広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     9、10月のセ・リーグ月間MVPが17日、発表され、広島・松山竜平外野手(32)が野手部門を受賞した。

     対象となった2カ月間、右足首の骨折で離脱した鈴木に代わり、4番を務めた。その期間の打率は・408、5本塁打、23打点。抜群の安定感と勝負強さを発揮した。

     プロ10年目で初の受賞。松山は「初めてこういった賞をいただいたので、本当に素直にうれしいです。優勝に向けて何とかチームの力になれるようにやってきた。まだまだここから戦いは続くので、状態をキープしながらまだまだやってきたい」と喜びを口にし、18日から始まるCSファイナルSへ意気込んだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000052-dal-base

     セ・リーグのペナントレースは、10日に阪神VS中日の1試合を残すのみ。8月以降はどのチーム、どの選手が活躍したのか。8月以降に限った成績を、セ・リーグでも見ていきたい。

    ○セ・リーグ 8月以降の各チームの勝敗

    広島(48試28勝18敗2分、勝率.609)
    阪神(51試28勝19敗4分、勝率.596)
    巨人(50試28勝20敗2分、勝率.583)
    DeNA(50試26勝22敗2分、勝率.542)
    中日(46試19勝25敗2分、勝率.432)
    ヤクルト(49試12勝37敗0分、勝率.245)

     パ・リーグのソフトバンクと同様、広島は前半から引き続き好調を維持。これを急追したのが阪神だった。

     巨人は8月以降に限ればDeNAより勝率が高かったが、それまでの貯金の差で4位に終わった。結果的に、6月の球団ワースト13連敗が響いたと言えよう。

     ヤクルトは、3割にも遠く届かない勝率。球団最多96敗も記録したのも、やむを得ない。

    ○8月以降の打率10傑

    松山竜平(広)143打数50安打 8本38点0盗 率.350
    糸井嘉男(神)152打数51安打 9本20点11盗 率.336
    マギー(巨)196打数64安打 7本31点0盗 率.327
    宮崎敏郎(De)188打数57安打 7本22点0盗 率.303
    鳥谷敬(神)182打数55安打 2本13点1盗 率.302
    坂口智隆(ヤ)189打数56安打 1本9点0盗 率.296
    山田哲人(ヤ)176打数52安打 8本27点2盗 率.2955
    上本博紀(神)129打数38安打 4本13点5盗 率.2946
    丸佳浩(広)184打数53安打 6本24点3盗 率.288
    阿部慎之助(巨)178打数51安打 4本30点0盗 率.287

     広島は足を負傷した鈴木誠也に代わり、4番に座った松山竜平が8月以降は首位打者の活躍を見せた。松山は阪神の福留とともに38打点で打点王にもなり、期待を上回る働きを見せたと言えそうだ。

     最多安打は巨人マギーの64安打、最多本塁打はDeNA筒香と中日福田永将の13本、最多盗塁は15盗塁で広島の田中広輔だった。

     中日の福田は以前から好素材として期待が高かったが、その真価を8月以降になってようやく発揮した形だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00010018-fullcount-base

    【始まりの鐘が鳴る~カープ日本一への道~廣瀬純】打撃面で今季のMVPを一人挙げろと言われたらファンは誰を選ぶでしょうか。僕なら間違いなく丸を挙げます。

     シーズン序盤から派手な活躍こそなかったものの、3番打者としてチームの主軸に君臨。打率3割8厘、92打点、23本塁打をマークしました。この安定感と堅実さがなければ、僕は広島のリーグ連覇はなかったと思っています。

     4月中旬から4番に抜てきされた(鈴木)誠也の負担を軽減した点も見逃せません。仮に丸の打率がシーズン序盤、2割5分程度だったら、誠也は4番として活躍し続けることは難しかったはずです。実際、他球団の主力投手に話を聞くと、みな口を揃え「丸がシーズンを通して好調だったことで、4番の誠也が楽に打てていた。誠也の活躍は丸の成績が大きい」と話しています。3番・丸の存在がいかに相手投手に脅威を与えていたか。こうした証言からもチームへの貢献度は理解できると思います。

