広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    鈴木誠也

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     言うなれば「小窪の魂、百まで」だ。今オフ広島の選手会長が会沢翼捕手(29)に代わった。前任者の小窪は2年間の任期を全う。その小窪やベテラン新井、石原らの推薦で、会沢にすんなり決まった。新選手会長はいつも「基本的には小窪さんがやってきたことを引き継ぐこと。チーム一丸を重視したい」と言う。連覇を果たした広島の武器は一体感。小窪の奔走を副会長として一番近くで見た会沢には“イズム”がある。


     初仕事は選手会長になったその日。11月末の選手会納会だった。ミーティングの後、会沢は25歳以下の選手を集めた。鈴木、西川、野間らを前に「お前たちがしっかりしないと、これからのカープは強くならないぞ。私生活でも、オンオフしっかりしよう」と語りかけた。その心は、「(強さの原動力を)次の世代につなげていかないと」。小窪会長時代に目が届かなかった世代に、会沢がイズムを伝えたことになる。

     当然会沢の色もこれから出るだろう。小窪は「僕より決断力、行動力もある。3連覇、日本一に向かって色を出していってほしい」と語っていた。もう長い低迷期はゴメンだ。他球団にはないような団結力。根本は変わることなく、広島は強さを維持していくはずだ。【広島担当 池本泰尚】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00073393-nksports-base

     エンゼルス入りが決まった大谷と同学年の広島鈴木はマツダスタジアムに隣接する屋内練習場で汗を流し「赤いユニホームは似合っていないですね」とニヤリ。

     「最初から大きな目標を立てて取り組んできたからこそ(今の位置に)立てたのだと思う。本人にとっては特別なことではないのかもしれない」と刺激を受けていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00074496-nksports-base

     広島の美間優槻内野手(23)が9日、広島市安佐南区で開かれた「八木ソフトボールクラブ」による野球教室に参加。プロ6年目となる来季の目標に「開幕1軍」を掲げ、三塁のレギュラー争いに割って入ると誓った。開幕2カード目に対戦するヤクルトには今季限りで退団した石井打撃コーチが在籍。成長した姿を見せつけ、恩返しする。

     背水の陣で臨む。美間は来季へ向けて熱い思いを吐露した。「来年が本当に勝負。覚悟はある。死にものぐるいでやらなくてはいけない。開幕1軍というのが第一目標」。自らの立場を理解し、危機感を口にした。

     プロ5年間で1軍出場は、2015年の1試合のみ。今季も2軍生活が続いたが、ウエスタン・リーグでは87試合に出場し打率・300、10本塁打。好成績を残し、秋季キャンプ参加メンバーに抜てきされた。

     そのキャンプでは、シート打撃で快音を響かせるなど、東出、迎両打撃コーチから打撃面の成長を評価された。来春の1軍キャンプ参加は濃厚で、このチャンスを何としても生かなければならない。

     狙うのは三塁のポジションだ。安部や西川らがレギュラーを狙う激戦区。「三塁は右打者が少ないので、そこを生かす。何とか勝ち取りたい」と割って入るつもりだ。

     5年間、指導してくれた石井打撃コーチが退団し、ヤクルトへ。「いろいろ教えてもらった。神宮で会えるようにし、成長した姿を見せたい」。来季は開幕2カード目に対戦がある。そこで勇姿を見せ、恩返しするのが今の目標だ。

     畝投手コーチらと参加した野球教室では233人の少年少女に打撃指導し「教えるのは難しかったが、楽しかった」と笑顔で振り返った。来季は美間スマイルを1軍の舞台で振りまく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000032-dal-base

     リーグ連覇を達成した広島の選手、家族、関係者ら計228人が1日(日本時間2日)、優勝旅行先の米国・ハワイに到着した。緒方孝市監督(48)は来季の4番に関して若い鈴木を中心に、松山、新井、バティスタ、エルドレッドらで競わせる方針を示した。固定観念を振り払い、柔軟なタクトでリーグ3連覇を目指す。


     常夏の島・ハワイで来季の4番構想について頭を巡らせた。チームの主軸に求めるのは本塁打より勝負強さ。緒方監督は「本塁打20本でも100打点挙げてくれればいい」と理想像について語った。

     今季を振り返ると、開幕戦は新井に4番を託し、4月中旬から若い鈴木を抜てきした。重圧をはねのけ鈴木は結果を残したが、8月下旬に故障離脱。その後は主に松山が4番に座り、勝負強い打撃でリーグ連覇に導いた。ただCSは松山が不振に陥り、バティスタ、新井も4番を務めた。来季に向けて争いは混とんとしている。

     指揮官は「誠也が順調に育ってくれればいい」と基本線を示しつつ「固定するわけじゃない」と力を込めた。4番争いの中心は鈴木で間違いないが、あくまで競争だ。緒方監督は「バティスタにも期待している」と自ら名前を挙げ「パワーなら日本選手は誰も勝てない。パワーとどん欲さがある」と、秋季キャンプでの練習に取り組む姿勢を高評価した。

     すでに鈴木、松山は4番に立候補。鈴木は「成長したいので一番厳しいポジションでやるのが一番」と返り咲きを宣言。松山も黙ってはいない。「誠也も治して帰ってくるし、新井さんもエルドレッドもいる。しっかり争っていきたい」と競争へ覚悟を示していた。

