広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    長野久義

    悔しい本拠地初登板になった。広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が5回8安打2失点。雨が降る悪条件で持ち前の制球が乱れた。それでも二回以降は粘ったが、無念のプロ初黒星を喫した。報われなかった122球の力投。涙雨が身を包んだ。

     
     指先を修正できなかった。森下にとってプロでは初めて上がる雨のマウンド。雨脚が突然強くなる悪条件もあった。四回までは毎回、先頭打者の出塁を許して球数がかさんだ。5回122球の8安打2失点と粘りながら、今季初黒星を喫した。  「出してはいけない所で走者を出してしまった。アウトを取らないといけない所で取れなかった。投げ切らないといけない所で高めに浮いてしまった」  初回の2失点は、1番・梶谷への四球がきっかけだ。2球で追い込んだがフルカウントとして最後に根負けした。2死一、二塁からロペスの右前適時打で先制点を与え、宮崎の三塁への適時内野安打で加点を許した。


    鯉のプリンスがついに化けた! 広島・堂林翔太内野手が8日のDeNA戦(マツダ)で逆転グランドスラムを放ち、チームは連敗を4で止めた。  劇的な瞬間が生まれたのは、1点を追う八回一死満塁の場面だ。「チャンスだったのでランナーを返すつもりで打席に入った」。

    DeNA・パットンの148キロ直球を完璧に捉えると、〝確信〟のバット投げ。バックスクリーンへ飛び込む3号逆転満塁弾となるのを見届けると、ベンチは大興奮の渦となり、佐々岡監督は両手を挙げて喜びを表した


    人気者の苦しみは、人気者にしかわからないのかもしれない。2安打5打点の荒稼ぎで打率は再び4割台。昨季は故障もあってプロ入り最少の28試合出場と屈辱のシーズンを過ごした男が、水を得た魚のように暴れ回っている。11年目の〝覚醒〟の陰には2人のスターの存在がある。

    1人目は昨季巨人から加入した長野。名門の看板選手が突然のカープ移籍。ただ1年目の昨季は夏場に長い二軍生活を送った。同時期にリハビリで二軍にいた堂林は、その先輩打者に四六時中、密着。「長野さんは天才。僕とは違いすぎます」と話したが、技術だけではなく、ファンの耳目を集めるプロとしてどう振る舞うか、をじっくり学んだ。

    昨季唯一スポットライトを浴びたサヨナラの瞬間、真っ先に長野と抱き合って喜んだのは偶然ではない。    

    もう一人は言うまでもなく後輩の鈴木だ。オフにはプライドを捨てて弟子入りを直訴。「誠也という球界でもナンバーワンの打者とやれるので、何か一つでも吸収してキャンプに臨んでいければ」と鼻息荒く自主トレに臨んだ。主砲も堂林の覚悟に応え、惜しげもなく打撃理論を伝授。日本の4番から吸収したエキスが今季の活躍につながっているのは間違いない。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/a4e1a66571a712fa6a2d2c063394684337ae7fe7

    広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が21日のDeNA戦(横浜スタジアム)でプロ初登板初先発する。登板を前に右腕は「やっとスタートするなという気持ち」と待ちわびていた自身のデビュー戦を前に気持ちを高ぶらせた。

    クリックすると新しいウィンドウで開きます



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/78ac36d6a6b05c98f820f75cca453d421c67282b

    <DeNA5-10広島>◇20日◇横浜 夏開幕に“夏男”も快幕した。広島長野久義外野手は、劣勢の終盤に訪れた今季初打席で決勝打を放ち、チームを連勝に導いた。

    1点ビハインドの8回2死一、二塁。DeNA三嶋の真っすぐを強振して左中間を破った。「みんなでつないでくれたチャンスだったので返したいなという思いで入りました。(堂林)翔太がよく一塁からホームに走ってくれたので、ナイスランでした」。自分のことよりも仲間を思う優しさで、移籍2年目の広島にすっかり溶け込んでいる。仲間もベンチから総立ちで殊勲者をたたえたクリックすると新しいウィンドウで開きます


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9b53fec16c590cb41bb01bf70e30e718058ffe0d

    #プロ野球が帰ってくる-。日本野球機構(NPB)は25日、12球団代表者会議を開き、6月19日の開幕を正式決定した。通常より23試合少ない120試合での実施となるが、各球団に見どころ満載。ようやくたどり着いた開幕。「12球団ここを見てくれ」をお届けします。



       ◇   ◇   ◇

    広島は開幕が遅れたことで昨年8月に右膝を手術した田中広輔内野手の状態が上がっている。

    対投手との打撃を再開した初日の22日は4打席で安打性4本。翌23日も4打席で同3本と打撃にも表れている。上位打線の出塁率は得点力に大きく影響する。3連覇した年はいずれも3割6分超あった出塁率が、昨年は2割6分8厘。チーム低迷の一因となった。「1番遊撃」の復活が、王者奪還への鍵を握る。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/060bb35ba0405771b9bcaeda3883c0a14320e684

