広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋慶彦

     広島の西川龍馬(24)が6日の西武戦に「5番・左翼」で出場。1打席目に痛烈な右犠飛を放ち、1打点は挙げたものの、3打数無安打に終わり、「令和」が始まった5月1日の阪神戦から続いていた連続安打が27試合でストップした。更新が期待された広島の先輩・高橋慶彦がマークした33試合連続安打の日本記録には届かなかった。

     記録は途切れたが、その5月1日から絶対的4番・鈴木誠也の後の5番に定着。小技や機動力も使えるクリーンアップとしてチームの快進撃を支えてきた。

     バットコントロールのうまさには定評があり、チーム内では「打撃は天才的」と言われる。春のキャンプの段階で「あいつは隠れ首位打者候補」と言う首脳陣もいたほど。が、この時、西川は苦笑い交じりにこう頭をかいていた。

    「首位打者ですか? ハハハ。ありがとうございます。そう言ってもらえるのはうれしいけど、その前に守るところを確保しないと。試合に出ないと何も始まりませんから」

     昨季まで首脳陣には「使いたいけど守るところがない」と言われた。主に三塁を守ったが、捕球にも送球にも難があり、今季から外野に転向した、はずだった。それが、「出場機会を増やすため」とキャンプでは投手、捕手を除く全ての守備練習を命じられた。便利屋の危機を乗り越えたのは、やはり自慢のバットだった。結局、長野や松山を押しのけ、丸が巨人にFA移籍して1枠空いた外野枠をゲット。今では「5番・左翼」に定着している。

     6日現在、打率は.293。ポジションを確保した今、「首位打者」争いまで食い込んでくるのか、見ものである。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000031-nkgendai-base

     「交流戦、西武-広島」(5日、メットライフドーム)

     広島・西川が27試合連続安打をマークした。

     8点リードの九回、2死。直前の鈴木が四球で歩き、チャンスが回ってきた。その初球、変化球にタイミングを外されたが、ボテボテの打球は二塁前へ。俊足を飛ばして一塁を駆け抜け、ラストチャンスで連続安打を継続した。送球も乱れる間に二塁へ進んだ。

     これで、球団単独2位に浮上。日本記録は広島・高橋慶彦の33試合連続安打。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000155-dal-base

     ◇交流戦 広島―西武(2019年6月4日 メットライフD)

     広島の西川龍馬内野手(24)がセ・パ交流戦初戦となった敵地での西武戦(メットライフD)に「5番・左翼」で先発出場。4回の第2打席で左中間フェンス直撃の二塁打を放ち、5番に定着し始めた5月1日の阪神戦(甲子園)から26試合連続安打をマークして1984年山崎隆造の持つ球団歴代2位記録へ35年ぶりに並んだ。

     西川は「打ったのはストレート。チャンスだったので後ろに繋ぐ気持ちでいきました。誠也がよく走ってくれました」とコメント。

     西川は令和がスタートした5月1日から5番打者に定着(11日のDeNA戦だけ1番)し、その日から連続安打をスタート。この日も「5番・左翼」で先発出場すると、0―4からバティスタの左翼スタンド上段に飛び込む2試合ぶりの16号ソロで1点を返し、なおも鈴木の左前打などで無死二塁で迎えた4回の第2打席で西武先発の右腕・今井が投じた2ボール1ストライクからの4球目、外角直球を叩いて左中間フェンス直撃の二塁打とした。

     球団記録はプロ野球記録でもある1979年高橋慶彦の33試合で、西川はその記録まであと7試合。順調に試合を消化し、記録を続けていけば12日の日本ハム戦(札幌D)で高橋の記録に並ぶ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000164-spnannex-base

    <ヤクルト-広島>◇30日◇神宮

    ホプキンス超えだ。広島西川龍馬内野手(24)が1回2死一塁から一二塁間を破る右前打を放ち、連続試合安打を22試合に伸ばした。


    広島では76年ホプキンス、14年菊池涼(5月31日~7月2日)の21試合連続を抜き、97年ロペス、14年菊池涼(7月26~8月21日)の22試合に並ぶ球団4位の記録となった。

