広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    OB

     【球界ここだけの話】

     25年ぶりの優勝を目指す広島だが、外国人選手の整備はほぼ完了。昨季からブラッド・エルドレッド内野手(35)、クリス・ジョンソン投手(31)が残留。新たにジェーソン・プライディー外野手(32)、エクトル・ルナ内野手(35)、ジェイ・ジャクソン投手(28)、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(26)が加入することが決まった。

     6人のうち4人が新外国人。ここで気になるのが昨季活躍した助っ人の進路だ。「ここだけの話」広島編で最多登場を誇ったのがポッチャリ体形で人気を誇ったマイク・ザガースキー投手(32)だが、いまだに所属するチームが決まっていないようだ。

     米国で家族とともにつかの間のオフを楽しんでいる左腕に今季の契約について問うと「いくつかの日本のチームと話をしたが契約には至らなかった。だから、2016年は米国でプレーすると思う。二、三の選択肢から最高のものを選びたい」と明かしてくれた。15年は19試合の登板で防御率2・40と助っ人としては物足りない成績に終わっていただけに、日本でリベンジを果たしたい気持ちがあったに違いない。

     「日本の素晴しい野球ファン、特に広島のファンが恋しいね」と最後にメッセージも送ってくれた。昨季は日本の野球ファンを楽しませてくれたが、33歳となる今季は母国のファンを楽しませてほしい。(玉木充)

    <さよならプロ野球>

     2015年も多くの選手が球界に別れを告げた。「さよならプロ野球」で新たな人生を歩み出した元選手を紹介する。

     2016年4月から学生に戻る。15年オフ、広島から戦力外通告された鈴木将光(28)は、鍼灸(しんきゅう)師を目指し、来春から広島市内の専門学校へ通う。夜間課程で、昼間は治療院でアルバイトをしながら生計を立てる。最低でも3年間、受講をしなければならない地道な道のり。それでも現役時代ケガに泣かされた男は、第2の人生でアスリートを支えていく覚悟を決めた。

     球団から戦力外を通告された15年10月26日以降、多くの人にいくつか企業を紹介された。だが「ビビッとくるものがなかった」。答えを出せないまま11月中旬を迎えた。「せっかくプロで10年やれた。次のステップでも何とか生かすことはできないか。つなげていくことはできないかと思っていた」。ビビッと来たのが鍼灸師だった。

     現役時代、ケガで始まりケガに終わった。遊学館から広島入りした06年春に右肩痛、秋にはヘルニアの手術を受けた。その後も度重なるケガに見舞われ、15年も終盤に左太ももを肉離れ。「サポートする側に回って、今度はケガをしないように選手を支えていきたい。野球をして、ケガをした僕だからできることがあると思う」。学生からプロ、そして再び学生となる。両親の理解もあり、ゼロからのスタートを切る。

     不思議と不安はない。「ドラフトで指名された直後のような気持ち。よし、やってやるぞってね。いつか信頼される治療師になりたい」。その目は、広島から指名を受けたあの日のように輝いていた。【前原淳】

     ◆鈴木将光(すずき・まさみつ)1987年(昭62)4月8日、富山県富山市生まれ。05年高校生ドラフト1巡目で遊学館から入団。7年目の12年に1軍初昇格。初打席初安打を記録し、翌13年のWBC日本代表強化試合では内海(巨人)から本塁打を放った。通算6試合出場、11打数2安打。182センチ、85キロ。右投げ右打ち。

     今季は日本プロ野球の広島東洋カープでプレーしたネート・シアーホルツ外野手が、デトロイト・タイガースとマイナー契約で合意したことが分かった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』が23日に報じた。

     同サイトによると、同選手は春季キャンプに招待選手として参加する予定とのこと。

     31歳のシアーホルツは、2007年にサンフランシスコ・ジャイアンツでメジャーデビュー。その後は、フィラデルフィア・フィリーズやシカゴ・カブスなどにも所属し、8年間の通算成績は打率.253、52本塁打、228打点となっている。

     今シーズンは、3月にテキサス・レンジャーズから解雇となり、4月に広島入り。65試合の出場で打率.250、10本塁打、30打点の成績だった。

     楽天を戦力外となった梅津智弘投手(32)が30日、自身のブログで現役引退を発表。「色々な人と話し合い、厳しい言葉、励ましの言葉、沢山頂きました。そして、納得して、第二の人生を歩む事を決めました」と報告した。

     梅津は2005年にドラフト6位で広島に入団し、中継ぎとして活躍。14年までの10年間で290試合に登板し、8勝11敗、防御率は3・67だった。昨季シーズン後に戦力外通告を受け、今季は楽天と育成選手で契約。シーズン途中に支配下登録され、8月5日の西武戦(コボスタ宮城)に登板も1回3失点で登録抹消されていた。通算291試合に登板し、防御率は3・76。

