広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

     猛練習で有名な広島がシーズン中にまさかの2連休だ。前日19日の全休日から一夜明けた20日、ナイター練習(マツダ)で、主力が不参加。高ヘッドコーチが理由を明かした。

     「広島では珍しいよね。6連戦もあったし、交流戦は厳しい戦いが多かった。主力にはコンディションの維持を優先してほしかった」

     野手陣で参加したのは松山、野間、西川ら7人。新井、エルドレッドのベテラン以外に田中、菊池、丸、鈴木の20代のメンバーも休ませた。

     5月30日の交流戦開幕から6連戦を3週連続で消化し、12勝6敗の好成績を収めた。だが、期間中に菊池が下半身のコンディション不良で1試合欠場し、丸も右太もも裏の違和感で3試合で途中交代。緒方監督は「そこ(体調面)が一番大事。コンディションが整わないと」と話し、休養を優先したようだ。21日から全体練習がスタート。2日間のリフレッシュを経て、23日からの2位阪神との対決に臨む。


    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170621/car17062105010001-n1.html

     広島が21日、マツダスタジアムで全体練習を行った。前日休養が与えられた主力組に加え、2軍から上本崇司内野手(26)も参加した。

     WBCに出場し、今季はここまで全試合出場の鈴木誠也外野手(22)も全体練習で汗を流した。前日まで2日間の休養は多くの時間を睡眠に充て疲労回復に努めた。4月25日から4番に固定され、肉体だけでなく、精神的な負担は例年以上に増している。

     「3日ぶりでしたけど、今日しっかり練習できたので大丈夫かなと思います」

     ここまでリーグトップタイの53打点をはじめ、打撃3部門で上位につける。一方で得点圏打率は3割を切る、2割7分6厘。相手バッテリーの警戒が増す状況にも「自分の技術がないから打てていないだけ。攻め方が変わったのが多少あっても、意識するほど変わっていない。僕次第だと思う」ととらえる。

     この日は全体練習後に行われた特打にも加わり、最後までバットを振った。万全の状態を整え、23日からの2位阪神との3連戦に臨む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-01843834-nksports-base

     セの首位を死守する緒方広島に、またミラクルな戦力が加わった。その名はサビエル・バティスタ。ドミニカのカープアカデミー出身で、15年秋に練習生として来日した育成選手だったが、2日に念願の支配下選手契約を結んだ。そして翌3日に1軍に登録され、いきなり緒方監督ら1軍首脳陣はおろか、世間の度肝を抜く大仕事をやってのけた。



     2軍で打率・363、14本塁打、38打点(5日現在)の好成績を残していた25歳のドミニカンは、1軍に合流した3日のロッテ2回戦(マツダ)でまず名刺代わりの一発をぶちかます。3-4の1点ビハインドで迎えた六回裏。無死二塁の場面で代打を告げられた。相手投手は左腕・松永。この打席を見つめていた広島OBの野球評論家・横山竜士氏は驚いた口調でこう話す。

     「いくら2軍でいい成績を残してきたとはいえ、1軍での初打席は緊張するもの。ところがあの打席のバティスタは見た目にも冷静でした。ボール球に手を出さず、自分が打てる球をジッと待ってましたね。普通なら『打ちたい、打ちたい』という気持ちが強く出てボール球でも何でも追いかけるんですが…。あの姿を見て『もしかして』と思いました」

     外国人選手にありがちな悪癖を一切見せず、低めの変化球を見逃し、好球だけを狙い澄ましてバットを一閃。148キロの真っ直ぐを1軍初スイングで見事にバックスクリーン右に運んだ。連敗中で、なおかつリードされている悪いムードを一変させた逆転2ラン。プロ初打席の代打本塁打は史上15人目で外国人選手初の快挙だった。「あんな衝撃的なデビューをしてくれるなんて…」とコメントした緒方監督の期待を大きく上回る“驚弾”は、昨年の交流戦で大ブレイクし、現在4番に座る“神ってる”鈴木の活躍を彷彿とさせてくれた。

     翌4日の3回戦でも2試合連続の代打弾を放つ離れ業をやってのけたB砲。これはリーグ初の快挙で、パ・リーグでは1984年の村上信一(阪急)がいるのみ。初打席初本塁打からの2打席連続本塁打は75年の山村善則(太平洋)を含めて3人目となった。衝撃的という形容詞すら陳腐に思えるミラクルぶりだが、前述の横山氏は、この活躍の裏には本人のたゆまぬ努力があるという。

