負け方にも広島の強さが感じられる。例えば11日の巨人戦、1―8の8回。1死一塁で鈴木が宮国から左翼席へ21号2ランを放つと、2死後、バティスタも左翼席へ18号ソロを放った。白星にはつながらなかった2発。鈴木は敗戦直後、悔しさを押し殺しながら記者と向き合ってくれた。そして、この3点の大きさを口にした。

 「最後まで粘られるのは、相手にとっては嫌なことだと思う。自分たちも大差をつけた試合でも、点差をつめられて終わったら次に当たるときは嫌なイメージが残るので。誰かひとりが諦めることは簡単。でも、一人一人が1打席も無駄にできない意識があると思う」

 ふと、丸の言葉がよみがえった。17年シーズンの開幕前。丸はスポニチ本紙のインタビューで25年ぶりのリーグ優勝を果たした16年の“負け方”を振り返っていた。

 「こういう風にシーズンがつながって行けば、優勝するんだな…という流れを感じました。負けるにしても、やることをやっておくということ。敗戦の中でも、この1点だけは取って明日につなげよう…とか。そういうことが、しっかりできていた」

 負けても、明日のための1点を――。丸が感じていた戦い方は、今もチームの共通認識として染みついている。11日の鈴木のコメントには続きがある。

 「チームもそうですけど、自分の成績もかかっている。終わったときに残るのは自分の成績なので。点差を広げられて、集中力を切らさないように我慢する。ひとりでも諦めたら、チームにも関わってくる」

 まさに「我慢」しながら何度もチームを鼓舞し続けてきた。例えば、5月31日の西武戦。薮田が2回に10失点して、序盤から敗戦濃厚の点差となっても3安打で全打席に出塁した。一時4点差にまで迫り「あれだけの点差から勝つのは難しいけど、少しでも諦めない姿勢は見せられた」と、このときも敗戦の中での得点に意味を見出していた。そして、翌日6月1日のロッテ戦は6―4で快勝した。

 優勝チームでも勝率は6割に届くかどうか。つまり、4割近くは負ける。敗戦を意味あるものにできれば、負けたとしてもチームの勢いを持続させることができる。こうした1点ずつの積み重ねが、ときに「逆転のカープ」にもつながっていく。

 18日終了時点で広島は41敗している。この中で、明日の光を何も見出せずに、翌日の紙面構成に頭を悩ませたことは、ほとんどない。(記者コラム・河合 洋介)

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000069-spnannex-base
名無しさん : 2018/08/19 10:34:14
当たり前の事を当たり前に継続
するのは難しい、継続は力なり
カープの強さですね。
名無しさん : 2018/08/19 11:19:34
余りにも強くなり過ぎて
簡単にチケットが取れなくなって残念‥
名無しさん : 2018/08/19 12:36:28
肝心なところで三振多い。せめて進塁打だったらと思う所がしばしば。4番ですがまだまだ若くもっと柔軟な考え(チームプレー)があっても良いのでは。守備も外野のわりにエラー多い(記録のついてないものも含めて)し、派手さはなくてももっと確実に。守備範囲はやっぱりけがの影響か狭くなってますしね。でも、伸びしろはまだまだあると思うので。
名無しさん : 2018/08/19 10:35:52
現地で応援してたファンの人も8-1で負けるのと
8-4で負けるのでは大違いだったと思う。
名無しさん : 2018/08/19 12:54:51
私も現地で観戦しましたが何か追い付きそうな雰囲気があった。
誠也のHR見れただけでも次、頑張ろうって気持ちになった。
名無しさん : 2018/08/19 10:43:56
チーム内競争が激しいのも一つの要因だと思う。
もし結果が出なかったら、代わりの選手がいる。
そういう危機感がどんな状況でも集中力を切らさず
プレーする原動力。
名無しさん : 2018/08/19 11:32:06
これが出来るチームは強い
出来ないチームは弱い

