広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    阪神タイガース

     10月10日をもって、2017年のプロ野球ペナントレースが終了。同時にセ・パ両リーグの各タイトルホルダーも決まり、打撃タイトル三部門のひとつである首位打者はDeNAの宮崎敏郎と、西武の秋山翔吾がそれぞれ受賞した。

     打撃タイトル三部門のうち、首位打者だけがシーズン中に定められた規定打席数(チームの試合数×3.1)を満たすことが必須条項。レギュラーシーズンが143試合制の現在の場合は443打席に立たないと公式の打率記録として認められないため、その打席数をクリアしない限り、いくら高打率を残していても記録には残らない。「無事是名馬」の格言ではないが、故障せずに1年間乗り切るというのも一流打者の証しと言える。

     しかし、今年の首位打者の打率は、セ・パともに打率.320台と例年に比べるとかなり低調なもの。統一球時代だった2012年以来、5年ぶりに打率.330以下を下回った。そもそもセ・パ両リーグで3割以上の打率を記録したのはわずか9名と、昨季の15人に比べるとはるかに少ないものだった。

     今季の規定打席到達打者は全体的に低調に終わったが、故障で出場機会を減らした選手や、あと少しで規定打席に届かなかった選手には素晴らしい成績を残した選手がいる。そこで、今季200打席以上に立った規定打席未到達の打者たちのなかから好成績を挙げた3割以上の選手を振り返ってみたい。
    鈴木の穴を見事に埋めた松山竜平

    まずはセ・リーグから。

    ▼松山竜平(広島)
    120試合出場 387打席 打率.326 14本塁打 77打点

     まず挙げたいのが、今年の広島を支えたひとりと言っても差支えのない活躍を見せた松山竜平。今季もブラッド・エルドレッドらとの併用で規定打席を逃したが、打率.326は200打席以上の規定打席未到達選手のなかではセ・リーグのトップ。今季のセ・リーグ首位打者である宮崎敏郎の打率.323をわずかに上回る。

     そんな松山の今季最大のハイライトといえるのが8月。それまで4番を打っていた鈴木誠也が戦線を離脱すると、空いた4番の座に君臨し好打を連発。チームが優勝争いの渦中にあった9月には打率.426、5本塁打、23打点という驚異の成績を叩き出してリーグ優勝に向けたラストスパートに大きく貢献した。


    ▼俊介(阪神)
    74試合出場 202打席 打率.309 4本塁打 23打点

     投手では桑原謙太朗、秋山拓巳らがブレイクした阪神だが、ブレイクした野手といえば、この俊介も該当する。内外野をこなせるユーティリティープレーヤーという評価で、「守備の人」というイメージが強い選手だったが、今季は交流戦の時期から打撃が好調で6月13日の対西武戦では自身3年ぶりとなる本塁打を放ち、上位争いが熾烈を極めた夏場には完全にレギュラーに定着した。

     8月6日の対ヤクルト戦では自身初となる4打数4安打の猛打賞を達成するなど、一度打ち出したら止まらない固め打ちを見せ、阪神打線のチャンスメーカーを担った。今季で国内FA権を取得しただけにオフにはその去就にも注目が集まる。


    ▼雄平(ヤクルト)
    71試合出場 300打席 打率.306 2本塁打 32打点

     67年ぶりにチームワースト記録を更新する96敗を喫したヤクルト。故障に泣かされた選手が多かったが、そのひとりとして挙げられるのが雄平。開幕からクリーンアップを務めていたが、6月末に右手の有鈎骨を骨折して戦線から離脱した。全治3カ月と診断され、ようやく復帰できたのはシーズン最終戦となった対巨人戦。この試合でヒットを打ち、打率は.306をマークした。

     ちなみに規定打席到達・未到達にかかわらず、今季のヤクルトで200打席以上に立ち打率3割を超えたのは雄平のみだった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00135607-baseballk-base

     今季限りで引退を決意した阪神新井良太内野手(34)について、兄の広島新井貴浩内野手(40)が口を開いた。シーズン中から話を聞いていたと言い「いろいろ気持ちが揺れ動いていたと思う。でも本人が決めたことだから」と語った。その上で「最終的には良太の野球人生だから、自分で決めなさいと言った」と明かした。


