広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    阪神タイガース

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う4位阪神にまたドタバタ劇だ。阪神は昨9日、6日に一軍昇格を拒否したヤンハービス・ソラーテ(32)の契約解除と帰国を発表した。

     ソラーテは貧打解消の救世主として7月に加入したものの、緩慢過ぎる内外野の守備で投手陣の足を引っ張りまくり、打撃も20試合で打率・188、4本塁打と期待外れ。8月19日に登録を抹消されていた。

     CSを目指す大事な時期に水を差された格好だが、この球団は昔からお騒がせ助っ人に振り回されている。古くは1997年、阪神に当時史上最高額となる年俸3億円超で入団したグリーンウェルが、5月に自打球を右足甲に当てて骨折。「野球をやめろという神のお告げ」と突然帰国し、そのまま引退となったのは有名な話だ。

     一方、大金を使わない広島は優良外国人選手の発掘に定評がある。

     ドーピング検査で陽性反応を示した広島のバティスタは、現在6カ月間の出場停止処分中。全員が順風なわけではないが、現在11勝(7敗)で防御率はリーグ2位の2・40をマークするジョンソンや守護神のフランスアなど、総じてレベル、順応性が高い。さらに在籍7年間で133本塁打を放ったエルドレッドのように、ファンに慕われる性格の持ち主が多いのも特徴だ。

     広島OBでコーチ、編成部長などを歴任した川端順氏がこう言う。

    「カープは、これはと目をつけた一人の選手を何年もかけて追いかけ、調査します。球団とスカウトが最も重視するのは『性格』と『態度』。その外国人選手が日本の野球をどう見ているか。その中でも広島という地方球団、日本や広島をリスペクトできて地方都市に順応できるか。ハングリー精神を持っているかが大事です」

    ■ローズ「ジャイアンツ大嫌い」で退団

     耳が痛いのは巨人も一緒だ。

     2005年にはクローザーとして期待されたミセリが4試合で防御率23・63の大不振。それでも「本人の同意なしに二軍に落とせない」という契約を理由にミセリが二軍落ちを拒否するなど、関係がもつれ、球団史上最速で4月19日に退団となった。直後に家族と浅草観光を楽しむオマケつきだった。同じ05年にはローズが弘田コーチに緩慢な守備をとがめられて激高。「ジャイアンツ大嫌い」と不満をブチまけて退団した。15年に途中加入したフランシスコは拙守と不振で出場はわずか5試合。二軍では練習拒否を繰り返すなど素行の悪さが問題となり、当時の原沢GMが引責辞任する事態に発展した。昨年はゲレーロが当時の高橋由伸監督との面談を拒否する騒動があった。

     最近になってようやく巨人も、質の高さ、外れの少なさは球界屈指といわれる広島に倣い、「性格重視」の方針を打ち出しているが、これは入り口に過ぎない。広島では、入団後はさらに球団の手厚いサポートが助っ人を支えている。

    ■松田オーナーが二軍の外国人を激励

     前出の川端氏が続ける。

    「球団事務所には英語が話せるスタッフが常駐していて、遠征などが多い外国人選手に代わり、夫人や子供などの家族を24時間体制でサポートしています。来日して最初の1週間で病院、歯科医院、子供の学校、公園、美容院などを紹介する案内ツアーを組んだり、レストランや子供が遊べる公園、プールなどを盛り込んだ独自のガイドブックを作成することもあります。ここまでする球団は他にないと思います。さらに国際部は二軍にも足を運びます。外国人選手のケアは実は二軍が大事なんです」

     どういうことか。

    「国際部の職員は二軍落ちした外国人に会うため由宇球場(山口・岩国)や大野練習場(広島・廿日市)に行って悩みや困ったことを聞いています。二軍の首脳陣もそう。朝山(二軍打撃)コーチがうまくて、片言の英語やスペイン語を駆使しながら積極的にコミュニケーションを取っています。山あいの由宇球場に行くと外国人選手は寂しくなって当然。俺は必要ないのかとモチベーションが下がらないように、みんなで励まし続けるんです。英語が話せる松田オーナーも国際部と一緒に二軍の球場を頻繁に訪れ、外国人選手と談笑しています。異国の地で彼らが実力を発揮できるよう、カープは球団トップから首脳陣、全職員でサポートしようという意識が徹底しています」(川端氏)