     もっとも、彼が現在のような模範打者に成長できた背景には琢朗さん(石井琢朗打撃コーチ)の存在があります。

     僕が知る限り、入団当初の丸は若さと才能だけでプレーを続けていました。練習量こそ豊富も、食事は好きな物を好きなだけ食べ、お酒も飲んでいました。プロとしての自覚は希薄だったと思います。 ところが、琢朗さんが広島に来てから変化が表れました。公私にわたり自らを厳しく律する琢朗さん。その先輩のもとで打撃精度の向上に取り組みながら「現役生活を長く続けるための心得」も注入されました。以後は食生活を徹底管理し、大好きだった酒も控えるようになりました。ここ最近は日々の練習にも目的意識を持ち、本人の口から「できる限り長く現役をやりたい」という言葉も耳にします。明らかな成長が感じられます。

     ただ一つ、気になる点もあります。自らに対し厳しくなったあまり、ストイックな性格に磨きがかかっていることです。

     丸は「これ」と決めたら、最後までやり続けるタイプ。数年前には「体を大きくする」と決意を固め、一心不乱に毎日プロテインを飲み続けました。その結果、タンパク質の数値が急上昇。ある日行われた健康診断では「高タンパク質」で医師や球団から注意を受けるという失態を犯した苦い過去があります。

     現在もその“名残”はあります。バットを握るためにはめる「革手袋」へのこだわりです。丸は一度はめて少しでも緩みやたるみ、感覚のズレを感じるとちゅうちょなく革手袋を替えます。その数は尋常ではない。1試合1打席ごとに別の手袋を使うことも珍しくありません。

     先日「いったい1シーズンでどれぐらいの数の革手袋を使うの?」と冗談交じりに質問しましたが、本人は苦笑いを浮かべていました。

     今度、改めて丸にこの質問をぶつけてみます。東スポ読者の皆さん、その数を当ててみてください。見事正解した方には…本人の革手袋、プレゼントさせていただきます!

     ☆ひろせ・じゅん 1979年3月29日生まれ。大分県出身。佐伯鶴城高―法大。大学時代の2000年にシドニー五輪野球日本代表を経て、同年ドラフト逆指名で広島入団。強打の外野手として活躍。10年に打率3割、ゴールデン・グラブ賞を受賞。13年にはプロ野球新記録の15打席連続出塁をマークした。16年に現役引退。17年から中国放送(RCC)の野球解説者として活躍中。通算成績は978試合で打率2割7分3厘、51本塁打、253打点。右投げ右打ち。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000005-tospoweb-base

     広島が2年連続でセ・リーグを制し、改めてチーム強化方針が評価される形となった。カープはなぜ強いのか。ひもとくと15年連続Bクラスの時代からぶれていない松田元オーナー(66)の独自理論があった。

     昨季の「神ってる」大ブレイクから、4番でチームの顔になった今季の鈴木の急激な成長を、松田オーナーも驚く。強打、強肩、素質もさることながら、鈴木の人間性にも着目する。あるとき、オーナーの顔を見てあいさつを怠った若手選手がいた。

     「(オーナーの)顔を忘れている。それを見て誠也が、また連れてきてあいさつをさせた。そういうところもある。まずいなと思ったんだろうね。その中で若手は学ぶわけだ。そういう選手同士、先輩が後輩に教えていくというのが、うちの伝統の部分じゃないかと思う」

     人間性―。例えば練習嫌いであったり、周囲に悪影響を及ぼすような言動のある選手は獲得リストに入れないという。スカウトは視察に出向くとき、チームメート、監督、コーチとの接し方まで注意深く見守る。チームでは道を外れる選手が出ないよう、選手同士で律する空気が流れ、一丸の雰囲気が醸成される。

