広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高信二

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園=が評価を上げている。球団の高卒野手で、春季キャンプ1軍スタートとなったのは92年の徳本政敬以来、27年ぶりだ。走攻守すべてにおいて他の選手に見劣りしない場面が多く見受けられる。15日からは沖縄キャンプ。小園がこのまま1軍キャンプに帯同する可能性は…。



     第2クール最終日となった7日の練習後、高ヘッドコーチは目尻を下げた。「いいものを出している。シート打撃での守備は、定位置より後ろに守っていた。自信がないとできない」。実戦形式の練習はこの日が初めて。緊張感ある中で見せた、安定したプレーの数々に潜在能力の高さを感じ取った。

     早出練習ではグラブの出し方や捕球姿勢、スローイングなど基本を徹底的に反復練習。午前中のノックでは田中広らと一緒に球を受ける。投内連係でチームメートに送るブロックサインも、ぎこちなさはなくなってきた。

     1月の自主トレで守備力には定評があった一方で、打撃はさらなる鍛錬が必要だと考えられていた。だが5日のプロ初対戦となったフリー打撃で九里の直球を捉え“プロ1号”を放った。「しっかり振れているところがいい」と迎打撃コーチ。高卒とは思えないどっしりとした下半身。それを土台にして振り抜く力強さを評価した。

     キャンプ前は、15日からの沖縄キャンプに帯同しない可能性があった。しかし、動きの良さなどから参加が現実味を帯びてきた。

     沖縄では他球団との練習試合やオープン戦が始まる。実戦最初から遊撃のレギュラー田中広がフル出場することはないため、出場機会は巡ってくる。2軍に残れば練習量は落ちずレベルアップを図れるかもしれない。だが、1軍戦に出場すれば技術以外を含めた自身の現在地を知ることができ、目指すレベルも明確になる。

     オープン戦が本格化する3月は開幕を見据えた準備に入る。将来の正遊撃手として期待が集まる。もちろん競争社会。力量が一定に達していることを前提とした上で、2月なら成功も失敗も含めた経験を積ませることは可能ではないだろうか。

     6日に天福球場を訪れた侍ジャパンの稲葉監督は小園について「先輩の打っている姿をじっと見ていて研究熱心だと思った。見て盗む、成長につなげていくと言うかね」と話した。リーグ3連覇を成し遂げたメンバーから刺激を受けながら着実に力を付ける小園。沖縄キャンプ帯同が大きな成長曲線につながるはずだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000043-dal-base

     広島の高信二ヘッドコーチが8日、丸佳浩外野手の人的補償で加入する長野久義外野手に大きな期待を寄せた。

     首位打者や最多安打の獲得経験もあるベテラン。「4連覇、日本一を目指すにあたって、丸の穴を感じさせないような人物」とし、「リーダーシップを取るぐらいの気持ちで遠慮なくやってほしい」と声を弾ませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000127-dal-base

    「親分」と慕われた元南海監督、鶴岡一人の長男・鶴岡泰(現山本泰=72)は、1974年(昭49)4月にPL学園の野球部監督に就任した。7年間の監督生活を振り返り、PLにとって、初の甲子園全国制覇のピッチャーで4番だった西田真二のことは、「ヤンチャ坊主の印象が強烈に残っている」という。


    山本泰 ある時、キャプテンの木戸がやってきて、ボクもう野球やめます。その代わり、西田を殴ってもいいですかって言うんです。それぐらい西田は個性的な選手でした。(78年夏の甲子園)決勝でサヨナラヒットを打った柳川という選手がいたのですが、彼は頭がいいし、ケンカも強く、責任感の強い男でした。彼に西田と木戸のことも言い含めて、チームのまとめ役をお願いした。個性の強い選手がそろっていたチームで、とりわけ西田の存在というのは目立ちました。

    西田はアマ時代も、プロに入ってからも、目立つ存在だった。しかし、大胆で豪快なイメージがある一方、繊細な一面がある。

    全寮制だったPLには、休部の遠因ともなった「付き人制度」がある。特定の上級生の身の回りの世話を、特定の下級生がする制度で、今も年1回行われるOB会総会では、そのことが話題になって盛り上がる。賛否両論あるが、名門・PLの伝統の制度だ。

