広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋昂也

     昨季12勝の広島・岡田明丈投手(24)の開幕ローテ入りに黄信号がともった。17日の楽天戦(静岡)の5回無死、島内の打球が左すね、ふくらはぎ付近を直撃して降板。関係者によると、左下腿(かたい)の打撲で、試合後は車いすでバスまで運ばれたという。

     緒方監督は「当たり所が良くなかった」と険しい表情。岡田は広島に帰る予定を取りやめ、静岡市内の宿舎でアイシング治療などを受けた。降板するまでの投球も、5四球と乱調で2失点。開幕2カード目となる4月3日からのヤクルト3連戦(神宮)の先発が有力だったが、九里か高橋昂と入れ替わる可能性が出てきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000006-sph-base

     ちなみに、日本人に多い名字では佐藤、鈴木、高橋、田中、渡辺、伊藤など(※異体字含む)が上位とされている。プロ野球選手はどうだろうか。


    1位 田中 14人

    田中正義(ソ)投手
    田中和基(楽)外野手
    (田中)耀飛(楽)外野手
    田中瑛斗(日)投手
    田中豊樹(日)投手
    田中賢介(日)内野手
    田中靖洋(ロ)投手
    田中広輔(広)内野手
    田中健二朗(De)投手
    田中浩康(De)内野手
    田中貴也(巨)捕手
    田中俊太(巨)内野手
    田中優大(巨)育・投手
    田中大輝(巨)育・投手

     プロ野球選手で最も多いのは田中姓。巨人に4人、日本ハムに3人と偏っている。日本ハムはかつて「田中幸雄」という同姓同名の投手と内野手が同時期にいたが、なぜか田中姓の選手が多いことで知られている。

    2位 高橋 11人

    高橋礼(ソ)投手
    高橋純平(ソ)投手
    高橋光成(西)投手
    高橋朋己(西)投手
    高橋昂也(広)投手
    高橋樹也(広)投手
    高橋大樹(広)外野手
    高橋遥人(神)投手
    高橋聡文(神)投手
    高橋周平(中)内野手
    高橋奎二(ヤ)投手

     いわゆる「ハシゴ高」も含めた高橋姓が2位。11人中9人が投手と偏っている。高橋は広島に多い。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00112344-fullcount-base

     「オープン戦、広島1-4日本ハム」(14日、マツダスタジアム)

     広島のアドゥワ誠投手が人生で初めて1試合3連続本塁打を浴びた。


     六回だ。先頭のレアードにチェンジアップを捉えられ左越えソロを被弾。さらに横尾、岡には甘くなった直球をスタンドまで運ばれた。

     この日の課題は明確で「全体的に球が高かった。低めに投げられていたならホームランにはなっていなかった」と唇をかみしめた。

     開幕1軍入りを果たすためには結果を残し続けるしか道はない。「良い経験と捉えれば良いと言ってもらった」と言うと、「次がラストチャンスだと思う」と闘志を燃やした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000130-dal-base

     ◇オープン戦 広島3―3ヤクルト(2018年3月11日 福山)

     広島・高橋昂也投手(19)が、開幕ローテーション争いに生き残った。11日のヤクルトとのオープン戦に先発し、5回を被安打3、4奪三振で無失点に抑える好投。先発の残り1枠を九里と一騎打ちで争う中、緒方監督からは「たいしたもの。いいアピールをしてくれた」と高評価を受けた。

     絶対に失敗の許されないマウンドで輝いた。高橋昂は闘志を表に出すことなく、淡々とスコアボードにゼロだけを並べた。

     「結果としてゼロに抑えられたのはよかったし、直球の走りもよかった。体が開き気味だったのが修正できて、うまく押し込めた」

     相手打線は山田哲、バレンティン、畠山という強力クリーンアップ。それでも「相手を見ることはないので」と動じなかった。初回、山田哲に中前打を許したが、バレンティン、畠山はともに2打数無安打。伸びのある直球を武器に三塁すら踏ませず、被安打3、4奪三振と強力打線に“完勝”した。

