埋める筆頭格の野間はこの日、ウエスタン・リーグ開幕のソフトバンク戦(由宇)に「1番・中堅」で出場した。オープン戦はここまで7試合で打率1割8分2厘、0本塁打、0打点と惨たんたる結果。それだけに巻き返しの気持ちも強かったのだろう。3回に先頭で打席に立つと、左中間を破る三塁打。しかし、その後がいただけなかった。ドラフト7位の羽月が適時打を放ち、プロ初安打初打点で1点が追加されるはずだった。ところがここでソフトバンク側が走者の野間がホームベースを踏んでいないとアピール。これが認められ、得点は無効となった。

     4年目の昨季、初めて規定打席に到達し、打率2割8分6厘、5本塁打、46打点、17盗塁とブレークした野間に大きな期待を寄せていた緒方監督は「凡ミスをしているようではダメ」とバッサリ。さらに「怠慢プレーと取られても仕方のないプレーだった」と怒りをにじませ、二軍行きを決定した。

     正中堅手候補には昨季、規定打席未達ながら打率3割を超えた西川、巨人からFAの人的補償で移籍してきた長野もおり、不振の上に大チョンボをやらかした野間は無期限二軍の可能性すら出てきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000019-tospoweb-base

     今度はセンターだ。広島・長野久義外野手(34)が13日の日本ハム戦(マツダ)で移籍後初めて中堅守備に就いた。首脳陣は当初、長野について「左翼一本」の方針を示していたが、ここにきてカープの外野陣を巡る状況が変化。打撃は併殺打を含む2打数無安打といいところなしだったが、守備で背番号5の存在感が高まっている。

     3点リードの5回、野間に代わって「センター長野」のアナウンスが流れると、スタンドからはざわざわとどよめきが起こった。8回、松本の浅い飛球を前進して捕球すると、コイ党は拍手喝采。ただ当の本人は涼しい顔で「今日は何もありませんよ~」。慣れ親しんだポジションだけに、改めてコメントするまでもないといった様子だった。

     前日に左翼守備の課題を指摘した広瀬外野守備走塁コーチも「センターは経験があるので気にしていません」と信頼を口にすると、新布陣については「シーズンに入ってもいろいろなポジションを守ってもらう可能性はあるので、今のうちに試しておくのはいいことですから」と説明した。

     ただ当初の構想に「中堅・長野」はなかったはず。実際に「足を考えるとマツダの中堅守備はきつい」との評価だった。それが今になって急浮上したのはなぜなのか…。チームスタッフは「監督も“守り勝つ野球”を掲げている以上、西川の中堅守備が試合を通じて使い続けるにはまだ厳しいレベルと判断したのでしょう」と指揮官の苦しい胸の内を推察する。

     昨季まで内野手だった西川は打力を買われて今年から外野守備に挑戦しているが、中堅で出場した前日の試合では飛球を2度後逸。どちらも難しい打球ではあったが、打球判断の未熟さをさらけ出した。同じく外野に挑戦中の坂倉を左翼で同時に使うとなると、守備面ではかなり不安がある。

     加えてベンチの誤算は正中堅手候補の野間の不振。守備は中堅、左翼とも安心して任せられるが、課題の打撃の状態が上がってこない。試合展開によっては代打を送るケースも出てくるだろう。そうした場合に備えた中堅2番手候補として、攻守に計算が立つ長野の存在感が高まっているのだ。

     先発すれば左翼を守り、ベンチスタートの日は展開次第で若ゴイに代わって中堅にも就く。万が一のケースには右翼もOK。マルチなベテランの起用プランが広がってきた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000037-tospoweb-base

     広島が11日、マツダスタジアムで全体練習を行い、前日(10日)まで侍ジャパンの強化試合(対メキシコ、京セラドーム大阪)に参加していた野間峻祥外野手(26)もチームに合流。居残り特打で汗を流すなど、開幕スタメンを必死でつかみとる姿勢を見せた。

