<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

「越前のドクターK」と呼ばれた男が、広島の地で日々鍛錬を積んでいる。


高卒ルーキー左腕の玉村昇悟投手(19)だ。福井・丹生(にゅう)から昨年ドラフト6位で入団。現在は2軍で体作りを中心に練習を続けている。

しなやかなフォームから切れ味抜群の直球を投げ込む。最速147キロの直球を武器に、昨夏はエース、主将として無名校を福井大会決勝まで導いた。大会5試合で「52奪三振」の新記録を打ち立てた逸材。今は持ち球のカーブ、スライダー、チェンジアップを磨きつつ「動くボールを覚えたい」とシュートを習得中だ。

昨年12月に行われた新入団選手発表会見では、地元テレビ局のアナウンサーから「何か地元の名産を交えて今後の抱負をお願いします」との振りに、こう答えた。「僕の地元でも取れる越前ガニが全国でも有名。越前ガニも一緒の赤なので、その赤に負けない投手になりたいです」。場内につめかけた多くの関係者、ファンを前に堂々と言い切った姿に、強心臓を感じた。

1月の新人合同自主トレ中に、広島・廿日市市内の大野練習場の近くにある坂で走り込みが行われた。佐々岡監督が見守る中、約140メートル(高低差20メートル)の坂道ダッシュ10本を敢行。終了後に今にも倒れそうな新人がいる中で、玉村はケロッとした表情で「まだ全然大丈夫です」。余裕の反応には驚くしかなかった。

現在は「脱力投法」を身につけるべく、練習を続ける。「高校は力いっぱい投げていたんですけど、力を入れずに、6割の力で8割の球を投げる意識に変わりました」。参考にするのは同じ左腕のDeNA今永昇太。「直球も変化球も全部同じフォーム」だという。加えて「楽そうに投げているので、いいなと思いました。自分も力を抜いて『無』の状態から投げるようにしています」と明かした。

体作りも順調で入団から3キロ増の78キロとなった。体重にとどまらず、身長についても「ストレッチの成果かわからないですけど、姿勢がよくなったのかな」と、ここ2カ月で1・5センチプラスの178センチまで伸びたという。「高校3年間で3センチだけしか伸びなかったですけど…」と笑った。

1年目の目標について玉村は「1軍に行きたい」と力を込めた。「1軍で投げることを経験して、2年目からはずっと1軍で投げられるように、1年目から勝負していきたいです」。身体も技術も伸び盛りの「金の卵」。今後の成長、活躍に注目していきたい。【古財稜明】



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-25210001-nksports-base
名無しさん : 2020/05/21 11:10:41
今年は玉村のような地方大会で活躍して指名される選手はいないと思う。自分の力を信じてしっかり練習して将来一軍で活躍して欲しい。期待しています!
名無しさん : 2020/05/21 18:31:59
よく6位で獲得できたと思っていた。カープは、優勝を逃したがついていた。有望な高校卒の左腕がどんどんカープに入ってきて嬉しい。どうか怪我無く日々練習に励んでください。
名無しさん : 2020/05/21 12:01:45
進学と社会人に行く子が必然と多くなるから2年後の社会人ドラフトと4年後の大卒ドラフトは豊作ですね。
名無しさん : 2020/05/21 14:21:30
センバツ出場の啓新と秋と春に県で優勝していた工大福井を倒しての準優勝だからとても凄かった。
名無しさん : 2020/05/21 18:54:53
広島のドラフトである北陸枠はいい選手が多い!
頑張れ!
名無しさん : 2020/05/21 15:55:52
今永ソックリww
名無しさん : 2020/05/21 12:46:49
期待してるぞ!