     「キャンプでも日本人の若手選手に交じって早出特打や特守などで一生懸命汗を流してました。2軍の首脳陣が日本人を差し置いてまで彼ともう一人の育成選手・メヒアを試合で使い続けてきたのは、底知れない素質と練習熱心なその姿勢を高く買っているからです。日本でジックリと育ててきた選手だけに、見ているファンもたまらないでしょうね」

     昨年は鈴木がこの交流戦でブレイクし、25年ぶりのリーグ制覇へ一気に突き進んだ。今年はバティスタが連覇への期待を担う。6日からは札幌で日本ハム、週末は仙台に移動して目下パ・リーグ首位を快走する楽天と対戦する。指名打者制がある両球場での6連戦だけに、バティスタのスタメン起用も十分あり得る。問題は1軍の一線級右腕にどう対応するかだが、横山氏は「対応可能」とジャッジする。

     「あの2連発は他の球団に相当強烈なインパクトを与えたと思います。今後はインサイドに厳しい攻めをされるに違いありません。ただ、あの2打席の内容がすごくいいので、期待の方が大きいですよ。ボール球の変化球を見逃せる“選球眼”があり、甘い球を一発で仕留める能力を持ち合わせてますから」

     バティスタ本人が「チャンスだと思っている。いいパフォーマンスを見せたい」と意気込むように、チームにとってもこの敵地6連戦はペナント独走に持ち込む大きなチャンスである。昨年の日本一軍団・日本ハムは現在借金8の5位に低迷。首位の楽天も先週末の中日戦で負け越しを食らっている。1差で追ってくる2位阪神を突き放すためにも、この6連戦が大きなヤマ場。“17年度版神ってる男”B砲の勢いに乗り、ここは一気に突っ走りたい。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-00000051-dal-base

     ◇交流戦 広島3―5ソフトバンク(2017年6月16日 マツダ)

     広島・丸がチーム史上6度目の3打席連続本塁打。過去には65年に興津、90年にアレン、94年と98年に江藤、12年にニックが記録しているが、ソロ3連発はチーム史上初だ。

     また、3打席連続本塁打が飛び出した6試合のうち、広島が勝利したのは興津がチーム史上初の3連発を記録した65年の巨人戦(兼六園)のみ。それ以外の試合はいずれも敗れており、広島は自軍選手が3打席連続本塁打を放った試合で5連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000155-spnannex-base

     「交流戦、広島7-6オリックス」(14日、マツダスタジアム)

     交流戦単独首位に躍り出た広島・緒方監督は、最後まで声をからして応援してくれたカープファンに感謝した。

     「最後に(勝って)整列したときに空席が見えなかった。本当にファンの方のおかげで勝つことができた。今年はファンの方が神ってたね」

     6-6の延長十二回に鈴木がサヨナラ本塁打。試合後、報道陣から「神ってるか?」と聞かれると、「その言葉はもう使わない」と話していた。

     昨年の新語・流行語大賞の「神ってる」が生まれたのが昨年の交流戦。マツダスタジアムでのオリックス戦で、鈴木は2試合連続サヨナラ本塁打を含む3試合連続決勝本塁打をマーク。神がかり的な活躍に指揮官は「神ってるね」と評していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000159-dal-base

     ○広島7-6オリックス●(マツダスタジアム・14日)

     広島が今季3度目のサヨナラ勝ちで交流戦単独首位に。投手陣が踏ん張れず最大5点差を一度は追い付かれたが、延長十二回に鈴木がソロで決着をつけた。オリックスはロメロの2打席連続本塁打などで粘りを見せたが、力尽きた。

     広島・緒方監督 4番が最後に仕事をしてくれた。攻撃はいい形ができていた。中継ぎ陣は疲れが出ているよう。(八回に同点3ランを浴びた)ジャクソンはスライダーの精度が落ちていて気になるが、その後はみんな、いいボールを投げてくれた。

     オリックス・福良監督 よく追い付いたんですけどね。(広島戦は15年から8連敗)明日、何としても取らないと。やられっぱなしでは。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000109-mai-base

     勢いだけではなさそうだ。広島の超新星、サビエル・バティスタ内野手(25)が7日の日本ハム戦(札幌ドーム)で逆転弾を含む初の1試合2本塁打をマーク。3安打3打点で今季21度目の逆転勝ちに貢献した。

     今月2日に支配下選手登録され、デビューから2打席連続の代打アーチを放つなど、ここまで10打数5安打4本塁打7打点と大暴れ。一躍、時の人となった。そのブレークぶりには、緒方監督も「とんでもない打球を打っていたね。ビックリしたよ」と目を丸くするばかりだ。

