広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋昂也

     期待の高卒2年目左腕がまた好投を見せた。

     初の対外試合となった18日の中日との練習試合。先発した高橋昂也(19)が3回を1安打無失点に抑え、「自分の投球ができたのは良かった」と汗を拭った。

     11日の紅白戦でも3回をゼロ封。緒方監督に一軍の宮崎・日南1次キャンプの「投手MVP」に挙げられていた。

     先発もリリーフも左がいない――。主力は先発のジョンソンくらいのものだから、左腕の台頭は重要事項なのだ。

    「昨季リーグ連覇を果たしたとはいえ、左投手不足は最大の弱点とされていた。本来なら昨秋のドラフト上位で左腕を取るべきところ。実際、スカウトの間ではそういう意見もあった。しかし1位は地元出身のスター候補で捕手の中村奨成を指名。2位以下ではあえて指名しなかった。1位級でないなら、高橋昂をはじめ、塹江、高橋樹、オスカルといったすでに在籍している左投手を鍛え上げようという考えです」(広島関係者)

     この日はセットポジションの静止時間を短くして、ボークの判定基準を試す余裕もあった。チームのウイークポイントを補って余りある能力を秘めた有望株。2次キャンプ地の沖縄でも猛アピールで、虎視眈々と先発ローテ入りを狙っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000011-nkgendai-base

     広島が中日との練習試合(コザしんきんスタジアム)に4-1で勝利。一軍生き残りをかける、若手のアピール合戦が際立った。

     投手陣では先発の高橋昂が、3回を1安打無失点と好投。2番手のアドゥワは6回に失点したが、こちらも3回1失点と及第点の内容だった。3番手の塹江は走者を背負いながらも2回零封。圧巻は9回に登板した4年目右腕の藤井皓。伸びのあるを真っ直ぐを軸に、遠藤、木下、友永の3選手を、すべて見逃し三振に封じ込めた。

     打線は2回、6番バティスタが豪快ソロを左翼席へ運び先制。4回は、右くるぶし骨折からの復活を目指す鈴木が代打で登場し、実戦復帰初打席初球ホームランという離れ業をやってのけた。

     これに触発されたのか、鈴木と同じ2012年ドラフト指名組が猛アピール。6回は途中出場の上本(ドラフト3位)が右前適時打を放つと、続く7回は途中出場・美間(同5位)の左翼線二塁打のあと、8番高橋大(同1位)が、チーム4点目となる適時三塁打を右中間へ運んだ。8回には、代打・下水流(同4位)も中前打を放ち、鈴木(同2位)の実戦復帰に花を添える形となった。

     打撃陣ではそのほかにも、先発した堂林、途中出場の庄司、坂倉らも安打をマーク。広島の一軍生き残り争いは、日に日にヒートアップしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00144718-baseballk-base

     「練習試合、広島-中日」(18日、コザしんきんスタジアム)

     広島の先発・高橋昂也投手が3回1安打無失点と好投した。

     初回、1番京田の右前打から2死一、三塁のピンチを招いたが、5番モヤを見逃し三振。落ち着いた投球で三回までスコアボードに0を並べ、アピールに成功した。

     高橋昂は「まずは自分のピッチングをしてアピールをしようと思った。課題はありますが、まだまだ状態は上がっていくと思う」とうなずいていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000087-dal-base

     広島・高橋昂也投手(19)がカープの今年初の対外試合となるあす18日の中日との練習試合(午後1時、コザしんきんスタジアム)で先発する。

     この日、ブルペン投球などで調整したプロ2年目、MAX152キロの左腕は「自分の投球ができるようにしたい。真っすぐをうまく散らして投げたいです」と闘志を燃やした。

     2番手で登板予定の2年目のアドゥワ誠投手(19)は「ローテーション入りを懸けた登板になる。しっかり自分の投球をしたい」と力を込めた。

     開幕ローテーションは開幕投手候補のジョンソン、野村、薮田に加えて大瀬良、岡田が入る可能性が高い。残り1枠を昨季5勝を挙げた中村祐を筆頭に高橋昂、アドゥワらで争っている。


    引用元 https://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/180217/spo18021719030103-n1.html


