広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    阪神タイガース

    hhhf

    hhhf

    284f9c38

    284f9c38

    <阪神0-6広島>◇14日◇京セラドーム大阪 阪神元投手コーチで日刊スポーツ評論家の中西清起氏(58)が、藤浪晋太郎投手が先発した広島戦をライブ評論しています。6回6失点で降板した藤浪に対し、広島森下は7回まで1安打0封と安定感が光りました。


    広島先発の森下は藤浪と対照的な投球だった。腕を上から下にたたけていた分、真っすぐに威力があった。ご覧になられた方も、違いがよく分かったのではないか。真っすぐは140キロ台が多く、球速そのものは藤浪以下だったが、阪神打線はスピードガン以上のキレを感じていたと思う。球持ちも良いし、球種も豊富で的を絞らせないピッチング。阪神打線の調子どうこう以上に、投球内容が素晴らしかった。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3625ad903df2cfcfe8de1b31cbbe2476ba97bb72

     阪神、南海、広島などで通算206勝をマークした江夏豊氏(72)が5日、広島-阪神(マツダ)のテレビ解説を務め、6日の阪神-巨人(甲子園)で巨人が0-11の八回途中に野手の増田大を登板させたことについて言及した。

    「(ファンに)失礼ですよ。あれが原監督の手腕という人もいるが、素晴らしいとは思わない」  投手出身らしく、マウンド論を展開。「勝ち抜いてきて、マウンドに上がるもの。(タイトな日程という理由について)これがプロの姿か」と話した。

    EJg4PbiVUAA6fkJ



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/927b24f3ab140abb2d5784b2744e532f3ddb6195

     広島は9日、マツダスタジアムでの阪神8回戦に1-5で敗れ、今季初の同一カード3連勝と勝てば4位浮上の機会を逃した。  朝山東洋打撃コーチ(44)は「立ち上がりからコーナーに丁寧に投げられ、狙い球を絞ることができなかった。内と外にカーブ、スライダーと丁寧な投球をされた。スピン量が多く、スピードガンより速い。なかなか打ち崩すことができなかった」と阪神の先発・秋山に脱帽した。

    EJg4PbiVUAA6fkJ



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/c8e6b00c644ffb14aa69235f45636a4d30a84e8d

    広島森下暢仁投手が7日阪神戦(マツダスタジアム)に先発する。 「1球1球集中して目の前の打者を抑えていきたい」。阪神相手に前回登板で2勝目を手にしたが、意識はしない。「まずは自分の投球をしっかりして、先発としての役割を果たしたい。カードの初戦をチームが勝てるように頑張りたい」。連勝が止まったチームに、流れを再び取り戻す投球が期待される。

    262376-2362-1-2442-pcg



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/75329c848c528276949dfbaa8505e7964e60b5e8

     プロ注目の二松学舎大付の200センチ右腕、秋広優人投手(3年)が29日、夏季東東京高校野球大会2回戦・東京成徳大高戦に「4番・投手」で出場。投げては4イニングを2安打無失点、打撃でも二塁打2本と二刀流の本領を発揮した。阪神、楽天など6球団のスカウトが視察。10―0で6回コールド勝ちした。  初戦だった25日の文京戦は5イニング1失点。「この前は硬さもあり、ばらつきがあった。きょうはテンポよく投げられた。打つのも、とらえ切れていなかったのを修正した」。自己最速タイの143キロで4三振も奪った。成長痛もあって本格的に投手を始めたのは昨秋という未完の二刀流。阪神の平塚スカウトは「投打ともに注目」と評価した。

    20200618-00804957-fullcount-000-6-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/13b2ab20819b88469f4fc3bb85a95c12732835d5

    「広島3-8阪神」(5日、マツダスタジアム)  遠藤-坂倉の若いバッテリーが阪神打線に打ち込まれたが、一言で言うと、もったいないという印象だ。

    遠藤の真っすぐは力があり、阪神の各打者は軒並み、差し込まれていた。ところが、打たれた3本の本塁打はいずれも変化球。そこをバッテリーがどう感じるかだ。特に捕手は打者に一番近いところにいる。打者の反応を敏感に感じ取って、配球を組み立てていかないといけない。

    20200706-00000030-dal-000-2-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/342b99d8d6c3d1451c22be4a8c514994777850d7

    このページのトップヘ