    CWknzjQUYAErCqq

     広島・長野久義外野手(35)が快音連発で好調アピールだ。22日、マツダスタジアムでのチーム練習では実戦形式のシート打撃が行われた。野手陣にとっては約2か月ぶりの投手との対決となったが、そこで存在感を発揮したのが長野だ。

     第2打席で大瀬良から右中間への二塁打を放つと、左腕・塹江との対戦となった第4打席には左翼2階席へ飛び込む豪快な一発。4打数2安打をマークした背番号5は「まぐれです。(上本)崇司にインサイドアウトというアドバイスをもらっていた。それがしっかりできたのでいい形で打てました」と後輩の上本崇司内野手(29)への感謝の言葉を並べた。ただし、当の上本は「そんなことないですよ…」と助言自体を否定。2人が謙遜し合っているのか、勘違いなのか…。

     いずれにせよ、長野の打撃好調に変わりはないようで4打席とも初球からフルスイングと“らしさ”全開の内容を朝山打撃コーチも「打って仕掛けていくタイプ。良さが出ていたと思う」と高評価していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-01865346-tospoweb-base

     1勤1休の練習形態を取っている広島は27日、午前中に野手A班がマツダスタジアムで練習を行い、瞬発力を高めるメニューを行った。

     一塁ベンチ付近にパイロンを約2メートル間隔で設置し、サイドステップで3往復するメニューを2セット。内外野のノック、フリー打撃といった通常の練習に加え、選手たちは下半身に刺激が与えられるメニューに厳しい表情を浮かべながら、汗を流した。

     野手A班のメンバーである長野や新外国人・ピレラも精力的に取り組み、コンディション維持に努めていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00000072-dal-base

     プロ野球は今季、新型コロナ感染拡大の影響でシーズン開幕が延期となった。それに伴って今季の交流戦中止が決定。毎年、「全球団本塁打」や「全球団勝利」といった記録も注目されてきた交流戦。ただ、今季レギュラーシーズンでも全球団本塁打に達成可能な選手もいる。


     まず、全球団本塁打達成まで残り1球団に迫っている主な選手は以下の通り。

     【セ・リーグ】

     巨人・陽岱鋼(残り日本ハム)

     広島・長野(残り巨人)

     【パ・リーグ】

     ソフトバンク・バレンティン(残りヤクルト)

     楽天・ロメロ(残りオリックス)

     ロッテ・鳥谷(残り阪神)

     今年のレギュラーシーズン中に達成可能の選手は2人。1人はオリックスから楽天に移籍したロメロだ。既に昨年までの交流戦でセ・リーグ6球団から本塁打を放っており、残すは古巣のオリックスのみとなっている。

     もう1人は広島・長野。広島から巨人へFA移籍した丸の人的補償として昨年1月に広島へ。長野の昨季巨人戦成績は12試合で打率・333、2打点で本塁打なし。既に交流戦でパ・リーグ6球団から本塁打を記録しており、巨人から放てば達成だ。

     史上初の全球団本塁打は太平洋・江藤慎一で1975年6月1日・ロッテ戦で達成。これまでは37人が記録している。交流戦が開始された2005年以降は34人、07年から19年まで13年連続で出ている。

     一方、「全球団勝利」へ残り1勝に迫っている主な投手は阪神・中田(残りソフトバンク)、楽天・岸(残り広島)らだが、レギュラーシーズンでは達成できない。記録達成は来年以降へ持ち越しとなった。(デイリースポーツ・記録係)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000052-dal-base

     ◇練習試合 広島3―4ヤクルト(2020年3月25日 マツダ)

     広島は無観客で行われたヤクルト戦(マツダ)に3―4で敗れて練習試合5連敗。オープン戦から11戦勝ちなしの9連敗となった。

     広島は先発右腕・九里が4回5安打3失点で降板。0―3で迎えた4回に1死二塁から5番・高橋大の右前適時打で1点を返すと、6番・坂倉が右中間スタンドへ2ランを放って同点。だが、直後の5回、この回から登板した2番手・中田が2死走者なしから2番・吉田成、3番・雄平に連打されて勝ち越しを許し、これが決勝点となった。

     ヤクルトは2回に6番・広岡の左越え2ランで先制し、3回には2死走者なしから雄平、4番・村上の連打で3点目。3―3と追いつかれた直後の5回には雄平が2死二塁から中前に勝ち越し打を放った。先発マウンドに上がった新助っ人のイノーアは5回8安打3失点だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000207-spnannex-base

    このページのトップヘ