     チーム練習が終わっても、東出打撃コーチとマンツーマンでティー打撃。体を大きくひねって力強いスイングを繰り返した。「体が開いてしまうので、練習から極端にツイストするくらいでいこうと。ツイストした方がバットの走りがいい。去年もツイスト気味に振ってましたから」。オープン戦打率は3割3分3厘ながらスイングが安定せず、自らの打撃を見失いつつあった。初めて規定打席に到達し、打率2割8分6厘をマークした昨季のイメージを追い求めると、フリー打撃での最後の1球で右中間に特大アーチ。見守った長野も「うぉ~っ!」と絶叫する会心の一撃だった。

     初招集の侍ジャパンは2試合で計5打数無安打。「侍ジャパン? 何スかそれ? そんなの行ってないですよ。(侍ジャパンから提供されたバッグ?)友達にもらいました」と、ジョークで、爪痕を残せなかった2日間を記憶から抹消した。そして「まだオープン戦が何試合かある。もう一度、一から必死になってやりたい」。まずはプロ初の開幕スタメンから、レギュラーを死守するシーズンが始まる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000197-sph-base

     赤ヘルの若侍が期待の星から一転、崖っ縁に立たされている。侍ジャパンに初合流した広島・野間峻祥外野手(26)がレギュラー奪取へ悲壮な覚悟を示した。

    「恥ずかしいですね」。侍メンバー選出時に笑顔はなく、合流前に野間が明かしていたのは複雑な心境だった。「出られたら自分ができることをやりたい。行くからには何かをつかんできたい」との意気込みとは裏腹に、どこか表情は硬い。それもそのはず、現在は所属チーム内での立場が危機的状況だからだ。

     昨季は主に左翼で126試合に出場し、初めて規定打席に到達。打率2割8分6厘、5本塁打、46打点を挙げ、巨人へFA移籍した丸の有力後継候補と目されていた。それがキャンプ中から続く打撃状態の悪さから評価が急落。実戦出場の機会もまともに得られず、中堅のポジションは内野が本職の西川に取って代わられている状況だ。

     野間の課題は一にも二にも打撃。首脳陣からは容赦ない言葉が飛ぶ。広瀬外野守備走塁コーチは「キャンプで特守をさせなかった意味を本人がどれほど重く受け止めてくれているのか」。東出打撃コーチも「いいスイングをして、いい打席に入る選手じゃないと試合には使えない。今の状態では…」と手厳しい。追い込まれた野間はこの日の特打後、隣で打っていた長野にスイングの軌道について助言を求めた。先輩からは「真っすぐに対しては、バットを上から出した方がいいんじゃないかな」とアドバイスされて大きくうなずいていたが…。

     東出コーチは「ちょっとのきっかけで変わる可能性もある」と“侍効果”に期待する。開幕スタメンは黄信号。初の国際舞台がラストアピールの場となる。 



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000028-tospoweb-base

     ドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=が6日、今シーズン打席に立つ際の登場曲をガールズ・エンターテインメント・グループのE-girls(イー・ガールズ)の「Diamond Only(ダイヤモンド・オンリー)にすると明かした。

     「中学3年の頃からファンですね。気持ちが盛り上がるというか、ずっと聴いていたので。この前に僕の友達がコンサートに行って、お土産にタオルを買ってもらいました。この曲をシーズン中も使う予定です」

     同グループが2014年2月にリリースした8作目のシングルでダンサブルなメロディーに「願いを叶える」「もっと輝こう」「輝ける場所を探しに行こう」とポジティブなメッセージが込められている。本拠地最初のオープン戦の前日5日の巨人戦でお披露目し、八回の2打席目には捕前内野安打を放っており、相性は抜群。4球団競合のスーパールーキーは、イー・ガールズの曲を力に変えて、マツダスタジアムでの活躍を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000570-sanspo-base

