広島・長野久義外野手(34)が14日、センバツ初出場を決めている母校の筑陽学園高にエールを送った。15日に抽選会、23日に開幕を控える後輩に向け「初出場おめでとうございます。とてもうれしいですし、誇りに思います。日々の練習の成果、努力をしっかり出して下さい」とコメントを寄せた。

 チームを率いる江口祐司監督は長野にとって指揮官だけでなく、高校時代は担任としても世話になった間柄だ。「家族、周りで支えてくれた方への感謝の気持ちを忘れず、最後まで目の前のプレーに全力を尽くして、野球部全員で悔いの残らないように一生懸命頑張って下さい。応援しています」と一丸で戦うことを呼びかけた。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000112-sph-base
名無しさん : 2019/03/14 15:19:21
長野の事だから
後輩のためならって
きっと一肌脱いでるよね!
母校の選抜出場と広島移籍が
同じ年に起こるとは何かもっているね!!
名無しさん : 2019/03/14 18:39:27
筑陽学園のナインも長野選手が卒業生であることを誇りに思ってます。
名無しさん : 2019/03/14 15:22:07
その筑陽学園ナインには、西日本短大付高が92年夏の甲子園で優勝したときのキャプテン中村の息子と、94年夏に樟南(鹿児島)が準優勝した時のエース福岡の息子がいる。さらに中村選手の兄は昨年のドラフトでソフトバンクの育成4位に指名された。
名無しさん : 2019/03/14 15:39:44
江口監督は 西短が優勝した時のコーチしていた人やね。
名無しさん : 2019/03/14 15:23:33
赤のユニフォーム違和感なくなったなぁ。
名無しさん : 2019/03/14 17:24:41
母校が選ばれて嬉しいだろうね。

しかし男前だからカープのユニフォームがよく似合うわ(笑)
名無しさん : 2019/03/14 15:11:20
一瞬、木村拓哉に見えたよ…