広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    黒田博樹

     広島・大瀬良大地投手(28)が新春インタビューに応じ、佐々岡真司新監督(52)の胴上げを誓った。昨季は初の開幕投手を務めエースとして3年連続2桁勝利を記録。12月にはタレント浅田真由さん(29)との結婚披露宴を開いた。幸せいっぱいの右腕は初の200イニング到達を新年の誓いに立て、さらなる進化を約束した。=インタビュー1


      ◇  ◇

     -今オフの過ごし方は。

     「ゆっくりする時はゆっくりして、しっかり体を動かす時は動かす。メリハリを付けてやっています」

     -昨年12月には結婚式を挙げた。

     「妻がほとんど準備をやってくれました。手伝える部分は手伝ったと思います。大変でしたね(笑)」

     -豪華な披露宴。

     「皆さんが出席してくれて、あれだけ盛大な披露をさせてもらって本当に感謝ですね」

     -黒田さん、新井さんも出席した。

     「黒田さんも新井さんも(出席は)難しいだろうなと思ってたんですけど、すごくお世話になった先輩だったので、お声掛けだけはさせてもらおうと思って。『素晴らしい披露宴やったね』という言葉をお2人から直接もらったので、良かったなと思います」

     -昨年12月の契約更改では沢村賞を狙うと誓いを立てた。

     「(投手)分業制になりましたけど、昨年も中継ぎの人たちにはたくさん負担がかかったと思う。完投が多かったので(リーグトップ6完投)、中継ぎの人たちから冗談交じりに『大地が投げる時は休みや』と言われていた。僕が中継ぎをやっている時にマエケンさんや黒田さんの登板日に思っていたことを思ってくれているというのはうれしいです。負担を軽減できていると思うと余計に意気に感じてやりたいなと思うし、個人的にも先発完投が一番理想だと思っているので。九回まで投げられるスタミナは全然持っていると思うし、最後まで投げたいなという思いがあります」

     -昨季1軍投手コーチだった佐々岡監督の方針もあった。

     「そうですね。イニングを重ねていくごとに、『行くぞ行くぞ』と言われてました。『どうする?』じゃなかった。だからこそ『ヨッシャ!』と思えましたし、それだけ期待してハッパかけてくれてるんだと思うと、何とかその期待に応えたいという思いでした」

     -今年の目標は。

     「昨年は悔しい結果に終わったので、何とか優勝して日本一になりたい。野球を長くやりたいです。早く終わってしまうと面白くないですね」

     -昨年はまさかのBクラス。

     「(終盤の)阪神が強かったですね。しっかり受け止めてチャレンジャー精神で戦いたいと思います」

     -個人的には。

     「すべてにおいてキャリアハイを目指していきたいですし、完投の数も増やしていきたい。すごくお世話になっている佐々岡さんが監督になられたので、何とか期待に応えられるような成績でチームを引っ張っていきたいと思います」

     -監督と話は。

     「球場に来られている時はちょこちょこと。コミュニケーションをすごく大事にされていると思います。ピッチャー出身の監督は僕にとっても初めての経験ですし、いい思いをしていただきたいと思います」

     -今年は東京五輪も開催される。

     「東京でやれるのは一生に一度だと思う。五輪を目指せる年齢でチャンスがあるんだったら、目指さないわけにはいかないですし、何とか日の丸を背負って戦ってみたいという思いはあります。アピールしたいですね」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000011-dal-base

     米スポーツサイトのMLBトレード・ルーモアは「この10年で最も成功した先発投手」と題する特集記事を掲載した。勝利数、投球回数、防御率など、9項目のトップ10(最低1000投球回)を紹介し、その中で3人の日本人投手がランクインした。

    「9イニングあたりの三振奪取率」で、カブスのダルビッシュ有投手(33)はレッドソックスの左腕セールと並び、11・12で1位タイだ。ナショナルズのシャーザー(10・69)、同じくナショナルズのストラスバーグ(10・6)を圧倒している。

