【名伯楽・内田順三「作る・育てる・生かす」】#42

■突然の引退勧告

「代打が中心になるかもしれないが、期待しているから、頑張ってくれ」 日本ハムから広島にトレードが決まった1977年、当時の古葉竹識監督から自宅に電話をもらい、意気に感じた。

 プロ8年目で3球団目。ミート率を上げるため、スイングをコンパクトに変更した。代打に甘んじるわけではない。代打を突き詰めてみようと心に決めた。

 この年の5月、中日・星野仙一から代打サヨナラ2ランを放ったのはいい思い出である。

 78年は3位に終わったにもかかわらず、オフにチームで米グアムに行き、同行した当時の松田耕平オーナー(享年80)から妻ともども声をかけてもらい、感激したのを思い出す。カープは家族的な雰囲気を大切にする。簡単には選手を交換トレードに出さず、見捨てないという伝統がある。

 82年の6月も終わろうかという頃、古葉監督に呼ばれ、「7月から二軍でコーチの勉強をしたらどうか?」と打診された。登録上はまだ選手だが、7月からは「二軍打撃コーチ補佐」として事実上の指導者の道を歩み始めろということだった。まだ現役に未練はあったが、数日間悩んだ末に受けることにした。そこから37年+半年の指導者人生がスタートした。カープで指導者の基礎を学んだ。

 現在の松田元オーナーは「基本的に監督は5年周期だが、コーチは財産だから代えない」とはっきり言う。選手同様、コーチも腰を据えて育成する方針。監督もコーチも、コロコロ代わってしまうと、選手には迷いが生じる。カープにはそれがない。マニュアルはないが、スピード野球などは選手時代に教わっている。コーチの指導はそれほど大きくは変わらない。

■スキューバダイビングの重りをつけたことも

 コーチになって、現役時代の失敗を糧とした。自分が抱いた後悔を選手にさせたくない。どんなに才能があろうが、打者は多くバットを振らないとダメ。コーチは選手に飽きさせないよう、継続してやらせることが仕事といえる。

 秋と春のキャンプで毎年同じような練習メニューをさせるのではなく、常識にとらわれないユニークなことはないかと常に考えていた。打撃コーチはアイデアマンであれ。私のポリシーである。

 例えば広島時代は、スキューバダイビングでつける重りを腰に巻いて打撃練習をさせたことがある。体の軸をしっかりさせるため、体重よりさらに負荷を10キロ近くかけるのだ。堂林翔太はこの練習で、腰を回転させる力がつき、スイングスピードが増した。

 巨人の4番・岡本和真は、スタンスが大きくなり過ぎる悪いクセがあった。その矯正のため、両足首にゴム製のバンドを巻いて練習させた。ステップ幅がきちっと保てれば、軸回転で打てるようになる。この練習は、両足の内転筋を鍛える効果もある。両足をゴムバンドで留めてスイングをするのは窮屈だろうが、それも進化への過程である。

 人を指導する立場になった時、私を選手として育ててくれた人をコーチのお手本とした。

(内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000006-nkgendai-base
名無しさん : 2020/03/31 10:00:22
同じ練習ばかりでは必ず飽きがきて効率が落ちる。手を変え品を変えいろいろな練習方法を考える内田さんはさすがの名コーチです
名無しさん : 2020/03/31 10:21:50
小早川毅彦、緒方孝市、野村謙二郎、江藤智、前田智徳、金本知憲、嶋重宣、新井貴浩、栗原健太
仁志敏久、清水隆行、高橋由伸、阿部慎之助
といった選手を育て上げた名コーチ
名無しさん : 2020/03/31 10:29:51
そういや前田もよく両足くっつけてティーバッティングしてたな。なるほどそういう意図があったんですね。
名無しさん : 2020/03/31 14:51:52
渋い代打中心だった内田さんの才能を見抜いて コーチ補佐に抜擢したのはすごい眼だな。
古葉さんか、オーナーか?
名無しさん : 2020/03/31 10:25:47
この連載はぜひ書籍に!