広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    高橋樹也

     広島の左腕・塹江敦哉投手が勝負の1年を迎えた。高松北高校から入団して今年が4年目。来年には大学を卒業する同学年がプロの門をくぐる。「高校からプロに入る前、同級生が入って来るまでには自分の立場を確立したいと思っていた。やらなければいけない」と力を込めた。

     今オフは昨年に続き中崎に師事する。マツダスタジアムではキャッチボールやトレーニングを共にし、守護神から技術や精神面での指導を仰いできた。春季キャンプを約3週間後に控え、好コンディションを維持する。開幕1軍をかけて幕を開けるサバイバルレースへ、準備は順調だ。

     今オフは、軸足にしっかりと体重を乗せてから投げ始めることがテーマだ。「今では真っすぐ立つだけだった。今は右足を上げたときに左足で踏ん張る意識でいます」。投球の土台が固まれば、より力強い球を投げられる。もう一度、150キロ近い剛球を取り戻すために投球の基礎を見直した。

     昨年の春季キャンプは1軍スタートながら、開幕1軍をつかむことができなかった。さらに自らの投球を見失い、フォームもバラバラになった。16年にはプロ初登板を含め3試合に投げたが、昨季は登板なし。シーズン中は佐々岡2軍投手コーチの助言を受けながら、時間をかけて本来の姿を取り戻してきた。「150キロが出なくなったら僕の魅力はなくなる」。今年の春季キャンプでは、思い切って腕を振り抜き直球でアピールする覚悟だ。

     新年は地元の神社に初詣に出掛けた。引いたおみくじは、大吉だった。「積み上げてきたものから飛躍できれば。開幕1軍をつかみ取りたい。割って入るのは簡単ではないけど頑張りたい」。先発、中継ぎを問わず左腕の確立がチームの課題。塹江が投手陣の一角へ食い込む。(市尻達拡)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000050-dal-base

     25日に広島市内の平和大通りで行われた優勝パレードで、1年目を終えた広島・床田寛樹投手(22)も、明るい表情で左手をファンに振っていた。30万人を超えるファンが沿道を埋める中、オープンバスで走行するという非日常の世界を体験し明るいトーンで振り返った。

     「パレードは初めてだったけど、あんなに人がいるとは思わなかった。何回でも乗りたい」

     左肘の心配が徐々になくなってきたことも、明るさとは無縁ではないだろう。7月に「左肘関節内側側副靱帯再建術・尺骨神経剥離術」という手術を受けた。復帰まで8~10カ月を要する見込みという診断を受け、スローの動作も禁止された。

     ただ回復が早く10月中旬にスポンジボールを投げる練習を再開。今月17日には硬球を使用し5メートルの距離でのネットスロー20球を3セット行った。少しずつ距離を伸ばしており、順調に回復すれば12月中旬にもキャッチボールを再開できるところまできた。

     「ノースロー」の約3カ月間は深く落ち込んだ時期もあったが、決して無駄ではなかったという。下半身を中心に体づくりが進み「プロの体には近づいていると思う。レベルアップしている感覚はある」と話す。「大学の時には太れなくて苦労した」と言うように入団時は身長1メートル81で体重74キロの細身だった。それが3月末の開幕時には78キロに増え、現在は86キロにまでアップした。「あまり動けないこともあって太りすぎたので、理想の83、4キロに近づけたい」と笑顔をのぞかせる。

     ようやくプロ仕様の体となり「ニュー床田」が来季以降に見られるかもしれない。実は7回5失点の粘投で初勝利をつかんだ4月12日の巨人戦(東京ドーム)では、球団のスピードガンで自己最速の150キロを計測。「まだ体ができていなかった」という時期の大台到達だっただけに、剛腕として今後も楽しみだ。

     「来年、最初の方に1軍で投げるのは難しいと思うけど、最後の方に復活してチームに貢献した上で(オープンバスに)乗りたい」

     パレードへの思いもモチベーションとし、焦らず復帰への道をたどってほしい。(記者コラム・柳澤 元紀)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000084-spnannex-base

    【核心直撃】広島の2年目・岡田明丈投手(24)が、苦悩のシーズンを振り返り、再起を図っている。今季はプロ初完投勝利を含む12勝(5敗)をマーク。しかし、突如制球が乱れる“悪癖”に悩まされて首脳陣からの信頼を失い、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでの登板機会はなかった。そんな右腕はどんな思いで来季を見据えるのか。直撃した。

