広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋慶彦

    ssd160473548114256

    7fd84125d523dbb9a6f2175a55e9d316

    無題

    _5dd76c65d7f18

    【野球の構造 正田耕三(28)】プロ野球は「生き馬の目を抜く世界」だと言われます。痛いのかゆいの言って休んでいては、あっという間に他の選手に取って代わられてしまいます。ましてや僕はエースでもなければ、ホームランを量産する長距離打者でもありません。レギュラー奪取に大きく前進した1986年に、7月6日の大洋戦で右手中指を骨折した際も「指は5本ある。1本ぐらい折れていたって…」と試合に出続けることを自ら選びました。  痛みをこらえて出場した7月8日の阪神戦は延長10回の末に0―0で引き分けとなりましたが、僕は最後まで出続け、先発の仲田幸司から3打席目に右前打を放っています。むしろつらかったのは守備。グラブで捕球したボールを右手で握る瞬間に激痛が走りました。


    結果から言うと、僕は翌9日の同カードから前半最終戦となった17日の巨人戦まで5試合を欠場しました。骨折を知らなかったことにして、試合に出続けるよう背中を押してくれた球団の種田博人トレーナーが、打撃コーチの内田順三さんにだけは本当のことを言っていたそうです。それでひとまず、球宴休みも含めて治療を優先させようということになったのでしょう。
      それでも練習だけは続けていました。そもそもカープは鉄人と言われた衣笠祥雄さんに限らず、山本浩二さんや高橋慶彦さんにしても、少しぐらいどこか痛くても試合に出続けるのが当たり前のチームでした。


    EKTqQnqVUAEgRFI


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1899918/

    EKTqQnqVUAEgRFI

    【正田耕三「野球の構造」(21)】1985年、カープ入団1年目の率直な感想は「とんでもない世界にきてしまった」というものでした。中学、高校、社会人と、それなりに厳しいチームで野球をしてきましたが、プロの世界は何もかもがそれまでと違っていました。

     最初に驚かされたのは1月上旬に沖縄で行われた合同自主トレです。当時は契約期間外の12月~1月末のいわゆるポストシーズンがなく、球団の指示で行ったのですが、どの選手を見渡してもスイングスピードが自分とは違いました。

     同学年ながら高校からすぐにプロへ進んでいた山中潔は打球の飛距離がすごかったし、1学年下の原伸次にしてもいい打撃をしている。法政大を経て僕より1年先にプロ入りしていた小早川毅彦に至っては「ビュッ」というバットが空を切る音さえ威圧的に聞こえたものです。

     2月1日に春季キャンプが始まってからも、圧倒されっぱなしでした。周りにいるのは山本浩二さんや衣笠祥雄さん、高橋慶彦さんといったテレビで見ていたスター選手ばかり。しかも打撃練習ではポンポンと柵越えを連発しているわけです。それに引き換え当時の僕は、木製バットを使うのが初めてということもあって、まるで打球が飛ばない。内野手の頭を越えるのがやっとで、達川光男さんには「ほんまに全日本で1番を打ちよったんか?」とまで言われる始末でした。

     そうなると、さすがに焦ります。首脳陣から打撃フォームにメスを入れられることはありませんでしたが「何とかプロのスピードについていけるようにしなきゃ」との思いが強くて、あれこれ考えてしまう。自分で打撃フォームを修正しているうちにワケが分からなくなってしまいました。

     守備にしてもそう。当たり前のことですが、ノックを見ていてもみんなうまい。実戦になればなおのことです。それまでの社会人野球では、全日本の一員として臨んだ国際試合も含めて金属バットだったので速い打球には慣れているつもりでした。でも、肌で感じるプロの打球速度は金属のそれよりも速く、待って捕るような場合でも差し込まれてしまうし、追いつけると思った打球が外野に抜けて行ってしまうんです。

     何とか1次キャンプの沖縄から宮崎・日南での2次キャンプまで一軍に置いてもらいましたが、都城の中日戦と宮崎での巨人戦のオープン戦2試合が終わると二軍落ち。担当の木庭教スカウトから「アイルランドをクビにしたから二塁は空いている」と言われ、自分にもチャンスはあると思って臨んだプロの世界ですが、キャンプでは古葉竹識監督の意向で本来は一塁手の小早川が二塁に挑戦していたし、いきなりプロの洗礼を浴びる格好となってしまいました。

     ☆しょうだ・こうぞう 1962年1月2日生まれ。和歌山県和歌山市出身。市立和歌山商業(現市立和歌山)から社会人の新日鉄広畑(現日本製鉄広畑)に進み、84年ロサンゼルス五輪で金メダル獲得。同年のドラフト2位で広島入団。85年秋から両打ちに転向する。86年に二塁のレギュラーに定着し、リーグVに貢献。87、88年に2年連続で首位打者、89年は盗塁王に輝く。87年から5年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞。98年に引退後は広島、近鉄、阪神、オリックスほか韓国プロ野球でもコーチを務めた。現役時代の通算成績は1565試合で1546安打、146盗塁、打率2割8分7厘。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/c8e621456396630789da416a49a7eb578a3192b4