     2年目で大化けの予感だ。広島の緒方孝市監督(49)が14日、宮崎・日南キャンプ打ち上げに際して「目に付いた」選手の一人に左腕・高橋昂也投手(19)の名前を挙げた。花咲徳栄高時代に寺島成輝(履正社→ヤクルト)、藤平尚真(横浜→楽天)とともに「高校ビッグ3」と言われた同投手には、安仁屋宗八臨時投手コーチ(73)も大物OB左腕と重ねて「Gキラー襲名」の期待を寄せている。

     左腕不足が懸案事項となっていた赤ヘルに待望の孝行息子が現れた。高橋昂は11日の紅白戦で最速146キロの直球を武器に田中、菊池、松山といったバリバリのレギュラーを相手に3回で4安打されながらも零封。沖縄で行われる一軍の2次キャンプ帯同が決まっただけでなく、今年初の対外試合となる18日の中日との練習試合での先発にも指名された。

     伸び盛りの左腕は、鯉の生き字引でもある安仁屋臨時コーチいわく、通算139勝左腕の川口和久氏(58)と「タイプが似ている」。投手コーチ時代の教え子でもある川口氏は右打者の内角に力強い直球を投げ込むクロスファイヤーを生かし、巨人戦通算33勝を挙げるなど1980年代~90年代前半の赤ヘル黄金期を支えた。高橋昂も踏み出す右足がインステップしていることや、直球で右打者の内角を攻めていることから「まだ直球がスーッと入ってくるイメージだが、スライダーやカットボール気味に入ってくれば面白いよね。(Gキラーに)なってもらいたい」とエールを送る。

     くしくも川口氏の広島在籍時と同じ「34」を背負う高橋昂は「(川口氏に)実際にお会いしたことはありませんが、背番号が一緒なので調べたことがあります」と興味津々な様子。それどころか「しっかり一軍に定着できたら、どの球団にも勝てる投手になりたい」と“川口超え”も視野に入れている。広島で過去、巨人戦で30勝以上を挙げたのは川口氏を含め3人(長谷川良、北別府)のみ。高橋昂が“新Gキラー”となるか見ものだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000035-tospoweb-base

     広島は14日、宮崎県日南市での1次キャンプを打ち上げ、あす16日から始まる2次キャンプに向け沖縄入りした。若手投手の台頭に期待する緒方監督は、キャンプ初の対外試合となる18日の中日との練習試合(コザしんきん)の先発に左腕・高橋昂、2番手に右腕・アドゥワの高卒2年目コンビを指名。6人を予定する開幕ローテーションの残り1枠をかけた「第6の男」をめぐり、非情なサバイバルを予告した。

     「ここまでは高橋昂がいい投球をみせてくれた。アドゥワとかもね。ここからは結果を出せば開幕1軍に名前が残ることになる」

     今キャンプで評価を急上昇させたのが高橋昂だ。7日のシート打撃で菊池、丸らを抑え11日の紅白戦でも3回無失点と好投。期待の表れといえる“開幕投手”に指名されると、さらに目の色を変えた。「結果を出したい。全部を出すつもりで。(18日で)自分の力を1軍のレベルで確かめられると思う」。アドゥワも「やれることをやって、抑えることだけを考えます」と静かに闘志を燃やした。

     2次キャンプを控え、畝投手コーチは「沖縄に行ってダメだったらすぐに(2軍に)帰ってもらう。そこはサバイバルだから」と“追試なし”を示唆した。先発ローテーションは、実績あるジョンソンと野村が当確で、順調なら昨季2桁勝利を挙げた薮田、大瀬良、岡田の3人も濃厚。ラスト1枠を先の2人に中村祐、塹江、さらに九里も加わって争うことになりそうだ。天国か地獄か――。真のサバイバルが沖縄で幕を開ける。 (河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000064-spnannex-base

     「広島春季キャンプ」(13日、日南)

     広島のクリス・ジョンソン投手(33)が13日、今キャンプ初めてフリー打撃に登板し、開幕へ向けて順調な調整ぶりを示した。バティスタ、メヒアを相手に計40球を投じ、安打性はゼロ。直球とともにカーブなどの変化球も巧みに駆使し、圧巻の投球を見せた。3年連続の開幕投手候補の助っ人左腕は、視界良好の中で仕上げていく。



     さすがの投球を見せた。ジョンソンが今年初めてフリー打撃に登板。投球前に打者に球種を伝える中でも、同じ助っ人のバティスタ、メヒアを手玉に取り、状態の良さを日南の地でアピールした。