     ここまでやってこそ、助っ人は活躍できる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000011-nkgendai-base

     【新井さんが行く!】トリの気持ちは本当によく分かる。同じような経験をしたから。阪神を自由契約になって広島へ復帰したのはプロ16年目のオフだった。同じ大卒入団だから、今年のトリとちょうど同じ時だ。まだ自分の中で完全燃焼できていないと感じていたし、まだやれると思った。もちろん、トリもまだまだできる。

     もともとコツコツと努力する才能を持っている選手だ。タイガースという人気球団に期待されて入団し、常に注目を集めた中でしっかり結果を積み上げてきた。イメージは寡黙でクール。でも、実際は全然違う。食事に行けば、いつも冗談を言って周りを楽しませてくれる。人懐っこく、明るい子だ。自然と打ち解けて、後輩だけど、友達のような関係になった。

     これから彼がどういう選択をするかは分からないけど、違う世界を知り、違う景色を見ることはマイナスにはならない。この先の野球人生、いや、人生そのものにとって絶対にプラスになる。外から見ることで、いままでいたタイガースの良さを発見できるかもしれない。きっと素晴らしい経験になるはずだ。

     今回のことに関しては報道で伝わることしか知らないが、たとえ同じ結果に終わったとしても、退団という結論に至るまでの経緯で球団として違うアプローチはなかっただろうか…と思う。生え抜きの功労者。同じことをするにしても、やり方や伝え方がある。その点では少し残念に感じた。

     トリの中には「タイガースを見返したい」という気持ちがあるかもしれない。でも、新しいチームに移るなら、そのチームのために、そのチームのファンに喜んでもらえるように…と考えた方が彼の良さがきっと出る。あの14年秋。「新井はもう終わった選手」という声を聞いた。一方で「どこへ行っても応援します」と言ってくれる人たちもいた。トリにも同じように応援してくれる人がたくさんいる。それがきっとモチベーションになる。

     広島へ復帰後、グラウンドで会った時に「本当に楽しそうにやっていますね」と言われたことが思い出深い。来年、同じ言葉を返したい。どこへ行っても、応援している。

     頑張れ!! トリ!!(スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000098-spnannex-base

     阪神は2019年9月8日、マツダスタジアムで広島と対戦し2-3で敗れた。先発・岩貞祐太投手(28)が4回5安打2失点で降板。5回からは2番手ラファエル・ドリス(31)を投入するなど細かい継投策をとり5回以降1失点でしのいだが打線が援護出来なかった。3位・広島との3連戦を1勝2敗で負け越し、広島との差は3.5ゲームに広がり、早ければ10日にもクライマックスシリーズ(CS)自力進出の可能性が消滅する。

    ■「非常に痛いけん制アウトに...」

     天王山初戦を高橋遥人投手(23)で落とし、続く第2戦目はエース西勇輝投手(28)の力投で勝利。CS進出をかけた天王山第3戦目は、ドリスを2016年の来日以来、最も早い5回に起用するなど総力戦で臨んだが、広島・先発クリス・ジョンソン(34)の老獪な投球の前にあと1本が出ず7回までゼロ行進。8回に2本のヒットで2点を返したものの、逆転するに及ばなかった。

     阪神OBで野球解説者の野口寿浩氏(48)は「8日の試合のポイントのひとつが、初回に近本選手がけん制で刺されたことです。先制のチャンスでしたし、あのけん制アウトによって、『これからいくぞ』というチームの雰囲気を変えてしまいます。結果的に非常に痛いけん制アウトになってしまいました」と話した。

     第3戦目は両チームともに7安打を放ち、1点差ゲームの接戦だった。だが、野口氏は数字以上に広島が優位に立っていた指摘する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000008-jct-spo

