広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    OB

    “側近”から見た鉄人とは――。23日に上行結腸がんのため71歳で死去した衣笠祥雄氏を現役時代に支えていた広島の福永富雄球団トレーナー部アドバイザー(75)が、故人の我慢強さと医者をも驚かせたエピソードを明かした。

     筋肉の柔らかさは一級品だったという衣笠氏が一塁でレギュラーに定着したのは入団4年目の1968年のこと。福永氏によれば「実は太ももの肉離れを発症していた」そうだが、せっかく巡ってきたチャンスを逃すわけにはいかない。当時の根本陸夫監督に「試合に出るつもりなら盗塁のサインだって出す。当たり前だが、走ってもらいたい場面では走ってもらうぞ」と言われた衣笠氏は「もちろんです。できます」と二つ返事で試合に出続けたという。

     世界2位の2215試合連続出場を達成する間に左肩甲骨骨折の重傷を負ったのは有名だが、福永氏は「公にはなりませんでしたが、右手親指や手首、肋骨にひびが入りながらプレーを続けたこともあります。そのことは本人、首脳陣、トレーナーくらいしか知らなかったと思います。今では考えられないことですが…」と振り返る。

     体の丈夫さだけではない。衣笠氏が採血を行った際にはスポーツドクターが「こんなに良い血の色を見たことがない」と驚いていたという。「私もトレーナーをやっていて多くの選手を見てきましたが、そういうことを言われた選手は衣笠以外に一人もいません。なので非常に印象に残っています」(福永氏)

     最後に顔を合わせたのは今年1月で体調が良くないことは知っていた。亡くなる6日前の17日にも電話で言葉を交わしたという福永氏は「時代も違うし、あのような選手はもう出てこないんじゃないか」と言って故人をしのんだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000033-tospoweb-base

     23日夜に死去した元広島の“鉄人”こと衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さん(享年71)は現役時代、“ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏(71)との名コンビで鳴らしたが、実は最初は犬猿の仲ともいえる関係だった。元ニッポン放送アナウンサーで2人と親交があった深澤弘氏(82)が、本当の仲を明かす。

     巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が、よくこう言っていました。

     「僕の誇りはね、王(貞治ソフトバンク球団会長)と1度もいさかいがなかったことだよ」

     同じチームに力量が突出したスターが2人いれば、お互いに意識し合い、いつしか仲が悪くなる方が普通。奇跡的にONコンビの仲が良く、両雄が見事に並び立ったことが、巨人9連覇の原動力だったともいえます。

     何年か前、(山本)浩二さんにこの話をしたら、彼はこう声をひそめました。

     「僕とキヌ(衣笠さん)の仲は、決して良くなかったです。ライバルで、お互いにとげとげしかった。3番衣笠、4番山本で、僕はネクストバッターズサークルで何度も『打つな!』と念じました。キヌも同じ気持ちだったと思います」

     そんな2人の関係が劇的に変化したのが、1975(昭和50)年。7月19日のオールスター第1戦(甲子園)で、全セの3番を打った山本さんは1回と2回に、6番の衣笠さんは1回と3回に、そろって2打席連続本塁打。2番手で登板した外木場投手も3回無失点の好投で、翌日のスポーツ紙は「赤ヘル軍団現る」と大騒ぎでした。

     このとき、山本さんは「キヌと個人的に話してみたくなった」。広島に戻ると衣笠さんを誘い、初めてサシで酒を飲んだそうです。

     当時の広島は球団創設以来1度も優勝したことがなく、前年まで3年連続最下位の弱小チームでした。2人はこの席で「今年は優勝のチャンスじゃないか」と意気投合。実際に、秋には悲願のリーグ初制覇を成し遂げました。

     以後、2人はアドバイスを送り合い、盟友といわれるようになり、広島も常に優勝争いに加わる強豪へと変貌していったのです。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000015-ykf-spo

     元祖・鉄人から教わったプロとして姿勢を、指導者として若手に伝える責務がある。楽天・栗原健太2軍打撃コーチ(36)は、23日に上行結腸がんで急逝した元広島・衣笠祥雄さん(享年71)の魂を、仙台の地で継承することを誓った。

     かねてから、同コーチは何度も口にしてきた。「プロ野球選手として、結果や、いろんな数字も大事ですけど、全部試合に出ること。まずはそれが第一」。本塁打や打率、打点よりも、最大の勲章に位置づけてきたのは出場試合数だった。自身の現役時代、広島の主砲として07、08、11年と3度フル出場を経験。それを何よりの自負としている。2015年オフに右肘手術から再起をかけ楽天移籍に挑んだときも、その入団会見で最初に掲げた目標は「全試合出場」だった。常にグラウンドに立ち続けること。プロ野球選手として、それが最大の使命であり責任でもある。

