広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高信二

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     37年ぶりの連覇を決めた広島緒方監督は、勉強家だ。球場、自宅、移動中まで使い、他球団でも全試合を見る。赤の分厚いブリーフケースに、3年間の積み重ねがある。「神様じゃないんだから、どんな采配を振るうか、仕掛けるタイミングは分からないでしょ」と当然のことのように語る。


     分かりやすく現れたのが8月16日の阪神戦(京セラドーム)。代打岩本が放った左翼への打球はフェンスに直撃した。フェアかファウルか。際どい打球だったが、判定はファウル。緒方監督はベンチを出てリプレー検証を要求した。フェンス際ならフェア、ファウルの判定でも要求出来ることを知っていた。

     「8月5日に秋山(西武)のフェンスに当たった打球で検証があった。6月27日の松田(ソフトバンク)の200号は本塁打検証だったけど、フェア、ファウルの検証」

     落ち着いて検証を要求し、判定は覆った。「ダメ元で行ってるけど。ルールを知らないと損。勝ち負けに執念を燃やさないと」と振り返る。CS、日本シリーズへと続く短期決戦で勉強の成果がさらに出るはず。そのタクトに注目したい。【広島担当=池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00008609-nksports-base

     広島は18日、甲子園での阪神戦に3-2で勝利し、2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。昨年に続くセ・リーグ制覇で、37年ぶり2度目の連覇を達成。試合後、優勝インタビューに応えた緒方孝市監督は、選手に「本当に頼もしい奴らだ!」と感謝を伝えた。

     広島は2-2の同点で迎えた8回にバティスタが決勝打。ジャクソン、中崎と救援陣がリードを守り、優勝を決めた。緒方監督は試合が終了した瞬間にベンチで涙。その後、胴上げで11度宙を舞った。

     第一声では「この甲子園球場というのは、自分のプロ野球選手の第一歩目の球場でした。その思い出の詰まった甲子園球場で胴上げしてだたいて、本当に嬉しかったです」と話し、その後は何度もファンへの感謝の思いを明かした。

     また、離脱者が出たシーズンについて「チームはピンチだったんですけど、若い選手がチャンスと思って何人も活躍してくれた」と感謝。勝負強い戦いの連続で「逆転のカープ」と呼ばれたことについては「諦めないんですよ、うちの選手は」と話し、最後には「本当にご苦労さん! おつかれさん! 頼もしい奴らだ、本当に!」と呼びかけていた。
    引用元 https://full-count.jp/2017/09/18/post84521/

     台風5号の影響で開会式と1回戦3試合が順延となった第99回全国高校野球選手権大会(甲子園)は、8日に開幕する。第2試合で東筑(福岡)と対戦する4年ぶり出場の済美(愛媛)は7日、奈良県生駒市内の室内練習場で調整。打のキーマン、宇都宮佑弥内野手(3年)は相手エース攻略へ意気込んだ。

     「石田伝説」には「ゆうや伝説」で対抗する。済美は奈良県生駒市内の室内練習場で1時間半行った練習のほとんどを打撃に費やした。東筑のエースは2年生で右サイドの石田。攻略に気勢を上げたのは主に2番を打つ宇都宮だった。

     「東筑の“石田伝説”は知っています。こちらは“ゆうや伝説”で頑張りたいです」

     相手の東筑は6度目出場だが、「エース石田」は今回で4度目になる。伝説を引き継ぐ形で甲子園に乗り込んでくる“4代目”に負けてはいられないとばかりに、宇都宮は力強いスイングで快音を響かせた。

     済美の「ゆうや」といえば、福井優也(現広島)がいる。04年の選抜大会で初出場初優勝の快挙を成し遂げ、同年夏の選手権大会でも準優勝へ導いたのが当時2年生エースだった福井。“2代目ゆうや”の宇都宮は愛媛大会5試合で1本塁打を放つなど、チーム2位の7打点をマーク。打率・348を誇る。偉大な先輩に負けない活躍を見せたい。

     身長1メートル63ながら体重は90キロ。胸囲103センチはベンチ入りメンバーではトップだ。1年秋から中軸を打ち、高校通算16本塁打。下半身を生かしたパワフルな打撃でチーム打率4割の攻撃陣を引っ張る。攻撃型の2番打者は「得点圏で1本打ちたい」と言葉に力を込めた。(吉仲 博幸)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000073-spnannex-base

     不惑を迎えた今季も広島・新井貴浩内野手(40)は圧倒的な存在感を放っている。7月7日・ヤクルト戦(神宮)の七夕の夜。九回2死から代打出場し、小川から逆転3ラン。土壇場で最大6点差をひっくり返す劇的勝利の立役者となった。

     その貢献は打力だけにとどまらない。翌8日の同カードの七回。新井はベンチから飛び出して一塁の守備位置へ走った。試合展開は大量7点リード。丸、、菊池、エルドレッド、松山ら主力がベンチに下がる中、守備固めで途中出場したのだ。昨季は2000安打の金字塔を達成。40歳という年齢を考えても、珍しい起用法だろう。

