広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    OB

    【正田耕三「野球の構造」(26)】2008年8月、漫画家・赤塚不二夫さんの告別式で弔辞を読んだタモリさんは「私もあなたの作品の一つです」と締めて話題を呼びました。例えとして適切かどうか分かりませんが、僕もまた、入団から3年間にわたって打撃指導をしていただいた内田順三さんの「作品の一つ」でした。

     最初は僕自身も「右で打てないのに、左で打てるわけないやろ」とスイッチヒッターへの転向には懐疑的でしたが、内田さんと肉親以上に同じ時間を過ごし、ひたすらバットを振り続けていくうちに、おのずと道が開けていったのです。

     入団2年目の1986年はプロ初の開幕スタメンに抜てきされ、二塁での先発出場は偵察要員で投手が入ったケースも含めれば70試合。木下富雄さんの22試合、小早川毅彦の38試合を大きく上回ることができました。規定打席には届きませんでしたが、打率は前年の1割8分から2割8分8厘へと大幅アップ。2年ぶりとなるセ・リーグ制覇にも貢献することができました。

    284f9c38


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1895109/

     白血病闘病中で広島OBの北別府学氏が22日、ブログを更新。5位に低迷している古巣カープについて「まだまだ始まったばかり カープは投打がかみ合わないだけ」とつづった。


    今季から指揮を執る佐々岡監督についても「真面目な佐々岡監督 悩むのは早い!監督稼業を楽しんでください!」とエールを送った。  また、過酷な治療を続ける北別府氏は「私は何をしていても急逝した友人を思い出してしまう」と話題を切り替え、急逝した俳優・三浦春馬さんについても触れた。「ですから三浦春馬さんの周りの方々も辛いだろうなとこの数日ずっと考えていました 苦しいことが重なり辛い日々を乗り越えた私の身内もいますが、今では乗り越えてくれて世の中に怖いものは何もないというような存在になってくれています。許可が取れなかったため、誰かは言えませんが」


    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ea7c09c2c88f466157522a868b9e57a1a7c23a37

    ◇セ・リーグ 中日4―4広島(2020年7月30日 マツダ)  中日のドラフト5位・岡林は30日の広島戦で7回、代打で登場。2球空振りした低めのフォークを三度目の正直ですくい上げ、右前に弾ませた。プロ3打席目で待望の初安打となった。  岡林の兄で、広島を昨季限りで退団した元育成投手の飛翔(つばさ)さん(20=現国学院大1年生)が、スポニチ本紙を通じてプロ初安打の祝福メッセージを寄せた。  勇希、プロ初安打おめでとう。小学校の授業が終われば、家で一緒に200球ぐらいティー打撃したよな。勇希にはサボる気持ちがなかった。それが俺との差だったのかな。

    20200618-00804957-fullcount-000-6-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/47cc3dec9700bfc5b9570ef357780eede3d26559

     昭和の広島カープ黄金期に名バイプレーヤーとして鳴らし、トレードマークの口ひげと「パンチョ」の愛称で親しまれた木下富雄さん(69)。2007年にオープンした焼き鳥専門店「カープ鳥きのした 十日市店」(広島市)は、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けた。

    「3月に入って徐々にお客さんが減り始め4月はかなり厳しい状態でした」。県の休業要請を受けて4月22日から店内での営業を停止し、約1カ月間はテークアウトのみの営業となった。売り上げは激減。それでも多くの人が店を案じ、応援してくれたという。  常連客はもちろん、木下さんの母校・駒大の同窓会広島県支部の人たち、店舗周辺のお寺のお坊さんらもテークアウト商品を買いに来てくれた。「人の縁や温かみを感じた。商品を買いに来てくれたお客さんにお礼を言うと、皆さん『頑張って』と返してくれる。その言葉がどれだけ励みになったことか」
    20200722-00000279-spnannex-000-1-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/e54f1c51df4c53889935f83d9ab3cdc71ac36c83

     広島のエースとして通算213勝を挙げ、1月に公表した成人T細胞白血病治療のため5月19日に息子をドナーとする骨髄移植を受け、今月11日に退院した北別府学さん(63)が17日、自身のブログを更新。広島・堂林翔太内野手(28)の活躍を喜んだ。  「嬉しいこと」のタイトルでブログを更新。「今日も通院。まだ一日置きに。点滴やら待ち時間やらで1日仕事。今、その合間です」と書き出すと「堂林選手の活躍が嬉しくてたまらない」と堂林について触れた。


