広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     ◇セ・リーグ 広島8―5DeNA(2019年7月15日 横浜)

     1分けを挟んで20年ぶりの11連敗中だった広島がDeNAに8―5で勝って連敗をストップ。6月25日以来20日ぶりとなる7月初白星を挙げ、借金を4に減らした。DeNAは2連敗で借金3。


     球宴が終わり、リーグ再開初戦となった1戦。広島は初回、DeNA先発の右腕・井納から西川が中前打を放つと、菊池涼が三塁線を抜く二塁打、バティスタ四球で無死満塁。ここで鈴木が左翼へ二塁打を放って2点先制すると、松山も右前適時打で続いて3点目が入り、さらに無死一、三塁。続く会沢の遊ゴロ併殺打の間にもう1点を加えて初回から4点を奪った。

     広島は3回にも2死二、三塁から会沢の左前適時打と安部の右前適時打で2点を追加し、6点リード。3点差に詰められて迎えた9回には2死満塁から途中出場していた曽根の左前にポトリと落ちる適時打で2点を加えて逃げ切った。

     広島の勝利は九里がプロ初完封を飾りチームの連敗を3で止めた6月25日の楽天戦(楽天生命パーク)以来20日ぶり。九里は6回6安打3失点とまとめて今季4勝目(5敗)を挙げている。

     DeNAは先発の井納が今季最短の3回7安打6失点KO。打線は6点を追う3回に1死満塁からプロ初の2番に入った筒香の押し出し四球で1点を返し、さらにソトの左翼線二塁打で2点を入れて3点差。3―8で迎えた9回には細川の代打1号2ランで再び3点差としたが及ばなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000267-spnannex-base

     「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全セ-全パ」(13日、甲子園球場)

     ホームランダービーが行われ、広島・鈴木誠也外野手が初優勝。賞金100万円を獲得した。



     決勝はオリックス・吉田正尚外野手と対戦。先行の吉田正が3発で終わると、後攻の鈴木は4発を放って逆転。この時点で優勝が決まった。

     鈴木は3年連続3度目の出場で初優勝を飾り、「ありがとうございます。まさか優勝できるとは思っていなかった。すごくうれしいです」とコメント。本塁打を打てる秘けつを問われ、「しっかり寝てご飯を食べて、人より長いバットで遠心力を使って打つことです」と笑った。打球の平均速度165キロも出場8選手で最も速く、日産ノートe-POWER賞も受賞。車もゲットした。

     この日、準々決勝の残り2カードから行われ、まず第1試合ではDeNA・筒香、西武・山川がそれぞれ6本ずつ放ち、延長戦へ。筒香が1分間で5本を放ち、2本の西武・山川に勝利した。

     第2試合は広島・鈴木が4本を放ち、3本の西武・森に勝利。

     それぞれの勝者が激突した準決勝では広島・鈴木が5発、4本のDeNA・筒香を逆転して決勝に進んだ。

     前日の第1戦はオリックス・吉田正が準々決勝でヤクルト・村上に勝利。準決勝ではロッテ・レアードに勝利した巨人・坂本勇を破り、決勝に進んでいた。

     【ルール】

     ・2分間球数無制限で、ホームラン数を競う。

     ・同点の場合は1分間の延長戦を行う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000092-dal-base

     12日に行われたオールスター第1戦。試合前、巨人の岡本和真(23)と広島の鈴木誠也(24)の「4番」同士が野球談議に花を咲かせた。

     岡本は今季は打撃不振が続き、6日に連続スタメン出場が219試合でストップ。スランプ脱却へ、球宴では鈴木からの金言を熱望していた。「和真とは去年頃から話すようになった」という鈴木に、会話の中身について聞くと、こう言った。

    「和真とは全然タイプが違うけど、バッティングはいろんな人の話を聞くことが大切だと思っているので、聞かれたらもちろん教えるし、こちらから聞くようにもしています。僕の場合、シーズン中は自分の感覚を優先することが多いけど、引き出しの1つとして身につけておきたいので」

     助言を求められた側の鈴木も何かを吸収しようという貪欲さを見せる。

    「(いい打者は)みんな言っていることが一緒。(和真も)やっぱり同じ事をやっているんだとか、同じ事で悩んだり考えたりしているんだと思った。その再確認ができるだけでも貴重です」

     首位を快走する巨人で苦しむ4番、11連敗中の広島で責任を感じる4番。会話を後半戦の糧にできるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000024-nkgendai-base

     前日10日の中日戦(ナゴヤD)に敗れて20年ぶりの11連敗(1分けを挟む)を喫した広島の主砲・鈴木誠也外野手(24)が11日、自身のブログを更新。マイナビオールスターゲーム2019(12日=東京D、13日=甲子園)へ向け「こんな時に何かしたら怒られるかもしれませんが何かしちゃうかもね笑笑」と、球宴で何やら楽しい仕掛けを用意していることをほのめかした。

