広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋大樹

     広島・高橋大樹外野手(25)が来季の1軍フル帯同を目指して自主トレを続けている。今季は自己最多27試合の出場で打率・279、1本塁打、3打点。6月28日・DeNA戦(横浜)では今永から待望のプロ初本塁打を放った。オフは打撃に磨きをかけ、外野競争に割って入る覚悟だ。

     メモリアルアーチを放ったオフも、高橋大は悲壮な覚悟で練習に取り組んでいる。今秋から飛距離アップへ、新打法に挑戦。「バットの位置を低く力が入らないように。トップを意識しています」。プロ8年目を迎える来季へ、さらなるレベルアップを図っている。

     キャンプ中の紅白戦では7試合に出場し、打率・368を記録。佐々岡新監督へアピールしたが「長打が出なかったので。1球目、2球目の甘い球を捉えられるようにしないといけない」と不満顔。「(今季も)2ストライクからのヒットが多かった。1、2球目でもっと長打を打てるようにならないと1年で終わると思う」と危機感を募らせる。

     新たな試みは試行錯誤の段階だが、7年目の今季は確かなインパクトを残した。交流戦明け6月28日・DeNA戦(横浜)でプロ初本塁打を放つと、「まさかあると思ってなかった」という同学年の鈴木、西川と外野で同時出場も果たした。

     最大の持ち味は積極性だ。初球から思い切りガツン!その姿勢は1軍首脳陣から高く評価された。「追い込まれたら三振はダメ」と粘り腰も発揮。終わってみれば、自己最多27試合で打率・279をマーク。「対応できると思った」と手応えが残ったのも確かだ。

     京都の龍谷大平安からドラフト1位で広島入団。同2位鈴木がスターダムを駆け上がっていく中、プロ3年目から3年間1軍出場なし。「自分には能力がないのかな…」。マイナス思考に陥ることもあったが、努力は惜しまなかった。朝山コーチの熱心な指導もあって18年にプロ初安打を記録。「東洋(朝山)さんのおかげです」と感謝の思いは尽きない。

     長野、野間、新外国人ピレラ…。来季も外野は激戦区だ。「ずっと1軍で打てるような選手になりたい」。コンディションを整えるため、今オフはダイエットにも敢行。夕食は炭水化物を抜き、ビールも断っている。ナインから「ほんこん」の愛称で親しまれるダークホースが外野競争に殴り込みをかける。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000047-dal-base

     広島の大瀬良大地投手、今村猛投手、野間峻祥外野手、高橋大樹外野手が27日、広島市内にある大河小学校を訪れ、小学6年生の子どもたちとドッジボールやベースランニング対決などで交流した。

     快足を披露した野間は「年に一度の行事ですし、毎年、子どもたちに元気をもらっています。なかなかこういう機会もないですし、いい思い出になれば良いと思っていました」と充実した表情だった。

     カープは広島市教育委員会が実施する「2019年度Doスポーツ指導者招へい事業」に協力。2001年の第1回から選手を派遣しており、今年で19回目となる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000082-dal-base

     「広島紅白戦、紅組-白組」(5日、天福球場)

     広島に熱い外野手争いが勃発した。

     初回、2死一、二塁から紅組の5番高橋大が左前へ先制適時打を放つと、白組の1番野間は圧巻の先頭打者弾を放った。完璧に捉えた打球は右翼後方に設けられたネットに着弾。推定140メートルの特大の一発にスタンドがざわついた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000070-dal-base

     ソフトバンクは21日、美間優槻内野手に来季の契約を結ばない旨を通告した。この日午前、ヤフオクドーム内の球団事務所で球団幹部が来季の構想から外れていることを通告された。


     球団から通告を受けた美間は晴れやかな表情を浮かべて「結果は結果なので。やり切った感はあるし、自分の中では野球に対してひと区切りおこうかなと思っています」と語り、現役を引退する意向を示した。プロ生活は7年間。「カープの時の初ヒット、今年の初本塁打が印象深い試合でした」と思い出を語った。

     鳴門渦潮高から2012年のドラフト5位で広島に入団した美間。2018年7月に曽根との交換トレードでソフトバンクへと移籍した。今季は1軍で15試合に出場し、22打数2安打、打率.091の成績だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00580868-fullcount-base

     広島・高橋大樹外野手(25)が23日、寝ぼけ眼をこすりながら「しんどいっすぅ」とボヤきながらマツダスタジアムの通路を歩いていた。

     この日から2軍戦と掛け持ちで出場する、いわゆる“親子ゲーム”。普段のナイターでは午前9時起床だが、この日は広島市内の自宅で5時半に起きて、タクシーで広島・廿日市市の2軍寮へ。ここから寮生らとともに2軍本拠地の山口・岩国市の由宇練習場へ向かうバスに乗り、車内で待機中にウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦の雨天中止が決まった。

     バスを降りると再びタクシーに乗り込みマツダに直行。「タクシーの中で2分だけ寝ました。あしたも親子ゲームッスよ…」。それでもフリー打撃では1球ごとに「シューッ!」と大声を出しながら快音を連発。スタミナ十分なところをアピールしていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000144-sph-base

     広島・下水流昂外野手(31)と楽天・三好匠内野手(26)との1対1の交換トレードが2日、両球団から発表された。

     下水流は球団の広報を通じて「大変驚いています。カープ球団には6年半、お世話になりました。その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように精いっぱい頑張ります。カープファンの皆さま、6年半応援ありがとうございます」とコメントした。

     下水流は2013年にホンダからドラフト4位で広島に入団した。昨季は7月20日の巨人戦(マツダ)で逆転サヨナラ2ランを放つなど印象的な活躍をしたが、今季は2月のキャンプ中に左脚を痛めて離脱するなど2試合で4打数無安打。外野の選手層は厚く、1軍昇格の機会がなかなか巡ってこなかった。

     一方で三好は2012年に九州国際大付高からドラフト3位で楽天に入団した。今季は代走、守備固めとして17試合に出場し、4打数1安打だった。遊撃を含めた内野の複数のポジションを守ることができ、手薄な内野陣の中で貴重な存在となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000520-sanspo-base

     広島は28日のDeNA戦(横浜スタジアム)でプロ初本塁打をマークした高橋大樹外野手の記念Tシャツを発売すると29日、発表した。

     高橋大は1-1の三回先頭で今永の直球を左翼席へ運んでいた。Tシャツ前面には、豪快にスイングする姿とプロ初の1番起用に対するコメントが、イラストでコミカルにデザインされている。枚数は500枚限定で、価格は3000円(税込み)。6月30日の正午から、通信販売のみで受け付ける。詳細は球団ホームページで。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00000101-dal-base

    このページのトップヘ