     翌日、高ヘッドコーチに聞けば「(主力選手は)休められるときは休まさないとね。田中は記録(連続フルイニング)があるから」と説明し、「(一塁を守れる選手は)松山、安部もいるけれど、新井の方がうまい。エルドレッドとの守備力も考えてね」と続けた。新井は阪神時代の08年に一塁手部門でゴールデングラブ賞を獲得するなど、守備の評価も高い。緒方監督が今季「投手を中心とした守り勝つ野球」を掲げて戦う中、新井は守備でもチームに必要な戦力というわけだ。

     新井は日頃から「言われたところで結果を出すだけだよ。そのための準備をしっかりとしたい」と繰り返す。だから試合前から全力だ。週2、3回は午前中のウエートトレーニングを実施。試合前の練習でも汗びっしょりになりながら白球を追う。打球を肘に当てるアクシデントに見舞われたこともあったが、走塁練習でも一切、手を抜かない。遠征先では今年から午前中に公園をウオーキング。唯一の趣味とも言えるサウナでたっぷり汗をかき、水風呂で体を引き締める。40歳の夏も新井は元気いっぱいだ。

     守備から途中出場した翌9日の同戦では、再び九回に代打で2点二塁打。相変わらずの勝負強さで同点とし、熱戦の末、ドローに持ち込んだ。今季はスタメン出場の機会こそ減らしているが、その存在感は唯一無二。石井打撃コーチの「新井はベンチにいてくれるだけでいい」という言葉が信頼の証しだ。史上最速Vへ突っ走るチームを攻守に献身的なベテランが支えている。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/08/03/0010427965.shtml

     「高校野球福岡大会・決勝、東筑3-1福岡大大濠」(28日、小郡市民球場)

     東筑が福岡大大濠を下し、21年ぶり6度目の夏の甲子園出場を決めた。

     同校のOBで広島・高信二ヘッドコーチ(50)は「非常にうれしい。強豪校を倒して勝ち上がっていく中で、自信をつけていったのかな。カープも頑張ります」と母校の活躍を喜んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000091-dal-base

     猛練習で有名な広島がシーズン中にまさかの2連休だ。前日19日の全休日から一夜明けた20日、ナイター練習(マツダ)で、主力が不参加。高ヘッドコーチが理由を明かした。

     「広島では珍しいよね。6連戦もあったし、交流戦は厳しい戦いが多かった。主力にはコンディションの維持を優先してほしかった」

     野手陣で参加したのは松山、野間、西川ら7人。新井、エルドレッドのベテラン以外に田中、菊池、丸、鈴木の20代のメンバーも休ませた。

     5月30日の交流戦開幕から6連戦を3週連続で消化し、12勝6敗の好成績を収めた。だが、期間中に菊池が下半身のコンディション不良で1試合欠場し、丸も右太もも裏の違和感で3試合で途中交代。緒方監督は「そこ(体調面)が一番大事。コンディションが整わないと」と話し、休養を優先したようだ。21日から全体練習がスタート。2日間のリフレッシュを経て、23日からの2位阪神との対決に臨む。


    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170621/car17062105010001-n1.html

     広島期待の規格外新助っ人、サビエル・バティスタ内野手(25)の専門外の外野守備に「合格点」がつき、今後のスタメン起用に期待が高まっている。

     バティスタは6月2日に育成選手から支配下登録され、一軍昇格した翌3日のロッテ戦(マツダ)で代打本塁打。さらに4日の同カードではセ・リーグ史上初となる初打席からの2打席連続代打アーチで衝撃のデビューを飾った。その後はDH制が採用される交流戦のビジターながら、6~8日の日本ハム戦(札幌ドーム)、9~11日の楽天戦(Koboパーク)の6試合のうち5試合を、本職ではない左翼でスタメン出場した。

     河田外野守備走塁コーチは「まずは守りやすい、風のないドームで守らせてみようということ」と狙いを明かし「動き自体悪くない。しっかり守れている」と評価。7日の試合では平凡な飛球に尻もちをつきながらもキャッチするという“神捕球”も見せたが、河田コーチは「あれは足を滑らせただけ。マツダスタジアムと違って人工芝だったし、感覚も違ったのかも」と、外野守備に合格点を与えている。

     ここまで21打数6安打9打点4本塁打で打率2割8分6厘(12日現在)の成績を残しているが、ここ2試合は6打数無安打と音なし。それでも本塁打が出れば負けなしの“不敗神話”は継続中で、高ヘッドコーチも「守備はもともとヘタではないからね。打撃さえよければ(レギュラーも)十分にあるよ」と期待を寄せている。背番号95の外野守備でのメドは立った。ホームで行われる交流戦最後の6連戦、その後再開されるリーグ戦でも、スタメンで大暴れしてくれそうだ。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/696570/

     広島にシンデレラボーイが現れた。3日・中日戦(マツダ)でプロ初登板初先発したプロ4年目の中村祐太投手は、打線の援護もあり5回3失点でプロ初勝利を挙げた。昨年25年ぶりにセ・リーグ制覇した広島は、10勝を挙げた黒田博樹投手が現役を引退。戦力ダウンは否めないが、次から次へと若手が出てきてセ・リーグ首位にいる。


