【宮入徹の記録の風景】3連覇を目指す広島が順調なスタートを切った。開幕から9試合を消化しヤクルトと首位で並んでいる。ここまでの得点はリーグ2位の48。1試合平均5・3と打線の破壊力は相変わらずだ。中でも田中、菊池、丸は不動の1~3番を形成。機動力、小技も加え相手チームにとって脅威の存在になっている。普通なら、打線のスポットライトは3、4番あるいはクリーンアップトリオに当たるところ。1~3番がこれほど、クローズアップされることは珍しい。ただ、2連覇中の3人の活躍ぶりを見れば十分納得がいく。

 過去2年間の広島の先発打順別の安打数は1番田中が16年154、17年164、2番菊池が16年180、17年152、3番丸が16年162、17年171。2年間、3人全てが150安打以上とレベルが高い。このトリオ以前に同一シーズンに1~3番がそろって150安打以上をマークしたのは49年中日(坪内道典171、原田徳光151、西沢158)、99年横浜(石井琢朗157、波留敏夫168、鈴木尚典178)、03年阪神(今岡誠163、赤星憲広170、金本知憲151)、06年ヤクルト(青木宣親191、リグス153、岩村明憲161)とわずか4例に過ぎない。同じ1~3番で2度も記録したのは広島だけだ。

 傑出した数字を残す3人だが、田中と丸は2連覇中、全試合に出場。菊池も2シーズン合計の欠場は7試合と怪我に強い。3人がそろって先発したのは16年141試合、17年136試合と計277試合ある。それらの試合の3人の出塁数(相手の失策による出塁も含む)を調べてみた。すると、3人がそろって無出塁に終わった試合は16年4月20日のDeNA戦だけ。昨年は1試合もなく、現在237試合連続で3人のうち必ず誰かが出塁している。3人がそろって出塁した試合は16年は99試合あって73勝25敗1分け(勝率・745)、17年は94試合で67勝25敗2分け、(勝率・728)。2年とも勝率7割超と勝利に直結するケースが目立った。

 このトリオ以外にも鈴木は16、17年と2年連続3割、20本塁打をクリア。今季は故障で出遅れているが、復帰すれば打線のパワーアップが見込める。さらに昨年はエルドレッドが78打点、松山が77打点と規定打席未満の打者が勝負強さを発揮した。過去、規定打席不足で77打点以上は8人と少なく、同一チーム同一シーズンで2人は昨年の広島が初めて。こうした打撃陣の層の厚さが群を抜く得点力を生み出している。

 広島はここ2年間、5月末を単独首位で通過。そして、16年は最終で2位巨人に17・5ゲーム、17年は同じく阪神に10ゲームの大差をつけ独走優勝を果たしている。もし、3年連続で5月末の首位チームが優勝すると、セでは66~68年の巨人以来50年ぶりになる。今季は田中、菊池、丸がそろって出塁した試合に広島は5勝1敗。だが、1人でも出塁0がいると1勝2敗だ。過去2年間を見ても同じ試合で3人のうち誰かが出塁0だと結果は34勝47敗3分け(勝率・420)と負け越し。「タナキクマル」をどう寸断するのか。他球団が背負う重要な課題といえそうだ。(敬称略、専門委員)

 ◆宮入 徹(みやいり・とおる)1958年、東京都生まれ。同志社大卒。スポニチ入社以来、プロ野球記録担当一筋。94年から15年まで記録課長。本社制定の最優秀バッテリー賞の選考委員会には、第1回から27回連続で資料説明役として出席。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000076-spnannex-base&pos=4
名無しさん : 2018/04/09 09:34:40
野間もたまには打ってくれ。
名無しさん : 2018/04/09 12:19:13
頑張ってほしいと願えば願うほど
それに比例してイライラが募る。。。
その代表選手が野間。
名無しさん : 2018/04/09 13:49:05
>ドラ1で代走守備要員は寂しすぎる

ドラ1でもまったく戦力になってない選手はいくらでもいるので、一軍で戦力になってるだけマシとも言えますが、
それでも野間の身体能力を考えたら、かつドラフト時の状況(ほかにも良い投手はいたのに、その能力に緒方監督がほれ込んで一位に繰り上げた)を鑑みたら、現状ははがゆいですよね。
名無しさん : 2018/04/09 09:58:49
メヒアが打ってるうちに誠也が戻って来てくれたらありがたいですね。
名無しさん : 2018/04/09 10:10:01
タナキクマルに安部、野村祐輔が同学年でカープを引っ張って行ってくれるのは頼もしい…。