     「阪神4-2巨人」(31日、甲子園球場)

     阪神の鳥谷敬内野手(38)が8月31日、甲子園球場で取材に応じ、球団から現役引退の勧告を受け、今季限りで退団することを明らかにした。今季が5年契約の最終年となる鳥谷は「タイガースでユニホームを着てやるというのは今シーズンで最後」と語った。今後は引退か他球団での現役続行かの選択となるが、球団との会談の中では現役へのこだわりを見せたという。


     その指先は、静かに震えていた。あふれる思い、紡ぎ出す言葉。鳥谷がタテジマ一筋の16年間に、別れを告げる。「タイガースのユニホームを着てやるのは、今シーズンで最後になります」。残された選択肢は引退か他球団での現役続行。そのどちらにも、阪神・鳥谷は存在しなかった。

     「自分の言葉で伝えたい」-。

     喜びも、苦しさも味わってきた。今季は「野球を続けるか、辞めなきゃいけないか。大事な1年になる」と話していた5年契約の最終年。その去就が注目される中、ベテランを突き動かしたのはファンへの思いだった。

     「ファンの皆さんに、今シーズンでタイガースのユニホームは脱ぐということを伝えたいなというのが、一番の思いです」

     時刻は23時を過ぎていた。30日・巨人戦の試合後。球場を一歩出ると、そこには美しい景色が広がっていた。「たくさん自分のタオルを広げて、今まで以上にたくさんの方々が広げてくださってる姿を見てね」。雨上がりの空の下。名前が刻まれたタオルは何枚も揺れ、鳥谷の瞳に映った。

     試合前練習後、甲子園室内練習場控室で行われた写真撮影NGの会見。5分間の激白は、ファンへの感謝の時間となった。29日の午前中に、球団事務所で揚塩健治球団社長らと行われた会談。その席で「引退してくれないか」と言われたことを包み隠さず明かし、「事実上の戦力外だと思う」と自らの立ち位置を受け止めた。会談の席で、鳥谷自身は現役続行への強いこだわりを見せていたというが、この日は「いろいろ考えながら決めていきます」と話すにとどめた。

     神宮の空につぶやいたあの日から、5日がたった。「最後になるかもしれないから」。不退転の覚悟を胸に、これからも進んできた道を信じ続ける。誰もいない室内練習場に、この日も真っ先に足を踏み入れた。

     「CSに出られれば、優勝のチャンスも出てきますし。そこを一番に考えて、しっかりチームに貢献したい」

     この日は七回1死、梅野の打席中にネクストバッターズサークルに姿を見せたが、梅野が三振に倒れるとベンチへ。ドリスの代打に送られた中谷が決勝ソロを放ち、鳥谷の出番は最後までなかった。

     残されたのはファンに「ありがとう」を伝える時間だ。どんな選択をしたとしても、最後まで鳥谷敬は鳥谷敬であり続ける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000022-dal-base

     林昌範です。7月上旬から約2週間、チバテレビの「高校野球ダイジェスト」でMCを務めさせていただきました。高校野球の現場で毎日試合を観て、夜にテレビの生放送で伝えるのは初めての経験でしたが、勉強になることが多く貴重な時間でした。高校野球を生で見るのは久しぶりでしたが、技術の優劣ではなく1球1球に思いをかけてプレーしている姿に心を突き動かされました。習志野高校が2年連続10度目の甲子園出場を決めましたが、投打共にバランスが非常に良いチームで選手個々の能力も高いです。千葉の代表として甲子園で悔いのないプレーしてほしいですね。

     プロ野球も、首位を独走していた巨人、ソフトバンクに2位以下のチームが接近して面白くなってきました。夏場はプロ野球選手の真価が問われると言われるぐらい重要な時期です。高校野球ではないですが、毎日がトーナメントのような戦いで1試合も落とせないような緊張感があります。

