広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    野間峻祥

     「中日1-5広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島・野間峻祥外野手が2戦連続の適時打をマークした。

     1-0の四回1死一、三塁。笠原の外角低め直球をはじき返し、左中間を真っ二つに破る2点適時二塁打とした。前夜も4安打1打点と躍動していた中、この日も結果を残し「左に対して1打席目ああなってしまった(空振り三振)ので、2打席目に一本出て良かった」と安どの表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000159-dal-base

     「中日1-5広島」(16日、ナゴヤドーム)

     広島・野間峻祥外野手が今季初の4安打と躍動。猛打賞は今季6度目となった。

     二回に遊撃内野安打を放つと、六回1死一、二塁でも遊撃内野安打をマーク。3-1の八回には中越え三塁打で直後に4点目の本塁を踏むと、九回2死三塁では右前適時打で締めた。

     後半戦初戦からチームとともに好スタートを切り、「結果的に良かった。でも、まだ始まったばかりなので、気を引き締めて明日からやっていきたい」と次戦へと目を向けていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000171-dal-base

     (セ・リーグ、中日1-5広島、13回戦、中日7勝6敗、16日、ナゴヤD)首位の広島が中日に快勝。リーグ3連覇に向け後半戦の好スタートを切った。先発のジョンソンは7回を投げて8三振を奪い、6安打1失点で6勝目(2敗)を挙げた。

     広島は一回、二死から丸が、中日の先発・吉見から右中間スタンドに運ぶ18号ソロを放ち先制。二回には松山の右中間スタンド最前列に突き刺さる8号ソロで追加点を挙げた。

     広島は四回にも二死から西川が左翼線二塁打を放つと、石原の中前適時打でさらに1点を追加した。

     中日は六回に無死二、三塁から平田の内野ゴロの間に三走・大島が生還し1点を返すが、広島は八回に西川が、九回には野間が適時打を放ち差を広げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000583-sanspo-base

    <広島4-2巨人>◇28日◇マツダスタジアム

     巨人が首位広島に3連戦3連敗した。野球評論家の西本聖氏にテレビ観戦でこの3連戦を分析してもらった。



     -巨人が昨季7勝18敗と苦手にした広島に3連敗。今季もこれで対戦成績は2勝8敗となった

     西本氏 勝負の世界には流れがある。3連戦の頭となった26日の第1戦。この試合が流れを決めてしまった。

     -巨人はドラフト1位ルーキーの鍬原が先発。1回表に4点を先制してもらったがその裏に松山に満塁弾を浴び4失点。結局3回途中7失点で降板した

     西本氏 第1戦の先発が鍬原だと聞いた時「えっ」と思った。鍬原で大丈夫か? というのが率直な気持ちだった。交流戦のソフトバンク戦でプロ初勝利を挙げた勢いに期待したのだろうが、新人にはその期待が大きなプレッシャーになる。鍬原が悪いというわけではないが、ここは田口に任せて欲しかった。今季はまだ2勝とはいえ、昨年、一昨年と2桁勝利を挙げた投手。16日のロッテ戦も負け投手になったものの8回を1失点で完投している。去年の良いときの状態に近づいてきたかなと思っていただけに田口に3連戦の頭を託して欲しかったなと思った。

     -田口は27日の第2戦に先発したが1回にいきなり4失点。3回にも鈴木に一発を浴びるなど4回5失点で負け投手になった

     西本氏 初戦で広島打線(13安打で14得点)を一気に勢い付かせてしまった。そして流れも。結果、28日の第3戦ではエース菅野でもこの流れ、勢いを止められなかった。

     -それにしても巨人は去年から広島に分が悪い

     西本氏 広島打線というのは去年と主力がほとんど変わっていない。それなのに抑えられないというのはミーティングで対策が徹底されているのか問われる。去年の反省も生かされていないということ。この3連戦を見ても打たれすぎ(34安打)だし四死球(17個)が多すぎる。

     -一方の広島はどうだったか。第3戦は2年目の高橋昂が6回を2点に抑えてプロ初勝利

     西本氏 高橋昂は腕も良く振れていたしスライダーも良かった。野間の逆転3ランも出たりとチームの勢いにも助けられた。これも巨人が広島に流れを与えてしまったから。流れ、勢い。改めて思うが初戦は田口で行って欲しかった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00252787-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島4―2巨人(2018年6月28日 マツダ)

     どこ出身?決勝の逆転3ランを放った広島・野間峻祥外野手(25)が、通訳同伴のお立ち台でホームのファンを沸かせた。

     プロ初勝利の高橋昂とお立ち台はなぜか3人。意味不明な言葉をつぶやくと、付き添った男性が「最高です!。昂也が凄く頑張っていたので。毎日の積み重ねと、まぐれです」。本当にそう言ったかは別として、今季初の6連勝と勢いが止まらないチームのムードを象徴するお立ち台となった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000143-spnannex-base

     「広島4-2巨人」(28日、マツダスタジアム)

     広島が交流戦明けからの6連勝で、首位をがっちりキープした。

     試合後、緒方監督はプロ初勝利を挙げた高橋昂について「3回投げた中で、今日が一番良かった。球威があった。カットボールにしても。相手バッターの反応を見ても押し込んでいた」と評価した。

     五回に飛び出した野間の逆転3ランには、「びっくりするよね」と目を丸くしていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000155-dal-base

     「広島4-2巨人」(28日、マツダスタジアム)

