広島からドラフト2位で指名された高橋昂也投手(18)=花咲徳栄=が12日、“マエケンロード”を突き進むことを誓った。背番号「34」に決まった左腕は、新人時代に同じ番号を背負った米大リーグ・ドジャースの前田健太投手(28)を理想とし、チームの顔を目指す。13日の入団会見に備え、指名6選手が広島入りした。

 学生服に身を包み、初めて広島を訪れた。新幹線から外を眺めた高橋昂は「スタジアムや練習場が見えて、実感が湧きました」と気を引き締めた。プロの舞台に足を踏み入れる左腕が理想としたのは、米大リーグ・ドジャースで活躍する前田だ。

 「前田健太投手のようなチームの顔となる投手になりたい。テレビとかを見ていて、すごさというのを感じました」

 高橋昂と前田には共通点がある。球団から託された背番号は「34」。「決まったときに、過去に誰が付けていたのか調べました。入団時に前田投手も背負っていた番号」。憧れの先輩が付けていたことを知ると、より一層気持ちが高まった。

 高校時代は作新学院・今井、横浜・藤平、履正社・寺島とともに高校BIG4として高校野球を盛り上げた。3人はドラフト1位指名だが、高橋昂だけ2位指名。「プロに入ったら同じスタート。追い抜けるようにしたい」。悔しい思いを胸に、同世代のライバルに闘志を燃やす。

 学ぶべきお手本がいる。今季、沢村賞を獲得したジョンソン、最多勝と最高勝率の2冠に輝いた野村…。「先輩から吸収することはいっぱいあるので、いろいろ聞いてみたい」と胸を弾ませた。

 日本シリーズはテレビで観戦。「いずれ自分もあの舞台に立てるように頑張りたい。プロの世界は厳しいので、まずはしっかりとついて行けるようにしたい」。高い目標を掲げながらも、冷静に自己分析した。

 確固たる左投手不足という悩みを抱えるチーム事情。戸田、飯田、オスカル、塹江などライバルは多いが、1年目から1軍を狙う気持ちにブレはない。

 「真っすぐに自信を持っている。新しいことをするというよりも、今までより一つ一つをレベルアップしていきたい」。ガムシャラに汗を流し、自らの力を信じ、将来のエースを目指す。


引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000018-dal-base
名無しさん : 2016/12/13 06:20:48
カープで34って言うと川口のイメージだけどなー。若い人は知らないかー。
がんばれー!
名無しさん : 2016/12/13 06:29:23
サウスポーで34番って結構似合うと思うけどなぁ。
名無しさん : 2016/12/13 08:02:31
川口和久やな。
名無しさん : 2016/12/13 09:32:51
広島で背番号34で高橋といえば高橋里志(って、古すぎ?)
名無しさん : 2016/12/13 06:48:57
マエケンより同じサウスポーの川口だろ。
同じようにバンバン三振奪ってください!
名無しさん : 2016/12/13 08:05:57
川口のような「巨人キラー」になってほしい。
でも、巨人には行かないでね。
名無しさん : 2016/12/13 08:00:02
左腕不足だから早く一軍へ上がるチャンスがあるだろう。頑張れ