     迎打撃コーチは「まだ相手にデータがないし、研究されていないというのもある。この結果に満足せず頑張ってもらいたい」とさらなる飛躍を期待するが、ただの“ビギナーズラック”で打てているわけではない。未知数な要素はあるものの「低めや我慢しないといけないところは我慢して(自分が有利になる)カウントをつくる作業もできている」(同)と学習能力の高さには首脳陣も一目置いている。

     この日で2度目となったヒーローインタビューでは、本人よりもブルペン捕手でスペイン語の通訳も兼ねるクレートさんの“怪しげな日本語”が注目を浴びた。インタビュアーの日本語による質問に、バティスタは通訳を介してスペイン語で答えていたが、チーム関係者によると「バティが来日したのは2年前の秋季キャンプだけど、日本語のヒアリングはほぼできている。話すほうも過去のドミニカ人選手を含めてペルドモ(1996~99年に在籍)に次ぐレベル。分からない言葉が出てきても、すぐに習得する頭の良さがある。チームメートとも積極的にコミュニケーションをとっています」という。

     お立ち台では、昨年は育成選手で経験することのできなかったリーグ優勝の輪に今年は加わりたいかとの質問に、クレートさんが「去年は優勝しました。今日も優勝に勝ちました…が、したいです」と“珍通訳”するのを笑顔で見守った。ファンの間では昨年の鈴木の“神ってる”をもじった“バティってる”が流行になりつつある。底知れぬ能力が開花するのはこれからだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000032-tospoweb-base

     広島・鈴木誠也外野手(22)の季節がやってきた。昨季の交流戦で3試合連続の決勝弾を放って大ブレイク。“2年目のジンクス”をはね返して新4番に就いた今季も、リーグトップタイの39打点をマークし、連覇を狙うチームを首位に導いている。進化を続ける赤ヘルの主砲のキーワードは「謙虚さ」。プロ入りまでを知る2人の恩師が鈴木の素顔を明かし、今年の活躍にも太鼓判を押した。


     鈴木が最も大きな出会いだったという、母校・二松学舎大付高の市原勝人監督(52)は「私が教えたのは技術的なことよりも、心のことの方が多かったですね」と振り返る。鈴木と同じ東京都荒川区生まれ。父・宗人さんと幼なじみで、誠也のこともよく知っていた。「将来、注目を浴びる存在になるんだろうなと予想できる子だった。だから人から応援されるような選手になってほしかった」。全力疾走の重要性から、掃除など普段の学校生活まで、口酸っぱく教えた。「理にかなった説明をすればちゃんと聞く。元々が素直な人間で、頭もいいですから」

     昨季の交流戦から「神ってる」と全国区のスターになった。「実は少し心配していました。天狗になってないかなと(笑い)」。だが、そのオフに会った鈴木の言葉に安心し、さらなる活躍を確信した。「『先生、野球が楽しくて仕方ないです』って。あぁ変わらないな、って。あれで大丈夫だと思いました」

     小・中学時代に鈴木が所属した荒川リトルシニアの石墳(いしづか)成良事務局長(54)も、公私ともに厳しく指導した。中3の夏、全国大会出場をかけた試合。エースだった誠也はけがで登板できず、延長再試合の末に敗戦。三振で最後の打者となった誠也はヘルメットをたたきつけた。「ひっぱたきましたね。オヤジさんも見ていて、『オレがやるから』と言われたけど譲らなかった」。その事件以降、誠也は道具を大切に扱うようになり、野球に謙虚に向き合うようになった。

     2015年に鈴木が巨人・田口から本塁打を打った後、1通のメールを送った。「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」―。「意味は自分で調べろと(笑い)。調子に乗りやすいタイプですが、よく分かっていると思っています」。結果を残した時こそ謙虚であれ。“おごらぬ神”は、今年の交流戦でも新たな伝説を作ってくれそうだ。(取材・構成=角野敬介)

     ◆鈴木の昨季の交流戦 交流戦開幕2カード目の6月5日・ソフトバンク戦(マツダ)で5打数5安打の大暴れ。極めつきは6月17日からのオリックス3連戦(マツダ)。初戦、2戦目に2試合連続サヨナラ本塁打を放つなど、3試合連続で決勝弾。緒方監督が鈴木を評した「神ってる」はその年の流行語大賞を受賞。交流戦で打率3割8分1厘、4本塁打、13打点の成績を残し、レギュラーにも完全に定着した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000026-sph-base&pos=2

    このページのトップヘ