    【正田耕三「野球の構造」(20)】野球においてドラマが起こるのは、何もグラウンド内に限ったことではありません。社会人野球の新日鉄広畑(現日本製鉄広畑)時代のことです。

     都市対抗の予選や地方大会では、選手たちはスタンドで弁当を食べたりします。そのため熱心に観戦しに来てくれるファンの顔を覚えたりもするのですが、その中の一人に、どこの球場でも見かける物静かなおっちゃんがいました。

    「よく来ていますよね」「ええ」「野球、お好きなんですね」「ええ。どうですか調子は?」「ぼちぼちですね」

     謎のおっちゃんとは、顔を合わせると、そんな会話をしていました。こちらから立ち入った話はしないし、おっちゃんも踏み込んだことは聞いてこない。その60歳手前ぐらいの謎のおっちゃんと再会するのは、ロサンゼルス五輪が行われた1984年の11月。そう、その人こそ「スカウトの神様」とまで言われた、広島の木庭教スカウトだったのです。

     ここでプロ入りの経緯についても触れておきましょう。ロサンゼルス五輪で金メダルを獲得した僕ら全日本メンバーは20人中16人がプロに進みました。84年のドラフトだけでもヤクルトに入団した明大の広沢克己、法大の秦真司をはじめ、社会人から巨人に宮本和知、阪神には嶋田宗彦と計9選手がプロ入りしたのですが、広島から2位指名を受けた僕はお断りするつもりでいました。

     広島以外にも巨人など複数球団が興味を持ってくれていたようです。それでも会社からは「残ってほしい」と言われていたし、もともと僕はプロ野球選手になりたかったわけではありません。社会人時代の個人的な目標は、ベストナインに選ばれること。当時の二塁はアクロバティックな守備をする東芝の宮崎剛さんが常連で、何とか自分が…との思いだけでした。

     ドラフト当日の11月20日もそう。自分には関係のないことだと思っていたので何も考えずに外出していました。スマートフォンもない時代で、広島に2位指名されたことを知ったのは会社に帰ってから。「さっさとスーツを着て会議室に来い」と言われ、慌てて記者会見に臨んだほどです。

     プロ入りは会社だけでなく、僕をそば店の後継ぎにしたがっていた父の弘も「プロなんて聞いてないぞ」と猛反対。それでも広島への入団に傾いたのは担当の木庭スカウトに、こう聞かされたからです。

    「アイルランドをクビにしたから二塁は空いている」

     アイルランドとは83年から広島に2シーズン在籍した二塁手。84年には4年ぶりのリーグ制覇にも貢献した助っ人がいないなら「俺にもチャンスはあるかな」。そう思ったのと、念願だったベストナインに選ばれたこともありプロ入りを決断しました。というわけで、次回からはプロ野球編です。


     しょうだ・こうぞう 1962年1月2日生まれ。和歌山県和歌山市出身。市立和歌山商業(現市立和歌山)から社会人の新日鉄広畑(現日本製鉄広畑)に進み、84年ロサンゼルス五輪で金メダル獲得。同年のドラフト2位で広島入団。85年秋から両打ちに転向する。86年に二塁のレギュラーに定着し、リーグVに貢献。87、88年に2年連続で首位打者、89年は盗塁王に輝く。87年から5年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞。98年に引退後は広島、近鉄、阪神、オリックスほか韓国プロ野球でもコーチを務めた。現役時代の通算成績は1565試合で1546安打、146盗塁、打率2割8分7厘。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/0a54260be6c454386174241e0511207928be0408

     広島の分離練習が15日、マツダスタジアムに隣接する屋内練習場であり、午後はA班野手が参加した。


     鈴木誠はノックやティー打撃、フリー打撃で汗を流したあと、居残りで打撃練習。カーブマシンを相手に左打席に立つと、右手で持ったバットをスッと立てた。

     その立ち姿は、マリナーズなどで活躍したイチロー氏の打撃フォームそのものだった。気分転換も兼ねての物まね。打球は右打席と同じように鋭かった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000123-dal-base

     元広島の高橋慶彦氏が7日、自身のインスタグラムを更新。傾斜のきつい坂道をランニングする動画を投稿し、「みんなでコロナという坂を越えましょう」と呼びかけた。


     高橋氏は74年ドラフト3位で広島入り。入団後に猛練習でスイッチヒッターとなり、79年に33試合連続安打の日本記録を樹立。70年代後半から80年代の赤ヘル黄金時代に3度の盗塁王を獲得し、現役17年間で通算1826安打、163本塁打、477盗塁を記録した。

     現役引退後はダイエー(現ソフトバンク)、ロッテ、オリックスと16年までコーチを歴任した。「赤ヘル機動力野球の申し子」も、現在63歳。この投稿には、ファンから「さすが走る 道も赤い こだわってますね」「慶彦さん、無理しないでくださいね」「盗塁して越えましょう」「慶彦さんナイスファイト」「かなり辛そうですね。無理しないでください」などとコメントが寄せられていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00768414-fullcount-base

    このページのトップヘ