     ブログで「突然ですが…私、梅津智弘は現役を引退する事を決意しました」と報告すると、「プロの世界に入った時、11年間もプレー出来るとは思っていませんでした。皆、球が速い、重い、変化球が曲がる。こんな世界でやっていけるのだろうかと不安になったのを覚えています」と振り返った。

     今後についてはまだ未定としたが、「考えて考えて、自分の生きる道を探してきました。この考える力というものは、僕の財産です。この力で必死に生き抜いていきたいと思います」とつづり、ファン、両親、そして家族に感謝した。

     広島は22試合を終えて8勝14敗の単独最下位に低迷している。優勝候補に挙がっていた開幕前には、想像もつかなかった事態に陥ってしまった。

     今思えば、その象徴的な試合が開幕戦の3月27日・ヤクルト戦(マツダスタジアム)だったように思う。

     先発の前田は7回2失点にまとめ、打線は0−2の八回に2点を返して同点に追いついた。2−2の九回だ。1死一、二塁で菊池が左前打を放った。二塁走者の木村昇は本塁に突っ込んだが憤死した。左翼を守るミレッジの本塁返球は、タイミング的に余裕のアウトだった。

     試合は延長十一回に中崎が勝ち越しを許して敗れた。今季22試合目までの延長戦6試合で全敗。その悪い流れは、開幕戦にできてしまった。

     今季から三塁コーチを務める石井守備走塁コーチは開幕戦の試合後「オレが(木村昇を三塁で)止めていれば1死満塁で次は丸か…止めた方が正解だよな。オレのせいで試合を落としたようなものだ。今日は眠れないよ」と、サヨナラ勝ちを逃した責任を一身に背負っていた。

     ただ、ミレッジは試合開始前のシートノックに不参加で、首脳陣の間でも「ミレッジの肩がおかしいようだ」という共通認識があった。実際にミレッジは4月1日に「右肩甲下筋の肉離れ1度」のため、出場選手登録を抹消されている。

     結果的には通常以上に浅く守っていたミレッジが懸命の返球を見せ“暴走”となった。石井コーチは同日深夜に更新した個人ブログで「チームとファンの皆さんに迷惑をかけて本当に申し訳ない」と謝罪した。

     それでも石井コーチは「止めるだけなら誰でもできる。いかに勇気を持って行かせられるかだ」と、三塁コーチとして、今後の信念を口にしている。

     チームは最下位に沈む。緒方監督も采配や選手起用が白星に結びつかず、苦悩の表情を浮かべる場面が出てきた。若鯉が多い1軍メンバーと同様に、首脳陣もまだ経験が浅いのが現実だ。

     先発はリーグトップクラスの陣容を誇るだけに、巻き返しの余地は十分にある。緒方監督はじめ首脳陣が一体となり、若鯉とともに成長していくことを願っている。(デイリースポーツ・山本鋼平)

     真弓、バース、掛布、岡田と30本塁打打者4人を擁し、日本一に輝いた昭和60年から今年で30年。阪神タイガースは今季、7年ぶりの開幕3連勝と上々のスタートを切った。しかも球団史上初の開幕2試合連続サヨナラ勝ちというおまけつきだ。果たして今年の阪神は30年ぶり2度目の日本一を狙えるのか。今春のキャンプで古巣の臨時コーチを務めた江夏豊氏(66)に見立てを聞いた。(溝上健良)

     ■チームのために投げた

     今春、江夏氏は松永多佳倫氏との共著という形で自伝『善と悪 江夏豊ラストメッセージ』(KADOKAWAメディアファクトリー)を刊行した。その出版記念トークショーが3月22日、都内で開かれた。江夏氏といえば“一匹狼”の印象が強いが、意外にも《18年間現役でやってきて、200勝挙げたとか、百何十セーブ挙げたとか言われているけど、自分の誇りとしては登板拒否がなかった、『行くぞ』と言われたら『はい』って。嫌だってことは一度も言わなかったから。それだけは自分で誇りに思っているよね》とのこと。痛風で足が痛くてたまらなくても、監督から求められれば投げていた。日本球界を引退してから米大リーグに挑戦した際のいきさつや心境、広島の“鉄人”こと衣笠祥雄氏との親交など、読みどころ満載だ。