     「いつの間にか最後は性格的にいい子をとってしまう。ちょっとゆがんだ子、悪げな子がいたとしても、入ってしまったら、選手同士の中でいい具合にしつけてくれる」

     黒田のいない今年のチームは40歳の大ベテラン新井が、模範となり、いじられ役も引き受ける。ベンチはいい意味で上下関係の縛りがなく、アットホームな雰囲気が若手も活躍する好循環となっている。

     「見ていると楽しそうにやっている。ほかのバッターが打ったらベンチの選手が喜ぶし。あれを好感を持って見ている。楽しそうにやっているのが、やっぱりファンに伝わる。ファンが見ていて、いいなと思うんじゃないのかな」

     広島の伝統は、選手を野球漬けにする「猛練習」だといわれる。キャンプでは、主力選手でさえ、日が暮れるまで球場を離れることはない。その姿を若手が目の当たりにし、「練習をしなければ生き延びられない」という意識付けが継承されていく。練習に真摯(しんし)に向き合うことができるかも、重視する人間性のひとつだ。

     「今はいじられている。だんだん、いじるような立場になって、彼がどういう行動をするのかだな」

     寮では消灯時間を過ぎてもバットを振り続けるというエピソードも持つ誠也のリーダーとしての資質に、松田オーナーは期待する。(特別取材班)
    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170921-OHT1T50065.html

     広島安部友裕内野手(28)が26日、出場選手登録を抹消された。「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去」のため。

     安部はリーグ優勝を決めた18日の阪神戦(甲子園)でメンドーサから右ふくらはぎに死球を受けていた。25日に広島市内の病院で血腫除去の処置を行った。

     松原1軍チーフトレーナーは「筋肉と筋膜の間に出来た血腫を昨日除去し、経過観察で入院しています」と説明。筋肉に損傷はないが、今後肉離れなどを起こしやすくなるため、処置に踏み切った。安部は今季123試合に出場。打率3割1分、4本塁打、49打点をマークしていた。全治は不明。クライマックスシリーズ出場は微妙になった。
    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709260000442.html

     広島ドラフト4位ルーキーの坂倉将吾捕手(19)が20日、1軍の全体練習に参加した。

     21日に出場選手登録される見込みだ。

     広島の高卒1年目捕手の出場となれば6人目。安打を放てば65年衣笠祥雄以来となる。フリー打撃では広角に打ち分け、コーチ陣も絶賛。クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズへ再始動したチームに楽しみな存在が加わる。

     左打席から広角にボールを打ち分けた。曇天のマツダスタジアムに快音が響く。ルーキー坂倉が、初めて合流した1軍練習で迎打撃コーチの球を打ち返した。「勝手に緊張しました。コースなりの打撃を心がけた。バットをスムーズに出そうと思って逆方向への打球も多くなった」としっかりとした口調で語った。

     日大三から入団した高卒1年目。非凡な打撃センスに定評があり、ウエスタン・リーグで99試合に出場し打率2割9分8厘、1本塁打、34打点をマークした。打撃練習を見守った石井打撃コーチも「キャンプで見たときからいいなと思っていた。2軍だけど数字も残っている。高卒1年目と考えると、多少抜けている」と高評価を下した。

     高卒1年目で安打を放てば球団では鈴木以来。捕手に限れば出場だけでも過去5人に限られる。さらに安打、本塁打を放てば65年衣笠祥雄以来、2人目。首脳陣は口をそろえて「結果は期待していない。思い切ってやってほしい」と言うが、坂倉は意欲満々。「プロである以上、結果がすべて。(安打は)意識すると思う。自分のスイングを心がけたい」と腕を回した。鉄人以来の快挙へ。高ヘッドコーチは「スタメン出場もあるかもしれない」と示唆した。

     チームはCS、日本シリーズに向けて再始動。みっちり約2時間の全体練習を行った。エルドレッド、ジョンソンなど主力選手の出場選手登録も抹消し、ポストシーズンに向けた激しい競争も始まる。坂倉が生き残れば、まさに秘密兵器となる。楽しみか不安かと問われると「楽しみが90%。不安な思いがあったら、結果は出ない」ときっぱり。再出発からのサバイバルで、坂倉がプロへの第1歩を踏み出す。【池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00008202-nksports-base