    「9イニングあたりの与四球率」では、ヤンキースの田中将大投手(31)が1・79で3位。またドジャース、ヤンキースで活躍した黒田博樹氏(44)は2・00で9位に入った。

     勝利数1位はシャーザーの161勝、アストロズのバーランダーは160勝で2位、3位はドジャースのカーショーの156勝と続いた。ちなみに田中は6年で75勝、ダルビッシュは15年に右ヒジのトミー・ジョン手術を受けたこともあり、実働7年で63勝だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000004-tospoweb-base

     広島の大瀬良大地投手(28)とタレントの浅田真由さん(29)の結婚披露宴が、来年1月3日に地元局・テレビ新広島(TSS)の「スポラバ特番 独占密着!カープ大瀬良結婚式&石原・小窪・会沢 男の大新年会」(13・00~14・30)で放送されることが20日、分かった。同局が、一選手の結婚披露宴を特集番組で放送するのは初めてという。


     2人の結婚披露宴は、12月15日に広島市内のホテルで行われた。広島の松田元オーナーをはじめ佐々岡真司監督、OB黒田博樹氏、新井貴浩氏や球団関係者、選手、両家関係者ら176人が参列し、豪華なものだった。

     番組では、大瀬良と真由さんの披露宴直前の緊張の面持ちや、大勢のカープ関係者に祝福される模様など、裏側も含めて独占密着した映像を放送する。また、会場で披露されたドッキリVTRは、今村、アドゥワが出演する渾身(こんしん)の作品。それによって明かされた大瀬良の本性など、感動の結婚式を、視聴者も参加した気分で楽しめる内容となっている。

     同局関係者によると「昔は、カープ選手も結婚式を報道公開することが多く、スポーツ番組の中でニュースとして扱うということはよくありましたが、野球選手の結婚式の特番や中継番組を制作したことはありません。今回が初です」と話すように、異例の特集番組となっている。

     特集番組を組んだのは、新郎の大瀬良がカープのエースであることに加え、新婦の真由さんが大学在籍中に“女子大生アシスタント”としてTSSの番組でテレビ出演デビューしたことも大きな要因となっている。デビュー後に「ひろしま満点ママ!!」や「全力応援スポーツLOVERS」などに長年にわたって出演。深い縁のある同局にしかできないディープな取材を敢行し、2人のプライベートショットや知られざるエピソードにも迫っている。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00000101-dal-base

     広島の大瀬良大地投手(28)と、広島を中心に活動するタレントの浅田真由(29)の結婚披露宴が15日、広島市内のホテルで開かれた。両家の家族や球団関係者、選手ら176人が参列し、2人の門出を祝福。幸せ一杯のエースは来季、陰で支えてくれた今季以上の成績を残して新婦に恩返しすると誓いを立てた。



     OBの黒田博樹氏(44)とデイリースポーツ評論家の新井貴浩氏(42)も大瀬良の結婚披露宴に出席した。2人は現役時代から大瀬良をかわいがり、一緒に食事へ出掛ける仲。石原慶や会沢、菊池涼などナインとも久々に再会した。

     黒田氏は「すごくいい結婚式でした」と感想を述べ、夫婦円満のコツとして「勝った時は一緒に喜んで、打たれた後は一緒に落ち込まないこと」と助言。新郎となった大瀬良には「変えるところはない。背負うものが増えたことをプラスに考えてほしい。そう考えられる人間だと思う」と信頼を口にした。

     新井氏も「素晴らしい結婚式でした」と振り返った。リーグ3連覇した昨季まで一緒にプレーし、「やっぱり彼が中心だから。自覚もある」とエースと認めている。「来年もカープのピッチャーを引っ張ってもらいたい。期待しています」と笑顔で話していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000035-dal-base

    「投手王国の再建」。
    佐々岡真司新監督のもとで、この大きな任務を背負うのは、来季より一軍投手コーチに就く沢崎俊和氏。
    広島ホームテレビ『ひろしま深掘りライブ フロントドア』では、沢崎コーチをスタジオに招き、2020年カープ投手陣の展望を聞いた。



