広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    金本知憲

     【3月12日】

     鳴尾浜球場のビジターベンチを訪ねると、佐々岡真司と懐かしい話になった。自軍のエラーを喜ぶなんてあり得ない。でも、あの夜だけは…。1999年5月8日だから18年前。僕が取材者として唯一現場で目撃したノーヒットノーラン。古い話になるが、その主役に当時を振り返ってもらった。


     「九回は足がガクガク震えたな…。野手もガチガチだったよ。のむさんは『エラーして良かったと思ったのはあのときだけ』と言うとった。最後は皆マウンドで喜んでくれてね。あ、一人だけ俺にチョップしてきたやつがいたな…」

     3年前からカープ2軍投手コーチを務める佐々岡は球史に名を刻んだ中日戦を懐かしむ。「のむさん」とは野村謙二郎のこと。快挙まであと2人となった九回1死。中前へ抜けそうな当たりを遊撃手野村がはじいたが、記録は「E」。広島市民球場を包んだ大歓声を今もはっきりと覚えている。

     カープは佐々岡以来、2012年に前田健太が達成するまで12年間ノーヒッターは生まれなかった。阪神は04年の井川慶以来だからやはり12年間遠ざかる。念のため調べてみると完全試合を含むノーノーはやはりというかさすがというか、巨人が15度で最多だった。

     10日から阪神の2軍は広島と3連戦を戦った。甲子園の1軍と並行して鳴尾浜で取材しておきたかったのはローテ候補の現在地。前日は岩貞祐太、この日は横山雄哉。教育リーグで先発した彼らの印象を佐々岡に聞くと、「2人が上で働かないと阪神は苦しいだろうし、逆にフル回転すれば他球団はすごく嫌だな」。佐々岡はとくに岩貞はカープにとって鍵になる存在だという認識がある。なぜか。

     背番号17が昨季挙げた10勝の内訳はDeNAに4勝、巨人に3勝、ヤクルトに2勝、中日に1勝。広島にだけ白星を挙げられず6戦4敗、防御率4・59。被打率・163、防御率0・58と対戦別で最も得意にした巨人とは対照的である。だから、一転雪辱されれば怖いというわけだ。18年前、佐々岡のノーノーを広島のブルペンで味わった現阪神2軍投手コーチの高橋建に聞いてみた。元同僚の黒田博樹が完投を美学にしていたことに触れ、岩貞に期待を寄せる。

     「僕のエース理論は完投できる投手。どこが相手でも勝てる投手。長いイニングを投げられる投手。彼(黒田)は自分なりの美学を貫きましたよね。僕から見ると単純に格好いい。岩貞は完投を目指せる体力の持ち主だし、そういう投手であってほしいと思う」

     この日、巨人戦に先発した能見篤史もイニング数にこだわってきた男。岩貞には「イニングを伸ばしていかないと」と要求は高い。佐々岡は言う。「先発すればまず完全試合を目指し、次にノーヒット。そして完封、完投…。若い投手には足が震えるような経験をしてほしい。野手もガチガチになるような」。ちなみにあの夜、広島の左翼で足を震わせていたのは…マウンドで佐々岡に馬場チョップをかまして喜んだ、あの人です。=敬称略=(デイリースポーツ・吉田 風)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000034-dal-base

     昨季MVPに輝いた広島・新井貴浩内野手(39)が6日、広島市東区のトレーニングジム「アスリート」で自主トレを公開。自己最高を更新した昨春にこそ及ばないものの、重さ110キロのランジスクワットを10回2セットこなし、不惑ボディーの完成にお墨付きを得た。今月末には40歳。チーム最年長のベテランは「初心に帰って必死にやるだけ。優勝したい」と前を向いた。

     大声を張り上げ、苦悶(くもん)の表情を浮かべるたびに、玉の汗が額ににじんだ。公開したのはバーベルを両肩に担ぎ、左右交互に両足を踏み込むフロントランジ。重さ110キロが驚異的なら、これを10回2セットこなしたことも驚きに値する。それでも新井の歯切れは悪い。

     「トレーニング期間が短いので仕方ないけど、去年に比べたら数値が劣る。コンディションは、まずまず…ですかね」

     無理もない。種目が違うものの、昨年はバーベルスクワットで重さ240キロを担ぎ、39歳を目前にして自己最高を更新。「自分でもビックリ。筋力の数値は正直なので安心するし、自信になる」と声を弾ませ、実際、最強ボディーをシーズンの好成績にもつなげた。

     だからと言って、案じることはない。「焦りはあるけど、今できることをやるしかない」。愚直に、一途に体をいじめ抜くことができるのが、誇るべき新井の才能。数値から昨季の活躍を予言した平岡洋二代表も、開幕までには出遅れ分を取り戻せると楽観視する。

     「始動が遅かったので遅れているけど、一昨年に比べるといい。重要なのはシーズン。時間があるので心配していない」

     1月末で40歳。同じ年齢で山本浩二は打率・276、27本塁打、78打点(126試合)、金本知憲は同・307、27本塁打、108打点(144試合)の成績を残した。不惑を迎えてなお活躍した偉大な先人。だが、新井は数字に全く興味を示さず、きっぱり言った。

     「打てるだけ打ちたいけど、先輩方が40歳でこれだけの数字を残しているから頑張ろう…とは思わない。ただ、優勝したい。それだけです」

     この日、着用していたのは「KURO15」の文字が入ったTシャツ。ニヤリと笑い、「これを着てやるように…と、黒田さんからプレゼントされた」と明かした。野球観を共有し、25年ぶりのリーグVに貢献した2人。大黒柱が引退しても、個人よりチームの勝利を優先する姿勢は不変だ。

     「年齢を重ねれば1年の重みが違うけど、今まで通りやるしかない。結果で、行動で示したい」

     2000安打の大記録を達成し、MVPを獲得しても、最年長野手に慢心は一切ない。不惑ボディーを完成させ、リーグ連覇と日本一に向かって突っ走るのみだ。 (江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000040-spnannex-base

    このページのトップヘ