広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋大樹

     広島の高橋大樹外野手(26)が26日、マツダスタジアムで行われたシート打撃でK・ジョンソンから外角高めの直球を捉え、右翼超えの二塁打を放った。「これまで打てていなかったので…」と笑顔はなかったが、この日は1打席のみと少ない打席数でしっかりと存在感を示した。

     自身初の開幕1軍に向けて意欲を示している8年目。自らの持ち味である積極打法を武器に、生き残りへ猛アピールを続けている。

     6月19日の開幕に向けて「チャンスが少ない中でも結果出せるように頑張ります」と意気込んだ。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/32f2320ca6ec9a60e86f800fbce7554e37d1a85e

     逸材ぞろいのプロ野球界。毎年多くの選手が入団してくるが、その中でも突出した才能を持つ男たちがいる。巨人や広島で打撃コーチなどを務め、名伯楽と呼ばれた内田順三氏(前巨人巡回打撃コーチ)に、出会いから衝撃を受けた3選手を挙げてもらった。

     ◇ ◇

     カープでは前田智徳だろう。89年、熊本工からドラフト4位で入ってきたが、走力、肩もあって守備はすぐ使える印象だった。

     そして、打撃もスイングがシンプルで軸がぶれない。何より際立っていたのが、インサイドのさばき方だった。高卒の選手は金属から木製になり、まずインコースの球に対して壁に当たることが多い。ファウルになるか、詰まるか、手のしびれを恐れてバットが出ないかの3パターン。しかし、前田はインサイドからバットを出すことができ、「詰まる」と思ったら重心を捕手方向に移してライト方向へヒットにしてしまう。当時、山本浩二監督がファームの練習を見に来て「ウッチー、こいつはすげえぞ」と言っていたことを覚えている。

     カープでは鈴木誠也もモノが違った。東京の二松学舎からドラフト2位で入ってきたが、スカウトの評価は高く、巨人やソフトバンクも欲しがっていたと聞いた。半端じゃなかったのは肩。シートノックでは、スピンのかかった送球が地面すれすれで伸びていく。まだ荒削りで暴投することもあったが、確かに素材は別格だった。

     鈴木は、大谷や藤浪と同世代。カープのドラフト1位も龍谷大平安で甲子園に出た高橋大樹だった。鈴木は甲子園にも出ていなかった分、反骨心もあり、負けん気も強かった。見逃し三振なんてすれば、試合後に黙々とバットを振る。いい意味で他人の言うことに流されることはなかったし、芯のある性格もここまで大成した一因だろう。

     巨人で真っ先に思い浮かぶのは高橋由伸。彼に関しては鳴り物入りのドラフト1位で入ってきて、素材がいいのは分かっていた。1年目から余裕があり、送球ひとつ見ても相手の取りやすい完璧なワンバウンドを投げる。当時チームにいた清原や松井の打撃を見て、「松井さんや清原さんに飛距離ではかなわない。僕はイメージチェンジして広角に打ち分けます」とさらりと言っていた。

     天才的な打撃に関しては、タイミングの取り方が抜群だった。彼は上段でバットを構え、一度肩のあたりにグリップを落とす。そして、王さんのように右足を高く上げ、一本足に近い形でタイミングを取るのだが、軸がまったくぶれない。その強さを生むために、キャンプではまた割りをしたままのティー打撃を積極的にやって内転筋を強化していた。甘いマスクで表向きはさわやかなイメージがあるが、陰では泥くさく練習する男だった。

     超一流には超一流たるゆえんがあるが、3選手に共通していたのは走攻守3拍子がそろっていたこと。そして常に手を抜かず、こちらが話しかけにくいほど集中力を持って練習に打ち込んでいた姿だ。指導者として37年、数多くの選手を見てきたが、この3人のルーキー時代は特に印象に残っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000119-dal-base

     高卒8年目を迎えた広島・高橋大は、開幕延期を利用して飛距離アップを目指したスイング修正に着手した。

     「いきなりできるとは思わないけど、いまは時間がある。最初の振り出しが大きくなって、前が小さくなってしまっていた。(中堅方向に)飛距離を出していきたい」

     9日の練習でマンツーマン指導した朝山打撃コーチは「センター方向に飛距離を出せればいい。開幕直前ならできないこと。イメージはDeNAのソト。バットのヘッドが投手側に倒れ過ぎず、遠回りしないように」と意図を説明した。

