広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    黒田博樹

     広島は2015年に15勝を挙げた前田健太がポスティングシステムでドジャースへ移籍し、厳しい戦いが予想された。しかし、シーズンが開幕すると15年5勝の野村祐輔が16勝を挙げる活躍で、前田健太の“15勝”の穴を埋め、前評判を覆し25年ぶりのリーグ優勝を達成した。そして、昨季10勝を挙げた黒田博樹が現役を引退。リーグ2連覇を達成するためには、昨年の野村のように、10勝分の穴を埋める先発投手の台頭が必要になってくる。

     その筆頭が、今季プロ7年目を迎える福井優也だろう。福井は1年目に8勝をマークしたが、2年目以降は、力強いストレートを持ちながらも、制球に苦しみ思うような結果を残すことができなかった。

     5年目の15年も制球に苦しむ場面はあったが、それに動じることなく力強いボールを投げ、打者を封じていき自己最多の9勝をマーク。これで殻を破ったかに思われたが、昨季は5勝止まり。ただ8月以降に限ると、5試合に先発して、3勝2敗、防御率3.21とまずまずの成績を残している。ストレートは威力があるだけに、シーズン通して安定した投球ができれば、10勝以上は期待できそうだ。

     14年新人王の大瀬良大地もいる。大瀬良はプロ1年目の14年に10勝をマーク。さらなる活躍が期待された2年目だったが、試合を作るも勝ち星に恵まれず、シーズン途中からリリーフに転向した。3年目の昨季は前田健太がメジャーに挑戦したため、先発に再転向も故障で開幕に間に合わず。夏場に復帰したが、2年目と同じようにリリーフを務めた。

     ここ2年間はリリーフ中心となっているが、先発時代の14年にはリーグトップの完投数を記録するなど、長いイニングを投げる事ができるのは魅力的。

     その他、大瀬良と同学年の九里亜蓮と横山弘樹、昨季4勝を挙げた岡田明丈、左の戸田隆矢などもいる。

     “10勝”以上に精神的支柱として、若い投手陣を引っ張ったという意味では、黒田博樹の引退は数字以上に重いかもしれない。リーグ2連覇を成し遂げるためにも、若き先発陣の奮起が必要不可欠。昨季の野村のように、先発ローテーションの一角に食い込む投手は誰になるだろうか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00100658-baseballk-base

     黒田氏VS新井は黒田氏の勝ち!名球会フェスティバル2017が15日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われ、野球教室の後、東西対抗戦が行われた。昨季限りで引退した元広島の黒田博樹氏(41)は本来なら西軍だが、山本浩二理事長の発案で東軍にトレード。東軍の3番手としてマウンドに上がると、スタンドから大歓声が起きた。

     黒田氏は古巣・広島の先輩である前田智徳氏を中飛、日米で数々の勝負を繰り広げてきた福留(阪神)を右飛に仕留めると、2死から新井が打席に。初球は134キロ、2球目は133キロでいずれも内角をえぐる球で体を起こすと、最後は外角低めの129キロで遊ゴロに仕留めた。

     黒田氏は登板後「気持ち良くマウンドに上がらせてもらった。昨年引退したのですけど、少しずつ野球界に貢献できれば」と話し、新井の打席で球速を上げた本気の勝負に「(打席が)新井だったので。真剣にやりました」と語った。新井は「球が速かった。ちょっと悔しいです」と話した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000007-dal-base

     球場がこの日一番の盛り上がりを見せた。

     15日に宮崎サンマリンスタジアムで行われた「名球会フェスティバル2017」の東西対抗試合。昨季、日米通算200勝を達成し、現役を引退した元広島の黒田博樹氏(41)が登板。最速134キロをマークした右腕は、同僚だった広島の新井貴浩をストレートで遊ゴロに打ち取り、「新井だけには打たれたくなかった。気持ちよく投げられた」と、笑顔だった。

     黒田氏は近日中に日本を離れ、自宅のある米国に戻る予定という。引退直後から「少しゆっくりしたい」と話しているだけに、ユニホーム姿は当分見られないかもしれない。球界OBが言う。