頼もしいんだけど、もう1人同学年の選手が居ます。

土生翔平選手、地元・広島の尾道出身で広陵高校で甲子園に出て早大に進学。そこからのドラフト4位で入団。

先に挙げた5人が活躍しているだけに是非とも這い上がって来て欲しい。それこそ丸がFA次第でどうなるか分からないだけにね。
名無しさん : 2018/04/09 14:10:31
タナキクマルが活躍すると試合も勝つ。
丸1人がホームランを打っても勝てない。菊池もっとヒット打ってくれ。
1番理想は、先頭バッターの田中が塁に出て盗塁を決める。ノーアウト2塁。菊池のタイムリーヒットで1点取る。ノーアウト1塁。そして、丸のホームランでもう2点追加する。
鈴木誠也が1軍に戻ってきたら「タナキクマルスズ」
恐怖の1番から3番ではなく、恐怖の1番から4番よ。
名無しさん : 2018/04/09 14:58:32
3人はケガしなきゃ大崩れしないと思う
誠也の復帰も含めてこの3人をいかに返すかが重要
大技小技を交えて3人をホームに返し続ければ
名無しさん : 2018/04/09 09:38:37
松山の調子が上がってきて誠也が復帰すればもっともっと点が取れそうだけどね。
今は中軸が迫力不足。
名無しさん : 2018/04/09 12:57:54
これで誠也が戻ってきて、エル、メヒアの両外人使い、打てる捕手の会沢の出場機会を増やすと完璧。
投手陣も少しだけ大谷を見習って打撃練習を増やしてほしい。
名無しさん : 2018/04/09 14:23:21
タナキクマルといってもね、
週末の横浜戦見てると4番と5番打者が弱すぎるよ。
ピッチャーも頼りになるのが少ない。
まあ巨人も阪神も不安要素あるから、
カープもなんとか優勝争いできるかな。
横浜が先発3本柱がいないのにこの戦いができる。
ということは怖いのは横浜だ。
名無しさん : 2018/04/09 20:47:24
そんなことは誰が見てもわかっとる。
でも、そこじゃなぃんだよ。
先発メンバーの5人、または6人が走力があるから打点がついてくる。

そのチームとしての走力に長打が絶妙に絡むから得点が多いんだよ。
名無しさん : 2018/04/09 13:26:55
ヤクルトが思いのほかよくやっている
投手が頑張っている
名無しさん : 2018/04/09 11:44:15
タナキクマル、凄い記録があるんですね。
今季は丸が絶好調、30本塁打、首位打者いけるかもしれない。
名無しさん : 2018/04/09 13:51:08
丸は最高出塁率の大本命。
結果首位打者もついてくればいいね。
名無しさん : 2018/04/09 12:09:30
誠也入ればもう少し点が取れる
名無しさん : 2018/04/09 09:41:27
鈴木誠也と新井さん抜きで この調子

復帰したら と、想像するだけでテンション上がる
名無しさん : 2018/04/09 10:35:40
広島今年もかね?
名無しさん : 2018/04/09 12:28:56
誠也がいない今、この3人が機能しないと逆に厳しいんだよね。
名無しさん : 2018/04/09 11:11:02
しかもこの3人センターラインで守備もしっかりしてるんだよね
そこもまた恐ろしいところ。
名無しさん : 2018/04/09 12:23:47
2016年、カープ、25年ぶりのリーグ優勝を
「第二の初優勝」という人も多い。
田中、菊池、丸、野村、安部、鈴木誠也・・・
同世代を中心としたチーム編成、日々切磋琢磨しとるということじゃ!
名無しさん : 2018/04/09 10:38:11
まだまだこんなもんじゃない。
まだ今シーズンは其々で打ってる印象。
機動力や小技など絡めた連動性のある動きはこれから。
名無しさん : 2018/04/09 10:13:31
それでもセイヤの穴は大きいな。
名無しさん : 2018/04/09 10:38:00
少々彼らに依存し過ぎじゃないかな…。誠也がおらんから余計に思うんかもしらんが。彼らがいるうちに下の世代が出てこんとすぐに低迷期になりそうや。
名無しさん : 2018/04/09 18:14:53
とりあえず丸がやばい。調子の波が小さいし、四球取れるからホントに嫌なバッター。