     広島の開幕ローテは野村、ジョンソン、薮田、大瀬良、岡田の5人が確定。残り1枠を九里との一騎打ちで争う。九里が実績十分なだけに、好投を続けるしか生き残る道はない。そんな厳しい立場の中で結果を残したことに、緒方監督からは「大したもの。自信にしてもらっていい。(ローテ入りへ)もちろん、いいアピールをしてくれた」と高評価を与えられた。

     ローテ争い以外にも、チラリと意識することがあった。5回からヤクルトの2番手として寺島が登板し、1回を無失点。楽天・藤平、西武・今井とともに高校ビッグ4と評されたが、高橋昂だけがドラフト1位指名にかからなかった。「今日は話す機会はなかったです。向こうはドラ1で入って、自分よりは上なので。追い越せるようになりたい」と珍しくライバル心をちらつかせた。

     開幕までに残り2試合の登板が予定されている。「スライダーもある程度は制球できたけど、さらに上がってくれば、もっと楽になると思う」。キャンプ前には中村祐、塹江、アドゥワら多くの“第6の先発”候補がいた中で、まだ1軍経験のない2年目の19歳左腕がオープン戦は2試合で計8回を投げて防御率0.00だ。今オフから目標に掲げ続けた開幕ローテ入り。いよいよ現実味を帯びてきた。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000071-spnannex-base

     広島の開幕ローテ6番手を懸けた最終バトルが始まる。畝龍実投手コーチ(53)が8日、ローテ最後の椅子を残り数回の登板で慎重に見極めていく方針を示した。現状は九里亜蓮投手(26)と高橋昂也投手(19)の一騎打ちで、両投手の次回登板は11日・ヤクルト戦(福山)以降の予定。この日はマツダスタジアムに隣接する室内練習場で全体練習が行われた。

     いよいよ、クライマックスバトルが始まる。開幕ローテは野村、ジョンソン、薮田、大瀬良、岡田の5人が既に決定的。「6人目の男」へ、九里はノックなどで、高橋昂は投内連係などを行い精力的に汗を流した。

     ローテ最終枠について、畝投手コーチは「5人は決まってるけど、九里も見劣りしていない」とし、高橋昂には「(仕上がってきた)プロの打者と対戦させたい」と話した。

     九里は昨季開幕ローテを勝ち取ったが、途中から中継ぎに配置転換。再びローテ入りを目指す中、3日の教育リーグ・中日戦(由宇)では4回を2安打無失点と好投。「開幕ローテに食い込んでいきたい。結果にこだわって、アピールしないといけない立場」と闘志を燃やす。

     一方、2年目の高橋昂は今春キャンプで1軍に抜てきされ、好結果と好内容で評価を上げてきた。だが、4日の教育リーグ・同戦(由宇)では4回を6安打3失点で「納得いかない球が全部だった」と反省。現在はフォーム修正を施しており「チャンスは多くない。1試合を大事に、ぶつかっていきたい」と再アピールを図る。

     両投手の次回登板は11日・ヤクルト戦(福山)以降の予定。「ローテの5、6番目はファームで(登板させる)というのもあるけど、(1軍で)見なければいけない」と畝コーチ。アピールの場も限られてくる中、首脳陣の目に留まる熱投が求められる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000040-dal-base

     リーグ連覇中の広島が27日、春季キャンプを打ち上げた。

     宮崎・日南から沖縄へ移動した約1カ月間の日程を終えた緒方孝市監督(49)は、「若い人にとってこの期間は第1段階だったが、いいものを数多く見せてくれてうれしい」と若手のアピールに笑顔。練習後にはナインの円陣に歩み寄り、高橋昂也(19=2年目)、アドゥワ誠(19=2年目)、藤井皓哉(21=4年目)の投手3人と、上本、下水流の野手2人の計5人に「監督賞」を贈った。

    「頑張って目立っていた。期待を込めて」(緒方監督)

