2018年、年男を迎える現役のプロ野球選手は、ドラフトでの新入団選手も含め、88人いる。セ・リーグも球団ごとに、今年の年男を見ていこう

 プロ野球の現役の年男は、36歳と24歳に限定される。今年でいえば1982年生まれと、1994年生まれだ。セ・リーグには49人の年男選手がいる。

◯広島
赤松真人外野手 1982.09.06生

辻空投手 1994.04.24生
高橋大樹外野手 1994.05.11生
美間優槻内野手 1994.05.26生
鈴木誠也外野手 1994.08.18生
西川龍馬内野手 1994.12.10生
加藤拓也投手 1994.12.31生

 赤松は昨年、胃がんの手術を受け全休。球団は契約を継続し、復活を支援している。広島の不動の4番・鈴木誠也、打撃で一・三塁のレギュラーを伺う西川龍馬、昨年のドラフト1位でプロ初登板であわやノーヒットノーランの活躍をした加藤拓也がいる。

◯阪神
松田遼馬投手 1994.02.08生
横山雄哉投手 1994.02.21生
板山祐太郎外野手 1994.03.27生
藤浪晋太郎投手 1994.04.12生
長坂拳弥捕手 1994.04.28生
福永春吾投手 1994.05.14生
小野泰己投手 1994.05.30生
北條史也内野手 1994.07.29生
竹安大知投手 1994.09.27生
大山悠輔内野手 1994.12.19生

 36歳組はいない。24歳組が10人。藤浪晋太郎は、昨年は失意の年。今年はエース復活を期す。内野のレギュラーの座を伺う北條、主軸の期待がかかる大山、ローテ入りを狙う小野と多士済々だ。

◯DeNA
田中浩康内野手 1982.05.24生

乙坂智外野手 1994.01.06生
狩野行寿内野手 1994.07.31生
笠井崇正投手 1994.08.07生
斎藤俊介投手 1994.1.07生 ドラフト4位
神里和毅外野手 1994.1.17生 ドラフト2位
佐野恵太内野手 1994.11.28

 36歳組、元ヤクルトの正二塁手・田中は移籍2年目だ。24歳組では、乙坂が打撃で売り出している。佐野恵太は昨年12月の台湾ウィンターリーグでMVP。ドラフト新入団が2人。ドラフト入団選手の1年目は高卒で19歳、大卒で23歳になる。24歳での入団は、一般的には社会人を経ての入団だ。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00100590-fullcount-base
名無しさん : 2018/01/01 15:01:36
カープは赤松をはじめとして打では美間、高橋、投では辻、加藤が年男にふさわしい

活躍をしてくれたらいいけどねぇ。誠也は初の打撃タイトル、西川はレギュラーと

呼ばれる活躍をして欲しいものだなぁ。もちろん赤松の復帰も願ってるよ。
名無しさん : 2018/01/01 15:05:48
赤松選手の復活と94年生まれの活躍を期待します
名無しさん : 2018/01/01 15:29:38
結構多いな
名無しさん : 2018/01/01 21:07:31
赤松さんには病気から、そして藤浪さんには不調からの復活を期待します。
名無しさん : 2018/01/01 16:57:50
その昔、西武の田辺は24歳の年男の時に、既に36歳のベテランみたいな顔してたなー。(笑)
名無しさん : 2018/01/01 16:04:35
去年働いた選手が多いな。
名無しさん : 2018/01/01 16:16:35
ドラゴンズはこいつ等が伸びてくれないと
困るって顔触れ、頼みますよー
名無しさん : 2018/01/01 15:00:22
鈴木誠也に「7」あげたらいいのに
名無しさん : 2018/01/01 21:06:33
鈴木さんが背番号変えるとしたら、満を持して「1」でしょうね。
前田智徳さんの背番号引き継ぐにふさわしいと判断されたらそうなると思います。