     「金本(知憲、現阪神監督)さんも、前田(智徳)さんも、新井(貴浩)さんも…皆さんそうでした。多少のけがをしても出る。カープはそれが当たり前だった。それは衣笠さんが築いてこられたものでしょう」。現役時代の16年間をそうした土壌で過ごした栗原コーチは、試合に出続けることの重みを、常に肌で感じてきた。

     たとえばレギュラー選手にシーズン中、休養日を与えながら戦うスタイルもあるが、「自分が試合に出なかったときに、代わりの誰かが活躍したら、自分の居場所がなくなる。そのくらいの覚悟がいります」と話す。将来を背負う若手選手たちを日々育成する中で、栗原コーチの指導はぶれない。「いつも若い子たちに、言っていますよ。だから全部試合に出られるその体力を、キャンプ、練習でつくる。当然、練習量は多くなりますよ。そして、1年間やっただけではだめ。レギュラーで3年間、全部試合に出て、それで一人前なんです」。出場試合数は、勝利に貢献し、必要とされる選手であることの証でもあるのだ。

     5年ほど前、衣笠さんの現役時代も体のケアを施した広島・福永富雄トレーナーとともに、衣笠さんと食事をともにしたことがあったという。「自分はちょうど右肘を手術した後だったんですが、衣笠さんに打撃のアドバイスも頂きました。試合に出続けることの大切さも、お話しして頂いたのを覚えています」。鉄人のスピリットに直接触れたことは、栗原コーチにとって今も財産となっている。その尊い志を受け継ぎ、次世代の鉄人を輩出することを使命としている。(デイリースポーツ・福岡香奈)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000049-dal-base

     楽天は30日、コーチ人事の発表を行った。チームはここまで26試合を消化し6勝19敗1分け、勝率.240で最下位に沈んでいた。コーチ人事は以下の通り。

     栗原健太2軍打撃コーチ→1軍打撃コーチ

     高須洋介1軍打撃コーチ→2軍打撃コーチ

     真喜志康永育成コーチ→1軍内野守備走塁コーチ

     立石充男1軍内野守備走塁コーチ→育成コーチ



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00125527-fullcount-base

     NPBに復帰して2年目の千葉ロッテ・三家和真選手。昨季は2軍でチーム最多の107試合に出場し、今季もここまで遊撃のレギュラーとして25試合に出場している。


     今では故障に強い選手となった三家だが、広島の育成時代は、1年目だった2012年秋に膝を負傷し、秋季キャンプと翌年の春季キャンプはチームに動向せずリハビリに専念するなど、とにかく故障が多かった。結局、2年目の2013年は2軍での試合出場も5試合のみにとどまり、同年オフに戦力外通告を受ける。

     2014年からはプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの信濃に入団し、2015年からの2年間は石川でプレー。そして、2016年秋に行われた千葉ロッテ秋季キャンプでの入団テストに合格し、支配下契約と背番号「61」のユニホームを手に入れた。

     4年ぶりにNPB復帰した昨季は1軍でも4試合に出場し、今季は開幕2軍ながら元気にプレーしている。広島時代よりも故障が減った理由について「体もでかくなったんじゃないですかね」と笑顔。「知識は全然ないと思いますけど、高校出てすぐの時に比べると、体も強くなっていると思います。厚みとか体の大きさもそうですけど強くなっている。1回怪我もしているので、ケアの面はだいぶ意識しています」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00123846-fullcount-base

     プロ野球広島で活躍し、プロ野球記録の2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれ、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が死去したことが24日、関係者の話で分かった。71歳。京都府出身。

     元広島内野手の高橋慶彦氏(61)は自身のツイッターで衣笠氏の訃報に触れ、「今日衣笠さんが天に野球をしに行ってしまいました。大好き、素晴らしい先輩、いろいろな言葉が有ると想いますが、どんな言葉を探しても見つかりません、コメントをと言われましたが言葉で表すことが出来ません。言えることは私も野球をしにゆくのでその日まで待ってて下さいと言うことです」と故人をしのんだ。

     続けて「本当に私の野球人生が有るのは衣笠さんのおかげです本当にありがとうございました。皆さんも衣笠さんのご冥福を祈って下さい。ヨロシクお願いいたします」とつづった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000545-sanspo-base