     「タナキクマル」の1~3番の並びに関しても、緒方監督は柔軟な発想を持っている。「今の形が100%のベストか。そういう固定観念を持っていたら失敗する」と言いきる。143試合の長丁場。故障や体調不良など、予期せぬアクシデントも頭に入れ「今年と全く同じメンバー、打順、ピッチングスタッフで戦おうとは思っていない。今年同様、常に新しい戦力、チーム内の競争を継続できるようにしないといけない」と語気を強めた。

     リーグ連覇を達成した今季は安部がレギュラーに定着し、西川、野間、バティスタらも急成長。フレッシュな力がチーム力を押し上げた。緒方監督は「今までやってきた自分たちの野球をしっかりやる」と話す。4番もサバイバル。激しい競争の先に球団史上初の3連覇がある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000032-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     右ストレートのシャドーをしながら「殴るとき、肘入れなきゃってと思わないでしょ?」と言う。少々野蛮な理論を用いて、広島鈴木が新しい打撃のイメージを明かしてくれた。右足骨折からのリハビリ期間で膨らませた、ひとつの感覚。最初は「秘密です」の一点張りも、しつこく聞くと固い口を開いた。



     長いリハビリ期間。動画で何人もの好打者の映像を見た。2画面にセットし、外国人と日本人、自身の打撃と見比べる。「外国人はシンプルなんです」。構えたバットがシンプルにボールにコンタクトする。一方、パワーがないと言われる日本人は力を最大限に伝えるため「小さい頃からあれこれと言われがちなんですよね」と続ける。行き着いたのがボクシング理論だ。

     確かに「バットは最短距離」や「右脇を締めろ」、「体と腕の三角形を崩すな」という指導は多い。あれこれ考えるうちに、重要なことが忘れられる。「バットは真っすぐ出せばいい。自然と右肘は入るし、三角形になる」。大事なのは目的だ。ケガからの発想の転換が、鈴木にまたひとつ引き出しをもたらした。と言うか、どこまで野球小僧なんですか。【広島担当=池本泰尚】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00065897-nksports-base&pos=3

     広島・松山竜平外野手(32)は、2500万円増の年俸6500万円(推定)で契約を結んだ。今季は120試合に出場し、いずれも自己ベストとなる打率・326、14本塁打、77打点をマーク。規定打席には届かなかったものの、鈴木離脱後の終盤は4番に座り、リーグ連覇に貢献した。

     「得点圏(打率・367)と打点が増えたことに手応えを感じる。来季も続けたい」

     秋の日南キャンプでは一塁守備を猛特訓。「(外野と)両方守れたら、試合に出る機会も増える。オフもノックを受けたい」と意気込む。視線の先に見据えるのは悲願の定位置奪取、4番奪取だ。

     「来季は誠也が帰って来るし、新井さんもいる。競争して4番に座り、絶対に規定打席をクリアしたい」

     順調なら来季に国内FA権を取得するが、「それよりも、1年間レギュラーを張ることしか考えていない」と力強く答えていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000031-spnannex-base

     広島の鈴木誠也外野手(23)が29日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸9000万円でサインした。今季はシーズン途中から4番を任され、打率3割、26本塁打、90打点を挙げていたが、8月に試合中の守備で右足首を骨折。シーズン途中で離脱したが、ベストナインとゴールデン・グラブ賞を受賞し、「チームに迷惑をかけた中で、高く評価してもらってありがたい」と喜んだ。

     右足の状態は「私生活は大丈夫だが、野球はまだまだ」と言うが、来季に向けて「しっかりケガをしない体作りをして、来年は万全の状態で迎えたい」と意気込みを語った。(金額は推定)【坂本太郎】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000084-mai-base

     広島の4番を張った新井貴浩内野手(40)と松山竜平外野手(32)が25日、広島グリーンアリーナで開かれたイベントに参加。お互いの“ココがすごい”を問う声に、「松ちゃんはバットコントロールが天才的」(新井)、「やっぱり人柄」(松山)と答えるなど、軽妙な掛け合いトークを演じた。

     司会者から来季の日本一を振られると、新井は松山を見つめながら「(隣に)新4番がいますから」と即答。「“(鈴木)誠也には絶対に負けない”と言っていました」と内輪話を暴露?し、いたずらっぽく笑った。

     松山も負けてはいない。笑顔で「誠也に負けないように頑張ります」と応じ、続けざまに「ボクの中では新井さんがずっと4番なので、超えられるように頑張ります。まだ10年はやってくれると思います」と切り返した。

     これには不惑のベテランも「(元中日の)山本昌さんじゃないんだから、できるわけないだろ!」と苦笑い。「そう言ってもらえるうちは、頑張ってしっかり結果を残したい」と力強く答えていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000027-spnannex-base

     ◇NPBアワーズ2017(2017年11月20日)

     ベストナイン表彰で横に並んだ広島・鈴木とDeNA・筒香が、本塁打予告をやり合った。

     鈴木は8月23日に横浜スタジアムで骨折した右足首のリハビリ中。「たくさんの方が頑張れと言ってくれ感謝している。そのファンのためにも横浜スタジアムのライトスタンドに本塁打をぶち込みたい」と宣言した。筒香は「マツダスタジアムのライトスタンドに本塁打をぶち込みたい」と反撃。「今年の成績は納得のいくものではないが悔しさを来年にぶつけて日本一になります」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000041-spnannex-base

    このページのトップヘ