    侍ジャパン選出の広島野間峻祥外野手(26)は7日の練習後、チームを離れる。

    オープン戦打率3割3分3厘も、2試合連続先発落ちするなど状態は良くない。そんな中での侍招集に「恥ずかしいですね」と苦笑い。それでも「(試合に)出られれば自分ができることをやる」と切り替えた。


    東出打撃コーチは「ちょっとしたきっかけで変わることもある」と期待を込めて送り出す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-03060660-nksports-base

     広島・野間峻祥外野手(26)が27日、デイリースポーツの独占インタビューに応じた。昨季は初の規定打席に到達するなど、リーグ3連覇に貢献したブレーク男。攻守でチームの中心だった丸がFAで巨人に移籍した今季、レギュラーを念頭に置く中、進化の年へ「1番・中堅」と打率3割を目指す思いを語った。



      ◇   ◇

     -昨季はプロ4年目で初めて規定打席に到達。今年は楽しみと不安どちらの気持ちが強いか。

     「去年終わった時点から不安な気持ちですね。日本シリーズが終わった時点で今年が始まったと思っていた。その中で競争が始まるというのもある。どうなるのかなという不安はありましたね。でもやらないといけないですし、勝っていきたい。危機感は常にあります」

     -これまでとは違う不安や危機感か。

     「去年までとは違いますね。周りの見方や、期待の言葉もあるので」

     -フルで出場していく難しさも感じたか。

     「そうですね、夏前や、夏場。外の球場が多かったんですけど、やりたいことができなかった。体力にはある程度自信があったんですけど、1年やるのはしんどいんだなと。体が思ったより動かないというのはありましたね。準備が大事だなと感じました」

     -準備で大事なことは。

     「これも慣れもあるんですかね…みんなしんどいと言ってますけど、練習に入るところ、試合前の過ごし方は大事だなと。ケアも自分でできる範囲で気になるところをほぐしたり、トレーナーさんに頼らないといけない部分もありますし」

     -夏場は打撃面も変わった?

     「バットがちょっと重く感じる日もあれば、そうでない日もありました。夏場になるとちょっとバットを振りにくくなったのかなと。なのでちょっとだけ短く持ったりとかはしてました」

     -バットを練習では長く、試合では短く持つ印象がある。

     「去年からですかね。それまでは長く持って、追い込まれたら短く持っていました。練習では長く持ってある程度大きく打つようにスイングして、試合ではなるべくコンパクトに振っていきたい。長く持つと僕の場合は体も一緒に振っちゃうところがある。初めは(指)1本分だったんですけど、だんだん短くなって。その日によって持ちやすいところがありますね」

     -変えた理由は。

     「やっぱり試合に出るためには、まずは塁に出ないといけない。投手に対応していくためにはヒットで塁に出るところを意識して、コンパクトにと。なので短く持つようにしました」

     -理想の打撃の形は。

     「まだ真っすぐに対して、自分の中で見てから振ってしまうところがある。もうちょっと自分のポイントでしっかり振ること。まだ間がないところで勝負しにいってるところがあるので」

     -直球への対応に重要視し続けている。

     「(重要視しているのは)1年目からですね。去年もいい時は打てるところもあったけど、悪くなるとファウルで逃げることしかできない感じだった。狙ったところで甘いコースに来た時にしっかり捉えていかないと、なかなか1軍では厳しい。3割打とうと思ったら、そういうところも大事なのかなと」

     -息抜きは。

     「何も考えないことです。部屋で何も考えない、無の時間。結構明るく振る舞っているんですけど、一人になるとすごい根暗なんですよ(笑)。結構ヤバい時ありますよ。暗いところで何もつけずに座っているだけとか…。ほぼ瞑想(めいそう)です」

     -それがいい時間になっている。

     「それがないと駄目だと思いますね。大学の時からですよ。寮で真っ暗の中、上半身裸でソファに座って。部屋に入ってきたヤツびっくりしますよ。長い時間ではないんですけど。でも数分で済むかな…。ふとした時たまに暗闇にいますね」