    20200719-00000052-dal-000-4-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9c29d6c9549799f7cbebf05db0197aef82a28034

     広島のエースとして通算213勝を挙げ、1月に公表した成人T細胞白血病治療のため5月19日に息子をドナーとする骨髄移植を受け、今月11日に退院した北別府学さん(63)が12日、自身のブログを更新。改めて退院を報告して感謝した。  北別府さんは退院翌日のこの日が63歳の誕生日。「生涯忘れない誕生日」のタイトルでブログを更新すると「本日我が家で迎えることができました」と改めて報告し「多分生涯忘れることができないほど感慨深い誕生日」と続けた。



    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8822f832dabe0dd8c4954346ac7c397be388ed4e

     ◇セ・リーグ 広島19―4中日(2020年7月11日 ナゴヤD)  元巨人監督で野球解説者の堀内恒夫さん(72)が11日、自身のブログを更新。同日の中日戦(ナゴヤD)で今季最多の23安打19得点と打線が大爆発して圧勝した広島について「北別府の退院祝いだな」と堀内さんらしい表現で祝福した。  広島のエースとして通算213勝を挙げ、1月に公表した成人T細胞白血病治療のため5月19日に息子をドナーとする骨髄移植を受けた北別府学さん(62)がこの日、2カ月ぶりに退院。北別府さんの古巣・広島は直後に行われた中日戦で3回に34年ぶり球団タイ記録となる1イニング11安打で9点を挙げるなど今季最多の23安打19得点と爆発して快勝し、連敗を2で止めた。



    20200711-01970307-tospoweb-000-11-view


     

    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/188f8a873e23c5cc315c500651e72776e1f8ce63

    1月に成人T細胞白血病を公表し闘病生活に入っていた広島OBの北別府学氏が11日、末梢血幹細胞移植を終えて広島市内の病院を退院した。今後は自宅から通院治療を続ける。


     この日、ブログでも報告し、「お陰様で退院しました。自宅に帰ることができ感無量です。皆さんの励ましは本当に大きな力でした。心よりお礼を申し上げます」と感謝した。

    20200711-01970307-tospoweb-000-11-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cfb407f92a9a15c51c51c760c5efc96e93858a38

    ロッテとの契約が9日に解除されたジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)が10日に大麻取締法違反(所持)の疑いで広島県警に逮捕された。  7日の西武戦(ZOZOマリン)で今季3ホールド目をマークしていたばかりだったが、コロナ禍から再び観客を入れる記念日に水を差す最悪のタイミングとなった。ロッテでは全選手、スタッフへの即日の尿検査実施と薬物使用に関する講習の徹底などで再発防止を図るという。  とはいえ大金がかかる助っ人獲得においては、これまでも素行調査など、できる限りのことはすでに行われてきた。実際、オフにジャクソン獲得に動いていたという在京球団のフロントは「広島時代の話を周囲に聞いてもいい話しかなかった。薬物の使用は本人が隠していれば獲得前には分からない」とお手上げ。条件面で獲得とはならなかったが「ウチで発覚していてもおかしくなかった」と対岸の火事ではないという。


    20200711-01970307-tospoweb-000-11-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/54c928b18bdee43e1423ab5fe7e002178b93eecd

    広島県警に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたプロ野球ロッテ前選手のジェイ・ジャクソン容疑者(32)。ロッテを直前に退団し、シーズン中の逮捕となった。


    ジャクソン容疑者は2016~18年に広島でプレーし、セ・リーグ3連覇に貢献した。大リーグ・ブルワーズを経て、今季ロッテに入団した。6月の開幕時から1軍入りし、主力の中継ぎ投手として7月7日まで7試合に登板。3ホールド、1セーブ、防御率3・86の成績を収めていた。  9日、ジャクソン容疑者本人が球団へ契約解除を申し出て、退団した。同日夜、理由や詳細について、松本尚樹球団本部長は「今の時点で詳しく説明できない。改めて説明します」としていた。  この日の深夜、ジャクソン容疑者は自身のSNSを通じて資金援助を求めており、「残念ながら、日本で個人的な問題に直面している。弁護士費用がかさんでおり、チームを退団して大きな痛手になっている」とつづっていた。現在サイトは見られない状態になっている。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ce8137e6b8cc03219c4beaaed94eea66dfe1b641

    このページのトップヘ