    「広島球団はキャンプで臨時コーチとして招聘したい考えもあったようですが、今春は黒田の意向をくんで、オファーをしていないそうです。現役時代に山ほどお金を稼いだこともあり、しばらくは松井秀喜氏と同様、悠々自適に過ごすつもりでしょう。かつて在籍したヤンキースやドジャースで臨時コーチをオファーされる可能性はあるものの、黒田自身が現時点ではコーチ業にあまり関心がないそうですから、今年に限っては実現しないかもしれない」

     ある放送関係者もこう話す。

    「黒田氏は吉本興業とマネジメント契約を結んでおり、米国を拠点に適度に仕事をこなす形になるでしょう。今年に関してはCMに出たり、一年に数回程度、テレビの野球中継で解説の仕事をする程度と聞いている。3月に行われるWBCの中継局がゲスト解説としてのオファーをしているという話があり、黒田氏が次に公の場に出てくるのはその時かもしれません」

     広島の将来の監督として、カープファンから大きな期待が寄せられている黒田氏だが、それが実現するのは何年先になるのやら……。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000010-nkgendai-base

     レジェンドの意志を継ぐ!広島・中崎翔太投手(24)が14日、宮崎県日南市の天福球場で、江草、塹江と行っている自主トレを公開。黒田博樹氏(41)から学んだ短期、長期の2種類の目標設定を継続することを明かした。小さな目標をクリアし、リーグ連覇、悲願の日本一、防御率0点台を目指す。

     小さい目標からコツコツ…。その積み重ねがリーグ連覇、日本一という大きな結果につながっていく。中崎は今季も「黒田式」目標設定を継続する。

     「目標がないと自分のやることに対して迷いが出る。優勝という目標を掲げるのであれば、今日を抑えるとか、1週間を抑えるとか、小さい目標をクリアしていけば、大きな目標に近づけると思う」

     きっかけは昨季限りで現役を引退した黒田氏の言葉だ。「しっかり目標を立てて、という話をしてもらって。小さい目標でいいからと教わって、僕も考えるようになりました」。昨季は61試合に登板し、3勝4敗34セーブ、防御率1・32。「1カ月12試合」という短期的な目標をクリアしていくことで、自己最高成績につなげてみせた。

     自主トレでは塹江と食事した際に、黒田氏の教えを伝えた。レジェンドの金言を継承しつつ、個人的にもスケールの大きな目標を立てる。

     「ホームランも2本打たれたのでなくしたいし、防御率ももっと良くなると思う。防御率0点台?終わってからそういう結果が出ていればいいと思う」

     私生活もストイックだ。正月に祝い酒を口にしただけで、3年連続の禁酒に挑戦。「制限を付けることによって頑張れる。自由にやって結果が出るのは、ムシが良すぎる」と一切の甘えを排除している。

     練習では順調な仕上がりを披露した。キャッチボールでは1球1球指先の感覚を確認。昨季後半に発症した腰痛再発を防ぐため、砂浜での走り込みも敢行しているという。一番乗りしたキャンプ地・日南での自主トレも決意の表れだ。

     「(昨年は)最後に悔しい思いをした。ずっと忘れることはないと思う。またそこに挑戦できるように、いいシーズンを送れたらいいと思います」

     節目の通算100セーブまで36セーブ。キャリアハイを実現すれば、今季中の達成も射程圏。レジェンド右腕の意志を継ぐ守護神が、2017年も最後を締める。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000014-dal-base

     エースの座は自力で射止める。広島の野村祐輔投手(27)が13日、東京・府中市の明大グラウンドでの自主トレを公開した。昨季は最多勝&最高勝率の2冠で25年ぶりのリーグ優勝に貢献。黒田博樹氏が抜けた今季は投手陣の大黒柱として期待される。本人もその気になっているが、原動力の一つになっているのは、昨年末の大舞台でのある屈辱だ。