     リーグ連覇を達成した広島が20日、マツダスタジアムで再始動した。午後1時から全体練習を行い、約2時間、汗を流した。

     レギュラーシーズンは残り7試合。来月のCSを見据え、コンディションを整えるために今村、ジョンソン、上本、エルドレッド、天谷の出場選手登録を抹消。代わってドラフト4位ルーキーの坂倉、小窪、土生、メヒアが合流した。

     坂倉はウエスタン・リーグで99試合に出場。非凡な打撃センスで打率・298、1本塁打、34打点をマークしている。春季キャンプでは、1軍を一日体験するなど、首脳陣の期待は大きい。

     この日のフリー打撃では、センターからレフト方向へ逆らわない打撃で、鋭い打球をはじき返した。練習を終えると「緊張しました」と汗をぬぐった。

     21日の阪神戦から1軍登録される予定。高卒1年目野手が安打を放てば、13年の鈴木誠也以来となる。「とにかく元気を出してやりたい。自分の持っているものをアピールできればいい」と力を込めた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000100-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2阪神(2017年9月18日 甲子園)

     新井貴浩内野手(40)がインタビューに答えた。盟友だった黒田博樹氏が抜け、4番を鈴木誠也に譲った今季。秘めたる思いを激白した。(構成・江尾 卓也)

     ――大きな補強なく臨んだ今季。連覇への手応えはあったか。

     「厳しい道のりになると思っていましたね。他球団のマークがキツくなるのは見えている。ただキャンプ初日に、周りの姿勢を見て過信や緩みがないことが分かり、感じるものはありました」

     ――具体的に言うと。

     「(田中)広輔とキク(菊池)、丸の3人が中心になり、連係の時から声が出ていたんです。自分たちが引っ張る自覚を感じました」

     ――5月6日阪神戦での9点差逆転、8月のDeNA戦での3試合連続サヨナラと、手痛い敗戦もあった。それでも投打の信頼関係は崩れなかった。

     「黒田イズムだと思います。投手と野手が互いに尊重し合い、一つにまとまるという考え方が根付いている。一時的に感情的になることがあっても、引きずらない。投手が抑えても、野手が点を取らなければ負ける。投手が打たれても、野手が取り返して勝つ試合もある。持ちつ持たれつですから」

     ――昨季務めた4番を譲り、先発を外れる機会も増えた。代打や終盤の守備固めと献身的になれるのはなぜ?

     「やっぱりカープが好きだからね。復帰した時、あれだけの声援を頂いた。あの感動は忘れられない。今度は周りの人に喜んでもらいたい。試合に出たい気持ちは当然あります。ただ、出なくてもチームが勝てばいい。昨季より出場試合は減っていますが、カープの今後を考えたらいいこと。僕にとってもうれしいこと」

     ――7月7日ヤクルト戦での代打逆転3ランは印象深い。

     「昨季より若干ですけど、技術は上がっているんじゃないですかね。低下している体力面を技術面で補っている感覚はあります。ボールに対する反応が昨季より若干良くなったかな…と。飛距離の面でも、よく飛んだと思える打球もあったし」

     ――新4番・鈴木はどう映った?

     「苦しんでいましたね。経験した者にしか分からない苦しみがある。孤独だし、(勝敗を)背負わないといけないし、背負わされる。でも、苦しみながらも成績を残した。誠也自身がワンランク上がったと思います」

     ――いろいろ声を掛けたのでは。

     「我慢です。我慢するしかないんだ…と。よく伝えたのは、その言葉。いろんなことを受け止めた上で、グッとこらえる。耐える。辛抱する。僕はありがたいことに、いろんな経験をさせてもらいましたからね(笑い)」

     ――昨季は日本一に届かなかった。今年こそ…という思いは?

     「もちろんあります。短期決戦は一つのミスで流れがガラッと変わるので、凡事徹底。そうすれば、結果は付いてくると思います」
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000073-spnannex-base&pos=2

    このページのトップヘ