広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋慶彦

     セントラル・リーグは10日の阪神-中日戦で、レギュラーシーズンの全日程を終了。これによってタイトルホルダーも確定した。広島・田中広輔は盗塁王に加え、最高出塁率のタイトルを初受賞。目立たないが、リーグ連覇を果たした広島にあって田中の貢献度は極めて大きい。



     数ある打撃タイトルの中で、「最高出塁率」は注目度が少ない。NPBで表彰される正規のタイトルだが、ほとんど報道されることはない。それはこのタイトルを取る選手が、首位打者や本塁打王など、他のタイトルも併せて取ることが多いからだ。

     出塁率は「打率+四死球での出塁率」だから、打率が高い打者は出塁率が高くなる。また、本塁打者は勝負を避けられることが多く四死球が増える。このために、首位打者、本塁打王が最高出塁率のタイトルを取ることが多いのだ。

     しかし田中は今季、打率は.290(11位)、本塁打は8本(29位)。それでいて出塁率は1位の.398、これは田中がいかにボールを見極めて四球を選んだかを意味している。

     今季、セ・リーグ打者の総出塁数(安打+四死球)5傑を見れば、田中のすごさが見えてくる。

    田中広輔(広)268(164安打89四球15死球)出塁率.3982
    丸佳浩(広)258(171安打83四球4死球)出塁率.3975
    筒香嘉智(De)238(143安打93四球2死球)出塁率.396
    坂本勇人(巨)228(157安打68四球3死球)出塁率.372
    山田哲人(ヤ)227(130安打91四球6死球)出塁率.364
    引用元 http://www.excite.co.jp/News/baseball/20171011/Full_count_87389.html

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム:CATCH!!>

     CSを順当に突破して「ソフトバンク対広島」の日本シリーズになれば、初顔合わせのシリーズとなる。両チームともに伝統球団だが、強かった時代が異なっており、ここまで1度も大舞台で対戦することがなかった。

     とはいえ、広島はホークスにとっては何とも因縁深い相手だ。常勝チームに成長した現在のホークスは、広島を「お手本」にスタートしたのだ。王会長が監督に就任した95年。王政権の「第1次内閣」はカープ出身者を登用した。寺岡孝ヘッドコーチ(故人)、達川光男バッテリーコーチ、高橋慶彦打撃・走塁コーチの3人を招へいした。現役時代から広島のスキのない野球を見てきた王さんは、打撃力を中心としながらも広島型の野球を標ぼうした。巨人出身者は誰ひとり呼ぶことなく新天地での新たな「王野球」を目指したわけだ。

     「ワシが現役の時、ブルペンで若い投手にアドバイスしている姿を評論家時代の王さんが見ていて、それで、『ああいう指導をしてほしい』と王さんから直接連絡があったんよ」。23年前、バッテリーコーチに呼ばれたときの話を達川ヘッドコーチは教えてくれた。「だから、感慨深いもんがあるわ。広島と対決できたらな」。もちろん、達川ヘッドコーチは広島での監督経験もあるだけに、思い入れは誰よりも強い。

     資金力には大きな差があるが、ともに「育成」のチームを自負している。達川ヘッドはこんな言葉も教えてくれた。

     「『力耕(りきこう)吾(われ)を欺(あざむ)かず』。これが広島カープの精神じゃけえ」。一生懸命耕した田畑の実りは自分を欺かない-、という意味である。力耕しなくても、ホークスは大きな「作物」をどんどん買い付けるからなあ。【ソフトバンク担当 佐竹英治】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00021097-nksports-base

     広島・田中広輔内野手(28)が25日、遊撃手として球団史上初の2年連続フルイニング出場へ意欲を示した。レギュラーシーズンは残り3試合と偉業達成は目前に迫る。最後まで不動の「1番・遊撃」としてチームを引っ張り、CSファイナルS突破、33年ぶりの日本一へと導く。