     ――12勝は薮田に続いてチーム2位の成績

     岡田:勝利数に関しては昨季(4勝)よりは増えたというのはありますが、そこは野手に点を取ってもらった結果でもあるので。

     ――成長を感じた部分もあるのでは

     岡田:1年間(先発ローテーションを)守れませんでしたが、シーズンの前半はしっかり回れたところかな。

     ――9点差をひっくり返されて逆転負けを喫した5月6日の阪神戦では、6回に突如制球が定まらなくなった。この試合が自身を苦しめるきっかけとなったのか

     岡田:そういう印象を受けられることが多いと思うけど、自分としてはそこまで影響はなかった。

     ――他に原因がある

     岡田:もっともっとうまくなりたくて、考えすぎて、いろいろなことを試しているうちに当てはまらず、ズルズルいってしまったという感じ。

     ――体調面は

     岡田:昨季よりも後半にかけて体がキツくなり、言うことを聞かなくなっていた。自分の投球ができるような方向に持っていけたらよかったんだけど。思い通りにいかなかったのかな。

     ――CSファイナルSで登板機会はなかった

     岡田:チャンスはものすごくもらっていた。ただ、自分が最後の最後までものにできなかったということ。信頼を裏切ってしまった。

     ――「先発投手陣が不安定」という部分に感じるものもある

     岡田:これがいい経験になったと思えるように準備していきたい。今季はこういう結果になったけど、来季はシーズン通して回りたいし、先発を引っ張っていけるように安定したピッチングを求めていきます。

     ――課題が確かになった

     岡田:思っている通りのフォームで投げようというのがメーン。効率のいい動きでベストなボールを投げるのが課題で思ったところに投げ込めるか。それはコーチたちとも一致した。まだ、下半身に無駄な動きがあるので。

     ――シーズン中の対応は難しい

     岡田:シーズン中も一試合一試合で課題は出るけど、中5日や中6日で試合があるので、ゆっくり考えている暇がなくフォームもいじれなかった。

     ――持ち球にも変化を加える

     岡田:握りを変えたスライダーを習得して試合で使えるようにしていきたい。でも、やっぱり真っすぐありきの変化球。変化球だけじゃ絶対に抑えられない。

     ――ところで、遠征にはニンテンドースイッチを持参しているとか

     岡田:時間があるときに「モンスターハンターダブルクロス」を(中村)祐太と(高橋)樹也と一緒にやっています。

     ――その中村祐、高橋樹からは「岡田さんは強いです」という声も

     岡田:結構1人でもやっているからかな。合計100時間もプレーしていないと思うけど。楽しみの一つ…どうかな。暇つぶしにやっている感じです(笑い)。

    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/838690/

    【核心直撃】広島・高橋昂也投手(19)が、来季の飛躍を誓った。ドラフト2位で入団した1年目の今季は「高校ビッグ4」として注目を集めながらも、腰の違和感から開幕は二軍スタート。それでも、ファーム日本選手権では先発を任されVに貢献するなど、貴重な若手左腕として期待されている。そんな19歳が同世代に対する思いや、意外な目標を本紙に打ち明けた。

     ――腰の違和感から迎えたシーズンだった

     高橋昂:1年目から活躍したいという思いもあったので焦りはありました。スタートは遅れましたが、そこからやっていくぞという気持ちになりました。

     ――ウエスタン初先発となった7月27日の阪神戦は3回3失点。一方で中6日で登板した8月3日のオリックス戦は5回無失点。何か変化があったのか

     高橋昂:(阪神戦は)久しぶりの登板だったというのが原因です。悪いときは力んで打者のタイミングが取りやすい投げ方になってしまうんです。良くなったときは体の力が抜けていてリリースのときだけ力を入れられる。そこの違いですね。打者に投げないと感覚のズレが分からないので、間隔が空いてもいい投球ができるようになるのが課題の一つです。

     ――ファーム日本選手権では先発を任された

     高橋昂:ルーキーなのに貴重な経験をさせてもらえて光栄なこと(6回2失点で勝ち投手)。今は早く一軍に上がってチームに貢献したい気持ちが強いです。やっぱり先発として。

     ――一軍で活躍するため秋季キャンプやオフにやっておきたいことは

     高橋昂:簡単に四球を出してしまうところがあるので、周囲が安心できるような落ち着いたピッチングができるようになりたい。そのためには、いつでもカウントを稼げる変化球や制球力を磨いていかないといけないと思っています。

     ――体力強化も必要

     高橋昂:投げる体力には自信があるんですけど、走る体力に自信がなくて…。高校時代から長距離走は野球部の中で「中の下」くらいの順位でした。プロに入ってからはもっとひどくて最下位を争ってます。

     ――母校の花咲徳栄が甲子園で優勝。後輩の西川愛也が西武に2位指名、清水達也が中日に4位指名を受けた

     高橋昂:甲子園優勝は本当に誇らしいことですよね。自分のときは3回戦で作新学院に負けました。今井(西武)から打てる気がしなかったですよ。1歳下とは仲が良かったので2人に「おめでとう」と連絡しました。

     ――自身も藤平尚真(楽天)、寺島成輝(ヤクルト)、今井を含めた「高校ビッグ4」として話題となった

     高橋昂:彼らは何をやってもすごい人たちなので、比べたりとかはないです。先に活躍したいとかも考えていないし、気にしていませんね。

     ――アイドル好きな一面もあるとか

     高橋昂:最近は欅坂46にハマっていますね。平手友梨奈ちゃんとか推しメンが何人かいます。高校のとき握手会に行きたかったけど、行けないままでした。だからこそ、このオフには握手会に行きたいと思っています!