     プロ野球解説者の衣笠祥雄さん(71)の声がかすれ過ぎていて聞き取れないほどだと、ツイッター上などで心配する声が上がっている。

     試合を中継したBS-TBSでは、J-CASTニュースの取材に対し、「風邪だと聞いています」と説明している。

    ■「あのー、守備をして...、けっこう野球...」

     2018年4月19日のDeNA‐巨人戦は、DeNAが初回から先行する展開になった。

     2死1、3塁のチャンスで、宮崎敏郎選手(29)がタイムリーヒットを放つと、TBSの戸崎貴広アナが「衣笠さん、うまく打ちましたね」と意見を求める。すると、衣笠さんは、かすれた声を絞り出すように、「いま、この人はこれうまかったんですね、昔から」と解説した。

     2回になると、衣笠さんの声はもっと聞き取りにくくなった。巨人も反撃に転じ、岡本和真選手(21)がツーベースを打つ。戸崎アナが「これチェンジアップですかね?」と聞くと、衣笠さんは、「拾われましたね。ほんと、まだ...」。最後の方はよく聞こえなかった。戸崎アナは、「はい、これは技という感じの岡本のヒットです」とフォローしていた。

     ほかにも、衣笠さんの声が聴き取りにくいことがあった。例えば、衣笠さんが「あのー、守備をして...、けっこう野球...」とかすれた声で解説し、戸崎アナが「えー、そういう動きですか」と返すといったものだ。

     衣笠さんの声がおかしいことに、ツイッター上では、次々に心配する声が上がった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000008-jct-ent

     福岡・飯塚市に球団史上初の3連覇を狙う広島、連覇を狙うソフトバンクの2球団の胃袋を支える焼き肉店「焼肉のMr.青木」がある。170席ある大型店は連日にぎわい、週末になると福岡市内はもちろん各地から新鮮な肉を求めて長蛇の列ができる。

     そんな人気店に足しげく通うソフトバンク関係者。昨年のパ・リーグCSファイナルシリーズで初戦から4戦目まで連続本塁打を放ちMVPに選ばれた内川は、家族で連日通ったほどの“パワースポット”だ。

     日本一に輝いた前日には達川コーチも一人で訪れた。「先輩、聞いてくださいよといいながら一人で来た」と説明したのは、オーナーで元プロ野球選手の青木勝男さん(71)だ。

     広島に在籍7年、1軍成績は通算13打数2安打と大きな実績は残していない。それでも広島退団時には巨人、阪急(現オリックス)、南海(現ソフトバンク)の3球団から移籍話もあった。しかし、結婚の話もあり「東京は似合わんと思った」と巨人入りも断って故郷の飯塚に戻り、両親の営む店を継いだ。「寝る間を惜しんで働いた」と広島時代の付き合いで古葉竹識氏や安仁屋宗八氏らの口利きもあり、店は繁盛した。

     10年前には古くなった店を新築。調理場は息子に任せ、お客の案内係に専念する一方、地元に2軍戦を誘致するなど、野球発展にも力を注いだ。財を成し順風満帆の人生のようだが、二十数年前にパーキンソン病を発症。現在は薬が手放せず、歩行器が必要な生活を送っている。昨年12月の広島カープOB会は体調不良で欠席。「今年は行きたい」と、東筑出身の広島・高コーチから贈られたカープ帽をかぶって、山本浩二氏や北別府学氏らの写真が飾られた店先に立つ。

     16年のオープン戦中には、緒方監督をはじめ首脳陣を招いて焼き肉を振る舞った。そこから広島は連覇を達成。今年のオープン戦中も首脳陣や選手が舌鼓を打った。ソフトバンクのお膝元ではあるが「ソフトバンクの帽子をかぶると似合わんと言われる」と笑う。夢は広島とソフトバンクの日本シリーズ対決。青木さんは「カープを応援する」と迷うことなく言い切った。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000052-dal-base&pos=5

     プロ野球・広島、巨人で俊足巧打のユーティリティープレーヤーとして活躍した木村拓也さん(享年37)が亡くなってから7日で丸8年がたつ。東京ドームで行われた追悼試合で気丈に始球式を務めた、当時10歳だった長男・恒希さん(18)は4月から広島工大に進学。建築関係への就職を考える一方、プロへの夢をつなぐため野球を続ける。父亡き後は家族の精神的支柱の役割も担いながら、父の座右の銘「一生懸命」を心に留めて未来へ歩みを進めている。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00010004-spht-base

    このページのトップヘ