     野手2人は内、外野のスーパーサブ的存在だが、投手3人は、いずれも高卒の若手有望株。広島のチーム関係者がこう言った。

    「昨年はシーズン途中で中継ぎから転向した薮田が15勝3敗、2年目の岡田が12勝5敗で前年に引退した黒田の穴を埋め、リーグV2に貢献した。とはいっても、活躍したのは1年。まだ計算はできない。救援陣はさらに不安視されている。先発は野村、ジョンソン、大瀬良あたりが軸になるが、若手にチャンスがある状況ではある。ただ、監督が名前を挙げた3人に対しては、今年どうしても出てきて欲しいというほどの切羽詰まったものはない。チームが勝っている今のうちに、ノビシロのある高卒の若手を競わせ、数年後を見据えた育成をしようという球団方針です」

     他球団にはため息の出る話だ。特に、吉川尚ら4人がインフルエンザA型に感染し、緊急措置としてこの日、沖縄・那覇2次キャンプを1日前倒しで打ち上げた巨人はそうだろう。こちらも「球団方針」として盛んに「若返り」をうたってはいるものの、期待の岡本らはアピール不足。掛け声だけが響き、まったく実体が伴いそうにないのが実情だ。

     そんな巨人からみれば、次の世代がどんどん台頭する広島は、まぶしく映るに違いない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000025-nkgendai-base

     「広島春季キャンプ」(27日、沖縄)

     広島の高橋昂也投手(19)が27日、充実した表情で春季キャンプを打ち上げた。2年目で初めて1軍に抜てきされた左腕は実戦でも内容、結果を残し、アピールに成功。首脳陣の評価はうなぎのぼりだ。この日はブルペンで94球を投げてキャンプの総仕上げ。3月から本格化するオープン戦でも好投を続け、開幕ローテの6人目をつかみ取る構えだ。

     乾いた捕球音をブルペンに響かせた。高橋昂が投じた今キャンプ最後の1球。左打者の内角を想定して投じた94球目は、威力のある直球だった。3月から始まる開幕ローテ入りを懸けた第2ラウンドに向け、最高の準備を整えた。

     「レベルアップができたし、良い経験もさせてもらった。1軍の選手を間近で見ることができたし、充実感があるキャンプを過ごせたと思います」。19歳は汗をぬぐいながら言葉をつむいだ。

     3日のフリー打撃初登板から結果を残してきた。11日の紅白戦では3回4安打無失点と好投し沖縄2次キャンプ行きを決めると、初の対外試合となった18日の中日戦でも物おじせず腕を振り、3回1安打無失点でまとめた。

     24日の楽天とのオープン戦では内田に2ランを被弾。これが1軍で初めて浴びる本塁打だ。「勉強しながら成長してほしい」と畝コーチは言い続けてきた。高卒2年目左腕にとっては失投を見逃してもらえないことを身をもって痛感した、貴重なマウンドになった。

     この日のブルペンではフォームを修正した。「最近はしっくりきていなかったので」と高橋昂。納得いくまで投げ込み、球数は自然と増えた。それでも投げるたびに上半身と下半身のバランスが良くなり、球質は上昇カーブを描く。手応えを感じて投げ終えた94球だ。

     開幕ローテ入りを目標に掲げる。野村、ジョンソン、薮田、大瀬良、岡田の5人が決定的で残り枠は1人。緒方監督はキャンプ前、投手力底上げが3連覇のキーポイントとし、新戦力の台頭が欠かせないと力を込めていた。この日のキャンプ総括で目にとまった選手を問われた指揮官が、真っ先に名前を挙げたのは高橋昂だ。監督賞も授与し、さらなる成長に期待を寄せた。

     開幕まで1カ月。これからはふるい落としが始まる。結果を残すことでしか生き残れない、し烈なサバイバルレース。「(首脳陣を)納得させる投球を見せたい。最後まで1軍に残れるように結果にこだわっていく」。沖縄の青空の下で高橋昂が力強く誓いを立てた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000022-dal-base

     「たかはし」じゃないの!? 広島は27日、沖縄2次キャンプを打ち上げた。全体練習終了後、手締め前には緒方孝市監督(49歳)から選手へうれしいプレゼント。若手の底上げを図る指揮官から春季キャンプで成長の跡を示した選手へ「監督賞」が贈られた。

