広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高信二

     広島の春季2次キャンプ地・沖縄市に室内基地ができた。約17億円をかけて「コザしんきんスタジアム」に建設中の多目的室内練習場「沖縄市グリーンフィールド」が来年2月までに完成する見通しであることが25日、わかった。広さは約4000平方メートルで内野の守備練習も可能。赤ヘルが“虎の穴”ならぬ“鯉の穴”でさらに強くなる。

     6年の歳月をかけた「沖縄市グリーンフィールド」の完成が迫っている。同市の担当者が進捗状況を明かした。

     「建物が完成し、室内に防球ネットを張っています。次は人工芝を張る予定です。来年2月には完成します」

     沖縄市が2012年に約17億円を組んで、コザしんきんスタジアムに隣接する室内練習場のリニューアルを計画。昨年8月に工事がスタートしていた。室内練習場は約4000平方メートルで、フットサルコート3面分ほどの広さがある。内野のダイヤモンドがすっぽり入る大きさで、フリー打撃はもちろん、投内連係など状況に応じて使用できるという。

     今春までは、他球団の施設を借りるなど雨の日の練習場所確保に苦労していた。40歳のベテラン・新井が2次キャンプも宮崎・日南に残っていたのも、沖縄市に雨天練習場がないことが理由のひとつだった。

     広島は来年2月1日から14日まで宮崎・日南で1次キャンプ、16日から27日まで沖縄市内で2次キャンプを行う。この日、マツダスタジアムを訪れた高ヘッドコーチは来年1月初旬に同施設の視察に行く予定で「楽しみ。(来年の2次キャンプは)新井も来るんじゃないか。この施設で選手に思う存分練習してほしい」とナインに愛のムチを予告した。球団史上初の3連覇、34年ぶりの日本一を目指す赤ヘルを、キャンプ地も後押しする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000012-sanspo-base

     「広島秋季キャンプ」(17日、日南)

     広島・高ヘッドコーチが「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場中の侍ジャパン・西川の活躍に目を細めた。

     16日の韓国戦(東京ドーム)。西川は7-7の同点に追いついた延長十回、2死から右前打と二盗で好機を作り、続く田村の左中間二塁打でサヨナラのホームを踏んだ。

     日南市内のチーム宿舎でテレビ観戦したという高ヘッドコーチは「ライト前に打っていたね。頑張っとるね」とうれしそうだった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000128-dal-base

     広島の秋季キャンプが7日から宮崎県日南市の天福球場で始まる。6日は緒方監督や首脳陣、選手らが日南市のチーム宿舎に入った。

     CSファイナルSまで戦ったため、21日までの15日間で行われる秋季キャンプ。今秋も個々のレベルアップが大きなテーマだ。紅白戦などの実戦は現段階では予定されておらず1クールに1度、シート打撃が行われるのみ。多くの時間を反復練習にあてる。

     高ヘッドコーチは「全員が期待する選手。ドラフトで即戦力野手をとっていないんだから、今いるメンバーが頑張らないといけない。秋にグンと伸びる選手はいるんだから」と期待した。

     7日から21日までで、休日は11日と16日。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/06/0010710275.shtml