     10年から14年までの4年間は阪神でともにプレー。「一緒のチームでプレーしたし、いい経験をさせてもらったよね。彼のいいところは、どんな時でもとにかく明るく、元気に、取り組む姿勢だね」と優しく語った。自身が広島に復帰した後も「励みにはならないけど、気にはなっていた。弟としてね」と続けた。

     最後は兄としての感謝の言葉を紡いだ。「中日、阪神の両球団の方、たくさん応援してくださったファンの方にも感謝。幸せだったんじゃないのかな。もちろん本人も感謝していると思うけど、兄としても両球団、ファンの皆さんに感謝しています」と締めくくった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00024665-nksports-base

     声援は力になる。逆に言えば、プレッシャーになることだってある。ただ、広島の選手を見ていると、本当に大歓声を一身に受けて力を発揮しているようにも見える。甲子園で見られる盛り上がりも迫力はあるが、マツダスタジアムも異様な雰囲気だ。

     虎党と鯉党の大きな違い。それは選手のプレーに対する厳しさだろう。聖地では失策をすれば、怒号が舞う。投手に向けても、四死球を与えれば「なにしとんやあ!」と容赦ない罵声が。打者に対して3ボールになっただけで、スタンドはざわつく。藤浪らも「ヤジがすごい」と口をそろえて言うように、甲子園は独特だ。

     一方で、マツダスタジアムはアットホームな空気に包まれる。広島の選手は、ファンに守られている雰囲気だ。3ボールになっても怒号はそれほど聞こえない。聞こえてもごく一部。むしろ球場全体から拍手が湧き起こる。「がんばれー」といった言葉とともに。励まされている。阪神の球団関係者からすれば「アレはなんや?」と驚くほど。市民球団だからだろうか。県民性かもしれない。それに加え、近年は実力もつけて連覇を達成。“強いカープ”ともなれば、余計に応援したくなる気持ちも分かる。

     ただ、阪神の選手は日々、「ファンの目」とも戦っている。2軍施設のある鳴尾浜にも連日多くのファンが。伝統球団だけに、プレッシャーは大きい。その重圧に打ち勝ってこそ、一流のスターが生まれるはずだ。

     かつて聞いた。9月28日限りで退任した掛布雅之前2軍監督は「昔は今よりももっとすごかったんだよ。物が飛んでくるのは当たり前だった」。4番に座り、常人には想像も付かないほどの圧に立ち向かった。「ファンの目」と戦い続け、実績も残した。だからこそ、オールドファンは今でも掛布を応援し、愛し続ける。そして「ミスタータイガース」と呼ぶ。これから再び、そんな選手を生みだすのもファンの力ありきだろう。(デイリースポーツ・山本真吾)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000075-dal-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が20日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加し、シーズン残り7試合、CS、日本シリーズに向けて『凡事徹底』の心構えを説いた。37年ぶりのリーグ連覇を達成しても、戦い方は変わらない。カープ野球を継続し、日本一への道を歩む。

     歓喜の余韻に浸る時間は終わった。37年ぶりのリーグ連覇から2日。秋の気配が漂うマツダスタジアムで、新井は1年前との変化を感じていた。

     「今年はみんな落ち着いているように感じるね。その日はみんなで喜んだけど、CSに向けてしっかり切り替えができている」

     久々のリーグ優勝に沸いた昨季とは違う。チーム全体がどっしりと構え、次なる戦いに備えている。33年ぶりの日本一へ-。ナインに頼もしさを感じつつ、短期決戦での心構えを説いた。

     「みんな短期決戦の怖さを経験しているから。ちょっとしたミス、気の緩みにつけ込まれて流れが変わる。そう思って、みんなやっている。自分たちができることをこなしていく。『凡事徹底』と言うけどね、みんな分かっていると思う」

     昨季は危なげなくCSを勝ち抜きながら、日本シリーズで日本ハムに屈した。2連勝で勢いよく敵地に乗り込んだものの、そこから一気に4連敗。昨季の悔しさ、教訓をチーム全体で共有し、“凡事徹底”を貫く。

     だから、リーグ優勝が決まってもシーズンの戦い方は不変だ。残り7試合。新井は「今までと変わらない。一戦一戦。優勝が決まっても次はCSがあるから、気を引き締めてやっていきたい」と力を込めた。自身のスタンスも変わらない。「いつも言っているように、行けと言われたところで行く。いい準備をするだけ」とおなじみの言葉を繰り返した。