    西田 ボクって結構先輩にはズケズケと話すタイプなんです。でもね、この年齢になって感じることですが、先輩を含めいろいろな人にズケズケ話しますが、本音を話して、真剣にお付き合いしてきたことが、今は自分の人脈として大きな財産になっています。高校、大学、プロ…ユニホームを脱いでからも、解説の仕事をさせていただいたり、コーチもやらせてもらった。そして、今はこうして独立リーグの監督として野球をやらせてもらっている。ありがたいと感謝しているんです。

    西田の繊細な一面は、今でも下級生の「元付き人」と連絡を取り合いながら、親しく付き合っていることだろう。「お世話した上級生は忘れましたが、お世話してくれた下級生は一生忘れません」と言う。

    その一方で、山本は「相手の反応をうかがいながらすぐに対応する能力を持ち合わせている」と明かす。孤高のマウンドで相手打線と立ち向かう投手の仕事がら、ピタリとハマる性格だったのだろう。

    西田はPLのエースとして独り立ちし、いよいよ「奇跡の夏」を迎える。(敬称略=つづく)【井坂善行】

    (2017年11月25日付本紙掲載 年齢、肩書きなどは掲載時)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00422379-nksports-base

     34年ぶりの日本一へ追い風となるか。広島は21日にマツダスタジアムで全体練習を行い、27日に本拠地で開幕する日本シリーズへ再び調整モードに入った。高ヘッドコーチは「泣いても笑ってもあと7試合。(開幕に合わせて)心技体をピークの状態に持っていってほしい」と期待を寄せた。

     対戦相手はソフトバンクに決定。今季の交流戦では1勝2敗と負け越し、第1戦先発が予想される大瀬良は2014年の交流戦で1回8安打10失点、今季は4回6安打7失点と打ち込まれているが「通算で打たれているけど、振り返るよりも次に対戦するときにどうするか」とリベンジに燃えている。

     そんな中、グラウンド外から強烈なエールを送っているのが新日本プロレスの内藤哲也(36)だ。内藤は球団応援歌「それ行けカープ」のリレー映像に2年連続で出演し、昨季は始球式に登場するなど“公認”カープファンとしてチームを応援している。

     その内藤が、日本一のあかつきに「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ=内藤が所属するユニット)の聖地であるファミレスにカープの選手たちをご招待したい」と祝勝会の開催を宣言しているのだ。

     この発言に、プライベートでも親交のある九里が「実は個人的にも連絡が来ていて…。『祝勝会をやりましょう』と。めっちゃ行きたいんです!」と目を輝かせれば、やはり内藤と親交のあるジャクソンも「内藤選手の言う通り、日本一を達成できたら、ぜひ開いてもらいたいね!」と熱望するなど、ナインのモチベーションになっている。

     もちろんファミレスとはいえ、広島ナインを招いての祝勝会となればかなり大規模な会となりそうで、内藤も大盤振る舞いするつもりでいるのだろう。ただ、これまであの手この手で“お勘定”を逃れてきた内藤とファミレスの歴史を考えると…一抹の不安も残る。

     果たして誰も見たことのない内藤の財布が、そこで初披露されることになるのだろうか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000034-tospoweb-base

     広島・鈴木誠也外野手(24)が15日、マツダスタジアムで練習を行い、CSファイナルSへの準備を整えた。グラウンドに姿を現したのは全体練習終了後だったが、フリー打撃では92スイング中14本の柵越えを披露。自身2年ぶりのCS出場で先手を奪い、G倒へ弾みをつける。


     鈴木のバットから、次々と快音が鳴り響いた。迎打撃コーチと相対した約30分のフリー打撃。バックスクリーンに一発を放った際には白い歯をのぞかせて右拳を握る一幕もあり、ラストは左翼スタンドへの豪快弾で締めた。「(ラストと言ってから)2発目ですけどね。試合は1発しかない」。本番へ向けて気持ちを高めた。

     決戦2日前となる本拠地での全体練習に姿を現さなかった主砲だが、高ヘッドコーチは「異常ない」と強調。昨年骨折した右くるぶしの経過観察などで病院に行っていたとみられ、グラウンドに姿を現したのは全体練習終了後。それでも92スイング中14発は圧巻だった。