     ペナントレースで好位置をキープするが、チーム状況は決して明るいわけではない。特に投手陣はエースのジョンソンが咽頭炎の影響で長期離脱。守護神・中崎もいない。加えて開幕から先発ローテーションに入っていたドラフト3位・床田(中部学院大)も左ひじ痛で出場選手登録を抹消されている。野手も2日に松山が故障離脱した。

     そんな有事にもすぐに新外国人ペーニャが1軍に昇格し、結果を残している。故障者が出ても1軍に次々と戦力を供給する2軍は、人員不足に悩まされる。2軍のローテーション投手が足りないほどだが、水本勝己2軍監督は「1軍が勝てばいい」と愚痴の一つもこぼさない。

     昨年から2軍の指揮を執る。名前になじみがない。それもそのはず。プロでの現役生活はわずか2年。1軍実績ゼロである。昨年、2軍監督に阪神は掛布、中日は小笠原、オリックスは田口と一流選手ばかりが就任した。昨年の開幕前に「トラウマはあるよ」とポツリともらしたこともあった。

     しかし、現役引退後にブルペン捕手を長く務め、ブルペンコーチ補佐、3軍統括コーチ、2軍バッテリーコーチなどを歴任した苦労人は熱いハートで2軍を引っ張る。あるチーム関係者が水本2軍監督のことを「だれにでもモノが言える人」と評した。曲がったことの嫌いな人間で、だれにでも平等に接する。

     若手にもベテランにも平等に接し、多角的な目でチームを見る。1軍予備軍の調整、将来への若手選手の育成、そして試合での勝利。3つのバランスを保ちながら指導する。

     現在、2軍には来年以降の助っ人となる可能性があるバティスタ、メヒアのドミニカからの育成選手がいる。「向こう(ドミニカ)ではなかなか試合ができる環境がなく、野球を知らなかった。去年から野球を教えている」。試合では2枠さいて、実戦を積ませながら来季以降の戦力になるように育てている。

     2軍で勝敗にこだわらないわけではない。それでも同級生の緒方監督が求める戦力補充に努める。水本2軍監督は「1軍が強かったらなんでもいいんよ。1軍が強くなるために、何を補うかを考えながらやっている。パズルをするように」と話す。1軍へ選手を送り、将来を見据えて若手を育成。常勝球団を目指すチームにおいて水本2軍監督の役割は重要だ。

     今、1軍の選手はベテランと呼べるのは新井と石原くらい。投打とも20代の選手がほとんど主力で2軍選手にとっては厚い壁もある。「だからこそチームは強くなる。厚い壁を打ち破って入っていけるのかどうか、そこの差でしょ」と熱く語る。次なる中村祐になる選手を1人でも多く1軍に送り込むために、水本2軍監督は熱い気持ちで指導している。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000056-dal-base

     【球界ここだけの話】

     ファン、ナインの怒りを代弁するような猛抗議にスタジアムがヒートアップした。広島・緒方孝市監督(48)が19日の広島-DeNA2回戦(マツダ)で審判への暴言で退場処分を受けた。六回の田中、七回の小窪の遊撃へのゴロが一塁アウトになった判定を不服とし、一塁塁審の山路哲生審判員に鬼の形相で向かっていった。

     「2度目だぞ!!」

     「どこをみている!?」

     身ぶり手ぶりの猛抗議は約2分におよび、「抗議を超える暴言があった」(山路審判)として「退場」を宣告された。指揮官にとっては選手、コーチ時代も含めて初めての退場処分。それぐらい熱くなっていた。

     試合後、田中は「どうみてもセーフですよ。僕も(審判に抗議に)いきたかったけど、監督がいってくれました」と感謝を示した。

     顔を真っ赤にして、審判に熱く抗議をする姿にカープファンは懐かしく思った人もいるのではないだろうか。もともと広島は情熱的な指導者が多く、マーティ・ブラウン氏(2006年-09年まで広島、10年は楽天)もその一人だ。

     NPBで通算5シーズン指揮を執り、監督としての退場数は史上最多の「12」。監督歴10年以上を誇り、闘将として知られている星野仙一氏(楽天など)が「6」。瞬間湯沸かし器っぷりが分かるだろう。

     広島市民球場時代の2006年5月7日の中日戦で一塁ベースを引っこ抜いて放り投げて審判に抗議した「ベース投げ事件」は伝説として語り継がれている。ほかにも、ホームベースを土で隠す「ベース埋め事件」、球審の位置に自身が身につけていた靴と帽子を置いて「無言の抗議」をするなど退場のシーンは名物になっていた。

     当時は内野守備走塁コーチとしてブラウン政権を支えていた高コーチは「そういうこともあったね。『またか』っていうのはあったかもしれないね」と苦笑い。ただ「ときには監督がいくことも大事なこと」と明かしてくれた。

     現在(23日時点)チームは4連敗&3カード連続負け越しでトンネルに入りかけている。指揮官が退場してまでこだわった一球に懸ける執念を取り戻してほしい。(柏村翔)

    このページのトップヘ