カープは強くない他球団が弱いだけって
言われるけど
負け惜しみを言うなって思うわ
名無しさん : 2018/08/19 10:51:12
この記事、いいですね。
最後まで諦めない気持ちを教えてもらった。
名無しさん : 2018/08/19 10:52:09
カープのスカウトが性格まで見てドラフト指名してるらしいけど こう言うチームプレイに走れるかと言うところなんだろうな 全員が同じ方向向いてるチームは強い
名無しさん : 2018/08/19 11:01:33
カープは負けていても最後まで楽しませてくれるから、ファンは最後まで見る。本当にいいチームになった
名無しさん : 2018/08/19 10:49:28
素晴らしいと思う。観戦に来た人も大差がついて負けていても納得すると思う。
名無しさん : 2018/08/19 11:17:53
ハマスタで悪夢の3連発浴びたあとの、龍馬の1発もちょっと気持ちがスカッとして良かったです!
名無しさん : 2018/08/19 13:17:47
その通りだと思います。他球団毎試合、脅威だと思います。粘りが感じられなかった数少ない試合GWの神宮でブキャナンに完膚なきまでに翻弄された試合を現地観戦した時はさすがにヤケ酒でしたが。
名無しさん : 2018/08/19 14:00:17
ブキャナンに次に当たった時はしっかりリベンジしている
名無しさん : 2018/08/19 16:21:55
同じく4日神宮で観戦してました。完封されてくやしかったけど、次戦当たった時にしっかりリベンジしてくれたので嬉しかった!
名無しさん : 2018/08/19 11:13:50
何より現地で見ているお客さんがそう思うよね
10-0と10-8では大きく違う
無抵抗で終わって帰るほどつまらないものはない
名無しさん : 2018/08/19 10:56:39
やっとチケット取れて見に行ったら見せ場なく負けたんじゃお客さんもストレスばかり溜まるしね。こういう諦めない姿勢を見せてくれたらそれだけでも見に行った価値はあると思う。
名無しさん : 2018/08/19 11:32:55
選手全員の諦めない気持ちが揺るがないのが、試合を通じてよく解る。選手全員同じ気持ちで試合に臨むからこそ、チーム間の雰囲気がスゴく良いし、みんなで助けてあってるんだと思う。
名無しさん : 2018/08/19 12:01:25
みんなで諦めない姿勢がいいですね。
観戦している方も年に1回しか観れない人もいるしファンはみていて感じるので、負けても納得出来る。
毎試合勝つのは無理だけど諦めたら駄目よね。
選手が理解してくれているのは嬉しい。
首脳陣はどうか解らないけど。
名無しさん : 2018/08/19 10:47:20
丸っていつも自分の打席が終わったらベンチに帰って、何やらメモ帳に書き込んでんな。

あれって復習や研究なのかな?
名無しさん : 2018/08/19 12:32:35
災害後のマツダ初戦がそれを物語ってるな。
延長10回岡本に1発を打たれたが、その裏に下水流がサヨナラ2ランを打った。
あれも諦めずに集中したことが逆転を呼んだ。

8月17日のDeNA戦も確かに采配はミスだったが、9回には西川が諦めないHRを打っていた。
誰かがミスをすると喝は入るが、それをカバーするのはチームとしての役目であろう。
怪我をカバーするもそう。それが統合力野球。
カープは若手の力だけでなく、勉強したチームに変わった。
名無しさん : 2018/08/19 15:42:31
何点差つけられても諦めてはいけない
遠方からややっとの思いでチケットをゲットしたファンの為に
それがプロと思う
名無しさん : 2018/08/19 11:32:47
これからも
しっかり
頼むぞ鈴木誠也!
名無しさん : 2018/08/19 10:34:36
後は何時優勝決まるかだけ。CSFS開幕投手は大瀬良ですかね。
名無しさん : 2018/08/19 11:20:15
大差で負けていても意地を見せる事は大事と思う。
ゲームセットになるまで諦めない姿勢をチーム一丸となって実践しているカープは素晴らしいチーム。
ファンをしらけさせるプレイをしないチームは応援したくなる。
ファンをしらけさせる某縦縞の19番を晒し者にした某球団とは大違い。
名無しさん : 2018/08/19 10:40:42
後は短期決戦での戦い方を身につけてほしい。