【名伯楽・内田順三「作る・育てる・生かす」】#39

 私が「名伯楽」などと言ってもらえるのも、携わった選手がうまく育ってくれたおかげ。しかし、全員が思い描いたような結果が残せたわけでは、もちろんない。

 名球会に入るような超一流選手にも劣らない才能があったと思う男がいる。

 パワーヒッターでありながら、逆方向にも長打が打てる柔軟性も併せ持っていた。だが、大成しなかった。残念でならないのが、昨季限りで現役を引退した広島の岩本貴裕である。

 広島商では高校通算52本塁打。亜大でも東都大学リーグ歴代4位の通算16本塁打を放った。2008年のドラフト1位で広島に入団。1991年の町田公二郎以来となる大卒野手の1位で、金本知憲の背番号10を引き継いだ。

 地元出身の左の和製大砲への期待の大きさは、新球場のフェンスの高さにも表れた。ちょうど入団1年目の09年に開場予定だったマツダスタジアムの左翼ポール際のフェンスは当初、7メートルの「グリーンモンスター」にする計画だったと聞く。それが、左打ちでも左翼方向への長打が持ち味だった岩本を獲得することが決まり、右翼と同じ3・6メートルに急きょ変更した経緯があるそうだ。

 打撃統括コーチだった私は、松田元オーナーから直接「岩本を見てやってくれ」と頼まれていた。1年目から二軍のほぼ全試合に4番で起用。最終的に二軍ではリーグ2位となる14本塁打を放った。これは二軍にいる選手ではない――。そう感じた。何とか一軍に行かせようと、私も周囲も躍起になった。しかし、インコースが苦手という弱点が、はっきりしていた。

 10年からは一軍で出場機会がもらえるようになり、ノーステップ打法で14本塁打。大器の片鱗を見せ始めたが、11年に膝を故障し、レギュラー定着の機会を失った。苦手なインコースを意識するあまり、どうしてもかかと体重になってしまう。開きが早く、ボールの見切りも早いから変化球に対応ができない。ボール球に手を出すという悪循環だった。さらにアウトコースを逆方向に飛ばすという長所にも影響が出始めた。

 1打席限定の代打向きではなかっただけに、レギュラーをつかめない選手は出番を失う。緒方孝市監督が就任した15年からは出場機会が激減した。

■足りなかった「再現性」

 間違いなく才能はあった。しかし、それとは別にプロで活躍するための「再現性」が欠如していた。好調を維持する持続力がなかったのだ。

 チャンスをもらった時、重圧をはねのけ、自分の持てる力を発揮できるか。首脳陣からの期待に応えられるか。考え込んでしまうマジメな性格も災いした。紙一重、あと一歩だった。育て切れず、申し訳なかった。

 今年から広島のスコアラーとして第二の人生を踏み出している。野球を勉強して球団に恩返しして欲しい。

 次回は自分のことを振り返りたい。

(内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000007-nkgendai-base
名無しさん : 2020/03/24 09:36:39
内田さんはカープ離れても岩ちゃんを気にかけてたんだ
岩ちゃんも嬉しいんじゃない?
それとも申し訳なく思うんだろうか

とにかく第二の野球人生を頑張って欲しい
名無しさん : 2020/03/24 09:51:43
カープは伝統的に、俊足巧打タイプを優先的にドラフトで獲る傾向がある中で、岩本のようなパワーヒッタータイプをドラフト1位で指名した時は驚きと同時にすごく期待していました。
その期待どおりにホームランを連発して、地元出身のスター選手誕生に大いに盛り上がったのを憶えています。

しかし好調は長続きせずにその後は2軍暮らし。
内田コーチが言われるような弱点があるとは知りませんでしたが、確かに前田智徳や金本、新井といったいわゆるスター選手には、逆境を跳ね除けてチャンスをモノにするある手の才能のようなものがありましたね。

今後は裏方として、チームを支えていってほしいと思います。
ガンちゃんの野球人生も、まだまだこれから。
頑張れ!
名無しさん : 2020/03/25 05:59:35
他球団ファンですが、松井秀喜や金本クラスの打者になるのではと思って見てました。
名無しさん : 2020/03/24 09:36:07
大好きな選手だったけど、プロとして必要なある種の図太さが足りなかったのかな。才能があろうと名伯楽がついていようと、大成するかどうか結局は本人次第。難しいですね。
いつかはコーチとして自分の経験を若鯉たちに伝えてほしい。
名無しさん : 2020/03/24 11:13:53
大学時代岩本と同じリーグでやっていたが本物の化け物だと思った。
誰もみたことのないような打球をバンバン飛ばしていて「プロでスターになるのはこういう選手なんだろな」ってみんな言ってたよ。


プロ野球のレベルは恐ろしい。
名無しさん : 2020/03/24 12:39:34
この年のドラフトは岩本に行くか、上本に行くかワクワクしてた。自分は岩本派だったけど、周りの野球好きでは意見が二分されてたのを思い出す。
名無しさん : 2020/03/24 13:54:19
ドラフトの結果を見たら、上本兄、取れてた感じがしないでもない
名無しさん : 2020/03/24 14:20:39
間違いなく好調時はクリーンアップ。

