広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    金本知憲

    ◆SMBC日本シリーズ2018第6戦 広島0―2ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

     広島はセ・リーグ3連覇の黄金期を築いたが、またも1984年以来の日本一に届かなかった。新井貴浩内野手(41)は有終の美を飾ることができず、20年のプロ生活に別れを告げた。客席で最後の雄姿を見届けた父の浩吉さん(68)が、スポーツ報知に手記を寄せた。

     最後は勝って終わってほしかった。でも20年間、本当によく頑張ってくれたと思います。

     広島が初優勝した1975年、旧市民球場まで日本シリーズを見に行きました。阪急の山口高志さんの真っすぐが本当に速くてね。ちょうどその時、女房のおなかの中にいたのが貴浩です。私もゴリゴリだし、貴浩も生まれながらのカープファン。親子としてこれ以上にない幸せです。

     いつも息子に温かい応援を頂いて感謝しかありません。ただ、一度だけカープファンを恨めしく思ったことがあります。

     貴浩が阪神に移籍した2008年の春。初めて市民球場に帰ってきた時、とんでもないブーイングを浴びました。汚いヤジが止まりません。「裏切り者!」「ツラ見せるな!」と罵声を浴びていました。

     三塁側席で一緒に見ていた嫁さんと娘はワンワン泣き出しました。こんなに悪いことしたのかな。まるで罪人扱いだなと。

     私も頭に来てね。家に帰って、女房に言いました。「あの応援団の旗を捨ててしまえ!」

     息子がFAの残留交渉の席で広島球団を通じて応援団から贈られたのが、特大の旗でした。ファンが息子へのメッセージを寄せ書きしてくれた大切な宝物です。

     あの時は本当に処分してしまえと思った。でも、女房はきちょうめんで律義なんです。私の気持ちも理解しつつ、8年間、大事に大事に自宅で保管してくれていました。

     ちょうど3年前、私設応援団から問い合わせがあって、返すことになりました。シリーズ中も右翼席に掲げられた25番の旗を見て、感激しました。「母ちゃん、ナイスホームラン!」って。息子も母親が大切に取っておいてくれたことに、感心しているんですよ。

     私はカープの選手になるのが夢で、広島の山陽高校に野球特待生として入学しました。でも家計が苦しい。働かざるを得なくなり、数か月で中退しました。その時から胸に秘めていました。「息子ができたら赤ヘル戦士になってほしい」と。

     子供に夢を託し、それをかなえてくれた。自分がプロ野球戦手になったように、実体験させてもらった。68歳になりましたが、周りのおじいちゃん連中にも「お前は幸せな男じゃのう!」と羨ましがられます。私にとっては、あっという間の20年でした。

     貴浩、本当にありがとう!今度、一緒にゴルフに行こうな。120も130も叩いたら恥ずかしいし、ちゃんと練習しておいてくれよ!

     ◆新井の応援旗 特大の背番号25に「ARAI」のローマ字が入った縦3メートル、横4メートルの旗。新井がFA権を行使し、阪神に移籍した07年オフ、残留を願う全国のファン約500人がメッセージを記し、球団を通じて交渉の席で贈られた。旗には「あなたには赤が似合う」「一緒に強いカープをつくろう」とつづられている。今年9月の引退表明後、私設応援団が旗の使用許可を申請。新井が打席に立つと、右翼席で振られるようになった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000012-sph-base

     17年ぶりのセ・リーグ最下位の責任を取り今季限りで阪神監督を退任した金本知憲氏(50)が、日本シリーズ第3戦(マツダ)にテレビ中継(30日=TBS系)のゲスト解説で登場した。

     今月13日の阪神の今季最終戦以来、久々の公の場。放送ブースへと移動する際、本紙記者が「元気にされているんですか?」と呼びかけると、「何やってるんや!」とひとイジり。続けて「元気よ、元気!」と笑い飛ばした。

     この日は、現役時代に11年間在籍した古巣である広島を中心に評論。今季打撃開眼で一気にレギュラーを奪った野間峻祥外野手(25)について「あの足と肩だと、センターにいないともったいない」とベタ褒め。野間は中堅を丸に譲り左翼を守っており、シーズン中に阪神の打者が左中間へ打球を飛ばしても「野間だから待てよ(となった)」と二塁進塁を思いとどまることが多かったという。

     また、3-9と一方的な展開だった8回、広島が安部の満塁弾などで一挙5点を奪い1点差にまで迫ると、「集中力ですね。連打連打でなかなか途切れない。(阪神監督時代は)大変でした」と明かし舌を巻いた。