     チームとしての目標を一つ成し遂げたが、緊張感が漂う戦いはまだ終わらない。開幕から全140試合に「1番・遊撃」としてフルイニング出場を続ける田中。残り3試合、シーズン前に掲げた2年連続フルイニング出場の目標達成は目前に迫っている。

     「一日一日の積み重ねでここまできた。(試合に出続ける)難しさはあるけれど、レギュラーとして出ている以上、試合に出るのは当たり前ですし、どこかが痛いとか言っていられない」

     昨季初めて、遊撃手では高橋慶彦(86年)、野村謙二郎(94年)に次ぐ球団3人目のフルイニング出場を果たした。内野の要とも言えるポジションだけに体への負担は大きく、広島では過去に2年連続フルイニング出場を達成した遊撃手はいない。田中が球団初の快挙を成し遂げようとしている。

     15年4月1日・DeNA戦(横浜)から422試合連続フルイニング出場を継続中。積み重ねてきた数字は努力のたまものだ。「準備がほとんどの結果につながっていると思います。毎回、いい結果が出ることはないですが、まずはケガをしないためにも準備だけはしっかりしておきたい」。試合前は全体練習の時間よりも早くグラウンドに現れ、入念に調整を行う。

     これまでの経験も糧となっている。プロ4年目。「今年はゲームの中での気持ちの落ち着きというのがある。それが一番大きい」と試合に出続け、つかんだ手応えを口にする。

     守備だけでなく打線の中でも重責を担う。打率・287ながら、チームトップの四球86、死球15は中日・ゲレーロに並ぶリーグ最多だ。打席では塁に出ることを最優先に考え、体を張ったプレーもいとわない。結果、出塁率・395と1番打者としての役割を全うし、リーグ連覇にも貢献した。

     レギュラーシーズン終了後には勝負の短期決戦を控える。「(フルイニング出場の記録は)もちろんありますけど、CSもあるので、しっかりと準備をしないといけない」と先を見据える。日本一奪還へ、鯉の切り込み隊長がフル回転する。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/26/0010588234.shtml

     今年も田中、菊池、丸の「タナキクマル」トリオは健在だった。広島不動の1、2、3番は走攻守で相手の脅威となった。リーグトップの163安打、103得点を誇る丸はMVPの最有力候補だ。1番でフルイニング出場し、打線を引っ張った田中が、スポーツ報知に独占手記を寄せた。

     2年連続で自分のところに最後、ボールが飛んできて良かったです(笑い)。今年は自分のところに飛んでこいと思っていました。本当にうれしい。

     「1番打者」にこだわりはあります。昨年より1番らしい仕事ができたかなと思います。四球の数も出塁率もしっかり残せた。タイトルも目標に、盗塁は昨年よりも絶対に多く決めたいと思っていました。打率もある程度満足できる部分です。本塁打は減りましたが、この1年間、そこは我慢してやってきました。昨年は本塁打も意識して打率を落としてしまったので。

     本当の理想像はもう少し長打が打てる1番なんですけどね。長打も打ちたいし、率も残したい。そこが来季へ向けての課題ですね。一気に色々なことは出来ないと思う。でも打者ならやっぱり、誰でも本塁打を打ちたいという気持ちがあるんですよね。

     「タナキクマル」【※1】とまとめられますが、正直なところ特別そこに入りたいと思ったことはないんです。ただ、そう言われるからには、僕もやらなきゃ、3人で引っ張らなきゃという責任感が芽生えた。それは3人とも感じながらやっていると思う。お互いにいい刺激になっています。キクはあの守備で流れを変えられる。本当に頼もしい。丸は練習も一生懸命しますし、陰で投手の研究もしている。今年は本当に勝負強い。どんな感じで打っているのか聞いて参考にすることもあります。