     選ばれた選手は計5人、名前が呼ばれる度に「はいっ!」という返事とともに、チームメートから拍手と歓声が湧いた。「(高橋)昂也」「アドゥワ」「藤井」「下水流」と続き、最後に名前を呼ばれたのは「たかし!」。盛り上げ役と外野守備のレベルアップでアピールした上本“崇司”のことだったが、“たかはし”と聞き間違えた高橋大が返事をして前に出ようとする勘違い。「監督からあまり名前を呼ばれたことがなかったんで」と苦笑いも、チームメートの笑いを誘った。

     「監督賞」をもらうことはできなかったものの、日南1次キャンプで2軍から参加した紅白戦で1発を放ち、沖縄行きを勝ち取った。沖縄でも結果を残し、1軍同行が決定。「(同じ右打ちの外野手)下水流さんや堂林さんよりも打たないといけない。打たないと残れないのは分かっている」。開幕1軍のメンバーには「高橋大」の名が呼ばれるように、アピールしていくしかない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00137281-nksports-base

     「広島春季キャンプ」(27日、沖縄)

     広島が春季キャンプを打ち上げた。練習後、緒方監督がナインの円陣に歩み寄り、サプライズで高橋昂、アドゥワ、藤井皓、上本、下水流に「監督賞」を贈った。指揮官は「頑張って目立っていたからね。期待を込めて」と話した。

     またナインを代表して、選手会長の会沢が「今シーズンは緒方監督の下、全員が同じ方向を向いて、チーム一丸、団結力を持って頑張っていきましょう!」とあいさつ。最後は一本締めで約1カ月間のキャンプを終えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000069-dal-base

     2月24日(土)、多くの球団がキャンプを張った沖縄でオープン戦が開幕した。

     シーズンとは違えど、やはりチームの先陣を切る“開幕投手”には注目が集まる。たとえばリーグ3連覇を目指す広島は、昨年飛躍を遂げた薮田和樹が登板し、3回無安打投球と順調ぶりをアピール。巨人は期待の若手・中川皓太を抜擢すると、5回2安打無失点と首脳陣の期待に応える投球を披露した。

     このように、各球団・各監督が様々な想いを込めて送り出すオープン戦初戦の先発投手。では、昨季この大役を務めた投手は実際のシーズンでどんな成績を残したのか。振り返ってみたい。


    阪神・秋山が大ブレイク!

    ▼ 2017年・オープン戦開幕投手
    <セ・リーグ>
    広:野村祐輔(3.0回・0奪三振・無失点)
    神:秋山拓巳(4.0回・7奪三振・無失点)
    De:平良拳太郎(5.0回・4奪三振・無失点)
    巨:田口麗斗(3.0回・4奪三振・無失点)
    中:又吉克樹(4.0回・2奪三振・1失点)
    ヤ:小川泰弘(3.0回・2奪三振・6失点)

     セ・リーグから見てみると、広島は前年の投手二冠・野村祐輔が先発。3回を無失点でまとめ、最多勝・最高勝率投手としての貫禄を見せた。

     阪神は秋山拓巳が先発。当時は通算6勝と伸び悩んでいた投手の一人という立場であったが、4回を7奪三振で無失点という圧巻の投球を披露。好スタートを切って開幕ローテーションのイスを掴むと、シーズンも勢いのままに一気に12勝(6敗)を挙げる大ブレイク。チームの勝ち頭となった。

     DeNAは、人的補償で新加入の平良拳太郎を抜擢。古巣である巨人との一戦に登板させるはからいを見せると、若き右腕も期待に応え、5回を4奪三振で無失点の好投を見せた。一方、巨人も前年に自身初の2ケタ勝利を達成した田口麗斗が先発。3回無失点という上々の投球を見せた。

     軒並み好投を見せた中、唯一打ち込まれたのがヤクルト・小川泰弘だった。新助っ人のパラデス、ダフィーに一発を浴びるなど6失点。結果を残すことができず、開幕投手も石川雅規に譲った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00145214-baseballk-base

    このページのトップヘ