広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高校時代

     今夏の甲子園も熱い戦いが繰り広げられている。かつて、聖地に広島商のエースとして立った広島の岩本貴裕外野手は毎年、この時期になると高校球児の姿に、自然と目が向くという。自身は04年に出場。開会式直後の第2試合で浦和学院に1-3で敗れ、初日で高校野球に終止符が打たれた。「あっという間に終わった感じ。だから思い出は…。けん制悪送球をしたことくらいかな」と苦笑いを浮かべた。

     広島商と広陵から声がかかり「長く甲子園に行っていなかったから、僕たちの世代で行きたいと思った」と広島商に進学。白球を追いかけ続けた3年間は、かけがえのない経験になった。

     最も思い出に残っているのは、甲子園出場ではない。3年春の中国大会だという。エースで4番と、まぎれもなくチームの中心として伝統校を引っ張っていた。だが、勝利へ気持ちが強過ぎる余り、味方の失策などに感情が抑えられなくなっていた。

     「迫田監督(現・広島新庄監督)に指摘をされたんです。『態度に出すのはいけないぞ』と。あの言葉で自分は変わることができたし、あれがなかったら、後悔して終わっていたかもしれません。人間的にも成長させてもらいました」。

     絶対的な存在1人で勝ち抜けるほど、甘い世界ではない。チームスポーツということを再認識させられ、立ち振る舞いが変わった。

     「1番はしっかりとヒットを打つし、2番は送りバントを確実に決める。本当に良いチームになったと思います」。強くした結束力で夏を制した。

     今夏の広島大会で、母校は広陵に準決勝で敗れた。自身が出場した04年以降、甲子園出場は遠ざかっている。2年生が多かったチームは、この経験を糧に来夏の出場を目指して練習を始めている。岩本は「気になっているし、頑張ってほしいです」とエールを送った。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000034-dal-base

     広島・野村祐輔投手(28)が11日、母校の勝利を喜んだ。広陵は全国高校野球選手権・1回戦で中京大中京を破り、初戦突破。「いいゲームでしたね。広陵らしい、しっかりした野球をしていた」と感想を語った。

     自身は2007年、高3夏の決勝で佐賀北に逆転負けを喫し、準優勝だった。この時期を迎えると当時を思い出すか聞かれると「毎年映像が出ますもんね」と苦笑い。この日も追い上げられる展開で、「最後ひやひやしましたけど、勝てて良かったです」と笑った。

     続けて「次も優勝候補と当たると思いますが一戦一戦大事に戦ってほしい。やりきってもらいたい」と優しいまなざしでエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000070-dal-base

     MLBで躍動する日本人メジャーリーガーにも、甲子園を目指していた10代の頃があった。ドジャース・前田健太(PL学園)の高校時代を追いかけた当時の担当記者が、忘れられないワンシーンを回想した。

     とにかく純真な少年だった。あの夏、前田健太が流した大粒の涙を今でも忘れることができない。

     06年7月、夏の大阪大会準々決勝でPL学園は東大阪大柏原と対戦した。1―1で迎えた2回、先発の冨田が4点を失い、なお2死三塁のピンチ。準決勝を見据えて温存され、左翼の守備に就いていた前田が急きょ、マウンドに向かった。右腕をグルグル回しながら慌てて投球練習。「まさか2回に出番が来るとは…」。連続四球からの連打で2点を献上した。6―9。序盤の大量失点を挽回できず、高校最後の夏は終わった。

     球場から引き揚げるエースの背中を仲間が、ねぎらいの言葉をかけながら叩いた。言葉にならないむせび泣きが、仲間への返事だった。「この経験を野球人生に生かしたい。次は絶対に負けたくない」。そう記者に心情を明かしてくれた。

     広島ではエースとして君臨。昨年から海を渡り、憧れのメジャーリーグに活躍の場を移した。あの悔しさをバネに努力を積み重ね、才能を磨き上げたに違いない。野球を愛し、うまくなりたいと思う気持ちは誰よりも強い。マエケンとは、そんな男だ。(06年大阪アマ野球担当・小谷 竜一)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000223-sph-base

     2007年・夏の甲子園決勝。広島代表・広陵高は佐賀代表・佐賀北高に対し、8回表まで4-0と優位に試合を進める。

     ところが8回裏、守る広陵は一死満塁から押し出しで1点を失うと、つづく佐賀北の3番・副島が振りぬいた打球は、レフトスタンドに吸い込まれた。

     奇跡の逆転満塁ホームラン。そのまま試合は佐賀北が制し、甲子園初優勝。この快進撃は「がばい旋風」として世間にも広く知れ渡った。

     その一方で、涙を飲んだ広陵。この時のバッテリーが、投手・野村祐輔と捕手・小林誠司。2人はこの悔しさを糧に、後にプロの世界へと身を投じることになる。



    順風満帆な歩みも、ここ2年は苦しむ野村


     エースの野村は高校卒業後、明治大へ進学。すぐに頭角を現すと、明治のエースとして大活躍。通算30勝を挙げ、東海大の菅野智之(巨人)、東洋大の藤岡貴裕(ロッテ)とともに「大学ビッグ3」と呼ばれるまでになった。