     試合終了後には「第8戦までいくんじゃないんですか? そんな感じがする試合でした。明日(31日の第4戦)も打ち合いになるのかなと思います」と予言した。

     阪神監督時代は立場的に「カープのことをあまりほめられないんや」と漏らしたこともあった。だが、一野球人の立場に戻った今は違う。“カープ愛”があちこちににじんでいた。

     広島の球団関係者は「阪神には事実上解任されたと専らですが、むしろこっちには気兼ねなく来やすくなったんじゃないですか?」と歓迎ムード。別の関係者も「こうして(広島に)触れるきっかけがあったのはいいこと。外部からの目線で気づいたことを選手に伝えてもらう機会があれば、大変ありがたい」と“鯉ファミリー”として受け入れる構えだ。

     2002年オフ、当時の星野仙一監督に引き抜かれる形で、広島から阪神にFA移籍した金本氏だが、将来へ向けて復帰ムードも生まれつつある。(山戸英州)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000011-ykf-spo

     広島・新井貴浩内野手(41)が11日、阪神・金本監督の電撃辞任を受けて、複雑な心境を語った。マツダスタジアムで行われた全体練習終了後、報道陣に対応。「突然のことでびっくりしています。本当に苦しかったんだと思います。野球人生の中でも一番苦しかったんだと思います」と驚きを隠さなかった。


     プロ1年目から金本監督を師と仰ぎ、2007年オフには「もう一度金本さんと一緒に野球がしたい」と愛する広島に別れを告げて阪神へFA移籍。2008年から5年間、共にプレーし、金本が通算2000安打を達成した2008年4月12日横浜戦では、新井も同1000安打を決め大記録に花を添えた。

     広島復帰後、2016年からは敵として、金本阪神の前に立ちはだかった。金本監督がチーム立て直しに苦しむ中、新井は球団史上初のリーグ3連覇に貢献。すでに今季限りでの現役引退を表明しており、くしくも同じタイミングでユニホームを脱ぐ形となった。

     カープに戻ってからも古巣へ特別な思いは変わらない。金本監督の決断に「なかなかうまくいかなかったことも多かったと思う。すごく苦しかったんじゃないかと思います」と繰り返し「まずは心身共にゆっくり休んでほしいです」と無念の表情で言葉をつないだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000027-dal-base

    ◆中日―阪神(13日・ナゴヤドーム)

     ナゴヤドームがほのぼのとした雰囲気に包まれていた。岩瀬仁紀投手(43)と荒木雅博内野手(41)の引退試合に加え、編成トップに異動する森繁和監督(63)、さらに阪神・金本知憲監督(50)のラストゲーム。試合前からダッグアウトに関係者が入り乱れ、両軍のあいさつ合戦も和気あいあい。ドームの通路には、岩瀬と荒木をねぎらうスタンド花がズラリと並んでいた。

     通路に収まりきれない花もベンチに置かれていた。送り主は今季限りで引退する広島・新井貴浩内野手(41)。プレートには「日本での生活お疲れ!!」と書かれていた。ん? 日本での生活? 届け先は岩瀬でも荒木でもない? じゃあ誰だ?

     「僕ですよ」と苦笑いしたのは、フランシス・ルイス通訳兼打撃投手兼ブルペン捕手兼編成部国際渉外担当兼外国人担当(42)だ。広島での練習生時代から、日本でいうところの“同学年”である新井とは腐れ縁。今季も中日の広島遠征の際には、バスで球場入りしたところを待ち伏せされ、森監督の見てる前で強引に「かばん持ち」を買って出られるなど、新井に散々イジり倒されてきた。

     当然、来季もルイス通訳は中日の“五刀流”チームスタッフとしてバリバリ働く。「新井にクビを切られた。球団に『クビにしてください』って言ったんでしょ」と、やれやれといった表情。親友の心温まるプレゼントに「(ありがたい?)全然。しんどいです。(これが最後のイジり?)分からないですよ。来年もイジってくるかも」とため息をついていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000223-sph-base

     阪神・金本知憲監督(50)辞任のニュースは広島にも衝撃を与えた。“師弟関係”にあった新井貴浩内野手(41)は「突然のことでビックリしています」と驚いた様子。レギュラーシーズン中も「金本さんが心配」と話していたほどで「本当に苦しかったんだと思います。自分が言うことかどうか分からないけど、野球人生の中でも一番苦しかったんじゃないかな」と胸中をおもんぱかった。兄貴分の今後は未定だが「まずは心身ともにゆっくり休んでほしいです」と気遣った。