     -メジャーリーグを見ることもあるか。

     「好きというかプロに入っていろいろな打者を見てます。去年は試合に出だして初めの方、自分のことをハーパー(前ナショナルズ)だと思って打席に入っていました(笑)。ナゴヤドームで3本打った時(4月21日・中日戦、4打数3安打)も。ハーパーにしたのはなんとなくです。そのぐらいの余裕を持ってということですね」

     -3月9、10日には初選出の侍ジャパンでの試合(メキシコ戦、京セラドーム)もある。

     「最終的には(侍を)目指していくものだと思いますけど、自分でもまだそのレベルに達していないと思います。まずはカープでレギュラーを取っていかないといけないと思うので」

     -3月2日から再びオープン戦が始まる。

     「走攻守で、必死に自分をアピールしてやっていければと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000034-dal-base&pos=1

     広島・野間峻祥外野手(26)が27日、デイリースポーツの独占インタビューに応じた。昨季は初の規定打席に到達するなど、リーグ3連覇に貢献したブレーク男。攻守でチームの中心だった丸がFAで巨人に移籍した今季、レギュラーを念頭に置く中、進化の年へ「1番・中堅」と打率3割を目指す思いを語った。


      ◇   ◇

     -今季戦う上での、一番のモチベーションは。

     「まず今競争していますし、センターのポジションをしっかり勝ち取って、開幕からスタメンで出られるように頑張っていきたいなと思っています」

     -昨年主に守ったのは左翼だった。

     「そこも慣れですね。僕は左翼が一番難しいと思っていますけど、結局は慣れましたし。特にどこでも変わらないと思います」

     -中堅手は外野を統率する部分もある。

     「去年丸さんがやっていたのを見ていますし、打者によってある程度3人で話しながらやっていければいいかなと思います」

     -丸はFAで巨人に移籍したが、その丸から学んで生かせる部分は?

     「指示だったりは常に気を配ってやってもらっていましたし。そこはやらないといけないなと」

     -センターに入ると責任感も出てくる。

     「だいぶそこはありますね。センター中心で両サイドに動いていくので、大事だなと思ってやっていきたいですね」

     -昨季失策は1個のみだった。

     「外野手は1個でも多いんじゃないかなと。後ろにそらすとかイージーゴロをエラーするのは駄目だと思います。ある程度普通にやっていれば、あとは送球に気をつければ大丈夫かなと」

     -打撃の方はここまで順調にきている?

     「量は振れているかなと思います。あとは実戦の中で理想の形を求めて。練習と実戦の差をできるだけ縮められるようにしたいと思います」

     -打率3割は一つの指標か。

     「去年は届かなかったんですけど(打率・286)、捉えることができてくれば足で稼げるところもあると思うので、そういうところに近づいてくるのかなと」

     -投球を捉えるのは簡単ではない。

     「ある程度の割り切りも必要だと思います。自分のスイングを相手は崩しにくるものだと思うので、自分のスイングをできる時に捉えていけるようにやっていきたいです」

     -打順は。

     「やっぱり1番は打ちたい思いがあります。足を生かす部分でも、1番の方がいいなとは思います」

     -昨季後半(25試合で)経験したからこそ思うところもある。

     「そうですね。先頭で僕が変な入りをすると今日いいのかな?とチーム全体が思うと思う。そこでカーンと1本打てたり、粘ったらチームもいけるというところもあると思う。あとは先発投手に対しても(初回で)重要になってくるし、いろいろな仕事がある。やってみたいなというのは、去年やってみて思いました」

     -1番は出塁率も大事になってくる。

     「理想は4割は欲しい。でも僕のレベルで変に見極めようとしたら良くない。今は四球の数を考えるのは駄目かと。ツボに入れば一発もあるとなってくれば、広輔さん(田中)みたいになれてくるのかなと思います。まずは一発で甘いところを捉えていけるようになれば、投手の見る目も変わってくるかなと思います」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000035-dal-base

    このページのトップヘ