広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    長井良太

     昨季は3年連続でセ・リーグ覇者となった広島。34年ぶりの日本一を目指したが惜しくもソフトバンクに敗れた。2年連続MVPの丸がFAで巨人に移籍したが若手にとってみればチャンス到来。4連覇を目指すカープの2019年ブレイク期待の5選手を挙げる。



    〇床田寛樹(3年目・23歳)

     ルーキーイヤーの17年には開幕ローテ入りを果たしプロ初勝利を挙げた左腕。だが、同年7月にトミー・ジョン手術を受け、リハビリを経て昨季8月に実戦復帰。2軍で8試合に登板し、1勝1敗、防御率2.25と復活の兆しを見せた。秋季キャンプでもアピールを続け、2019年は先発ローテ入りを狙う。

    〇長井良太(3年目・19歳)

     つくば秀英出身の高卒2年目右腕は、昨シーズン1軍デビューを果たすと自己最速の154キロをマークするなど4試合に登板。防御率13.50と1軍のレベルを痛感したが、自慢の直球が首脳陣の目に止まった。2軍でも27試合に登板し1勝1敗2セーブ、防御率3.06と結果を残しており、3年目の飛躍に期待がかかる。

    〇中村奨成(2年目・19歳)

     高校通算45本、17年夏の甲子園では新記録となる大会6本の本塁打を放ち、2017年のドラフト1位として入団。1年目は2軍で83試合に出場し、打率.201、4本塁打、16打点と経験を積んだ。1軍には會澤、石原が君臨するため壁は高いが、強打と強肩を生かして1軍の枠に入り込みたい。

    〇坂倉将吾(3年目・20歳)

     高卒1年目にして1軍デビューを果たし初安打をマークしたが、昨季は9試合出場で打率.125と結果を残せず。それでも2軍では打率.329、4本塁打、29打点と自慢の打撃を見せつけた。中村と同じく會澤、石原の高い壁を越えることができるか。

    〇高橋大樹(7年目・24歳)

     2012年ドラフト1位で入団した右の長距離砲。昨季は2014年以来の1軍出場を果たすと待望のプロ初安打をマーク。6試合に出場し、打率.333を記録した。2軍では10本塁打をマークしており、今季は初アーチにも期待。丸の移籍で1枠空いた外野争いに入りたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00275352-fullcount-base

     広島の長井良太投手(19)が新フォームの習得に励んでいる。マウンドに立ったときから、プレートに右足を並行に置き、左足は一塁側に引いた状態から始動するものだ。バランスを良くして制球力アップにつなげるのが狙い。開幕1軍を勝ち取るために、オフも継続していく。



     パッと見てわかる変化だった。ブルペンでの投球練習。左足を引いてマウンドに立つ長井がいた。その状態からゆっくりと始動して力強く腕を振る。捕手のミットが、構えた位置から微動だにしない投球が何球もあった。

     「体のバランスを修正して、制球力を上げるのが狙い。何かをやらないといけないと思ってやりました」

     2年目の今季、初めて1軍に昇格。最も自信がある150キロを超える直球で勝負した。だが4試合で防御率は13・50。5月22日の巨人戦では岡本に3ランを浴び1回3失点だった。「コントロールさえ間違わなければ打たれない。でも甘くなったら打たれると感じた」。自身の現在地を知った試合だった。

     テレビで見る同期入団の投球にも刺激を受けた。アドゥワだ。手元で変化する直球とチェンジアップを低めに集め、開幕から1軍にフル帯同。一時は勝ちパターンにも入った。球速は自身よりない。それでも通用できたのは制球力に優れていたからに他ならない。

     球威を維持しながら制球力アップにつなげるには-。試行錯誤して一つの形を見いだした。最初からプレートに右足を並行に置き、左足は一塁側に引いた状態でマウンドに立った。そこから左足を上げていくことで、体のバランスを維持したままリリースにつなげられるというのだ。

     秋季キャンプでは初日から2日連続でブルペン入り。13日のシート打撃を経て14日も投球練習した。16日からの最終クールでも積極的に投げ込み体にフォームを覚え込ませた。

     12日の契約更改交渉では、球団から「真っすぐを評価している。続けてアピールをしてほしい」とエールをおくられたという。球威を維持しながら制球力を上げるのが、来年の春季キャンプまでのテーマになる。

     「今年はいろいろ経験をさせてもらった。それを無駄にしないようにしなければいけない。来年は開幕1軍を勝ち取って、ずっと帯同できるようにしたい」。大きな目標を掲げ、鍛錬の日々を続けていく。(デイリースポーツ・市尻達拡)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000052-dal-base

     日本野球機構(NPB)は29日、フレッシュオールスターゲーム2018(7月12日、弘前市運動公園)の出場選手を発表した。

    監督 水本勝己(広島)

    コーチ 小笠原 道大(中日)

    コーチ 小川 一夫(ソフトバンク)

    投手 高橋昂也(広島)

       塹江敦哉(広島)

       長井良太(広島)

       清水達也(中日)

       藤嶋健人(中日)

       高橋礼(ソフトバンク)

       K-鈴木(オリックス)

       馬場皐輔(阪神)

       望月惇志(阪神)

    捕手 中村奨成(広島)

       坂倉将吾(広島)

       谷川原健太(ソフトバンク)

       西村凌(オリックス)

    内野手 石垣 雅海(中日)

        川瀬 晃(ソフトバンク)

        周東佑京(ソフトバンク)

        福田周平(オリックス)

        山足達也(オリックス)

        熊谷敬宥(阪神)

    外野手 伊藤康祐(中日)

        島田海吏(阪神)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00253425-nksports-base&pos=3