    カープ一筋23年の沢崎コーチは1996年にドラフト1位でカープに入団。同期のドラフト2位は、後に日米通算203勝をあげた黒田博樹氏。
    1年目の1997年はアマチュア球界No.1の呼び声通りの力を発揮し、先発・リリーフにフル回転。チームトップの12勝をあげ新人王を獲得した。その後は故障に泣き、2度の手術を経て、9年目の2005年に現役引退。翌2006年にコーチ就任。以降14年にわたり一軍から三軍まですべてのコーチを歴任した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00010001-hometvv-l34

     広島の山口翔投手(20)が27日、大野練習場で投球フォームの確認を行った。現在はOBの黒田博樹氏や昨季まで大瀬良が取り入れていた左手を高く上げる投げ方の習得を目指している。体が前に突っ込む悪癖を修正するための試み。オフの期間に形を作り、来春キャンプで競争を勝ち抜く。



     鏡の前に立った山口はシャドーピッチングを繰り返した。確認するのは左手の高さ。「高く上げるようにしたい。そうすれば自分の悪いところを直せると思う」。課題克服へ新たな取り組みだ。

     左手、左肩が早く下がることで右肩が上がり、体が捕手方向に突っ込み気味になることがあった。今季も修正を試みたが、納得できるところまで至らなかった。左手を高く上げることで壁が生まれ、倒れにくくなる。試行錯誤した末にたどり着いた。

     OBの黒田氏、大瀬良も昨季は左手を高く上げるフォームだった。秋季キャンプでは、2段モーションの習得と共にテーマにしていた。まだしっかりとした形になる確率は低いものの、はまったときは「力強い球が投げられている」と方向性は見えている。

     今季は1軍に初昇格し9試合に登板。プロ初勝利を手にした一方で、7月9日の中日戦では1回3失点でKOされるなど悔しさも味わった。来季は3年目。「早いですね」と素直な感想を口にした。先発ローテ入りが当面の目標だ。

     今後もネットスローやシャドーピッチングなどでフォームを固めていく。「これからは一人の時間が多いので、自分と向き合っていきたい」。来春キャンプまで2カ月余り。自覚を持ってオフを過ごす。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000036-dal-base

     【球界ここだけの話】広島は今月8日、菊池涼介内野手(29)のポスティング制度を利用しての米メジャー挑戦を容認した。さらなる挑戦を求め、渡米する選手がいる一方でカープに野球人生をささげた選手もいる。

     「僕はメジャーに行こうとはまったく思わなかったね。向こうの生活が合わないと思った」

     菊池涼の報道が出る以前にそう語っていたのは佐々岡真司新監督(52)。現役時代(1990-2007年)は通算138勝106セーブをマーク。社会人NTT中国からドラフト1位で入団。2年目の91年に17勝9敗、防御率2・44でエースとしてチームをリーグ優勝へ導き、最多勝、最優秀防御率、ベストナイン、沢村賞、MVPとタイトルを総なめにした。同期入団で1学年下の野茂英雄氏(近鉄D1位入団→95年にドジャースへ移籍)とともにメジャー球団から熱視線を送られたが、赤ヘルひと筋を貫いた。

     一方で、大野豊氏(64)=野球解説者=は「メジャーに行かなかったのは少し心残りだね」としみじみ。1998年までの現役生活22年間で通算148勝138セーブを記録した左腕には、キャリアの晩年にエンゼルスから「年俸100万ドルと専属通訳、さらに米国での家も用意する」という当時では破格の条件での誘いがあったが、子供の教育や生活面などから断念したという。

     カープ出身者初の日本人メジャーリーガーは、野茂氏が海を渡った13年後だった。黒田博樹氏(44)が33歳のときの2007年オフに海外FA権を行使し、08年からドジャース、12年からヤンキースでプレーし、日本人初の5年連続2桁勝利(10-14年)を達成した。その後、09年に高橋建(メッツ、現阪神2軍投手コーチ)が、16年には前田健太(ドジャース)が広島を経てメジャーでプレーしたが、3人は全員投手で野手はまだいない。