    自らの記録を伸ばす一打でランエンドヒットを成功させてチャンスを広げると、6番磯村の2点二塁打でリードを広げた。磯村は「ひと振りでしっかり捉えることが出来ました」と振り返った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-05300608-nksports-base

    <ヤクルト-広島>◇28日◇神宮

    広島西川龍馬内野手(24)が3回、ヤクルト先発原から二塁手山田のグラブを弾く適時打を放ち、20試合連続安打とした。



    広島での20試合以上の連続安打は14年の菊池涼以来8人目。左打者では94年の野村以来25年ぶり4人目。

    記録を伸ばす一打が貴重な追加点を生み「チャンスだったので、しっかりと食らい付いていきました。いいところに飛んでくれましたね」と4試合連続打点を振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-05280717-nksports-base

     野球評論家の張本勲氏が10日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、巨人から広島に移籍した長野久義外野手の活躍に太鼓判を押した。

     オフに人的補償で電撃移籍。本人の置かれた状況、心境について「野球選手の宿命だからね。どこへ転勤するか分からない。そのチームで最後までいたほうが理想は理想。どこへ行くか分からないから。でも割り切ってますよ」と、うなずいた。

     首位打者を獲得するなど、実績は十分。近年は故障もあって本来の実力を発揮し切れていないが「三拍子そろっているから、高橋由伸と同じように全部よかったから。ただふたりともケガが多い。それが致命傷。でもやってくれると思う」と、新天地での活躍を期待した。

     ゲスト出演した野球評論家の高橋慶彦氏も長野に注目していることを明かし、「いろんな意味でチームを引っ張ってもらいたい。長野選手にがんばってもらわないと(広島の)V4はないかな。やるんじゃないですか、力はあるから」と期待感を示した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000035-dal-base

     このオフ、広島・上本崇内野手(28)の相棒はバットだ。「野球はバッティング、少ない打席の中でヒットを打ちたい」。来年2月のキャンプインまで、体作りと並行して、打力アップに励んでいる。

     12月上旬、上本は連日マツダスタジアムを訪れ、マシン打撃と向き合った。トレーニングでも打撃フォームを意識。ウエートトレにスイングの動作を取り入れるなど「バッティングにつながるトレーニングをしています」と本気モードだ。

     今季はスーパーサブの確固たるポジションを築き上げた。自己最多の59試合に出場し、6盗塁。代走として重大な局面で盗塁を決め、チームの勝利に貢献した。普段はムードメーカーとしてナインを盛り上げるが、グラウンドに飛び出せば、勝負師の顔に変貌する。

     背番号0の勝負強さが際立ったのが、CSファイナルステージ第2戦だ。1点を追う終盤の八回。2死一塁で代走として出場すると、二盗を決め、新井の二塁打と菊池の勝ち越し弾を呼び込んだ。「僕の場合はしびれる場面だけじゃなくて、全部失敗できない。点差が開いていても、エラーできないので」。言葉の端々にスペシャリストの自負がにじむ。

     今季は本格的に外野にも取り組み、出場の機会を増やした。抜群の野球センスに加えて練習の成果を示した。ただ打率は・091。わずか13打席だったが、上本は不満顔だ。「守備固めや代走で出ても打席がまわってくることがある。自分の仕事はあるけど、打席に立つなら打てた方がいい」と力を込める。

     年明けからは小窪、下水流と共に、恒例のグアム自主トレを行う予定だ。「暖かいところの方が体を動かせるので」。代走、守備の達人は南国でもバットを振り込むつもりだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000048-dal-base

     元プロ野球選手の高橋慶彦氏(61)が25日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、広島からロッテ、阪神と移籍したことを振り返って阪神時代は「試合に出てない。遊んでいた」と豪快に笑った。高橋氏は阪神に1991年から92年の2年間在籍。76試合に出場した。


     番組には高橋のほかに元プロ野球選手の西崎幸広氏、星野伸之氏、金村義明氏が出演した。高橋氏は現役時代、盗塁王3回、連続試合安打記録33試合と輝かしい記録を打ち立てたことを紹介された。