     広島は6日、来季のコーチングスタッフを発表した。

     先日、コーチ就任が発表された広瀬純外野守備走塁コーチは1軍に、石井琢朗コーチが抜けた打撃部門は15年以来、3年ぶりに2人体制となる。
    【1軍】

    ▽監督 緒方孝市(48=鳥栖) 背番号79

    ▽ヘッド 高信二(50=東筑) 71

    ▽内野守備走塁 玉木朋孝(42=修徳) 90

    ▽外野守備走塁 広瀬純(38=法大) 75

    ▽打撃 東出輝裕(37=敦賀気比) 72

    ▽同 迎祐一郎(35=伊万里商) 91

    ▽投手 畝龍実(53=専大) 78

    ▽同 小林幹英(43=専大) 73

    ▽バッテリー 植田幸弘(53=南部) 84

    【2軍】

    ▽監督 水本勝己(49=倉敷工) 89

    ▽外野守備走塁 永田利則(56=広島商) 85

    ▽内野守備走塁 山田和利(52=東邦) 80

    ▽打撃 朝山東洋(41=久留米商) 83

    ▽同 森笠繁(41=関東学院大) 92

    ▽投手 佐々岡真司(50=浜田商) 88

    ▽同 沢崎俊和(43=青学大) 87

    ▽バッテリー 倉義和(42=京産大) 76

    【3軍】

    ▽統括 浅井樹(45=富山商) 82

    ▽投手 菊地原毅(42=相武台) 86

    ▽同 青木勇人(40=同大) 93
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00046363-nksports-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     37年ぶりの連覇を決めた広島緒方監督は、勉強家だ。球場、自宅、移動中まで使い、他球団でも全試合を見る。赤の分厚いブリーフケースに、3年間の積み重ねがある。「神様じゃないんだから、どんな采配を振るうか、仕掛けるタイミングは分からないでしょ」と当然のことのように語る。


     分かりやすく現れたのが8月16日の阪神戦(京セラドーム)。代打岩本が放った左翼への打球はフェンスに直撃した。フェアかファウルか。際どい打球だったが、判定はファウル。緒方監督はベンチを出てリプレー検証を要求した。フェンス際ならフェア、ファウルの判定でも要求出来ることを知っていた。

     「8月5日に秋山(西武)のフェンスに当たった打球で検証があった。6月27日の松田(ソフトバンク)の200号は本塁打検証だったけど、フェア、ファウルの検証」

     落ち着いて検証を要求し、判定は覆った。「ダメ元で行ってるけど。ルールを知らないと損。勝ち負けに執念を燃やさないと」と振り返る。CS、日本シリーズへと続く短期決戦で勉強の成果がさらに出るはず。そのタクトに注目したい。【広島担当=池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00008609-nksports-base

     広島は18日、甲子園での阪神戦に3-2で勝利し、2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。昨年に続くセ・リーグ制覇で、37年ぶり2度目の連覇を達成。試合後、優勝インタビューに応えた緒方孝市監督は、選手に「本当に頼もしい奴らだ!」と感謝を伝えた。

     広島は2-2の同点で迎えた8回にバティスタが決勝打。ジャクソン、中崎と救援陣がリードを守り、優勝を決めた。緒方監督は試合が終了した瞬間にベンチで涙。その後、胴上げで11度宙を舞った。

     第一声では「この甲子園球場というのは、自分のプロ野球選手の第一歩目の球場でした。その思い出の詰まった甲子園球場で胴上げしてだたいて、本当に嬉しかったです」と話し、その後は何度もファンへの感謝の思いを明かした。

     また、離脱者が出たシーズンについて「チームはピンチだったんですけど、若い選手がチャンスと思って何人も活躍してくれた」と感謝。勝負強い戦いの連続で「逆転のカープ」と呼ばれたことについては「諦めないんですよ、うちの選手は」と話し、最後には「本当にご苦労さん! おつかれさん! 頼もしい奴らだ、本当に!」と呼びかけていた。
    引用元 https://full-count.jp/2017/09/18/post84521/

     台風5号の影響で開会式と1回戦3試合が順延となった第99回全国高校野球選手権大会(甲子園)は、8日に開幕する。第2試合で東筑(福岡)と対戦する4年ぶり出場の済美(愛媛)は7日、奈良県生駒市内の室内練習場で調整。打のキーマン、宇都宮佑弥内野手(3年)は相手エース攻略へ意気込んだ。

     「石田伝説」には「ゆうや伝説」で対抗する。済美は奈良県生駒市内の室内練習場で1時間半行った練習のほとんどを打撃に費やした。東筑のエースは2年生で右サイドの石田。攻略に気勢を上げたのは主に2番を打つ宇都宮だった。