     新たに投手陣のキャプテンを務める野村は「イニング数」を重視すると言い「完投だったり、そういうところを増やしていかないと。もっと体を強くすることと技ですかね。投球の引き出しを増やして、任せてもらえる投手になりたい」と意気込みを口にした。

     昨季はキャリアハイの16勝を挙げたものの、完投数はわずか1。投球回数も152回2/3にとどまり、試合終盤をリリーフ陣に委ねることが多かった。ポスト黒田としてチームを背負うには寂しい数字だった。それに加えて野村が奮い立っているのは昨年のNPBアワーズで経験した恥ずかしい思いを二度としたくないとの決意があるからだ。

     僚友のジョンソンが沢村賞に選ばれたものの、すでに本人は米国へ帰国していたため、NPBアワーズは欠席した。授賞式では球団関係者に促される形で野村が代理で壇上へ。そのときのことを右腕は「恥ずかしかったですよ。自分が取ったわけでもないのに『おめでとうございます』とか言われて」と振り返り「沢村賞は先発投手なら誰もが憧れる、栄誉ある賞。すべての面でレベルアップして、いずれは正式に受賞したい」と雪辱に燃えているわけだ。

     昨季は沢村賞の条件に完投数、規定投球回数、防御率などで及ばなかった。エースとしての働きを求められる今季の野村は相手打者だけでなく、自チームの投手にも負けないつもりだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000033-tospoweb-base

     昨季で引退した元広島・黒田博樹氏(41)が14日、宮崎市内のホテルで日本プロ野球名球会の総会に参加。理事長を務める山本浩二氏(70)は、15日の「名球会フェスティバル2017 in宮崎」の東西対抗戦(KIRISHIMAサンマリン)で黒田氏と新井貴浩内野手(39)を対決させるプランを明かした。広島を25年ぶりにリーグ優勝に導いた2人が南国で熱いバトルをくり広げる。

     黒田氏の“復活登板”が決定した。引退した男気右腕が再びマウンドに上がる。

     「(サプライズを)考えている」と明かしたのは、名球会の理事長留任が決まった山本氏だ。

     熊本地震の復興支援などを目的に行われる名球会フェスティバル。午後からの東西対抗戦では東軍の監督をソフトバンク・王貞治球団会長が務め、西軍のメンバーには江夏豊氏が名を連ねるなど往年の名選手が熱いバトルをくり広げる。

     西軍の投手が10人に対し、東軍が5人だったため、山本氏は西軍の黒田氏を東軍に“移籍”させることを決断。これにより、昨季25年ぶりのリーグ優勝で広島を熱狂の渦に巻き込んだ黒田氏-新井の対決が実現することになった。

     「(東軍では)自分が一番年下なので投げるつもりでいる。野球界に恩返しができるようにしたいです」と黒田氏はやる気満々。新井は「楽しみ? それはわからない」と複雑な心境を吐露したが、広島監督時代に2人をエースと4番に育てた山本理事長は、「黒田が投げる機会は引退してからなかったし、新井との対決はファンは楽しみにしてくれるだろう。私も見たい」と話し、このガチンコ対決案をずっと温めてきていた。

     さらに西軍には新井のほか、衣笠祥雄氏、野村謙二郎氏、前田智徳氏が並ぶ。2006年オフにFA権を取得した黒田氏は「カープの選手を相手に投げる姿が想像できない」との名言を残して残留。11年後に広島のレジェンドを相手に投げる姿は本人もファンも想像していなかったはずだ。

     昨年10月25日、日本シリーズ第3戦で2-1の六回途中、足がつって降板。日本ハム・大谷に“最後の1球”を投じて終幕した伝説が、宮崎で再び幕を開ける。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000031-sanspo-base

     広島・野村祐輔投手(27)が13日、師匠が出られなかったWBCへの出場を願望した。都内の母校・明大で自主トレし「代表へのあこがれはあります。選ばれたい気持ちが強い」と、日の丸への熱い思いをはっきり口に出した。

