広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    OB

     ドジャースの前田健太投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦で6回から2番手で登板した。救援登板はプロ入り2度目、広島2年目の2008年5月16日・巨人戦以来、実に3311日ぶりとなったが、4回3安打1失点6奪三振の快投で日米通じてプロ初セーブをマーク。ドジャースは7-2で快勝した。前田の配置転換を決断したデイブ・ロバーツ監督が、この投球を絶賛したとドジャースの球団公式ブログ「ドジャース・インサイダー」が伝えている。

     前田は5点リードの6回から登板。先頭ボットは遊ゴロ、スアレスはスライダーで空振り三振、シェブラーは92マイル(約148キロ)の速球で空振り三振と3者凡退に仕留める。7回も2三振を奪う快投。その裏の打席では大飛球も左飛に倒れたが、8回も続投するとまたも3者凡退。3イニングをパーフェクトに抑える快投を見せた。

     9回、前田は先頭ボットに初ヒットとなるソロ本塁打を浴びると、2死後に2安打を許すも、最後はバーンハートを左飛に仕留めて試合終了。日米通じて初のセーブをマークした。

     今季は開幕10試合で4勝3敗、防御率5.16と苦戦していた前田。「ドジャース・インサイダー」によると、前田を初めて救援で起用したロバーツ監督は試合後、「ケンタは今季これまでと同様にいい投球をした。球速は94マイル(約151キロ)に達していたし、スライダーはまたもキレていた。彼は速いカウントで変化球でストライクを取れていた」と評価したという。

     また、地元メディア「ドジャーブルー」によると、指揮官は「ほとんどの状況でストライクゾーンを(積極的に)攻める意図が見えた。彼には競争心がある。(この日は)一晩中、攻撃的だった」とも絶賛。この日の前田の投球に確かな手応えも感じた様子で「我々のスターターに予期しないことが起こらない限り、彼はこの役割をこなすことになるだろう」と話している。一方で、前田自身が通訳を介して「僕は野球人生を通じてずっと先発だったので、ブルペン行きを告げられた時は残念でした。いい結果を残して、ローテーションに戻りたいと思っています」と話したことも伝えている。

     先発ローテに戻るためには、この日のようにいい投球を続けて、結果を残し続けるしかない。その第一歩を最高の形で踏み出したことは確かだ。


    引用元 https://full-count.jp/2017/06/10/post72052/

     ◇パ・リーグ ロッテ1―6ソフトバンク(2017年5月23日 ヤフオクD)

     ロッテの三家和真外野手が23日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でプロ初出場した。

     1―6の9回無死から清田の代打で出場。プロ初打席は石川の151キロ直球を打つも三ゴロに倒れた。一塁へはヘッドスライディングを見せ「点差は開いていたが、何とか塁に出たい気持ちがああいう形になった」と振り返った。

     11年育成ドラフト4巡目で広島に入団も、13年限りで戦力外通告を受け退団。BC信濃、石川を経て、16年にロッテの秋季キャンプで入団テストに合格し、今季から加入した。イースタン・リーグで打率・325と猛アピールし、5月21日に初めて1軍に昇格していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000141-spnannex-base

     「奥のテーブルにスライダー2つ!」-。

     店内に威勢の良い声が響く。その主は5度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献した元広島の木下富雄氏だ。現在は広島市内で焼き鳥店「カープ鳥きのした 十日市店」を経営している。

     広島市内に13店舗ある「カープ鳥」は、1980年にオープン。2010年に球団オーナーの了承を得て「野球鳥ひろしま」から現在の名前に改名した。その売りは、店内がユニホームやサインなどで飾ってあるだけではない。選手の名前を付けた串があること。「スライダー」とは生ビールのことで、飲み物にも数多くの野球用語が使われている。

     メニューは45種類。毎年、選手が入れ替わる中で、開幕前には全店舗の店長などが集まり、今季のメニューに載る選手を決める「編成会議」が開かれる。昨年の成績や近年の活躍度合い、そして将来への期待値…。木下氏がキャンプ中に日南を訪れ、選手の情報を収集。今季、活躍しそうな選手を見つけて進言することもある。今年は2度、いずれも約1時間の熱い議論が交わされ、栄えある「1軍メンバー」が決まった。