     続けてMCの東野幸治が、投手だった西崎氏に最速何キロだったのかを質問。西崎氏は149キロだったと即答した。東野は高橋氏に、西崎氏と対戦歴があるのかを尋ねると、高橋氏は「覚えてない」と返答。西崎氏が「ロッテ行ったときですよ」と高橋氏がロッテ在籍時代に対戦していると訴えた。

     ここで後ろにいた金村氏が「ロッテのときはもう遊んでたもん」とツッコんだ。高橋氏は笑って否定しなかった。東野が笑いながら「ロッテのころは遊んでたんですか?」と重ねると、高橋氏は「一生懸命やってたよ」とぶっきらぼうに答えた。しかし、西崎氏が「1年でやめた」とツッコんで笑いが広がった。

     東野が「1年でやめて阪神に行ったんでしょ。阪神ではどうやったんですか」と尋ねた。高橋氏は「試合出てないしね、ほとんど。桧山、新庄とかのころ。阪神ではほとんど試合出てない。遊んでた」と自白。爆笑のなか、高橋氏はさらに「やっぱ新地が近かったから」と大阪有数の繁華街が甲子園球場から近かったことから遊んでいたと振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000072-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム:CATCH!!>

    <SMBC日本シリーズ2018:ソフトバンク9-8広島>◇第3戦◇30日◇ヤフオクドーム



    何色の糸で結ばれているか分からないが、ホークスと広島は昭和の時代からリーグは違っても、つながりの深い球団だった。日本シリーズ初の顔合わせ。ホークスが福岡に移転して30シーズン目。ようやく大舞台で出会った。

    世界の王が博多にやってきてからホークスは着実に「常勝」の道を歩み始める。1994年(平6)10月12日、ダイエー王監督が誕生。古巣巨人を離れ、九州の地で背番号「89」のユニホームに袖を通した。「打撃を中心にした打ち勝つ野球」を掲げつつ、巨人時代からその「強さ」に一目置いていた広島の「機動性」「守備力」を生かしたスキのない野球を目指した。約1カ月後に発表された王第1次内閣は広島OBの寺岡(ヘッドコーチ)達川(バッテリーコーチ)高橋(打撃兼走塁コーチ)の3人のコーチが就任した。当時のフロントも王監督の意外な人選に驚いた。広島出身コーチの招へいに向け球団幹部は広島まで足を運び、松田耕平オーナー(故人)に面会。組閣入りの内諾を得た。その後も水谷(打撃コーチ)らも加わり「総合力」の高いチーム作りを目指した。

    昭和の時代までさかのぼれば広島を球団創設初のAクラス入りさせ「赤ヘル軍団」の礎(いしずえ)を築いたとされる根本監督(故人)がいる。のちにダイエー監督となりGM的立場で王監督を招へい。こちらもホークスの常勝の礎を築いた。

    ホークスは「逆転の広島」に強烈に追い上げられたが、何とか本拠地ヤフオクドームで星を拾った。これで1勝1敗1分けの五分。因縁深い両チームはさらに激戦を展開しそうだ。【ソフトバンク担当 佐竹英治】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00378119-nksports-base

    <セCSファイナルステージ:広島4-1巨人>◇第2戦◇18日◇マツダスタジアム

    女子パラ走り幅跳び選手で、パラリンピックに3度出場している中西麻耶(33)が始球式に登場した。

    ファンである広島田中のビジター用ユニホームを身にまとい、マウンドへ。力強く腕を振り、ワンバウンド投球を見せた。

    11年から担当するカウンセリングコーチが広島出身で、黒田博樹氏も担当していた縁で始球式が実現。この日も黒田氏のグラブを着用した。初体験の始球式を終え「このような機会で始球式をやることができてうれしいです。ワンバウンドは悔しい。マウンドに上がるとイメージより感覚が違うなと思いました」と感想を語った。

    17年世界選手権で銅メダル、今年のアジア大会で金メダルを獲得。20年東京パラ五輪を目標にする中西は「カープはファンの方と距離が近いですし、あれだけファンに愛される中で試合に勝てることはスポーツの醍醐味(だいごみ)だと思う。私も刺激をもらえるし、カープと一緒にいい成績を残したい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00365674-nksports-base&pos=4

    このページのトップヘ