     フルイニング出場【※2】は、大きな目標というより結果的に出ていたという感じです。レギュラーなので、ちょっとしたことで休みたくない。阪神の鳥谷さんのようにショートで出続けることを目指さないといけない。体は正直きつい。疲労回復のため(冷水と温水の)交代浴はずっと続けてやっています。昨年は夏場は本当に苦しくて、成績も落としてしまった。今年もしんどいですけど、成績を落とさずにやれているのは気持ちの面が大きいかなと思います。昨年は初めてだったので、どうしても精神的に疲れる部分があった。今年はうまく切り替えながらできてますね。

     東海大相模から東海大と同級生だった菅野とは、互いに意識しながら刺激をもらいながらやれています。食事にいけば近況報告だったり、「あそこでよく打ってくれたよな」とか昔話も盛り上がりますし、野球の技術的な話もします。敵ですが、いい投手と対戦するのは楽しいです。菅野が大学ジャパンに参加しているときに、僕は球拾いをしていたこともあったけど、複雑な気持ちとかそういうのは全くなかった。高いレベルでやりたいというモチベーションはずっと捨てずにやっていました。

     WBCにも出場して一人一人意識の高さだったり、取り組み方に触れ、経験できてよかった。自分も全く届かない選手じゃないと感じたところもあったし、そこを目指したいと改めて思いました。坂本さんにも色々と聞けたりして、刺激になりました。内容は大事なことなので秘密ですが…。今回はサブとしての招集だったので、東京五輪もありますし、いつか主力として出たいという思いは強くなりました。

     昨年はCS【※3】であれだけ打てたんですが、打ちすぎて日本シリーズ打てなくなってしまったので、ほどほどに…。僕は短期決戦のほうが好き。後のこと考えなくていいですからね。(広島カープ内野手)

     【※1】売り出し当初は「キクマル」コンビで有名だったが、昨年から田中が1番に固定され同級生の「タナキクマル」が定着。

     【※2】2015年4月1日のDeNA戦(横浜)から連続フルイニング出場を継続中。

     【※3】DeNAとのCS最終ステージ4試合で12打数10安打(打率8割3分3厘)と打ちまくり、最優秀選手賞を獲得。

     ◆田中 広輔(たなか・こうすけ)1989年7月3日、神奈川県生まれ。28歳。巨人・菅野と同級生だった東海大相模高―東海大から、JR東日本を経て2013年ドラフト3位で広島入り。16年から1番に定着し25年ぶりの優勝に貢献。CS最終ステージではMVPに輝いた。3月の第4回WBC日本代表。171センチ、81キロ。右投左打。年俸7800万円。既婚。
    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170918-OHT1T50300.html

     広島の田中広輔内野手(27)が19日、デイリースポーツのインタビューに応じ、今シーズンの自身の成績を分析した。プロ4年目は開幕から「1番・遊撃」で全67試合にフル出場。打率・279、出塁率・376、リーグトップの16盗塁、同2位の47得点と攻撃の起点となりチームを支えている。23日に再開するリーグ戦の連覇と昨季逃した日本一へ、鯉のリードオフマンが残り76試合も全力で駆け抜ける。

      ◇  ◇

     -交流戦も終わり、チームはセ・リーグ首位を走っている。

     「自分たちの野球が多くできている結果として、今の位置にいることができていると思います」

     -開幕から「1番・遊撃」で全試合に出場。チームの勝利に大きく貢献している自身の成績についてどのように感じているか。

     「全体的に順調にきていると思います。1番打者として出塁率の部分は一番頭に入れてやっています。安打だけでなく、塁に出るということで、フォアボールも多く選べています。今のところ、1番打者としての仕事はできていると思います」

     -今季ここまで四球での出塁は40。

     「去年1年間の経験が生きている結果だと思います。打席の中での落ち着きや対投手での心理戦ではないですけど、そういった部分が読み取れるようになってきた。こういったことが数字に表れてきている。1年間、1番で出場できたことは技術の向上以上に大きかったです」

     -投手に対する読みの部分というのは。

     「配球に関する部分もありますけど、今年は状況を見て投手があっぷあっぷしている中で無理やり打ちにいって助けたりとかが少なくなってきました。そういった読みがうまくなってきているのではないかと思います」