     金本監督は2002年オフに広島から阪神へFA移籍。当時、交渉にあたった鈴木球団本部長は「チームづくりはそう簡単にできるものではないということ。5年とか時間がかかるよね。(FA権を行使して)出ていくときはいろんな感情があったけど、今は球場で会ったときにあいさつを交わしていたし、会話するときも互いに笑顔だったし…」と残念そうに語った。

     3年間の指揮官生活を終えた金本監督の今後は未定だが、古巣からはこんな声も…。ある球団幹部は「金本の人間性はいいと思っている。一度、他球団に行ってそこで引退して監督になったからといって関係が終わるわけではない」と力説し、さらに踏み込んだ発言を続けた。

     現状、カープは緒方監督が球団初のリーグ3連覇を達成し、来季の続投も決定的。一方で「新井も戻ってきてくれたからね」と選手、監督の違いはあるものの“弟分”が阪神に移籍後、15年に広島へ復帰したことを引き合いに「今どうこうと言うことではないが、これからのことを考えると何があるか分からない。『一軍の監督をやっていたから二軍のコーチならやりません』となったら話にならないけど、今後は戻ってきてもらうこともあるかも」。

     将来的に何らかの形でオファーする可能性もゼロではないようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000036-tospoweb-base

    ■広島 – 阪神(2日・マツダスタジアム)

     今季限りで現役を引退する広島の新井貴浩内野手が2日、本拠地マツダスタジアムで行われた古巣・阪神戦に代打で登場した。1点リードの7回2死二塁で代打として出場したが、阪神ベンチの采配はまさかの申告敬遠だった。


     スタンドが沸いたあと、すぐに溜め息が漏れた。7回、小窪が中前安打で出塁すると、代走・上本が盗塁を決めて二塁へ進塁。2死となったところで、先発ジョンソンの代打として、今季で引退する新井の名前がコールされた。

     大歓声に沸いたスタンドだったが、阪神ベンチは新井との勝負を避けて申告敬遠。2009年から2014年まで在籍していた古巣・阪神との対戦だったが、勝負してもらえず。これには広島ファンだけでなく、敵地に訪れた阪神ファンからも溜め息が漏れていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00218757-fullcount-base

    【赤坂英一 赤ペン】広島3連覇の可能性が高まる中、気になるのがベテラン「新井さん」の去就だ。昨季も優勝マジックが点灯したころ、来季も現役を続行するのかと本人に質問。「やれるし、実際にできてますから、辞める理由はないです」と言われてホッとした。

     さて、今年はいつその質問をしようか、さすがにまだ早いよな、と思案していたら、チーム関係者にこう耳打ちされた。

    「選手もコーチも、新井さんには来年も現役を続けてほしいと望んでいます。スタメンは1週間に一度ぐらいでも、シーズンを通して右の代打の切り札になる。いや、ベンチにいるだけで敵にプレッシャーを与えられる。それぐらい存在感があるんですから」

     その新井の存在感を誰よりも恐れているのが、実は阪神の金本監督だという。今季の広島は阪神に10勝4敗と大きく勝ち越しているが、その原因のひとつは「金本監督の新井に対する意識過剰にある」のだそうだ。

     試合終盤、広島のチャンスで左の松山に打順が回ると、大抵の相手は左のワンポイントリリーフを出してくる。が、金本監督は同じケースでも右投手を引っ張り、松山に痛打されることが少なくない。

     どうしてなのか。広島の選手や首脳陣が首をかしげていると、広島が阪神に勝った翌日、その疑問を氷解させる金本監督のコメントが新聞に掲載された。なぜ松山に左のリリーフ・岩崎をぶつけないのかと記者に質問され「そしたらすぐ新井が代打で出てくるやないか」と答えていたのだ。

     金本監督と新井との絆の強さは、ともに広島の先輩後輩だった選手時代から有名な話。金本監督が阪神へFA移籍したあと、新井もFA権を取得すると、すぐ阪神へ移ったほど。現在も仲の良さは変わらないが「それだけに余計、金本としては新井に活躍されたくないんじゃろう」と、ある広島OBはこう解説してくれた。

    「広島に復帰した新井に目の前で打たれると、金本は悔しくて腹立たしくてならんらしいんよ。普段は仲がいい者同士ほど、試合になると絶対に負けたくないと思うもんじゃろう。それに加えて、金本は新井に何か複雑な感情があるんじゃないかな」

     とはいえ、金本監督も、内心では新井の来季現役続行を願っているはずだ(と思いたい)。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000007-tospoweb-base

    このページのトップヘ