     ――一軍で登板する際には登場曲にも…

     高橋昂:ぜひ使用したいですね。「サイレントマジョリティー」という有名な曲があるんですけど、ほかにもたくさん好きな曲があるので。考えておきます(笑い)。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000010-tospoweb-base&pos=2

     「広島秋季キャンプ」(9日、日南)

     広島の戸田隆矢投手(24)が9日、シート打撃に登板し、2回を無安打無失点の2奪三振と好投。緒方監督ら首脳陣が見守る中、最速141キロの直球を軸に力強い投球で猛アピールした。今春キャンプは1軍に帯同しながらも準備不足で強制送還された左腕。秋季キャンプで巻き返し、来季へとつなげる。



     1球1球を丁寧に投げ込んだ。船越のバットが空を切ると、乾いた捕球音がグラウンドに響き渡った。今キャンプ初のシート打撃。戸田が2回を無安打無失点のパーフェクトに抑えた。

     「バランスは良くなかったが結果が出て良かった。真っすぐ中心の投球でファウルもカウントも取れたのが収穫」

     手応えはバッチリだ。最速141キロの直球を軸にスライダーなどキレのある変化球を織り交ぜてストライク先行の投球を披露。2イニング目は無死一塁の設定だったが、堂林を二ゴロに仕留めるなど三者凡退で登板を終えた。

     同じ左腕には負けられない。塹江や高橋樹、高橋昂ら5人の左投手が登板。競争意識を高めるために、意図的に組み込まれている。「左は毎年チャンスだと言われているが、モノにできていない。今年はそこに入れるようにしたい」と意気込んだ。

     巻き返しを図る場でもある。今春のキャンプでは調整不足などで第1クールで降格。「正直、悔しかった」。今季は1軍登板3試合に終わり、この日の契約更改交渉では500万減の1800万円でサインした。

     勝負となる7年目の来季。「先発でも中継ぎでも使ってもらえるところで投げたい」。チームの戦力になり、全力で左腕を振る。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000036-dal-base

     広島のジョンソンが18日、オリックスとの二軍戦に先発した。

     ジョンソンは、オリックス打線を5回まで無失点に抑えるなど好投。0-0の6回に内野ゴロの間に1点を失ったが、7回を投げて5安打、4奪三振、3四死球、1失点という内容だった。


    ▼ 広島 0 - 2 オリックス(由宇)
    オ|000 001 001|2
    広|000 000 000|0
    [勝] 吉田凌(5勝4敗)
    [S] 沢田(0勝0敗5S)
    [負] ジョンソン(1勝2敗)
    [本]
    広:なし
    オ:なし

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00128499-baseballk-base&pos=5

     これぞ王者の歩みということか。マジック点灯まで秒読み段階の広島が4日のDeNA戦(横浜)に3―13で完敗した。引き分けを挟み約1か月ぶりの2連敗。緒方孝市監督(48)は「こういう試合をしたのは自分の責任」と話したが、そもそも“想定内”の敗戦だった。

     前日3日の阪神戦は延長12回、4時間34分に及ぶ熱戦で、しかもこの日は移動ゲーム。「みんな2~3時間しか寝ていない」(東出打撃コーチ)ことから、試合前練習は新井やエルドレッドらをフリー打撃免除にするなど約20分短縮した。

     プロ初先発の2年目左腕・高橋樹に、先発マスクは2014年6月28日以来の白浜というバッテリー。初回に鈴木の22号2ランなどで3点を先制するも、4回までに8失点で逆転されると、攻守の要である菊池を5回の守備から引っ込め、勝ちパターンのブルペン陣にも休養を与えた。広島は先月末から7週にわたって6連戦が組まれ、特に今月はホームとビジターを行き来する日程。指揮官一人が責任をかぶる形で“捨てゲーム”をつくった格好だ。

     チーム関係者によれば、左太もも裏の筋損傷で離脱中のジョンソンは症状が思いのほか軽く、来週中にも二軍戦に登板し、9月上旬と見られていた復帰時期が8月中旬に前倒しになる可能性もあるという。リーグ連覇と33年ぶりの日本一を目指す広島にとっては今季ワーストの大敗も小休止でしかないのかもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000017-tospoweb-base

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000017-tospoweb-base

    このページのトップヘ