     「初の対戦だったけど、非常に良かった。結果も持ち味のゴロで打ち取ることができたし、何よりもストライクをゾーンの中に投げられた。球の動きも悪くなかった」

     冷静に投球を振り返る中で、満足感がにじみ出る。最速143キロの直球やカットボールで内角をえぐり、カーブやツーシームも自在に操った。40球中、21スイングで安打性の当たりは0本。順調な調整は結果にも表れた。

     シーズンへ向けて極上に仕上げるためにも、余念はない。投球後は捕手を務めた会沢に歩み寄り、カーブのすり合わせを行った。「真っすぐのような軌道でカーブが落ちていたかの確認。効果的な変化球は手前から大きく曲がるのではなく、打者の手元でいかに動くかが重要」とさらに質の良い変化球を求めていく。

     昨季の二の舞とはならない。開幕投手を務めたものの、4月に咽頭炎を発症。夏場には故障離脱もあり、来日3年目にしてワーストの6勝(3敗)、防御率4・01に終わった。今年は体調面の配慮はもちろん、テークバックからリリースへのタイミングの取り方をマイナーチェンジ。この日の投球を見守った畝投手コーチは「全然問題なかった。バランスも悪くなかった」と評価した。

     順調ぶりをうかがわせた左腕に他球団007もため息を漏らす。阪神・飯田スコアラーが「右打者の内角にキレのある球が集まっていた。真っすぐとカットだけでもなかなか打てない」とうなれば、中日・鈴木スコアラーは「質がいい。今年はやるんじゃないか」と表情を曇らせた。

     16日からの沖縄2次キャンプでも打撃投手を務め、その後実戦へと移る予定だ。南海・スタンカ(61~63年)、阪神・メッセンジャー(15~17年)に続く、外国人史上3人目となる3年連続開幕投手の候補でもある。「(もし、開幕投手を務めるなら)非常に光栄なこと。指示を待ちたい」と語った16年の沢村賞左腕。2018年は完全復活した姿を見せる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000012-dal-base

    <今日の一番>

     高卒2年目の高橋昂也投手(19)が14日、ブルペンで87球の投げ込みを行った。



     先発した11日の紅白戦で3回無失点の好投。アピールを続ける左腕は、今年の対外試合初戦となる18日中日戦(沖縄)での先発も決まった。

     この日、日南キャンプを打ち上げた緒方監督は投手陣で目立った選手にアドゥワや藤井皓とともに高橋昂の名前を挙げた。さらに「18日の対外試合が最初なので、昂也を先発させる」と明言。「相手打者を見ながら自分の投球ができるか。味方に投げるのとはちょっと違ってくるだろう。しっかり投げきれるか見ていきたい」と期待した。

     すでに先発を伝えられていた高橋昂は「結果を出したい。やることは変わらない。自分の全部を出し切る投球ができれば」と意気込んだ。

     チームはこの日、2次キャンプを行う沖縄へ移動した。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00125842-nksports-base

     「広島春季キャンプ」(11日、日南)

     今キャンプ初の紅白戦が行われ、高卒2年目同士の高橋昂也投手、アドゥワ誠投手が先発した。

     高橋昂は直球を中心に内外角を巧みに使い、相手に二塁すら踏ませず。3回4安打無失点でマウンドを降りた。

     一方のアドゥワは二回までテンポの良い投球を展開。だが0-0の三回に先頭の上本に四球を与えると、その後も安打と四球で1死満塁。バティスタには押し出し死球を与え先制点を献上した。その後も制球が乱れ追加点を与えるなど、3回3安打2失点となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000087-dal-base

    <今日の一番>

     広島クリス・ジョンソン投手(33)が初めて打者を相手にしたフリー打撃登板で、順調な調整をうかがわせた。


     バティスタとメヒアを相手に計40球を真っすぐだけでなくブレーキの利いたカーブやチェンジアップ、ツーシームなどを投じた。見逃しストライクは5度。2選手に計20スイングで安打性2本に抑えた。

     寒波の影響で気温が上がらず、例年よりも寒い中での1次キャンプとなったが、3年目の左腕は気にしない。「こういった天気の中でも僕らのトレーニングは進んでいく。体はコンディションは良く、肩周りも調子良く投げ込めている。あとは沖縄の温暖な気候の下で実戦に向けての仕上げをしていきたい」。1次キャンプで調整の段階を上げて14日、実戦が増える沖縄へ移動する。【広島担当=前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00124913-nksports-base

    このページのトップヘ