広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋大樹

     「練習試合、広島3-4中日」(20日、マツダスタジアム)

     新型コロナウイルスの拡大を防止するため開幕が延期。この日から練習試合が始まった。



     広島・大瀬良は7回7安打4失点。打線は1-4の九回2死から会沢の適時打などで2点を奪い、粘り強い攻撃をみせた。

     佐々岡監督の試合後の一問一答は以下の通り。

     -当初は開幕する日だった。

     「早い段階で延期が決まった。特別な思いというか、そういうのはない」

     -大瀬良について。

     「前回の反省をしながら、いろいろな考えの中での投球だったと思う。緩急を使っていたし、良かったと思う」

     -7回に4失点。

     「アンラッキーなヒットもあったしね。気にしていない。全体的に修正できたと思う。セットとかクイックのときの制球ミス、投げきれないところがあったので、その辺りは修正をしてくれると思う」

     -打線は九回に粘った。

     「そういう野球をやってきている。何点差あろうと、最後の最後までという意識がある」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000128-dal-base


    no title


     「教育リーグ、オリックス3-9広島」(6日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)

     松山との入れ替えでこの日から2軍に合流した広島・正随が「5番・DH」で先発し、3安打3打点と爆発した。八回には自慢の長打力を披露し、吉田一から左翼越えへ豪快な2ランも放った。

     「2軍に落ちた悔しさがすごくある。(2軍の)教育リーグとはいえ、試合に変わりはないので、しっかり結果を出したかった」

     広島市出身の2年目。亜大から入団した昨季は1軍に昇格できず悔しさだけが募った。今季は1軍での活躍を心に決めてスタート。春季キャンプは1軍メンバーに選ばれ、紅白戦、練習試合で3割を越える打率をマーク。オープン戦でも5試合で5打数2安打1打点を記録したが、ハイレベルな外野手争いに踏みとどまれなかった。

     「オープン戦では自分の持ち味である長打力を見せられなかったのが心残り」と振り返る。1軍再昇格を勝ち取るためにも、ひたすらバットを振り込んでいくしかない。「2軍で結果を出して、もう一度、1軍に呼んでもらえた時は1打席目からアピールできるようにしっかり準備していきたい」。首脳陣の期待も大きい長距離砲は言葉に力を込めた。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000163-dal-base

     「オープン戦、広島2-1西武」(6日、マツダスタジアム)

     広島の野間峻祥外野手(27)が「8番・左翼」でフル出場し、決勝打となる2点適時打を放って首脳陣にアピールした。左翼のポジションはベテラン・長野や、三塁を基本線としながらも外野での起用もある新外国人のピレラに加え、高橋大も参戦するし烈な争い。開幕スタメン候補として生き残るべく、結果を求めていく。

     泥くさく、必死に食らいついた一打に気持ちが表れた。会心の当たりではなくても、野手の間を抜ければいい。野間がバットで存在感を見せつけ、左翼の開幕スタメン候補として生き残った。

     場面は0-0の四回。1死二、三塁の好機で迎えた第2打席だった。1ボールからの2球目、開幕投手に決定している西武先発・ニールの外へ逃げていく128キロの低めのチェンジアップを、うまくバットに乗せた。「1ストライク目から打つ球ではないけど」と苦笑しつつ「結果が出たことは、良かった」と技ありの一打を振り返った。

     今は何より結果がほしい。左翼の開幕スタメン候補は長野に加え、ピレラやブレークの兆しを見せる高橋大がポジションをつかもうと鼻息を荒くしている。「アピールしていかないといけない立場なので」と口元を引き締めた野間。見渡せば、ライバルばかり。激しい争いを勝ち抜くためにも“脱落”は許されない。

     昨年の秋季キャンプからバットを寝かせる新フォームに着手し「構えだったりは、違和感なく入れている」と一定の手応えを口にする。それでも朝山打撃コーチは「大事にいこうとして、受けている」と野間の現状を分析。速球を仕留めることがテーマで、そのためにも受け身にならない姿勢を望んでおり「空振りするくらい投手に入っていって、強いスイングを心掛けてほしい」と注文を加えた。

     適時打の後は盗塁を試みた野間だが、タッチアウト。だが「スタート自体は悪くなかった。成功することを求めてやりたい」と失敗を糧に、次へとつなげていく構えだ。同じポジションを争うライバルと差別化を図るためにも、持ち味の足で魅せることは自身の存在価値を高めることにもなる。

     オープン戦は残り7試合となり、アピールの場も少なくなってくる。「一打席、一打席を無駄にせず、出たところで勝負していきたい」と意気込んだ。目指すは開幕スタメン。しぶとく、粘り強く。野間は戦い続ける。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000014-dal-base