     この日、江草が今季限りでの現役引退を表明した。阪神時代の3年を含めて計6年間一緒にプレー。左腕の勇姿を思い返し「さみしいよな。この時期になると毎年。そういうニュースが出るから。テンポが良くて野手としては守りやすかった。いいピッチャーだったよ。ちぎっては投げ、ちぎっては投げで…」としみじみと語った。

     左腕の思いも背負い、新井はグラウンドに立つ。この日は若手に交じって、元気にフルメニューを消化した。悲願の日本一へ、目の前の試合を懸命に戦う。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/21/0010572883.shtml

     広島の江草仁貴投手が20日、球団に今季限りでの引退を申し入れ、了承された。

     江草は「自分の球が思うように投げられずイメージしたアウトが取れなくなった。8月に引退を決めたが、チームが優勝争いをしていたので水は差したくなかった。やり残したことはない。ずっと子供の頃からカープの帽子をかぶって遊んでいた。(西武からの)トレードが決まった時はうれしかった。カープのユニホームを誇りに思います」と語った。



     江草は広島県福山市の出身。松坂世代の1人で、盈進高から専大に進学し、02年度ドラフト会議で、自由枠で阪神に入団した。主に中継ぎとして活躍し、05年にはSHE(桟原・橋本・江草)を組み、リーグ優勝に貢献。09年には62試合に登板した。11年途中に西武にトレード。12年の開幕前には、嶋重宣との交換トレードで地元・広島へ移籍した。

     広島では6年プレー。13年に左肘のじん帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた。今季は1軍登板がなかった。

     妻は12年ロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルを手にした女子バレーボール日本代表のセッターとして活躍した竹下佳江さん。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000047-dal-base

     2年連続のセ・リーグ優勝を成し遂げた広島の戦力の充実ぶりについて、敗れた他球団の監督がコメントした。

     2位阪神の金本監督は「広島との差を一番感じたのは得点力だった。本塁打の数も全然違うし、足も違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と話した。

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う3位巨人の高橋監督は「うちは特に前半戦に苦戦した。広島の勢いのある攻撃に圧倒されてしまった。何とかCSへの出場権を得て、シーズンでの雪辱を果たしたい」

     4位のDeNAのラミレス監督は「2年連続で完璧なチーム。投手は素晴らしいし、打線も非の打ちどころがない。(けがの鈴木の)代わりの4番(松山)がより打てている」と話した。

     5位中日の森監督は「何を取ってもうちより上だった。今のチーム編成からいくと、なかなかよそが対等に戦うのは難しい状態。いいチームだと認めざるをえない」。6位ヤクルトの真中監督は「攻撃的に見えるが、二遊間を中心に守備が良く、バランスのいいチーム。全てにおいて、うちを上回った。故障者をカバーする層の厚さも感じた」とコメントした。
    引用元 http://www.sankei.com/west/news/170918/wst1709180047-n1.html

     広島・新井貴浩内野手(40)が17日、かつての本拠地・甲子園での胴上げを誓った。

     マジック「1」と優勝目前の広島。この日はヤクルト戦(マツダ)が台風18号接近の影響で中止となり、午前9時半からマツダスタジアムに隣接する室内練習場で汗を流した。16日のヤクルト戦(マツダ)は9号ソロを放つなどここ一番で勝負強さを発揮している。

     18日の阪神戦へ向けて「いいところで打てるようにしたい。(胴上げは)どこでも一緒。普段通りいい準備をして臨むだけ」と力を込めた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000076-dal-base

     広島野村祐輔投手(28)が17日、明日18日阪神戦(甲子園)に向けてマツダスタジアムで調整し、決戦の地へ向かった。

     台風上陸前で小雨も降っていない午前中に調整を終えた。直後に2試合の中止を聞いた。マツダスタジアムでの広島-ヤクルト。そして甲子園での阪神-中日。自身の登板日が優勝を占う一戦となることを意味していた。「変わらず準備したい。投球自体が変わるわけじゃない。その辺は昨年の経験がすごく生きていると思う」。昨季投手2冠を獲得し、25年ぶりの優勝に貢献した経験を聖地のマウンドで披露する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00005412-nksports-base

    このページのトップヘ