     無念の2軍降格となったが、1軍で貴重な経験を積んだ。広島の2年目・長井良太投手(19)のデビューはあまりに鮮烈だった。4日ヤクルト戦。0-8の八回、2死走者なしの場面でプロ初登板。雄平と真っ向勝負し、自慢の直球で二ゴロに打ち取った。わずか、1アウト。それでも、自己最速154キロという数字で、十分すぎるインパクトを与えた。

     登板2試合目の15日・中日戦は1回2安打2失点。2者連続押し出しを含む3四球を与えるなど、課題を露呈した。だが、ファームを含めてプロ初の連投に臨んだ翌16日の同戦では苦い記憶をすぐさま払拭。1イニングを無安打無失点に抑え、リベンジに成功した。

     「持ち味の真っすぐは1イニングを投げても詰まった打球やフライが多かった。自分の真っすぐが通用しているのかなと思います。そういうところは収穫です。課題は真っすぐと変化球のコントロール。配球も自分で考えないといけない」

     1軍を経験した長井の率直な感想だ。変化球はスライダー、カーブ、フォークを操り、オープン戦の頃より精度は向上した。だが、中日のアルモンテには151キロを軽々とセンターオーバーとされるなど1軍打者のレベルを肌で実感。こだわるのは直球のスピード以上に質。制球力という課題も明確となった。

     ライバル2人の存在も成長の糧となっている。アドゥワと高橋昂は高卒2年目の同期。開幕直後は長井だけが2軍スタートだった。2人が1軍で活躍する姿を見て「すごい」と羨望のまなざしを送る一方、「悔しい」という思いも交錯して複雑な心境だったという。

     中でも高橋昂は高校時代から意識する存在だ。母校のつくば秀英は花咲徳栄と毎年練習試合を行う。実際に投げ合ったこともあるという。「ドラフトで一緒のチームになって驚きました」。今では仲間だが、ライバルを聞かれると、迷わず高橋昂の名前を挙げる。

     「外国人選手ともっと対戦したい。自分の真っすぐがどれくらい通用するのか楽しみ」

     長井は目をキラキラと輝かせる。まだ高卒2年目。もっともっとレベルアップして1軍返り咲きを目指す。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000078-dal-base

     「中日10-4広島」(15日、ナゴヤドーム)

     広島・長井良太投手が、プロ2度目の登板で初失点を喫した。

     4点ビハインドの八回に登板。制球が定まらず、押し出し2つ含む3四球を与え2失点した。

     試合後は「力んだ部分があった」と反省。ただ、自慢の直球は最速151キロをマーク。「打たれたけど持ち味のボールは投げきれたと思うので良かった」と前を向いていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000161-dal-base

     日本球界にも増えてきたハーフの選手。オリックスのブレイク候補・宗佑磨や、楽天3年目のドラ1・オコエ瑠偉といった身体能力抜群の野手が代表格として注目を集めているが、投手にも注目株が現れた。

     初のリーグ3連覇に向けて首位を快走する広島。そんなチームに突如登場したのが、身長196センチを誇る長身右腕・アドゥワ誠である。

     プロ2年目の19歳。松山聖陵高時代には“伊予のダルビッシュ”の触れ込みでメディアに取り上げられたこともあり、3年時には夏の甲子園にも出場しているが、大舞台ではさほどインパクトを残すことなく敗退。その素材は高く評価されていたものの、ドラフトでも5位指名に留まっている。

     入団後もすぐに頭角を現していたわけではなく、プロ1年目の昨季は一軍登板なし。それどころか二軍でも打ち込まれるシーンが目立ち、9試合の登板で0勝2敗、防御率は10.36と厳しい成績に終わった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00152500-baseballk-base

     「ヤクルト8-0広島」(4日、神宮球場)

     今後につながるデビュー戦となった。2年目右腕の広島・長井良太投手(19)がプロ初登板を果たし、1/3回を無安打無失点。持ち味の直球は自己最速の154キロを計測し、与えられた場でしっかりと存在感を示した。



     「多少緊張はしましたけど、オープン戦の悔しさがあったので、この舞台でやってやろうと気持ちが強かったです。一人でしたけど、結果0で良かった」

     マウンドに上がったのは8点のリードを許した八回2死走者なし。雄平に対し、初球からキレ味抜群の151キロ直球でストライクを取ると、4球目は154キロ。ファウルとなったが、これまでの最速153キロを、初の1軍の舞台で更新。そしてカウント1-2から最後はフォークで一ゴロに抑えた。

     今年は春季沖縄キャンプ中に1軍に昇格した。しかし2月24日の楽天とのオープン戦で1/3回を1安打4失点、3四球と崩れ、生き残りを果たせなかった。今月1日に昇格するまでは2軍で投球時の体重移動を見直し、直球の質向上に磨きを掛けてきた。そして迎えたこの日、手応えが増した武器を駆使し、2月の悔しさも晴らした。

     緒方監督は「スピードもあったね」と評価し、畝投手コーチも「ナイスピッチングだった。これから楽しみ」と期待を込めた。ここから定着への道を歩み出す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000035-dal-base

     「楽天11-5広島」(24日、コザしんきんスタジアム)

     広島・高橋昂也投手が2番手で登板。3イニングを投げ、2安打2失点だった。四回、4番内田に2ランを被弾。2四球を与えるなど安定感に欠けた。

     「今日はボールにバラツキがあった。疲れは関係ない。調整がうまくいかなかった。次回の登板までにしっかり修正したいです」

     高校時代に「ビッグ4」と呼ばれた楽天・藤平とも投げ合った。試合後、感想を聞かれると、「そこはあまり…、何もないです。自分のことをしっかりやらないといけない」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000111-dal-base


    このページのトップヘ