     -リーグ2位の得点数が示すように、塁に出ることがチームの得点につながっている。

     「1番打者ですし、打つだけが仕事ではないので。僕が塁に出ることができれば、ちゃんと次の塁へ進めてくれる人もいますし、本塁へかえしてくれる人がいる。役割を一人一人が理解しながら全力を尽くしてくれるので、僕も何とか塁に出ればという思いでやっている。そういうのが得点の多さにつながっているのではないでしょうか」

     -昨季はリーグ2位の28盗塁を決めた。今季も警戒される中、ここまでリーグトップの16盗塁を残している。

     「去年は好きなだけ走らせてもらった。そういった経験がスタートを切る余裕であったり、いいスタートを切れたときにだけ走る、という落ち着いた考えを持つことができている。失敗は絶対にすること。失敗に悲観せずに、(盗塁の)チャンスを自らの力で得ているのだから思い切ってスタートを切りたい、ということを考えています」

     -交流戦などでは、初対戦の投手でも盗塁を仕掛けていく必要があった。

     「初見の投手の研究もしますし、ベンチから見たり、塁に出て実際に感じたことをチェックするようにしています。1番打者の役割として塁に出て多く得点するということが一番大事。塁に出て盗塁し、少しでもチャンスを広げることを考えています」

     -昨季は全試合にフル出場。今年もここまで全67試合で継続している。

     「フルイニングへのこだわりはあります。(打撃の)数字以前の問題として、レギュラーとしてやるには計算できる選手がチームとしても大事なことだと思いますし、試合に出続けるということは数字以上に価値があることだと思います」

     -コンディションを維持するために行っていることは。

     「日頃から試合前後のケアには気をつかっています。準備がほとんどの結果につながっていると思いますし、人間がやることなので毎回、良い結果が出ることはない。まずはケガをしないためにも、準備だけはしっかりしておきたいので」

     -準備の部分で言えば、試合前には練習開始2、3時間前には球場入りしている。

     「ストレッチやトレーニングをしています。その日の自分の体の状態を、体と会話をしながら、試合にもっていくためにどういう動きをしたらいいのか、というのをトレーナーさんと考えながらやっています」

     -それらを重要視するようになったきっかけは。

     「レギュラーとして出始めて、毎日試合をしないといけない。そういった中で自分の打った打てなかったの結果で試合後のストレッチをしなかったり、しんどいから辞めておこうとかそういう日があった。そういうことは今までの経験の中で結果的によくなかったので、今は常にやるようにしています」

     -昨季25年ぶりのリーグ制覇を果たし、チーム全体で雰囲気の変化などはあったか。

     「去年優勝して選手みんなの自覚ではないですけど、しっかりやらなくてはいけないというのが芽生えてきていると感じます。僕自身もそうですし、一人一人が自分の役割をしっかり果たそう、というのが強くなってきているのではないかと思います」

     -今季はマウンドへ行き、投手に声を掛ける姿をよく見る。

     「投手はマウンドで孤独感もあると思う。マウンドに行くだけでも安心すると思いますし、大事なことだと思う。僕以外にもキク(菊池)もそうですけど、サードに入った安部とか西川とかも声を掛けに行っています。全体的にいい方向に向かっていると思います」

     -一緒にチームを支えている丸や菊池、安部ら同級生は、どんな存在か。

     「チームメートなのでライバルとかではないですが、お互いどこかしら意識して、切磋琢磨(せっさたくま)しながらやっていると思います。頼りにもなりますし」

     -23日から本拠地で2位・阪神との首位攻防戦が始まる。

     「交流戦が終わって、また休みも入って少し期間もあきます。あらためてチーム全員で一戦必勝という気持ちで一試合一試合、全力で戦っていくだけだと思います」

     -残り76試合。どのように戦っていくか。

     「リーグ連覇、日本一はみんな口に出さなくても目指しているところ。そのためにもまずは、ずっと言ってきている自分たちの守り勝つ野球。そういう試合を数多くすることが一番大事だと思いますし、最終的な結果にもつながってくると思います。最後までそれを続けていきたいです」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000034-dal-base