3割を超える球への柔軟な対応と長打の魅力。足りなかったのは不調に陥った時の積極性のなさと淡白さ。

プロで残るタイプはむしろこの粘りや気力を打席で出すタイプが多いですね。
名無しさん : 2020/03/24 11:53:48
広商の二年後輩にあたるホークス・柳田よりもプロ入り時点の評価は遥かに高かった。カープがドラフト時柳田獲得を全く考えなかったのは岩本がいたから。育成に定評があるカープでも、逸材を必ず育てられるわけでは無い、と岩本をみるとしみじみ思う。
名無しさん : 2020/03/25 04:59:52
当時、柳田は広島六大学では超有名だったしソフバンが2巡目で獲った事の方が意外だったんだけどね。
ファン的には、え?誰?って感じだったし。
名無しさん : 2020/03/25 06:43:10
大器でも育てられるかはわからない。岩本もだけど、私としては澤崎を育てられなかったことが一番悲しい。うん。あれは悔しいでは言い表せないよね。
名無しさん : 2020/03/25 19:43:35
澤崎は育てられたとかそういう次元じゃないと思う。
それ言ったら、幹英とか山内も同じことでしょ。
名無しさん : 2020/03/24 11:31:10
内田さんが申し訳ないとこの紙面で語るほどね才能はあったんだよね。
チャンスを生かせず怪我に苦しみ、弱点を克服しようとするあまり悪い方に流れがいってしまった感じですね。

岩本はガンちゃんと呼ばれ多くのカープファンに愛されています。
スコアラーとしてね活躍、期待してます。
名無しさん : 2020/03/24 10:11:29
天谷が巨人・野間口から逆転サヨナラ3ランで勝った試合、
岩本もクルーンらから2本のホームランを打って、
「ついに未来の四番が目を覚ました」と心踊ったなぁ。
結局そこがピークになってしまったけど…。
一流選手になるには、運とかタイミングとか、
そういう要素もやっぱりあるのかな。
名無しさん : 2020/03/25 07:33:16
岩本といえば思い出されるのがやっぱりクルーンからの1試合2本目だよね
写真の甲子園CSでの一発も凄かった
あれで試合は完全に決まって、後の代打桧山のホームランもおめでとうという気持ちで見られた
名無しさん : 2020/03/24 10:57:30
プロに入るのも大変なのにプロに入り結果を残すのも大変。そりゃそうだよな投げてくるのもプロの投手、投げる方も生活がかかってる弱点が解ってれば間違いなくそこを突いてくるのがプロの投手。
名無しさん : 2020/03/24 12:37:17
アマチュアで怪物と言われる才能があっても、プロで活躍するには自身の調子と出場機会との巡り合わせが上手くいかないと難しいのですね…

内田さんの発言は緒方監督が起用しなかったのが悪いと言いたいのでは決して無くて、同タイプの松山が実績を重ねていく中で出番が限られてしまったのが実情だと思います。

3連覇中、シーズン後半に代打で3打席連続ヒットとかで一時は10割打者みたいな事が数年続いてた事が印象に残っています。
名無しさん : 2020/03/24 13:07:52
岩本はボール球で勝負されたら本当に脆かった。デッドボールなのに空振りという事もあり、にわかに信じがたい光景だった。
名無しさん : 2020/03/24 09:32:14
あとは意識にも問題があったのかもしれない。キャンプ初日に体ができていないと怒られたこともあった。
ユニフォーム買って応援していましたけど、引退は寂しい。
スコアラーとしての活躍を祈ります。
名無しさん : 2020/03/24 13:15:31
こういう才能があるのに開花しなかった選手ってたくさんいるよね。
ファンからすれば、開花しなくて引退していったそれだけだけど
本人や身近な人はこうやって色々な感情をもって成功しようと努力してるんだよね。
一部の成功してる人もだけど出会い、努力、精神的な強さなど噛み合わないとスターにはなれないんだろうな。
名無しさん : 2020/03/24 12:36:22
久しぶりに、いい記事に出会った。ガンちゃんは笑顔がよくて悩んでるように見えなかったけどね。苦労してたんだな。内田さんありがとう心暖まる内容でした。
名無しさん : 2020/03/24 13:41:28
小早川、町田、岩本、広島はこのタイプ育てるのは苦手なんだろうな。

