広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    長野久義

    large01

    ssd160473548114256

    ssd160473548114256

    _5dd76c65d7f18

    jul271-gg

    index

    284f9c38

    ○ 広島 7 - 5 巨人 ● <10回戦・マツダスタジアム>  21日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた安仁屋宗八氏は、初回のエンドランを評価した。  0-0の初回、先頭の長野久義が四球で出塁すると、2番・菊池がレフト前にヒットを放ち、スタートを切っていた一塁走者の長野が三塁へ進塁しエンドランが決まった。安仁屋氏は「今シーズン初めてエンドランを見たんじゃないかな。送りバントはあったんですけど、エンドランを初めて見て初めて成功したんじゃないかな。どんどん足を使って欲しいですね」とコメント。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8da1b143d35e19bd4484fc090599451356f61a85

    広島・長野久義外野手が元気いっぱいだ。移籍2年目の今季は序盤こそ代打起用がメインだったが、スタメンに定着した今月は36打数14安打の打率3割8分9厘、3本塁打、10打点の大暴れ(8月10日時点)。〝夏男〟ぶりをいかんなく発揮している。


    ただ、昨年の夏は屈辱にまみれた。7月初旬に二軍へ降格すると、2か月近くファーム生活を送った。8月末に再昇格して9月は中軸を任されたが、プロ10年目で最少の72試合出場にとどまり、打撃成績も全てワースト。本人は相当悔しい思いをしたのだろう。  昨年のちょうどこの時期だ。8月12日からマツダスタジアム最後の巨人3連戦。広島は1勝2敗で負け越し、4連覇は事実上消えた。長野は古巣との決戦に照準を合わせ、打撃状態を上げていた。「(菅野)智之はきますかね?」と古巣のエースとの対戦も楽しみにしていたが、一軍から声はかからなかった。  巨人では原監督も由伸前監督も、なんだかんだ実績を信頼して使い続けてくれた。そこに長野の甘えがあったかもしれない。広島の空気に驚き、戸惑っているうちにシーズンが終わってしまったように見えた。

     記者はプロ入りから追い続けてきたが、こんなに本気のオフを過ごした長野を見たことはない。年末は海外でみっちり下半身を鍛え、年明けは西武・内海の鹿児島・奄美自主トレに合流。キャンプは首脳陣の「暖かいところで」との配慮で沖縄の二軍キャンプでスタートしたが、2月1日の動きを見て目を疑った。古傷のヒザ、ヒジを気にする素振りもなく、全開で走る、投げる。「どうです? まだまだ動けるでしょう。だめですよ、ベテランって書いたら」。体は例年より明らかに絞れていた。 「チョーさんの性格からして、きっと自分に怒っているんだろう。汗かいている姿なんか他人に絶対見せたがらなかったヤツが、あんなに走っている。余程、プライドが傷ついたんだろうな」。巨人時代から長野を見てきたベテランスコアラーの言葉が耳に残る。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/bfb87054bb831bad83178bfad850fd7f98cea679

     夏男のバットがまたもや貴重な追加点を生み出した。広島・長野久義外野手(35)が10日の中日戦(マツダ)に「3番・左翼」で先発出場。初回の第1打席で中日・小笠原から左翼線への二塁打を放って出塁すると、松山の適時打で生還した。


    さらに、勢いは止まらない。3回一死三塁の場面で迎えた第2打席も巧みなバットコントロールで再び左翼線へ適時二塁打を放ち、2点目をたたき出した。  長野は「打ったのはストレート。追加点につながってよかったです」。前夜9日の阪神戦(マツダ)は無安打に終わり連続試合安打は7でストップしたものの、8月は9試合で6度目のマルチ安打をマーク。鯉のサマーソルジャーが広島の夏を謳歌している。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/1d0da94db574ac60373d14b04e844a53f5c15696

    このページのトップヘ