     個人的に、これからチームの命運を握る存在になるのが勝負所を知っているベテランの選手だと思います。巨人の亀井善行選手が7月30日の広島戦(東京ドーム)で初回に先制適時打を放つなど猛打賞の活躍で、猛追する広島の連勝を「9」で止めました。広島の松山竜平選手も8回に3ランを放ちましたが、生え抜きのベテランの活躍はベンチが盛り上がりますし、試合の空気を変える力があります。

     他球団も今後の戦いでベテランがキーマンになるのではないでしょうか。DeNA・ロペス選手、石川雄洋選手、阪神・福留孝介選手、糸井嘉男選手、鳥谷敬選手、ソフトバンク・内川聖一選手、松田宣浩選手、日本ハム・田中賢介選手と各球団の経験豊富な選手たちはまだまだ元気です。勝負勘を見極めたプレーに注目したいですね。(元巨人、日本ハム、DeNA投手)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00460154-fullcount-base

    プロ野球は31日、今季の補強期限を迎える。トレード、新外国人選手の獲得、育成選手の支配下登録が締め切られる。シーズン終盤の戦いに向けて、戦力をどう整えたのか? 駆け込みはあるのか? 各球団の現状を整理した。


       ◇   ◇   ◇

    <巨人>

    新外国人デラロサを獲得し、日本ハム、楽天とのトレード2件で鍵谷、藤岡、古川が加入。育成からは4選手を支配下登録し、期限内の補強を終えた。

    <DeNA>

    リリーバー左腕・ソリスを獲得。さらに先発右腕の中川虎を育成から支配下登録し、支配下枠は上限の70人となり、期限内の補強を終えた。

    <広島>

    鈴木球団本部長(29日に育成サンタナを支配下登録し、上限70人)「補強は終了。外国人8人? 昨年と同じ。入れ替えながらやりくりできると思う」

    <阪神>

    7月にロッテから交換トレードで中継ぎ右腕の高野、新外国人野手のソラーテが加入。育成1年目の片山を支配下登録し、今シーズン中の補強を終えた。

    <中日>

    加藤球団代表(6月30日にオリックスにモヤ、松井雅、松井佑を譲渡し、松葉、武田を獲得)「今季中の補強は終了。今季は現状の戦力で戦います」

    <ヤクルト>

    球団ワースト16連敗を喫し最下位も、補強や育成からの登録はなし。小川監督は「現有戦力で戦う」。先発陣の立て直し、故障者の復帰を待つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-07300608-nksports-base

     2位以下の混戦が続くセ・リーグ。独走する首位の巨人を除き、2位から5位まではわずか3ゲーム差だ。巨人以外が星を潰し合っている印象すらあるが、唯一、「苦手」を持たない球団がある。広島である。

     今季、ここまで広島が最も負け越しているのはヤクルト(6勝8敗)。阪神には7勝8敗、DeNAには五分(7勝7敗1分け)、それ以外には勝ち越している。

     一方、巨人以外で唯一、貯金をつくっている2位のDeNAは、巨人に5勝8敗。阪神には5勝10敗と大きく負け越している。阪神は巨人に4勝9敗、中日には4勝10敗。中日は巨人に4勝10敗とカモにされている。どのチームにも苦手意識はあるはずだが、広島にはそれがなさそうなのだ。

     4番に座る鈴木誠也(24)もこう言う。

    「誰とやるかじゃなくて、自分たちがどういう野球をやるか。いかにミスを減らすか、ミスをしないかが大事になってくると思う。野球は相手あってのことだし、球種は投手によって違うけど、打席に入ればその意識は変わりません」

     広島の“フラット”な意識が今後のペナントレースにどう作用するか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000033-nkgendai-base

     同じプロ野球選手なら、話したことはなくても他人ではない。1月下旬に公表された「阪神・原口、大腸がん」のニュースに、居ても立ってもいられない赤ヘル選手がいた。原口と同学年の広島・大瀬良大地投手(28)だ。優しすぎると言っても大げさではない人柄の良さは知られたところでもある。「九州出身、同学年」という共通点で親交のある阪神の岩貞、梅野からは、原口を「律義なやつ」と聞かされていた。話したことすらない敵、それでも大病に苦しむ同学年――。遠慮は捨て、連絡を取る手段を考えた。