     広島の堂林翔太内野手(28)が2日、一塁レギュラー奪取へ向け、課題である変化球の克服を誓った。今季のオープン戦では12打数6安打と好調を維持している11年目。変化球への対応力を上げることで、6年ぶりの開幕スタメンを引き寄せる。

     鋭い眼光で白球を追った。堂林がマツダスタジアムでの全体練習に参加。ノックや打撃練習などを行った。

     ここまでは取り組みが結果となって表れている。体の軸で振ることを意識し、来た球を素直にはじき返す。オープン戦では打率5割と存在感を示し、朝山打撃コーチは「ストレートを仕留められているのが、好調の証し」と評価した。

     一塁レギュラーの座はもう目の前だ。大本命の松山がけがで離脱し、昨年一塁手として96試合に出場したバティスタが契約解除の処分を受けた。安部らライバルはいるものの、またとない好機が訪れている。

     昨季は打率・206に終わった。打力を上げるには、課題と話す変化球への対応が鍵となる。朝山コーチは、「真っすぐは確率よくさばけるけど、甘い変化球の部分をいかに打てるか。甘い変化球を見逃してはいけない」と課題を口する。

     克服のため、打撃練習では変化球の配分を多くした“MIXボール”を数多く打つことに取り組んでいる。「意識してやっている。実戦ではまた違うところもあるので、やることをやっていくだけ」と堂林は意欲を示す。開幕一塁スタメン奪取に向け、バットで道を切り開いていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000029-dal-base

     広島のドラフト1位右腕、森下暢仁(明大)が先発ローテーション入りに大きく前進した。

     開幕カードの相手となる1日の中日戦に登板して3回1安打無失点の好投。140キロ台後半の直球を内外角に制球良く投げ込み、レギュラークラスが名を連ねる中日打線を手玉に取った。MAXは150キロ。他球団スコアラーも「変化球の精度もいいし、先発ローテーション入りは決定でしょう。最低でも2ケタは勝つんじゃないか」と太鼓判である。

     佐々木、奥川で沸いた昨秋ドラフトでも、「即戦力なら森下がナンバーワン」と12球団のスカウトが口を揃えた逸材だ。地元放送局関係者が、「首脳陣の頭の中ではすでにローテの中心にという位置づけ。むしろ、首脳陣の目を引いたのはこちらでしょう」というのが、途中出場した外野手の高橋大樹(25)である。

     五回裏の守備から入って、七回の第1打席で左翼へソロ本塁打。九回にも2打席連続となる2ランを左翼へぶち込んだ。

     2012年のドラフト1位で入団。走攻守の三拍子が揃った将来の主軸候補と期待され、ドラフト2位で高卒同期の鈴木誠也以上の評価を受けていた。が、7年間で一軍出場は35試合のみ。崖っぷちに立たされて迎えた8年目の今季、手薄な右の代打候補としてキャンプから好調を維持している。

     育成を旗印にする球団からすれば、「忘れられたドラ1」が見せる開花の兆しの方がうれしいに違いない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00000006-nkgendai-base

     「オープン戦、広島8-2中日」(1日、ナゴヤドーム)

     広島の高橋大樹外野手が2打席連続本塁打で長打力を猛アピールした。



     七回1死に左越えソロ。1点を奪って迎えた九回1死一塁では、藤嶋に2ストライクと追い込まれながら、3球の直球を再び左翼席へたたき込んだ。滞空時間の長い、美しい放物線を描いた。

     「2本目は追い込まれていたので、何とか前に飛ばそうと思っていた。ラッキーだった」

     春季キャンプから好調を継続。直球に加え、変化球への対応力が上がったことが要因で、右の代打争いで一歩、リードした。「開幕1軍に残れるように頑張っていきます」。今季8年目を迎えた和製スラッガーは、手綱を締めて前を見据えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000125-dal-base

     「オープン戦、広島14-2阪神」(23日、コザしんきんスタジアム)

     広島は16安打で14点を奪い、阪神に大勝した。


     3-1の六回には、打線が大爆発。1死から三好の左二塁打をきっかけに堂林が左前適時打を放つと、会沢、小園、ドラフト2位・宇草(法大)にも適時打が生まれ一挙7点を奪った。終盤になっても攻撃の手を緩めず加点した。