     「今日は実家でリラックスしてます笑笑」とTシャツ&パンツ姿でクッションに寝ころび、スマホをいじっている完全オフモードの写真をアップ。

     「連敗中ですが何か変わればいいとオールスター頑張ってきます!」とファン投票&選手間投票のダブル選出となった球宴へ決意を記すと「こんな時に何かしたら怒られるかもしれませんが何かしちゃうかもね笑笑」と楽しげに“予告”した。

     「オールスター、後半戦も全力で戦います。変わらず熱い応援よろしくです。じゃバーイ。広島東洋カープ 鈴木誠也」と明るくブログを締めくくった愛すべきカープの若き主砲。

     コメント欄には「むしろはっちゃけてる誠也くんを見たい」「やっちゃえやっちゃえーーー!!笑笑」「誠也さんのそのメンタルが好きだわ(笑)」と、どんな状況でも明るさを失わない鈴木の姿勢を喜ぶファンの声が続々。「口が開いとる(笑)」「パンツ姿でくつろぐ姿、まさに実家天国ですね笑」とリラックスした姿に癒される声も殺到していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000254-spnannex-base

     交流戦が終わっても苦戦の続く広島。昨季まで他球団をビビらせた打線が沈黙。中でも深刻なのが主砲の鈴木誠也(24)だ。

     交流戦では打率.238、本塁打3。鈴木は自身の現状について「今はとことん悪い。悪いところは分かっているけど、それを(直した状態で)試合で出すのが難しいので、こういう結果になっている」と不調を認めた上で、こう続けた。

    「ダメなところが見つかっても直すのが簡単じゃない。前はこうやれば直ったけど、今はそれじゃあ直らないとかもあったし、今に合った直し方を早く見つけてやらないといけない」

     焦りも見えるが、4番というポジションからくる重圧とは無関係だという。

    「精神的に追い詰められてとか、4番の重圧で打てないというのはまったくない。確かにチームが勝てていないのは僕が、チャンスで回ってくる場面でそれを潰しているから。得点圏で一本出ない苦しさはあるけど、プレッシャーで潰れるというのは1年目くらい。今は『最悪な状態』ではない。最悪なのは手も出ない、スイングができない、ストライクとボールの見極めもできない状態。最近、そういうことはないし、そうなりかけた時の直し方は分かっているんですけど……」(鈴木)

     迎打撃コーチも悩める主砲を案じている。

    「正直、ここ数試合というより、交流戦が始まる前、1カ月単位くらいであまり良くないと本人も感じていたので、開幕直後の打っていた時と見比べながら。ザクッといえば、トップ、腕の位置ですね。良い時の誠也は足を上げたタイミングできっちりトップに入るんですけど、ここ1カ月はトップに入り切らずに左足を下ろしていくタイミングでトップに入ろうという動きがあった。もともと能力が高いから修正能力もあるし、技術も持っているので、(問題点を)探したり見つけたりするのが大変な選手でもあるんです。ちょうど昨日(29日の試合が)、終わったタイミングでビデオを見ながらチェックしたところなので、きょう、違った形が出ればいいかなと」

     30日のDeNA戦は5打数2安打。連続打席無安打は13でストップした。あるいは、きっかけを掴んだのかどうか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000013-nkgendai-base

     コイの黄金ルーキーは名手の目にどう映っているのか――。広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)が高卒1年目から一軍で奮闘中だ。20日のロッテ戦(マツダスタジアム)でプロ初先発初出場を果たすと、初打席で初安打をマーク。一方で、遊撃守備では先発3試合で4失策と粗さが目立ち、23日のオリックス戦(マツダスタジアム)では代走出場にとどまった。

     緒方監督は小園の今後について明言していないが、近々にも二軍で再修業となる見込み。攻守の高い潜在能力は誰もが認めるところだが、失策が痛い失点に結びついたのも事実。「打つだけでは一軍にはいられない」と守備面への厳しい声も飛ぶ。「一軍に食らいついていきたい」と話す小園自身、守備は「課題だらけです」と認めている。

     では小園に足りないのは何か…。奮闘する後輩を温かく見つめているのが菊池涼介内野手(29)だ。クールな先輩の答えはシンプルに「経験」。ただ中身は深い。今や球界を代表する名手も若手時代は苦労した。「初めは誰でもミスをするもの。僕も最初は相当エラーしましたから。多くを求めちゃいけませんよ」。

     菊池涼もルーキーイヤーの2012年は56試合で二塁を守り9失策。レギュラーに定着した13年は、5月に本拠地で1試合3失策するなど二塁手で最多の18失策だった。

    「マツダは他球団の選手も『一番難しい』という球場。これはハッキリ言えますが、1年間通して守った経験がないと、あのグラウンドを分からないんです」。いわく、芝と土が入り交じるマツダスタジアムの内野は“生き物”だという。