     「面識もなかったけど、勝手に親近感を持っていました。そんなこともあって、岩貞に連絡先を聞いたんです。“頑張ってね。また真剣勝負をしよう”と連絡を入れました」

     甲子園球場でのリーグ戦では、原口からお礼を兼ねたあいさつを受け「ありがとうね」と伝えられた。「律義なやつだな…と思いましたね」と、人伝えに聞いていたウワサの生真面目さにようやく触れることになった。

     球宴ではチームメートとして戦った。第1戦の先発を終えた大瀬良は、原口の本塁打を一塁のランナーコーチャーとして見届けた。「感動しましたね」。そして、一塁ベンチでは、もう一人の赤ヘルが心を動かされていた。

     鈴木誠也外野手(24)は、原口の3学年下。母校の二松学舎大付と原口の母校が同じ東東京地区という少しばかりの縁があった。「帝京出身ということで、元々知ってはいたんです。病気でつらい思いをされて…。大舞台で打ったのは素直に感動しました」。大瀬良と同じく甲子園球場で再会したときには、抱きしめてエールを送るほどに、いまでは特別な存在だ。

     それまでの関係性も球団も飛び越えて、行動を起こした広島の投打の柱。そんな2人の話を書きながら、もう一人の赤ヘルが脳裏をよぎる。胃がんを経験した背番号38が、若コイと汗を流しながら、昇格のときを今かと待っていることも最後に付け加えておく。(記者コラム・河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000141-spnannex-base

     ◇マイナビオールスターゲーム2019第2戦 全セ11―3全パ(2019年7月13日 甲子園)



     プロ野球の「マイナビオールスターゲーム2019」は13日、甲子園球場に舞台を移して第2戦が行われ、5本塁打を含む20安打を放った全セが11―3で全パに圧勝。連敗を5で止め、2016年の第1戦以来7試合ぶりの勝利を飾った。阪神のドラフト1位ルーキー、近本が新人初の先頭打者アーチ&サイクル安打でMVPに選ばれ、ホーム開催の球宴に花を添えた。敢闘選手賞にはDeNA・筒香、中日・高橋、オリックス・吉田正が選ばれた。

     全セは序盤から激しい一発攻勢。初回、ルーキー史上初となる近本(阪神)の先頭打者アーチなどで2点を先取すると、2回には原口(阪神)、梅野(阪神)が2者連続アーチをかけた後でさらに筒香(DeNA)にも4年連続球宴アーチとなる3ランが飛び出すなど、この回一挙6点を追加して2回で8―0と大量リードを奪った。

     勢いに乗った全セの打撃陣はその後も着実に得点を重ね、4回にはこの日の試合前に行われたホームランダービーを初制覇した鈴木(広島)もソロ本塁打。7回には近本が5打数5安打となる左中間への三塁打を放ってサイクル安打を達成した。球宴でのサイクル安打は1992年古田敦也捕手(ヤクルト)以来27年ぶり2人目の快挙。

     全パは先発・山岡(オリックス)が初回に2失点して降板。2回に登板した2番手・高橋(西武)が1イニングで打者10人に3本塁打を含む7安打を打たれて6点を失い、3回に吉田正(オリックス)の2ランなどで3点を返したが、及ばなかった。

     セ・リーグは昨季まで6年連続で日本シリーズに敗れ、交流戦は今季まで10年連続負け越し。球宴も5連敗中だったが、2016年の第1戦以来7試合ぶりの勝利で意地を見せた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000278-spnannex-base

     前阪神監督の金本知憲氏が7日、TBS系「サンデーモーニング」に出演した。

     張本勲氏(79)とともに「週刊 御意見番」に助っ人として登場。司会の関口宏が、金本氏が久々の出演と紹介した後に、「どうなんですか?監督辞めて気は楽になりました?」と直球質問。金本氏は笑いながら「まっ、気は楽ですね」とぶっちゃけた。

     悩みはある?と聞かれると「今はないですね」と話していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000035-dal-base

    このページのトップヘ