     13、14日のシート打撃では11打数1安打8三振。前日の全体練習後には居残り特打も行っており、「打ちやすいフォームがあれば変える。シーズン中からいいとは思っていなかった」と、現在はバットをやや動かしながらスイングに入る打撃フォームでCSに入る筋道を模索する。

     昨年のCSファイナルSは故障欠場しており、自身2年ぶりの出場となる。16年のCSは12打数1安打1打点で、雪辱を果たす時は近づいている。相手も前日に巨人と決まったが「どっちが来ても一緒」ときっぱり。普段通りの姿勢で、戦いの舞台に上がる。

     先手必勝への意思も示す。勢いをつけて相手が乗り込んでくる中、「初戦を取らないと厳しいんじゃないか思う」と重要性を説く。巨人戦は今季打率・306、9本塁打、19打点と打ち込んでおり、さらに初戦先発が予想されるメルセデスとは5打数2安打2打点で、8月10日の対戦では先制V弾もマーク。4番のバットに期待せずにはいられない。

     34年ぶりの日本一への戦い。「雰囲気に早くなじめればと思う。のまれたら負け。早くその雰囲気に慣れればいいかなと思う」と背番号51。若き主砲が大舞台でも輝きを放ってみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000021-dal-base

     広島のヘロニモ・フランスア投手(25)が30日、出場選手登録を抹消された。

     今季は5月下旬に1軍デビューを飾り、47試合に登板していた。肩肘などのコンディション不良が心配されるが、フランスアは「大丈夫」。高ヘッドコーチも「心配するようなことではない」と説明した。

     CSファイナルSには間に合うもようで緒方監督は「当たり前。大丈夫」と話した。

     代わって、中田が1軍に昇格した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000057-dal-base

     セ・リーグは25日、天候不良などで中止となっていた分の追加日程を発表した。阪神は10試合が新たに組み込まれ、9月26日から10月5日まで最大10連戦となることが決定した。さらに今後も中止が生じた場合は12連戦になる可能性もある。金本監督は「(追加日程は)仕方ない。やるしかない」と意気込んでいた。

     また広島は9月20日からマツダスタジアムでの9連戦を含む11連戦が決まった。10月にも3試合が組まれ、レギュラーシーズン最終戦は4日の巨人戦(マツダ)。緒方監督は「仕方がない」と受け止め、高ヘッドコーチは「その辺りになれば、何らかの方向性は見えていると思う」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000052-spnannex-base

     「中日-広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島・鈴木誠也外野手がベンチ入りメンバーから外れた。

     前夜の中日戦で自打球が左スネ付近に直撃し、途中交代していた。この日は球場に姿を現さず、宿舎で静養。打撲とみられ、高ヘッドコーチは「今日は休養。動かさない方がいいという判断。明日(18日)は来ると思う」と説明。

     松原チーフトレーナーは「自打球が当たったので、回復に充てます。お伝えできることはそこまでです」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000114-dal-base&pos=2

     「広島-ヤクルト」(5日、マツダスタジアム)

     広島は朝から強い雨が降り続き、今季7度目の中止となった。

     3日のヤクルト戦も中止になっており、高ヘッドコーチは「天気ばかりはしょうがないね」とポツリ。昨季は4度だった中止だが、今季は多く、「後ろ(終盤)が10何連戦とかになったら嫌だけど、とびとびで入ってくれればね」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000105-dal-base

     広島・丸佳浩外野手が30日・西武戦(マツダ)でスタメン復帰を果たす。右ハムストリングの筋挫傷から1軍復帰後は代打で3打数無安打2三振だった。丸は「とにかくやるしかない。調整の場ではない。結果を出す場所なので、結果を出さないとダメだと思う。結果を出すためにしっかり準備したい」と意気込みを語った。

     チームは今季3度目の3連敗中で起爆剤としても期待がかかる。高ヘッドコーチは「ずっと(試合最後まで)出るかは分からない」とした上で、前日29日の空振り三振を振り返り、「振りすぎかなというぐらいスイングはできているからね」とゴーサイン。迎打撃コーチも「試合レベルのスイングは大丈夫」と太鼓判を押していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000088-dal-base

    このページのトップヘ