     男気あふれるエピソードも多い江夏氏だが、男気といえば大リーグから今季、広島カープに復帰した黒田博樹投手についてどう見ているのだろうか。「あの行動、言動は日本人ならカープファン・黒田ファンじゃなくても、うなるんじゃないですか。そして立派だったのはカープ球団ですよ。15番の背番号を空けて彼の帰りを待ち続けた球団の根気はすばらしいものがあると思いますね。いまどき、出て行った選手の背番号はすぐに(他の選手に)渡してしまう時代ですからね」

     取材日は選抜高校野球大会の開幕2日目だった。実は江夏氏は高校時代、甲子園には縁がなく「幸いタイガースに入って、甲子園のマウンドで投げさせてもらいましたけれど、悲しいかな高校時代は甲子園を目指したけれど届かなかった。その自分と比較してみれば、甲子園に出場している高校生たちは僕からみれば憧れなんです。だからきのうの開会式はベッドの上に正座して見ました。寝っ転がっては見られないんですよね。春も夏も、甲子園の試合は時間が許す限り見ています」とのことだった。

     ■いい投手とは球速でなく…

     最近のプロ野球では日本ハムの大谷翔平投手や阪神では藤浪晋太郎投手など、速球の球速が注目される。しかしこの風潮を「マスコミの責任もある」とバッサリ。「今、甲子園で投げている投手にも分かってもらいたいことだけれど、誰もが150キロを出せるわけじゃない。でも、打者にしてみれば140キロでも打ちづらいボールがある。大事なのは、低めで回転のいい、持ちのあるボールを投げること。ボールを長く持つことで、長く持つほど打者にはボールが見える時間が短くなり、どうしても差し込まれる、ということなんですよ。勝てる投手というのはみんな手持ちがいい、ボールを長く持っている。これはスローで見てもらえれば分かると思います」

     ところで江夏氏といえば、20年ほど前になるが覚醒剤に手を出し、塀の中で2年余りを過ごしたこともあり《もう自分は二度とあんなところ行きたくもないし、過ちは一度だけで十分。その一度の過ちをなんとか自分の手でもう一度償いたい。それだけだ。幸いなことに俺はいろんな良い人に恵まれて、いろんな人に手を差し伸べてもらって今現在がある。だからこそ、その人たちを絶対に裏切ってはいけないんだ》と吐露している。

     さて、今シーズンの阪神については「どうなるかは『神のみぞ知る』だけれども、現場を見てきた人間として多少は見えてくる部分がある」として予想を展開した。「昨年も打線のチームでしたよね。今年も打線の中心はマートン、ゴメスの外国人が軸になる。今年の売りは上本君でしょうね。彼の存在は今のタイガースになくてはならない戦力だと思います。よくいわれるように打線は水物ですから、今(オープン戦)はちょっと低迷しているだけで、一旦火がつけばそれなりのことは期待できると思います。投手陣も、案外いいんじゃないの、という気がしています。若い人も順調に伸びているし」

     ではペナントレースの行方は。「広島、阪神、巨人の戦いは揺るぎない。その上位3チームでずっこける可能性があるのは巨人。そのときに上がってくるのは横浜か、それとも打線のいいヤクルトか」。阪神は広島とともに優勝争いで一歩、抜け出しているとの予想だった。

     しかし4月23日の段階で、阪神は5位と低迷している。どうも阪神の戦いは、覇気が欠けているような気がしてならない。共著者の松永氏は本書で《その昔、私が小学生の頃、名古屋駅で偶然新幹線から降りて来る広島の選手一団を見たとき、子ども心にヤクザが殴り込みに来た! と思った。(中略)昭和のプロ野球選手は、誠に迫力がありすぎた》と記している。今の阪神の選手に、そうした凄みがあるだろうか。かつて高校野球でも「命がけの覚悟で打席に立て」と指導していた監督がいた。阪神にはぜひとも、どんなに苦しい状況でもマウンドに立った江夏氏の精神に学び、他球団と死闘を繰り広げてもらいたい。そのくらいの覚悟がなければ「巨人軍」は倒せないのではないか。

     昨年はクライマックスシリーズで巨人を圧倒して日本シリーズ進出を果たした阪神。あれから30年、今年こそは再び日本一の夢が実現するだろうか。猛虎打線の目覚めが待ち遠しい。

     「広島−巨人」(7日、マツダ)

     2010年4月7日に急逝した元巨人内野守備走塁コーチの木村拓也氏の命日にあたり、試合前、両軍が本塁ベースに献花した。

     試合前のシートノック後、巨人からは原監督と坂本、広島からは緒方監督と梵がグラウンドに出て、花束を置いた。

     木村氏は10年4月2日の広島戦(マツダ)前にくも膜下出血で倒れ、37歳の若さで亡くなった。

    このページのトップヘ