     セ・リーグの二塁手では、史上初の7年連続のゴールデングラブ賞に輝いた菊池涼は現在、日本代表の一員として国際大会「プレミア12」に参戦中。12年の川崎宗則(ソフトバンク→マリナーズ、現台湾・味全)以来の内野手のメジャーリーガー誕生なるか、注目が集まっている。(柏村翔)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000535-sanspo-base

    ◆ 白球つれづれ2019~第45回・ポスティングによるMLB挑戦

     広島は今月8日、菊池涼介のポスティング制度を利用したメジャー挑戦を容認することを発表した。

     今オフの大リーグ挑戦は、筒香嘉智(DeNA)、秋山翔吾(西武)に次いで3人目だが、守備の職人として鳴らした菊池も来季は30歳。かねてから「野球をやっている以上、トップのレベルでやってみたい」と昨オフにはポスティングでの米国行きを球団に直訴している。これに対して球団オーナーの松田元も「本人の気持ちを尊重してやりたい」と送り出す決意を固めたものだ。

     今後、米球団との交渉が不調に終わった場合にはカープに戻る道も残されたが、近年は米球団の日本人選手への獲得調査は進んでいる。2020年はメジャーリーガー・菊池として注目を集めていることだろう。


    ◆ さまざまな障壁も

     もっとも、菊池の夢は必ずしもバラ色とばかりは言えない。迎える大リーグ側の事情もあるからだ。日本一の二塁手として米側でも「忍者」のニックネームで知られる名手だが、今オフのメジャーリーグでは二塁手のFAが活発。ツインズのスクープ、ナショナルズのケンドリックス、マーリンズのカストロなど実績も知名度もある選手の動向によってチーム編成は大きく変わる。つまり、彼らの去就によって菊池の所属球団も影響を受ける可能性が高い。

     現時点では、アスレチックス、インディアンス、オリオールズやダイアモンドバックスらの複数球団が菊池獲得に興味を持っていると現地でも伝えられているが、こうした複雑な事情を踏まえると、決定まではかなりの長期戦となりそうだ。

     さらに、最近のメジャーでは野球の風土そのものが変わってきているのも気がかりとなる。打球の角度を上げることで本塁打を量産する「フライボール革命」が進み、今季のメジャーリーグでは史上最多6776本のアーチが乱れ飛んだ。昨年比で1083本も増えているのだから異常と言えるだろう。こうなると、多少の守備難に目を瞑ってでも長打力のある選手を起用したがる。

     今では二塁手でも20~30本塁打を記録する選手は多い。菊池の場合は今季の打撃成績は打率.261で13本塁打、48打点、14盗塁。決して長打力のある打者ではない。過去にメジャー挑戦した日本人内野手は、松井稼頭央や井口資仁ら8人を数えるが、国内より数字を伸ばした選手は一人もいない。

     そう考えると、菊池の場合は文句なしの守備に加えてバントやヒットエンドランなどのスモールベースボールに理解のある球団、指揮官の下で働くのが成功の絶対条件となるだろう。


    ◆ 気になる広島のこれから

     広島にとっても苦渋の決断だったことは容易に察しが付く。昨年までのセ・リーグ3連覇は田中広輔、菊池、丸佳浩(現巨人)の「タナ・キク・マル」があってこそ。打撃だけでなく二遊間と中堅という鉄壁のセンターラインは他球団の追随を許さなかった。

     しかし、昨オフに丸がFA権を行使して巨人へ移籍、今季は絶対的なリードオフマンだった田中が不調とヒザの故障で戦列離脱、そしてチームはBクラス転落の末に菊池のメジャー行きとなれば、一つの時代が終わりを迎えたとも言える。

     広島という球団は親会社を持たない市民球団である。近年でこそカープ人気と新球場建設などで収益は大幅に改善されたが、過去には高年俸の選手を放出せざるを得ない「負の歴史」もあった。川口和久、金本知憲、新井貴浩、大竹寛らの名前が浮かぶ。