     チームは戦力の底上げを目指し、競争をテーマに今キャンプに臨んでいる。若手個々が持ち味を発揮しながら、開幕1軍生き残りを目指して激しい競争を繰り広げてきた。

     キャンプ最終盤。開幕まで1カ月を切った。佐々岡監督は打線について「しっかりと振れていると思うし、必死に食らいついていこうという気持ちが出ている。今後は(開幕へ向けて)人数を減らしていかないといけない時期になる。うれしい悩みです」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00000145-dal-base

     広島は11日、宮崎・日南1次キャンプを打ち上げ、13日からの2次キャンプに備えて沖縄に移動した。

     以下は、佐々岡真司監督(52)の一問一答。

     ―初の春季キャンプは1次キャンプが終了した

     「みんな明るく元気もあった。この10日間、天候にも恵まれて順調なキャンプだった。打撃面に関しては、よく振ってきて初日から本当にいい形を見せてくれた。守備面では課題が残った。実戦が入る中で、練習日などしっかりと締めるところはきっちりと締めないといけない」

     ―野手は活躍が目立った

     「若い選手も主力もしっかりやってくれた。昨年なかなか活躍できなかった田中広輔、松山あたりもしっかりと振ってきているな…という印象があった。若手では昨日(の紅白戦で)本塁打を打った高橋(大樹)、正随とかこの2人のライバル関係、生き残りをかけた中でお互いが結果を出すというチーム内の競争ができている」

     ―投手はどうか

     「岡田を中継ぎにしている中でまだまだ試合で結果を残してくれないといけない。矢崎も強い球が出てきている。期待していた若い先発入りを目指す投手が結果を残してくれていないというのは、そこが残念なところ」

     ―沖縄では練習試合3連戦が控えている

     「実戦に入る。結果はもちろん内容を見せてくれないといけない。試合数が減る中で主力も入ってくる。サバイバル、どんどん人数が減っていく中で1軍に残れるかどうかになる。沖縄での練習試合から投手含め野手も、もう一度気を引き締めて競争意識を持ってやってほしい」

     ―沖縄からは長野と菊池涼が合流する

     「しっかり暖かい沖縄で調整してくれて、沖縄の初日から合流してみんなと一緒に競争しながらやってくれると思う。菊池(涼介)は若い選手の中に入って守備の動きもいいと聞いている。長野も昨年の春先よりも状態はいいと聞いている。楽しみに見てみたい」

     ―育成投手のメナも合流する

     「育成選手として状態を聞いて、戦力になれるのかを判断しないといけないので、合流させている」

     ―石原慶は日南に残留する

     「練習試合がある中でまずは残している中村奨成、新人の石原(貴規)を試合の中で使ってみたい。ベテランの石原は自分で調整してくれるだろうし、沖縄が終わればまた1軍に合流してほしいと言っている」

     ―沖縄に向けての意気込みを

     「今年は開幕が早い。実戦の中で細かいプレー、投手を中心とした守り勝つ野球をもう一度しっかりと沖縄で調整したい」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00000191-spnannex-base

     カープ期待の和製大砲・高橋 大樹(龍谷大平安出身)は10日、紅白戦で8番でスタメン出場し、本塁打を放った。11日でキャンプを打ち上げ、13日から始まる一軍の沖縄キャンプのメンバーに抜擢されている。



     プロ入りしてから7年で、通算1本塁打、17安打。昨年は自己最多の27試合に出場したとはいえ、崖っぷちの立場は変わりない。高橋大の魅力といえば、なんといっても高校通算43本塁打の長打力である。

     その魅力を出すためにコーチからトップの浅さを指摘された。
     「コーチと話をして、飛距離を出すためにトップを深く取ることを意識し、12月~1月にかけて練習してきました」

     まだその打撃は完成形ではない。シート打撃では鋭い打球を飛ばすも、ミスショットもあった。
     「ここ数日は力みまくりで、体の開きも早くなっていました」

     その修正をしたのが、10日の紅白戦だった。薮田和樹から2ランを放ち、さらに一岡竜司からも犠飛を放ち、1打数1安打3打点と猛アピールを見せた。それでもまだ今の内容には満足していない。
     「以前と比べて力が抜けてまだ押し込みが足りていないです。打球方向もレフトで、左中間からセンターへ打てるようにしたいと思っています」

     まだこれからも厳しい一軍争いは続く。
     「開幕一軍。そして1年間一軍にいたことがないので、数字的な目標はまだ立てられません。なんとかくらいついて生き残っていきたい。年齢的にダメだったら、クビという覚悟はできているので」

     2012年には大谷 翔平とともに高校日本代表。なかには現役引退をしている選手も多くいる。野球人生をかけたプロ8年目。生き残りへ。高橋大樹は自慢の強打を見せ続けていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00010005-hbnippon-base

    このページのトップヘ