    「芝は向きも大事だし、長さも一定じゃない。天気、土の状態も含めて日々頭に入れておかないと守れない。実はね、昼と夜でも芝は違うんです。そこに投手や打者の傾向も入ってくる。小園は今、いっぱいいっぱいなはずですよ。でも経験していけばムダな動きは減ってくる。若いから動きはいいし、バネもある。楽しみなヤツですよ」

     小園は現在“涼介”と刺しゅうされた菊池涼モデルのグラブを使用している。その尊敬する名手の言葉を借りるなら、守備で外野の声を黙らせるには一軍の出場機会をつかみ続けるしかない。ならば、勝負はバット。小園が生き残るための答えは出ている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000034-tospoweb-base

     逆転のカープが本領発揮だ! 広島が15日のヤクルト戦(マツダ)で最大5点差を追いつき、最後は延長10回、4番・鈴木誠也外野手(24)がサヨナラ2ランを放ち9―7で劇的な勝利を収めた。2本塁打を含む4安打5打点の若き主砲に引っ張られたチームは4連勝で4カード連続勝ち越し。ついに首位巨人を1差にとらえた。

     時計の針が午後10時を回り、鳴り物応援がやんだマツダスタジアムに「ガキーン!」という衝撃音が響き渡った。4時間24分の大熱戦に終止符を打ったのは鈴木の一撃。延長10回一死一塁、フルカウントから中尾のフォークを完璧に捉え、バックスクリーン左へこの日2本目のアーチをかけた。

     初回からエースの大瀬良が2点を先制される苦しい展開。7回終了時に2―7と完敗ペースだった。それでも「あきらめないカープ」を体現していたのが鈴木だ。2点を追う5回には左翼線を破る適時二塁打、5点差の8回には12号ソロを放って猛反撃ののろしを上げた。4点差を追いついた9回は一死一、二塁で中前適時打。とどめはサヨナラ弾。まさに獅子奮迅の活躍だった。

     お立ち台で今季初めて決めゼリフの「サイコーでーす!」を3度叫んだ鈴木には緒方監督も最敬礼で「すごいのひと言やね。さすがカープの4番」とうなるばかり。24歳にして通算5本目のサヨナラ本塁打は、レジェンド山本浩二に並ぶ球団最多タイ。この日の固め打ちで打率3割4分7厘、13本塁打、32打点としセ・リーグの“3冠王”に立った。

     侍ジャパンの稲葉監督からも熱視線を送られ、今や広島の4番から日本の主砲に成長を遂げつつある。そのすごさには、今季から同僚となったベテランの長野も驚きの声を上げていた。

     2月1日の日南キャンプ序盤。鈴木とコンビで練習していた長野は後輩スラッガーのティー打撃に衝撃を受けた。「僕は他人の練習を見てビックリすることは基本ないんですが、正直驚かされたのは外国人を除けば誠也君が3人目。音が違うんです。とんでもない打者になりますよ」と興奮気味に語っていた。

     長野が鈴木以前に「驚いた」という2人とは、巨人時代の先輩である阿部とソフトバンク・内川。「内川さんは機械のような確実性。阿部さんは確実で、かつ力強いことに驚きました。誠也君はパワー。これから確実性が備わったらもう無敵です」と後輩をたたえていた。

     その“確実性”が今季は格段に増している。外野最深部へ打ち込んだサヨナラ弾を振り返った鈴木は「3―2だったので長打というよりか、後ろにつなごうという意識で入っていた」と話した。ミートを心掛けた打球があの弾道とは恐れ入る。

     先月は最大8の借金を抱えた時期もあったが、令和となってチームは9勝3敗1分けとV字上昇。息を吹き返した王者の中心には“無敵の主砲”がいる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000037-tospoweb-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島3-9オリックス>◇23日◇マツダスタジアム

    初対戦の投手を打つのは難しい。どんなボールを投げてくるか見極めているうちに後手後手に回り、相手に気持ちよく投げさせてしまいがちになる。広島は前日も初見のオリックス先発荒西に6回途中1失点に抑えられた。この日は左腕田嶋をどう攻略するか注目していたが、6回2安打無失点に抑え込まれた。

    田嶋のボールに思った以上のキレがあり、広島の各打者は面食らっているように見えた。ゆっくりしたフォームからリリースの瞬間にビュッと腕を振る印象で、タイミングが取りにくいのだろう。ボールの出どころが見にくいのかもしれない。各打者は狙い球を絞っていたのだろうが、球威、制球とも想定以上で、確かに攻略は難しかった。

    ただ、付け入る隙の少ない投手に対する場合、投球リズムを崩す工夫がもう少し必要だ。特に下位打線。セーフティーバントを仕掛けたり、そういう構えをみせたりして、気持ちよく投げさせないよう揺さぶりをかけたかった。(日刊スポーツ評論)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-06230821-nksports-base

    このページのトップヘ