広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    OB

    <言葉の力:MLB>

     ダルビッシュと前田を擁したドジャースが29年ぶりにワールドシリーズまで勝ち上がった。プレーオフでは7月末に交換トレードで獲得したダルビッシュが先発陣の柱、在籍2年目の前田が救援陣の軸として活躍した。ヤンキース田中は日本人初のデビューから4年連続の2桁勝利。マーリンズのイチローは米通算3080安打で、ロッド・カルー(パナマ出身)を抜き、米国以外出身選手の通算最多安打となった。担当記者の印象に残った言葉は…。


      ◇   ◇   ◇

    ▽マーリンズ・イチロー「初日は誰でも特別な気持ちでいられますけど、時間がたってどう終われるかというのが、本当に問われることなので」(2月17日、メジャー17度目のシーズンを迎えたキャンプイン初日。長い年月を経てきた重みのある言葉だった=水次祥子)

    ▽ヤンキース田中「そりゃあいろいろと考えるし、僕も人間ですから、気がめいるときはある。でも関係ないですよ、マウンドに上がれば。そんな気持ちを持ってマウンドに上がること自体が、いろんな人に失礼だと思う」(2試合連続で大量失点。5月24日、翌日の登板に向けて自分に言い聞かせるように言った=水次祥子)

    ▽レンジャーズ・ダルビッシュ「ヤンキースタジアムで、そんな場所で、日本人2人が投げ合って、こういう試合になったっていうのは、すごく意味のあることじゃないかなとは思います」(6月23日、田中とメジャーで初めて投げ合い、田中は8回3安打無失点、ダルビッシュも7回2安打無失点と互いに1歩も譲らず=水次祥子)

    ▽ドジャース前田「リリーフの方が向いていると言われるのは僕にとっては悔しいというか、心外というか。そんな簡単に決まるものではないと思う」(10月23日、ワールドシリーズ開幕前日に救援の適性を聞かれて。ポストシーズンは救援で好投する一方、先発への強烈なこだわりを隠そうとしなかった=四竈衛)

    ▽ドジャース・ダルビッシュ「メジャーに来てから野球への情熱が段々落ちてきて、それにすごく悩んでいた。ここで目標を持たせてもらったというか、ワールドシリーズに出て活躍したいという目標になりました」(11月1日、ワールドシリーズ敗戦後。情熱が落ちていたという意外な本音と、雪辱を誓う言葉に悔しさがにじんだ=四竈衛)

     

    ▽エンゼルス大谷「本当は27にしようかなという気持ちはあったんですけど、埋まっていたので17番にしました」(12月9日、エ軍入団会見で背番号を選んだ理由への返答。主力トラウトの背番号をネタに、米国流のジョークで笑いを取った機転は二重丸=四竈衛)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00087639-nksports-base&pos=4

    <ニッカンスポーツ・コム/さよならプロ野球:広島編>

     野球界から去る覚悟を決めた。広島から戦力外通告を受けた今井は、トライアウトを受けなかった。球団からのスタッフとしての打診も断った。「すごく感謝しています。ただ、これをやりたいという気持ちが強かった」。東京に拠点を置き、鍼灸(しんきゅう)師を目指すことを決断。まずは専門学校に通い、資格取得を目指すことになる。




     現役に未練はなかった。「昨年1軍に上がれず、今年は後悔したくないという思いがあった。ここで必要とされなかったらユニホームを脱ごうと考えながら過ごした」。今季4試合の登板で防御率5・40。覚悟はできていた。

     05年に高校生ドラフト2巡目指名で広島に入団した。投球フォームが似ていることから「黒田2世」と呼ばれた。4年目の09年にプロ初登板と初勝利を記録するなど、順調にステップアップ。だが、行く手をケガが阻んだ。10年春季キャンプは右肘違和感で離脱。11年もオープン戦期間中に左肋間(ろっかん)筋挫傷で戦列を離れるなど、出遅れを余儀なくされた。12年にプロ初完封勝利を挙げるなど4勝を挙げながら、13年は左膝を痛めて春季キャンプを離脱。さらに右手薬指骨折で復帰が遅れた。実は今季も右肘の違和感を抱えながらプレーしていた。腕を下げスリークオーターにして何とか1軍昇格は勝ち取ったが、結果を残すことはできなかった。

     第2の人生はプロで味わってきた苦しみを癒やす立場を選んだ。「これまで治療を受けていた立場。それを生かすことを考えたときに、興味があった」。生まれ育った街でも、プロを過ごした街でもない新天地で新たな1歩を踏み出す。ケガと向き合ってきたからこそ、できることもあるはずだ。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00082490-nksports-base

     広島から戦力外通告を受けた育成選手の松浦耕大捕手(24)が、プロのユニホームに別れを告げ、第二の人生を歩むことを決意した。「MSH医療専門学校に復学して、柔道整復師の資格を取ろうと思います。ケガに悩む人を助けられるようになりたい」。来年4月から“母校”の専門学校へ通い、資格取得を目指す。

     福岡の八幡南から広島にある社会人野球に所属するMSH医療専門学校に進学。元カープのコーチでもあった片岡新之介監督の下で3年間技術を磨き、晴れて2014年度育成ドラフト1位で広島に入団。同校出身では初のプロとしてカープのユニホームに袖を通した。「マツダスタジアムで新入団発表したときは感動しました」と思い出を振り返った。

     捕球技術は抜群で、捕手出身の片岡監督が「捕るだけならすぐにプロで通用する」と太鼓判を押したほど。プロになるという夢はかなったが、3年間の努力も結果を残すことはできなかった。支配下登録にならないまま育成契約が切れる今オフ、戦力外通告を受けた。

     打撃はもちろんスローイングなどプロの壁は厚かった。プロ入り2年目の16年には実戦経験を積むために四国アイランドリーグplusの愛媛に派遣されるなど成長を期待されていた。しかし、今季はウエスタン・リーグで9試合の出場で6打数無安打。通算でも14試合で9打数無安打に終わった。「何とか1軍に上がってと思っていたんですけど、プロに入ってレベルの高さを痛感しました。いろんな経験をさせてもらった」と3年間を振り返った。

     MSH医療専門学校では、過去にカープOBで阪神、西武にも在籍した石橋尚登氏(00年度広島ドラフト6位)が、プロ生活を終えてから入学。柔道整復師の資格を取り、整骨院を開業している。

     同期のドラフト2位入団の薮田は15勝を挙げ大ブレーク。その一方で、松浦と同じ捕手の同7位の多田は戦力外通告を受けた。結果が伴わなければクビになる厳しいプロの世界だ。

     その3年間で学んだことはたくさんある。「栄養についてやウエートトレーニングでどう鍛えていけばいいのかを勉強することができた。そういったことはこれからのことに生かしていける」。支えられた側から支える側へ。新たな目標に向けて進んでいく。(デイリースポーツ・井上慎也)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000058-dal-base

    このページのトップヘ