     オープン戦で5安打したが、二塁への内野安打以外の4安打は全て左方向に引っ張ってのもの。「オープン戦もセンター方向(の安打)が一本もなかったので、満足はできていない」。通常通りにシーズンが始まっていれば、自身初の開幕1軍スタートになっているはずだった。「家にいる時間は他の選手の打撃映像などを見ています」。与えられた時間を飛躍のために有効活用していく。(河合 洋介)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000073-spnannex-base

     「練習試合、広島3-4中日」(20日、マツダスタジアム)

     新型コロナウイルスの拡大を防止するため開幕が延期。この日から練習試合が始まった。



     広島・大瀬良は7回7安打4失点。打線は1-4の九回2死から会沢の適時打などで2点を奪い、粘り強い攻撃をみせた。

     佐々岡監督の試合後の一問一答は以下の通り。

     -当初は開幕する日だった。

     「早い段階で延期が決まった。特別な思いというか、そういうのはない」

     -大瀬良について。

     「前回の反省をしながら、いろいろな考えの中での投球だったと思う。緩急を使っていたし、良かったと思う」

     -7回に4失点。

     「アンラッキーなヒットもあったしね。気にしていない。全体的に修正できたと思う。セットとかクイックのときの制球ミス、投げきれないところがあったので、その辺りは修正をしてくれると思う」

     -打線は九回に粘った。

     「そういう野球をやってきている。何点差あろうと、最後の最後までという意識がある」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000128-dal-base


    no title


     「教育リーグ、オリックス3-9広島」(6日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)

     松山との入れ替えでこの日から2軍に合流した広島・正随が「5番・DH」で先発し、3安打3打点と爆発した。八回には自慢の長打力を披露し、吉田一から左翼越えへ豪快な2ランも放った。

     「2軍に落ちた悔しさがすごくある。(2軍の)教育リーグとはいえ、試合に変わりはないので、しっかり結果を出したかった」

     広島市出身の2年目。亜大から入団した昨季は1軍に昇格できず悔しさだけが募った。今季は1軍での活躍を心に決めてスタート。春季キャンプは1軍メンバーに選ばれ、紅白戦、練習試合で3割を越える打率をマーク。オープン戦でも5試合で5打数2安打1打点を記録したが、ハイレベルな外野手争いに踏みとどまれなかった。

     「オープン戦では自分の持ち味である長打力を見せられなかったのが心残り」と振り返る。1軍再昇格を勝ち取るためにも、ひたすらバットを振り込んでいくしかない。「2軍で結果を出して、もう一度、1軍に呼んでもらえた時は1打席目からアピールできるようにしっかり準備していきたい」。首脳陣の期待も大きい長距離砲は言葉に力を込めた。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000163-dal-base

     「オープン戦、広島2-1西武」(6日、マツダスタジアム)

     広島の野間峻祥外野手(27)が「8番・左翼」でフル出場し、決勝打となる2点適時打を放って首脳陣にアピールした。左翼のポジションはベテラン・長野や、三塁を基本線としながらも外野での起用もある新外国人のピレラに加え、高橋大も参戦するし烈な争い。開幕スタメン候補として生き残るべく、結果を求めていく。

     泥くさく、必死に食らいついた一打に気持ちが表れた。会心の当たりではなくても、野手の間を抜ければいい。野間がバットで存在感を見せつけ、左翼の開幕スタメン候補として生き残った。

     場面は0-0の四回。1死二、三塁の好機で迎えた第2打席だった。1ボールからの2球目、開幕投手に決定している西武先発・ニールの外へ逃げていく128キロの低めのチェンジアップを、うまくバットに乗せた。「1ストライク目から打つ球ではないけど」と苦笑しつつ「結果が出たことは、良かった」と技ありの一打を振り返った。

     今は何より結果がほしい。左翼の開幕スタメン候補は長野に加え、ピレラやブレークの兆しを見せる高橋大がポジションをつかもうと鼻息を荒くしている。「アピールしていかないといけない立場なので」と口元を引き締めた野間。見渡せば、ライバルばかり。激しい争いを勝ち抜くためにも“脱落”は許されない。

     昨年の秋季キャンプからバットを寝かせる新フォームに着手し「構えだったりは、違和感なく入れている」と一定の手応えを口にする。それでも朝山打撃コーチは「大事にいこうとして、受けている」と野間の現状を分析。速球を仕留めることがテーマで、そのためにも受け身にならない姿勢を望んでおり「空振りするくらい投手に入っていって、強いスイングを心掛けてほしい」と注文を加えた。