     広島が今季初の6連勝。貯金12とした。

     エース菅野を攻略した。2点を追う五回に菊池が8号ソロ。1点差に迫ると、野間の4号3ランで逆転に成功した。

     先発・高橋昂は6回3安打2失点でプロ初勝利。

     巨人は4連敗。先発・菅野が5回7安打4失点で5敗目を喫した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000137-dal-base

     広島・野間峻祥外野手(25)が20日、マツダ屋内練習場で1時間超に及ぶ“特打”に励んだ。好調だった打撃は徐々に下降線を描き始め、18日の日本ハム戦では30試合ぶりにベンチスタート。先発死守へ、まさに踏ん張りどころだ。「結果を求め、スタメンで試合に出たい」。リーグ戦が再開する22日からの阪神戦(甲子園)を前に闘志を燃やした。

     リーグ戦再開を2日後に控え、本拠地に隣接する屋内練習場であった野手の指名練習。バティスタ、西川と並んで野間は必死にバットを振った。課題とする速い直球を中心に約70分間。好機を逃すまいと、言葉には必死さがにじみ出た。

     「ボクはレギュラーじゃないので練習あるのみ。少しでもいい状態で臨みたいし、うまくなりたいので」

     丸の故障離脱を機に増えた先発起用。打撃にも開眼し、最盛期には打率・369を誇った。ところが、10日の楽天戦を境に数字は急降下。29試合続いたスタメン出場は18日の日本ハム戦で途切れ、打率も・320まで下がった。原因は一点だ。

     「インサイドを意識し過ぎ。きれいに打とうとし過ぎていた」

     分岐点は1日のロッテ戦。涌井の内角球を右前打した残像が、打撃を微妙に狂わせた。以前は詰まることを恐れなかったのに、クリーンヒットしようと意識し過ぎ、外角球に手が出なくなる悪循環。不振時に増えた三振はこのパターンだ。

     それでも迎打撃コーチは「課題を明確に理解している。そこは成長。最後の一ゴロも先が見える内容だった」と指摘。9回に代打起用された18日の日本ハム戦で、有原の内角カットボールを打った打席に再加速の可能性を感じ取る。無論、野間もそのつもりだ。

     「守備固めや代打の1打席も大事だけど、できればベンチスタートに戻りたくない。スタメンで出たい」

     故障明けの丸、鈴木が中軸としての責任を全うしており、野間が先発するなら左翼が現実的。ただ松山、バティスタ、さらには一塁手の新井も絡むだけに楽観視はできない。25歳は力を込めて言う。

     「打たないと試合には出られない。結果を求めていきたい」

     長足の進歩を遂げた4年目。安打数、本塁打数、打点は既に自己ベストを更新した。スタメン死守へ。順調に数字を伸ばせば明るい光が見えてくる。(江尾 卓也)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000031-spnannex-base

     広島・野間峻祥外野手(25)が20日、真のレギュラー取りへ22日から再開するリーグ戦へ再スタートを切る決意を示した。マツダスタジアムに隣接する室内練習場で指名練習に参加。交流戦後半はバットが湿りがちとなっていたが、左翼スタメンを譲る気はない。快音を鳴らしまくって存在感を示す。

     再び始まるリーグ戦を2日後に控え、野間は約1時間一心不乱にバットを振り続けた。「レギュラーの人は休まないといけないけど、僕はレギュラーじゃない。練習あるのみです」。真の定位置をつかみ取るべく、気持ちを新たにした。

     「(再開後)少しでもいい状態で入りたい。打たないと試合に出られないので、結果を求めていきたい」

     著しく成長しているプロ4年目は現在・320の高打率を残す。だが、8日の楽天戦で3安打をマークした後は9戦で28打数3安打と、コンスタントに出続ける難しさも痛感。交流戦最終戦だった18日の日本ハム戦は、30戦ぶりに先発から外れた。

     「インサイドを意識しすぎていた。いい時は詰まってセンターにいったりというのがあったけど、(最近は)キレイに打とうとしていた部分もある」

     低調の原因を自身で振り返ったが、明るい光も差し込む。18日、九回に代打出場した際は一ゴロだったものの有原の内寄りの球を「前で打てていた」と迎打撃コーチは内容を評価。さらに「今日の練習も速い真っすぐに対して前に出て打っていた。そういうところが成長。ちょっとまた(良い時に)戻って来ている」と目を細めた。

     リーグ戦再開後の左翼候補は野間の他にバティスタや松山もおり、2人は一塁も守る。一塁手の新井も含めた上で、迎コーチは「一塁と左翼はいろいろ計算しながら。状態とか相手(投手)との兼ね合いで見極めながらの起用」との方針を説明した。野間は昨季守備固めや代走が中心だっただけに「戻りたくない」とレギュラーへの強い決意もにじむ。

     チームは交流戦を7勝11敗と負け越し。試合のない3日間をプラスに、首位独走態勢へリーグ戦に臨みたいところだ。野間も前日の休養日は部屋の掃除などを行ったといい「リフレッシュできました」と切り替えた。

     現状は規定打席まで30打席足りていないが、がっちりと定位置を確保すれば初の到達も現実味を帯びる。「まずはスタメンで試合に出られるように」。必死の形相で、背番号37は与えられた好機を生かし切る。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000022-dal-base

     日本野球機構(NPB)は13日、「マイナビオールスターゲーム2018」のファン投票の第12回中間発表を行った。セ・パ両リーグの投票上位選手の顔ぶれは変わっていない。

     順位の変動はセ・リーグ外野手部門で広島・鈴木誠也(23)が2位に浮上、阪神・糸井嘉男(36)が3位となった。

     ファン投票締め切りは17日。結果発表は25日となっている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000116-spnannex-base

    このページのトップヘ