     今季は9種類が新たに入れ替わった。例年、エース級の投手が担う3番人気の「ヒナ皮」はジョンソンに。ドラフト1位・加藤(慶大)は「手羽先」、同2位・高橋昂(花咲徳栄)は「笹身しそ巻」になった。メニュー表で最も存在感を示すのが「焼鳥9本セット」になっている「男気コース」。かつては「ホームランセット」として売り出されていたものだ。名前の由来は、もちろん昨季限りで現役を引退した黒田氏。日米通算203勝もさることながら、巨額オファーを蹴り古巣復帰を選んだ生きざまが“男気”と言われ、社会現象までになった。「これは絶対に外せなかった」と木下氏。カープ鳥では、今季も現役を続けている。歴代の名選手も、もちろんメニューにある。ミスター赤ヘル・山本浩二氏は「コウジ」の名前で「つくね」、大野豊氏は「オオノ」で「ナス」だ。

     カープは、原爆が投下され廃虚から立ち上がる、広島市民の希望の光だった。今もそれは変わらず、街ではカープのロゴや選手のポスターなどを見かけない場所はないほどだ。昨季は25年ぶりにリーグを制覇。カープ人気は最高潮に達し、店内はいつも満員状態だった。今季も首位こそ阪神に明け渡したものの上位に位置する。「土曜日のデーゲームの後なんか予約でいっぱい。忙しいね」。木下氏は汗をぬぐいながら、目尻をさげた。(デイリースポーツ・市尻達拡)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000055-dal-base

     今季は37年ぶりのリーグ連覇を狙う広島。開幕戦に敗れた直後から引き分けを挟んで10連勝するなど好調を維持し、セ・リーグ首位に立っている。スタートダッシュの勢いもそのまま、昨シーズンに続きリーグ優勝を果たすのか

     かつて広島で5度のリーグ優勝、3度の日本一を経験し、黄金期を牽引した高橋慶彦氏も、古巣の躍進に期待を寄せる1人だ。現在は福島・郡山に本社を置く住宅販売・設計施工会社「ウェルズホーム」で広報部長を務める高橋氏は、俊足を武器に盗塁王を3度獲得。プロ入り後にスイッチヒッターに転向し、1979年には33試合連続安打の日本記録を樹立した。

     昨季、圧倒的な強さでリーグ優勝した広島は、盗塁やエンドランなど機動力を生かした攻撃をチームカラーとした。1979年、80年、85年と3度盗塁王に輝いた高橋氏は、盗塁成功のカギについて「失敗を恐れず、走れる時はどんどん走ればいい」と話す。

    「僕は盗塁死の数も多いです。失敗を恐れず、走れる時はどんどん走ればいい。選手はアウトになるのが怖いです。『ここでアウトになったらチームに迷惑をかけてしまう』と考えてしまいますから。自分が走塁コーチを務めていた時には選手にもよく言いましたが、失敗を気にすることはないと思います」

     NPB歴代5位となる通算477盗塁を誇る高橋氏だが、同時に通算盗塁刺も206と多く、通算1065盗塁の日本記録を持つ福本豊氏の299盗塁刺に次ぐ歴代2位となっている。盗塁を決めた数は大事だし、成功率は高い方がいい。だが、何より大切なのは「どれだけホームに戻ってきているか」だと話す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00010004-fullcount-base

     昨季途中に広島でプレーし、今季はインディアンス傘下3Aコロンバスに所属しているスティーブ・デラバー投手(33)が、薬物規定違反により80試合の出場停止処分を科せられた。大リーグ機構が24日(日本時間25日)、同投手に筋力増強剤の一種、オスタリンの陽性反応があったと発表した。


     デラバーは昨年6月に広島と合意。中継ぎで2試合に登板し、2回無安打無失点、4三振と好投したが、契約を延長することなく、米球界に復帰した。

     11年にマリナーズでメジャーデビュー。その後はブルージェイズ、レッズを渡り歩き、メジャー6年の通算成績は190試合、15勝9敗2セーブ、防御率4・07。ブルージェイズ時代の13年には球宴に出場している。

     メジャー昇格まで9年を要し、マイナー時代の08年に戦力外通告、独立リーグ時代の09年には右肘骨折で一時は地元の高校で非常勤講師を務めていた苦労人でもあった。


    引用元 https://www.daily.co.jp/mlb/2017/04/25/0010127521.shtml

     昨シーズン、25年ぶりのリーグ優勝を達成した広島。今季は2年連続のリーグ制覇、昨季届かなかった日本一に向けて新たな戦いに挑んでいる。そんな王者にエールを送るのが広島で5度のリーグ優勝、そのうち3度の日本一を経験している高橋慶彦氏だ。