     適時打の後は盗塁を試みた野間だが、タッチアウト。だが「スタート自体は悪くなかった。成功することを求めてやりたい」と失敗を糧に、次へとつなげていく構えだ。同じポジションを争うライバルと差別化を図るためにも、持ち味の足で魅せることは自身の存在価値を高めることにもなる。

     オープン戦は残り7試合となり、アピールの場も少なくなってくる。「一打席、一打席を無駄にせず、出たところで勝負していきたい」と意気込んだ。目指すは開幕スタメン。しぶとく、粘り強く。野間は戦い続ける。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000014-dal-base

     広島の堂林翔太内野手(28)が2日、一塁レギュラー奪取へ向け、課題である変化球の克服を誓った。今季のオープン戦では12打数6安打と好調を維持している11年目。変化球への対応力を上げることで、6年ぶりの開幕スタメンを引き寄せる。

     鋭い眼光で白球を追った。堂林がマツダスタジアムでの全体練習に参加。ノックや打撃練習などを行った。

     ここまでは取り組みが結果となって表れている。体の軸で振ることを意識し、来た球を素直にはじき返す。オープン戦では打率5割と存在感を示し、朝山打撃コーチは「ストレートを仕留められているのが、好調の証し」と評価した。

     一塁レギュラーの座はもう目の前だ。大本命の松山がけがで離脱し、昨年一塁手として96試合に出場したバティスタが契約解除の処分を受けた。安部らライバルはいるものの、またとない好機が訪れている。

     昨季は打率・206に終わった。打力を上げるには、課題と話す変化球への対応が鍵となる。朝山コーチは、「真っすぐは確率よくさばけるけど、甘い変化球の部分をいかに打てるか。甘い変化球を見逃してはいけない」と課題を口する。

     克服のため、打撃練習では変化球の配分を多くした“MIXボール”を数多く打つことに取り組んでいる。「意識してやっている。実戦ではまた違うところもあるので、やることをやっていくだけ」と堂林は意欲を示す。開幕一塁スタメン奪取に向け、バットで道を切り開いていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000029-dal-base

     広島のドラフト1位右腕、森下暢仁(明大)が先発ローテーション入りに大きく前進した。

     開幕カードの相手となる1日の中日戦に登板して3回1安打無失点の好投。140キロ台後半の直球を内外角に制球良く投げ込み、レギュラークラスが名を連ねる中日打線を手玉に取った。MAXは150キロ。他球団スコアラーも「変化球の精度もいいし、先発ローテーション入りは決定でしょう。最低でも2ケタは勝つんじゃないか」と太鼓判である。

     佐々木、奥川で沸いた昨秋ドラフトでも、「即戦力なら森下がナンバーワン」と12球団のスカウトが口を揃えた逸材だ。地元放送局関係者が、「首脳陣の頭の中ではすでにローテの中心にという位置づけ。むしろ、首脳陣の目を引いたのはこちらでしょう」というのが、途中出場した外野手の高橋大樹(25)である。

     五回裏の守備から入って、七回の第1打席で左翼へソロ本塁打。九回にも2打席連続となる2ランを左翼へぶち込んだ。

     2012年のドラフト1位で入団。走攻守の三拍子が揃った将来の主軸候補と期待され、ドラフト2位で高卒同期の鈴木誠也以上の評価を受けていた。が、7年間で一軍出場は35試合のみ。崖っぷちに立たされて迎えた8年目の今季、手薄な右の代打候補としてキャンプから好調を維持している。

     育成を旗印にする球団からすれば、「忘れられたドラ1」が見せる開花の兆しの方がうれしいに違いない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00000006-nkgendai-base

     「オープン戦、広島8-2中日」(1日、ナゴヤドーム)

     広島の高橋大樹外野手が2打席連続本塁打で長打力を猛アピールした。



     七回1死に左越えソロ。1点を奪って迎えた九回1死一塁では、藤嶋に2ストライクと追い込まれながら、3球の直球を再び左翼席へたたき込んだ。滞空時間の長い、美しい放物線を描いた。

     「2本目は追い込まれていたので、何とか前に飛ばそうと思っていた。ラッキーだった」

     春季キャンプから好調を継続。直球に加え、変化球への対応力が上がったことが要因で、右の代打争いで一歩、リードした。「開幕1軍に残れるように頑張っていきます」。今季8年目を迎えた和製スラッガーは、手綱を締めて前を見据えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000125-dal-base

    このページのトップヘ