     今季は37年ぶりのリーグ連覇を狙う広島。開幕戦に敗れた直後から引き分けを挟んで10連勝するなど好調を維持し、セ・リーグ首位に立っている。スタートダッシュの勢いもそのまま、昨シーズンに続きリーグ優勝を果たすのか

     かつて広島で5度のリーグ優勝、3度の日本一を経験し、黄金期を牽引した高橋慶彦氏も、古巣の躍進に期待を寄せる1人だ。現在は福島・郡山に本社を置く住宅販売・設計施工会社「ウェルズホーム」で広報部長を務める高橋氏は、俊足を武器に盗塁王を3度獲得。プロ入り後にスイッチヒッターに転向し、1979年には33試合連続安打の日本記録を樹立した。

     昨季、圧倒的な強さでリーグ優勝した広島は、盗塁やエンドランなど機動力を生かした攻撃をチームカラーとした。1979年、80年、85年と3度盗塁王に輝いた高橋氏は、盗塁成功のカギについて「失敗を恐れず、走れる時はどんどん走ればいい」と話す。

    「僕は盗塁死の数も多いです。失敗を恐れず、走れる時はどんどん走ればいい。選手はアウトになるのが怖いです。『ここでアウトになったらチームに迷惑をかけてしまう』と考えてしまいますから。自分が走塁コーチを務めていた時には選手にもよく言いましたが、失敗を気にすることはないと思います」

     NPB歴代5位となる通算477盗塁を誇る高橋氏だが、同時に通算盗塁刺も206と多く、通算1065盗塁の日本記録を持つ福本豊氏の299盗塁刺に次ぐ歴代2位となっている。盗塁を決めた数は大事だし、成功率は高い方がいい。だが、何より大切なのは「どれだけホームに戻ってきているか」だと話す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00010004-fullcount-base

     昨シーズン、25年ぶりのリーグ優勝を達成した広島。今季は2年連続のリーグ制覇、昨季届かなかった日本一に向けて新たな戦いに挑んでいる。そんな王者にエールを送るのが広島で5度のリーグ優勝、そのうち3度の日本一を経験している高橋慶彦氏だ。

     1974年のドラフトで3位指名を受けて広島に入団した同氏はプロ入り後にスイッチヒッターに転向。打者としての才能を伸ばして入団4年目の78年からレギュラーに定着した。特に打撃と走塁で際立った活躍を見せ、盗塁王3度、ベストナイン5度、日本シリーズMVPなど数々のタイトルを獲得。そんな高橋氏はロッテ、阪神を経て引退し、ダイエー(現ソフトバンク)、ロッテ、オリックスで指導者を歴任。現在は福島・郡山に本社を置く住宅販売・設計施工会社「ウェルズホーム」で広報部長を務めている。

     今年還暦を迎えた高橋氏は躍進する古巣に熱視線を注いでおり、今年の連覇達成については昨年引退した黒田博樹の穴を埋められるかが鍵となると分析する。ここまでは、エース左腕のクリス・ジョンソンが離脱中ながら、若手が奮闘。4年目の九里亜蓮が3試合登板で2勝1敗、防御率2.18、2年目の岡田明丈も3試合登板で2勝0敗、防御率3.38と上々のスタートを切り、ルーキーの加藤拓也、床田寛樹はすでにプロ初勝利を挙げた。

    「今年も広島は強いと思います。黒田が広島に来てから、インサイドへの投球が増えましたね。それまでは外中心が多かった。そういうピッチングを経験して、投手陣は成長しました。黒田は引退しましたが、その遺産は大きいですね」


    引用元 https://full-count.jp/2017/04/19/post65592/

    このページのトップヘ