     昨季は最多勝、最高勝率の2冠をつかみ、11月の強化試合で日本代表入り。その期間中に同い年の巨人・菅野と会食し、刺激を受けた。「色々な話をして参考になる部分は大きかった。負けたくない気持ちは強くなりました」。菅野は昨年12月の先行発表で選出されているが、野村も追加招集されることを待望した。

     現役引退した黒田博樹氏から今オフに「来年が大事だぞ」と念を押された。「黒田さんは毎年毎年、成績を残していた。自分はまだ1年だけ。少しでも近づきたい」。大先輩も、アテネ五輪など国際大会の経験がその後の野球人生に生きた、と語っていた。だが、第1回WBCは大会直前の負傷で離脱。“弟子”の野村にとって、WBC出場は、成長の場となると同時に、黒田氏の11年前の無念を晴らすことにもなる。

     自主トレの調整ペースは例年より早い。「どういう状況になってもいけるように、ですね」と代表入りに備えている。(角野 敬介)

     ◆黒田と国際大会 2004年のアテネ五輪に出場。中継ぎとして2勝を挙げ、日本の銅メダル獲得に貢献。06年のWBCに選出されるも、壮行試合で右手を負傷し出場辞退。ドジャース移籍後の09年第2回は1次候補入りしていたが、調整への影響を考慮して辞退。13年の第3回も山本浩二監督から出場を要請されていたが「万全を期すのが難しい」と辞退した。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000249-sph-base

     広島・野村祐輔投手(27)が13日、東京都府中市の母校・明大グラウンドで、ロッテ・関谷との合同自主トレを公開した。今季から投手キャプテンにも就任し、キャリアハイとプロ1年目以来となる防御率1点台を目標に掲げた。昨季限りで現役を引退した黒田氏の言葉を心に刻み、他球団の大黒柱、特に巨人・菅野に投げ勝ってエースを襲名する。

     野村らしい糸を引くようなボールが後輩・関谷のグラブに収まる。母校の懐かしい空気に触れ、決意は新た。「去年、黒田さんから『来年は大事だぞ』と言われました。今年しっかりやっていかないといけない」。真価が試される17年。広島のエース道を歩む覚悟を決めた。

     昨季は16勝3敗、防御率2・71で最多勝と最高勝率の2冠を獲得。黒田氏が抜けた今季は「投手キャプテン」の肩書通り、ジョンソンとローテの軸を担う。他球団エースとの投げ合いが増えると予想されるが、スタンスは不変だ。「チームが勝つためにやっているので、相手どうこうは関係ない」と真っすぐ前を向く。

     ただ1人、意識する相手がいる。巨人・菅野だ。大学時代、ロッテ・藤岡と共に「ビッグスリー」に数えられた右腕とは2年秋に大学日本代表で出会い刺激を受けた。先にプロ入りした野村は1年目に新人王を獲得。2年目以降、伸び悩む間に菅野は球界のエースにまで上り詰めた。

     昨季は8月5日に1度だけ投げ合い、白黒付かず。昨秋の侍ジャパン強化試合では食事に出掛け、野球談議に花を咲かせたという。再び同じ土俵に立ち、「ボールの握りとか、いろんな話をしました。本当にいいピッチャーなので負けないようにしたい」。今季こそ勝敗を決する。

     今季の目標は大きくキャリアハイだ。中でも防御率1点台は1年目に達成。「クリアしたい。今までよりいい成績を残したい。すべてで超えたいと思っています」。志も高い。キャッチボールではWBC公認球の使用を継続。「少しずつ慣れてきました。どういう状況になっても対応できるようにしたい」。侍ジャパン入りの朗報を待ちつつ、最善の準備を尽くしている。

     「毎年成績を残せる投手がチームの柱になれる。黒田さん、ジョンソン、マエケンさん(ドジャース・前田)もそうだった。そういう投手に近づけるようにしたい。自分はまだ1年だと思っている」

     言葉の端々に自覚がにじみ出る。新球習得を封印し、すべての面で底上げを図る。重圧をはねのけ、エースの道を歩んでいく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000011-dal-base

    このページのトップヘ