     黒田博樹や前田健太はメジャーの門を叩いた。黒田の抜けた穴は野村祐輔が埋め、前田の代わりは大瀬良大地が果たした。しかし、この7年間ゴールデングラブ賞を独占してきた菊池の穴は容易に埋まらない。チームでは田中が復活した場合には小園海斗の二塁コンバートや、逆に田中を二塁に回す腹案もあるようだが、若手の台頭が望まれる。

     スーパーラウンドに突入した「プレミア12」の野手陣では、広島勢の活躍が光っている。菊池の巧打に4番・鈴木誠也の勝負強さ。その鈴木がシーズン当初不振に陥った原因を後に語っている。

     「新井さんがいなくなり、丸さんが移籍して自分がやらなければと意識過剰になった」。苦悩の末に、立ち直って首位打者となった主砲だが、来季はまた菊池の穴と戦うことになると、赤ヘル党にはちょっぴり憂鬱な秋である。


    文=荒川和夫(あらかわ・かずお)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00208796-baseballk-base

     広島の横山竜士投手コーチ(43)が30日、マツダスタジアムを訪れ、練習前の円陣でナインへあいさつした。

     佐々岡新監督を支える“新鬼軍曹”は来月の秋季キャンプから本格始動。2日から17日までチーム帯同予定だ。

     「身の引き締まる思いです。たくさんピッチャーがいるし、選手1人1人の課題が自分の課題になる。責任の重さを感じている」と決意を新たにしていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000112-dal-base

    捕手王国の礎を築く! 広島が29日、来季のコーチングスタッフを発表した。2軍から倉義和バッテリーコーチ(44)と朝山東洋打撃コーチ(43)、3軍から沢崎俊和投手コーチ(45)がそれぞれから昇格。


    横山竜士新投手コーチ(43)も1軍担当となった。佐々岡真司新監督(52)の下、顔ぶれが変わった新組閣。参謀と期待される倉新バッテリーコーチは大黒柱のサポートと若手育成の両輪で捕手力を強化していくプランを明かした。

       ◇   ◇   ◇

    広島佐々岡真司監督を支える参謀として、新任の倉義和1軍バッテリーコーチは捕手力強化のプランを描く。

    大黒柱である会沢の安定感増をサポートしながら、有望な若手捕手の育成も同時に進める。結果が求められる1軍の舞台で、現役時代インサイドワークに定評のあった頭脳を捕手陣強化に注ぎ込んでいく。

    正捕手の会沢がFA権を行使せずに残留を決めた。来季の扇の要であり、チームの中核を担う存在。「会沢がいるだけで頼もしい。あれだけやってくれた選手。とやかく言う選手ではない」と絶大な信頼を寄せる。ただ一方で「ちょっとした癖がある」と改善点を指摘しつつ「まだまだレベルは上がってくると思う」と伸びしろを感じている。

    次代の正捕手となる「ポスト会沢」育成も重要なテーマだ。2日から始まる秋季キャンプは磯村、坂倉に加え、高卒2年目の中村奨が初めて1軍キャンプ参加となった。「会沢の壁は高いと思うが、近づけるように。レベルアップをやっていきたい」。28日までのみやざきフェニックス・リーグでは坂倉と中村奨を英才教育。一定の成長を感じることはできた。ドラフトでも育成を含め2人の捕手を獲得した。鍛錬の秋にさらなる競争心をあおり、飛躍のきっかけを探っていく。

    鈴木球団本部長は「今までやってきた野球を踏襲する。優勝を経験しているコーチも残っているので、考えは伝わっている」と広島野球の伝統継承に期待する。指導者として初の1軍となる倉バッテリーコーチも、佐々岡新監督とは現役時代にバッテリーを組み、18年までは3年間2軍でともに指導してきた間柄。「今まで育成という部分が強い2軍でやっていた。1軍は勝たないといけない。勝つ野球をやらないといけない」。投手出身の指揮官の思いを現役同様、がっちりと受け止める覚悟でいる。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-10290597-nksports-base

    このページのトップヘ