広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    飯田哲矢

     6日のセ・リーグ公示は次の通り発表された。

     【出場選手登録】

     広島 飯田哲矢投手、藤井皓哉投手


     【同抹消】

     広島 今村猛投手、佐藤祥万投手

     DeNA 倉本寿彦内野手

     ヤクルト 高橋奎二投手

     ※再登録は16日以降


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000104-dal-base

    ■広島 9-7 DeNA(19日・横浜スタジアム)

     広島が冷や汗をかきながらも、連勝を飾った。19日、敵地・横浜スタジアムで行われたDeNA戦。初回に丸の2ランで先制に成功すると、13安打9得点を奪った。終盤にDeNAの追い上げにあったものの、なんとか逃げ切り、優勝へのマジックを1つ減らした。

     初回、丸が27号2ランを放って先制すると、さらに田中が2点適時二塁打を放って初回に4点を奪った。4回には丸、鈴木、松山が3連続タイムリーを放ってリードを広げると、7回、8回にも加点してリードを広げた。

     先発の戸田は3回3安打3四球1失点で降板。その後、今村、アドゥワ、一岡と繋いだが、5番手飯田がドラフト9位ルーキー山本にプロ初打席初本塁打を被弾。フランスアもソトに23号2ランを浴び、8回に一気に4点を失って追い上げられたが、最後は辛くも逃げ切った。

     DeNAは先発の今永が7失点で4回途中でノックアウト。ドラフト9位の山本がプロ初打席初本塁打を放つなど終盤に追い上げを見せたが、大きなビハインドが最後まで響いた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00184239-fullcount-base

    ● 広島 4 - 8 巨人 ○
    <19回戦・マツダ>

     6月18日の日本ハム戦以来の先発となった広島・福井優也が、5回途中6失点で今季3敗目を喫した。

     福井は初回先頭の重信慎之介に二塁打、一死後、マギーに犠飛を打たれ先制点を許してしまう。2回も陽岱鋼に被弾。3回と4回も走者を出したが、なんとか無失点で切り抜ける。0-2の5回、先頭の重信慎之介に三塁打を浴びると、4連打で2失点。福井は岡本和真に適時打を浴びたところで、マウンドを降りた。

     後を受けた飯田哲矢も、亀井善行に適時打、投手・今村信貴に押し出し四球で2失点と、この回だけで4点を失い試合が決まってしまった。福井は4回0/3を投げて、7安打、5奪三振、3四死球、6失点。久々の先発も、役割を果たすことができなかった。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は「福井は内容のある負け投手だったら、もう一回使おうという気持ちになるんですけど、今日の内容だとチャンスを与えられないんじゃないかな。他のピッチャーを探すんじゃないかなという気がするんですよね」と厳しかった。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00162444-baseballk-base

    <DeNA5-6広島>◇5日◇横浜

     広島が延長戦を制して貯金を今季最多タイの18とした。


     9回に2点リードで送り出した抑えの中崎が打たれて同点。10回は会沢、安部の連打で1死一、三塁とし、代打西川の併殺崩れの間に1点を勝ち越した。その裏を抑えた3年目左腕の高橋樹がプロ初セーブ。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     -相手に流れがあった中でよく勝ち越した

     緒方監督 ぎりぎりのところで選手全員が、今日の試合に勝つという気持ちを出してやってくれた。キク(菊池)の大活躍もあったし、最後はミキ(高橋樹)がね。あの子は気持ちが強いから。

     -プロ初セーブ

     緒方監督 去年から見てきて、物おじしないところがあったので、投手コーチと話して投げてもらった。

     -菊池は4安打

     緒方監督 昨日、今日と吹っ切れたような感じ。中心選手だし、引っ張ってもらう。

     -先発高橋昂が制球難

     緒方監督 まだまだ(今後も)投げさせるよ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00290984-nksports-base

    <DeNA1-15広島>◇1日◇横浜

     広島は先発全員安打で、今季最多19安打、15得点を奪い大勝した。連敗を2で止め、貯金は再び11。7月も白星スタートを切った。



     広島緒方孝市監督の談話は以下の通り。

     緒方監督 投打ともに全員がいい活躍をして、暴れまくったね。

     -先発岡田について

     緒方監督 今日は安定していた。大量点でリズム良く投げてくれた。

     -3番丸が好調

     緒方監督 あんな逆方向に(本塁打は)すばらしいね。1本は風に助けられたところもあったけど、いい打球を飛ばしているし、これを続けてほしい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00255478-nksports-base

    ○ 広島 14 - 5 巨人 ●
    <8回戦・マツダスタジアム>

     広島打線が爆発し、4連勝で再び貯金10。5番松山が、7号満塁弾を含む3安打5打点と活躍した。巨人は初回に4点を先制するも、投手陣が崩壊。3回途中7失点の先発・鍬原は2敗目(1勝)を喫した。

     広島は先発・ジョンソンが初回に4失点。それでも直後の1回裏、無安打で一死満塁の好機を作り、松山が右翼席への同点満塁弾を放った。再び1点を勝ち越された3回は、3番丸の12号ソロで同点。さらに無死三塁から、再び松山が適時二塁打を放ち6-5と勝ち越した。

     勢いづいた広島打線は、さらに代打・会沢が2点適時打、代打・バティスタが11号2ランを放ち一挙6得点。早めの代打策がズバリと当たり、6回以降も会沢の7号2ラン、丸の13号ソロで加点した。

     ジョンソンは3回5失点で、3回の攻撃で代打を出され降板。逆転したあとは、2番手・フランスアが5イニングを1安打無失点に抑える好投。見事なロングリリーフで、うれしいプロ初勝利(2敗)を手にした。

     巨人は初回、5番亀井の左前適時打、6番長野の2点適時二塁打などで4点を先制。同点の3回は4番岡本の14号ソロで再び1点を勝ち越した。

     しかし、先発の鍬原が初回4失点、3回も計3失点と味方の得点直後に失点。2番手以降の森福、アダメス、谷岡、田原も失点を重ね、計14失点で大敗した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00157254-baseballk-base

    <阪神6-11広島>◇24日◇甲子園

     広島が点の取り合いを制し、今季5度目の同一カード3連勝を飾った。1-1の6回、鈴木の適時打など集中打で5点を勝ち越し。だがその裏に2点を返され、7回も3点を取られて追いつかれた。それでも9回にはドリスのバント処理のミスによる敵失から勝ち越し点が生まれ、さらに鈴木の満塁アーチでとどめを刺した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。



     -最後に再び突き放した

     緒方監督 野手がもうひと踏ん張り最後の力を出し切って、9回に相手の抑え投手から点を取って勝ちをものにできた。5点差を追いつかれたのは早めに継投に出た自分の責任。

     -リードを許さなかったのが勝因か

     緒方監督 アドゥワにしてもピンチを迎えたけど、粘って投げきってくれた。

     -鈴木が満塁弾

     緒方監督 本当に野手の頑張りには頭が下がる。

     -リーグ再開後3連勝

     緒方監督 次、またマツダからしっかり頑張って戦っていくだけ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00248612-nksports-base

    このページのトップヘ