     「東筑の“石田伝説”は知っています。こちらは“ゆうや伝説”で頑張りたいです」

     相手の東筑は6度目出場だが、「エース石田」は今回で4度目になる。伝説を引き継ぐ形で甲子園に乗り込んでくる“4代目”に負けてはいられないとばかりに、宇都宮は力強いスイングで快音を響かせた。

     済美の「ゆうや」といえば、福井優也(現広島)がいる。04年の選抜大会で初出場初優勝の快挙を成し遂げ、同年夏の選手権大会でも準優勝へ導いたのが当時2年生エースだった福井。“2代目ゆうや”の宇都宮は愛媛大会5試合で1本塁打を放つなど、チーム2位の7打点をマーク。打率・348を誇る。偉大な先輩に負けない活躍を見せたい。

     身長1メートル63ながら体重は90キロ。胸囲103センチはベンチ入りメンバーではトップだ。1年秋から中軸を打ち、高校通算16本塁打。下半身を生かしたパワフルな打撃でチーム打率4割の攻撃陣を引っ張る。攻撃型の2番打者は「得点圏で1本打ちたい」と言葉に力を込めた。(吉仲 博幸)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000073-spnannex-base

     不惑を迎えた今季も広島・新井貴浩内野手(40)は圧倒的な存在感を放っている。7月7日・ヤクルト戦(神宮)の七夕の夜。九回2死から代打出場し、小川から逆転3ラン。土壇場で最大6点差をひっくり返す劇的勝利の立役者となった。

     その貢献は打力だけにとどまらない。翌8日の同カードの七回。新井はベンチから飛び出して一塁の守備位置へ走った。試合展開は大量7点リード。丸、、菊池、エルドレッド、松山ら主力がベンチに下がる中、守備固めで途中出場したのだ。昨季は2000安打の金字塔を達成。40歳という年齢を考えても、珍しい起用法だろう。

     翌日、高ヘッドコーチに聞けば「(主力選手は)休められるときは休まさないとね。田中は記録(連続フルイニング)があるから」と説明し、「(一塁を守れる選手は)松山、安部もいるけれど、新井の方がうまい。エルドレッドとの守備力も考えてね」と続けた。新井は阪神時代の08年に一塁手部門でゴールデングラブ賞を獲得するなど、守備の評価も高い。緒方監督が今季「投手を中心とした守り勝つ野球」を掲げて戦う中、新井は守備でもチームに必要な戦力というわけだ。

     新井は日頃から「言われたところで結果を出すだけだよ。そのための準備をしっかりとしたい」と繰り返す。だから試合前から全力だ。週2、3回は午前中のウエートトレーニングを実施。試合前の練習でも汗びっしょりになりながら白球を追う。打球を肘に当てるアクシデントに見舞われたこともあったが、走塁練習でも一切、手を抜かない。遠征先では今年から午前中に公園をウオーキング。唯一の趣味とも言えるサウナでたっぷり汗をかき、水風呂で体を引き締める。40歳の夏も新井は元気いっぱいだ。

     守備から途中出場した翌9日の同戦では、再び九回に代打で2点二塁打。相変わらずの勝負強さで同点とし、熱戦の末、ドローに持ち込んだ。今季はスタメン出場の機会こそ減らしているが、その存在感は唯一無二。石井打撃コーチの「新井はベンチにいてくれるだけでいい」という言葉が信頼の証しだ。史上最速Vへ突っ走るチームを攻守に献身的なベテランが支えている。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/08/03/0010427965.shtml

     「高校野球福岡大会・決勝、東筑3-1福岡大大濠」(28日、小郡市民球場)

     東筑が福岡大大濠を下し、21年ぶり6度目の夏の甲子園出場を決めた。

     同校のOBで広島・高信二ヘッドコーチ(50)は「非常にうれしい。強豪校を倒して勝ち上がっていく中で、自信をつけていったのかな。カープも頑張ります」と母校の活躍を喜んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000091-dal-base

    このページのトップヘ