     2011年、秋のドラフト会議では高校時代を過ごした広島からドラフト1位で指名を受ける。即戦力のルーキーとして期待された野村は、開幕から先発ロー テーション入りを果たし、1年目ながら9勝11敗を記録。防御率はチームの先輩・前田健太に次ぐリーグ2位の1.98という好成績で、新人王を受賞した。

     そして、2年目の2013年にはプロ入り初の2ケタ勝利となる12勝をマーク。前田、バリントン、大竹寛らとともに強力な先発陣を形成した。

     しかし、翌年は二軍降格を経験するなど7勝に終わり、昨シーズンは5勝止まり。ここ2年は不本意な結果に終わっている。

     今シーズン、広島は前田がドジャースへ移籍し、先発投手陣の戦力ダウンは否めない。黒田博樹、ジョンソンが先発の軸となり、中継ぎから先発に復帰する大瀬良大地、そしてプロ5年目を迎える野村の活躍が大きなポイントになるのは間違いない。


    正捕手獲りへ、阿部との勝負に挑む小林


     高校時代に野村のボールを受けていた小林は、同志社大、日本生命を経て、野村のプロ入りから2年後にあたる2013年に巨人へドラフト1位で入団した。

     「阿部慎之助の後継者」と期待された小林は、ルーキーイヤーの開幕戦から途中出場でデビューを飾るなど、63試合に出場。経験を積む。オフには日米野球のメンバーにも選出され、将来の侍ジャパンの正捕手候補としても大きな期待を受けた。

     迎えた昨年、阿部のファーストへのコンバートを受け、小林にとって大きなチャンスの年となった。ところが、FAで加入した相川亮二やベテランの加藤健との併用となり出場は70試合止まり。レギュラー獲得には至らなかった。

     今年は阿部がキャッチャーに復帰するため、正捕手争いはさらに厳しいものになるだろう。それでも、阿部や相川、実松、加藤といったライバルは皆ベテラン なだけに、球団としては小林の台頭に期待する面が大きくなる。大学・社会人を経て3年目、小林はその期待に応えなければならない。

     あの夏から早9年……。野村は前田の穴を埋められるのか、小林は阿部の後継者となれるのか。

     広島と巨人で正念場を迎えている元広陵バッテリー。2人とも、今年が勝負の年になるだろう。

     菊池涼介(25=広島カープ)の母校・武蔵工大二高(長野)は当時、“鬼”と恐れられた当時の大輪弘之監督をはじめ、この頃はコーチも亜大出身者で固められていた。東京出身の菊池は、寮生活で「礼儀」などを徹底的に叩き込まれた。

    「食堂でマヨネーズを取りたい時は、頭を下げながら『失礼致します』。遠征先では監督やコーチがいる時もあるから、上級生になっても『失礼致します』って、何度も言って醤油を取ったりしていましたね」

    「亜大式」は練習も過酷だった。

    「ノックの量がハンパなく多くて、平日は『30、20、10』。週末になると『100、50、30』に膨れ上がる。夏休みは『80、50、20』でしたね」

     これは、内野ノックの数を指すものだという。

    「100は一塁へ送球する数。これが終わったら二塁へ投げるゲッツーが50球。最後はバックホームが30球。打撃より守備練習が多くて(当時は)サードから1日何百球も送球した思い出が強い。強豪校でもこんな数やらないと思います」

     鉄の掟も多かった。部の禁止事項である。グラブから指を出す。横から投げる。革手袋、打撃時のヒジあて・スネあてなどの「装飾」。冬の重ね着、アンダーシャツなどを人に借りること。買い食い全般。買い食いがダメだから、炭酸はもちろんのこと、ジュースも飲めなかった。

    「腹が減っても購買でパン一つ買えない。どうしてもジュースが飲みたい時はクラスメートに買ってきてもらって教室でこっそり飲んでいた。内野手なら横からスナップスローがしたいのにダメ。きつかったのは指出しと重ね着ですね。硬式野球なんだからグラブから左手の人さし指を出さないと痛い。だからバレないようにと、キャッチャーミットのような指カバーがはやった。カバーがあれば指を出しても見えないでしょう。長野の冬は氷点下。ピチピチのアンダーシャツの上に長袖を着て寒さをしのぎたいのに、時々重ね着チェックがあって、長袖を脱がされて雪が降る中ノースリーブで練習したり……。今は笑えるけど、当時はしんどかったですね」

    このページのトップヘ