     1974年のドラフトで3位指名を受けて広島に入団した同氏はプロ入り後にスイッチヒッターに転向。打者としての才能を伸ばして入団4年目の78年からレギュラーに定着した。特に打撃と走塁で際立った活躍を見せ、盗塁王3度、ベストナイン5度、日本シリーズMVPなど数々のタイトルを獲得。そんな高橋氏はロッテ、阪神を経て引退し、ダイエー(現ソフトバンク)、ロッテ、オリックスで指導者を歴任。現在は福島・郡山に本社を置く住宅販売・設計施工会社「ウェルズホーム」で広報部長を務めている。

     今年還暦を迎えた高橋氏は躍進する古巣に熱視線を注いでおり、今年の連覇達成については昨年引退した黒田博樹の穴を埋められるかが鍵となると分析する。ここまでは、エース左腕のクリス・ジョンソンが離脱中ながら、若手が奮闘。4年目の九里亜蓮が3試合登板で2勝1敗、防御率2.18、2年目の岡田明丈も3試合登板で2勝0敗、防御率3.38と上々のスタートを切り、ルーキーの加藤拓也、床田寛樹はすでにプロ初勝利を挙げた。

    「今年も広島は強いと思います。黒田が広島に来てから、インサイドへの投球が増えましたね。それまでは外中心が多かった。そういうピッチングを経験して、投手陣は成長しました。黒田は引退しましたが、その遺産は大きいですね」


    引用元 https://full-count.jp/2017/04/19/post65592/

     ◇社会人野球・第60回JABA岡山大会予選リーグAブロック ニチダイ7―8伯和ビクトリーズ(2017年4月16日 倉敷市営球場)

     ニチダイは終盤の追い上げで1死満塁から始まるタイブレークに持ち込んだが、勝利まであと1人の場面から逆転サヨナラ負けを喫した。敗戦投手となった西原圭大投手(28)は、昨季まで広島でプレーし、4年ぶりの古巣復帰。15日のHonda熊本戦ではタイブレークを制して勝利投手となったが、2日連続の快投とはならなかった。

     サヨナラ打を浴びた西原は、肩を落とすでも、開き直るでもなく、真っすぐと視線を向けた。

     「タイブレークは、実力うんぬんよりも運。打たれたのは悔しいですが、チームとして修正するところも見えています。自分もまだまだヘタクソなんで、もっと練習せなあかん、と思いました」

     9回表に3点差を追いつくと、10回から始まるタイブレークを見越して9回裏1死から西原がマウンドに上がった。無失点に抑えて延長戦に持ち込むと、10回表に2点を勝ち越し。だが、その裏に左犠飛で1点差に迫られ、安打で2死満塁とされた後、石井に中前へ運ばれ2者が生還。逆転サヨナラ負けを喫した。

     前回、ニチダイに在籍していた13年ドラフト4位で広島入り。社会人からの入団で即戦力の期待を受けたが、在籍3シーズンで16試合0勝0敗、防御率7・23。昨年10月に戦力外通告を受けた時は、心身ともに整理をするのに時間がかかった。妻と2人の子どもがおり、仕事をどうするのか…。野球は続けるのか…。2カ月近く悩み考え、最終的な決断を後押ししたのは、古巣への感謝の思いだった。

     「自分は(大学卒業後に)ニチダイに拾ってもらった。(プロへ)自分が行って見てきた世界を、若い子たちに伝えられたらいいと思った」

     今年1月1日付で入社し、再び仕事と野球を両立させる生活が始まった。前回在籍時も指揮を執っていた楠本正美監督は「プロへ行く前よりも視野が広がっている。ものの考え方、取り組み方が良くなり、人としてスキルアップした」と評価する。野球選手としてのプレーはもちろん、その存在がチーム全体に波及効果をもたらしている。

     恩返しするつもりでいた西原も、思わぬ刺激を受けている。

     「1球に対してだったり、1つの打席に懸ける思いは若い子たちの方が強いので、僕自身も学ばせてもらうことが多いですね」

     痛い1敗を喫したが、まだまだチームも自分も成長できる。そんな手応えを感じて、帰りのバスに乗り込んでいった。(石丸 泰士)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000041-spnannex-base

    このページのトップヘ