広島の歴代スラッガー達は大抵俊足巧打のアスリートタイプ。瓢箪から駒よ様な新井みたいのもいるが。
というか大卒でスラッガータイプが大成すること自体そもそも難しいかも。
名無しさん : 2020/03/24 18:11:51
いいコーチと言われるのって、結局指導した選手が結果残したから言われるのであって、コーチって元々プロなんだから考え方は多少違えど、指導方法はたいして変わらないと思う。
後は選手次第!プロ野球選手になった人全てがダイヤの原石なんだから、才能あるに決まってる!
練習に対する考え方だったり、自己管理だったり、一歩抜けてる選手が長く結果残せるんじゃないかな。
名無しさん : 2020/03/24 15:59:28
一位で岩本をとったから柳田をとらなかった(とれなかった)と聞いた。
結果はかたや戦力外、かたやスーパースターと明暗くっきり。
しかし、アマチュア時代の実績、評価はぶっちぎりで岩本か上。
プロで成功するのはアマチュア時代の評価だけではないと改めて感じるなあ。
名無しさん : 2020/03/24 20:42:33
安仁屋氏が、カープフロントが柳田をドラフト指名する予定は無かったと漏らしていましたね。同じポジションで岩本と役割が被ってしまうから致し方無かったです。
名無しさん : 2020/03/24 20:00:30
広島カープに入る時は大いに期待したんだけどね。

地元のスター選手だし。

それに当時の広島カープは金本知憲さん、新井貴浩さんが相次いで阪神タイガースに行ってしまい長打力のある選手は格安外国人頼りでその外国人が当たらない限り苦しかったしね。

現にこの岩本さんが入る前の2008年の広島カープはチーム打率はリーグトップなのに総得点はリーグ5位と効率の悪さが目立って北京五輪で主力が複数長期間抜けていた中日ドラゴンズに北京五輪に1人も派遣出来なかった広島カープが競り負けて4位で借金生活だったしね。
名無しさん : 2020/03/24 10:22:24
実直な選手というイメージです。
岩本選手が育っていたら、松山選手はどうなっていたかな?
誰かが育てば誰かが引退・退団する。改めて厳しい世界ですね。
名無しさん : 2020/03/24 20:23:56
野村監督も大いに期待していて、当時チームリーダーだった東出の自主トレに同行させたりもした
その甲斐もあって(?)、記事にもあるようにプチブレイク
しかし、その後がいけなかった
自主トレを自分だけでやると決めたのが悪いとは言わないのだが、春キャンプに訪れた岩本はウェイトオーバーで首脳陣に叱責される始末
そして二軍送り、故障……
もう少し誰かと一緒にトレーニングさせるべきだったかもしれない
名無しさん : 2020/03/24 12:09:49
どんな名選手を育てあげたコーチもその裏で多くの選手を潰してしまっている。
選手を育てた手柄よりも潰してしまった後悔を表明できる人はなかなかいないな。
名無しさん : 2020/03/25 06:53:27
期待はされてたがなかなか開花しない選手、才能はあるけど、発揮しきれていない選手、チャンスをものにできない選手はどこの球団にもいる。

カープでは岩本をはじめ、堂林なんかもそう。

松山と岩本は自分の中では同じようなイメージだった。
良いバッターっぽいけどもう一歩。

松山は開花して、岩本は開花しきれなかった。
名無しさん : 2020/03/24 10:32:22
岩本と言えば長打力の人だが、
何気に一塁守備が猛烈に上手かった。
名無しさん : 2020/03/24 21:56:56
守備力、長打力は一個上の松山より上だったが、打撃センスが松山に及ばなかったね。その時の現場指揮官は松山を選んだということ。
名無しさん : 2020/03/24 10:12:36
ガンキャノン、鮮明に記憶に残っています。
打った瞬間、「いったーっ!」と中継を見ていました。
もう、リアルタイムで見られないのが寂しい。
お疲れ様でした。
名無しさん : 2020/03/24 12:49:57
最終的には自分の実力だし、引退決めるころにはいい大人になってるから気持ちの整理もつくかもしれないけど
本当行く球団、いるコーチ、その相性などによって名選手になるか陽の目を浴びず引退か…ってことがありうるよなー
人生なんてどんな仕事につくか、誰と結婚するかも含めてそんなもんなんだけど…
名無しさん : 2020/03/25 06:51:35
足があんまり速くなく、守備も少し難があったため、ファーストでレギュラーを獲れば!?でした。
東出と栗原のように、阪神の上本と一二塁間守ってカープを強くしてくれるとドラフト前は思ったものです。
名無しさん : 2020/03/24 16:00:17
亜細亜大の生田監督がインタビューで断言してだよね、ガンはプロ向きの子ではない、絶対に行かない方がいい、社会人野球に進んで将来は指導者になってほしいと
名無しさん : 2020/03/25 12:39:42
プロで成功する為に必要なモノが欠けてると、何度も思わされた選手だったなぁ。
アスリートの代表にもプロ意識が足りないと苦言を言われてたっけ。
そのぶん、おおらかで人柄は良さそうだから、裏方として活躍を期待してるよ。
名無しさん : 2020/03/24 14:23:00
プロは誰にも負けない売りがあれば弱点があっても活躍できる。だが、弱点と言ってもアマチュアレベルでは長所と言われるレベルまで克服しないと活躍できないそうだ。
名無しさん : 2020/03/25 12:39:00
大学の時に練習見に行ったけど、ホントにいい人。後輩にも気を配れるし、ホントに亜細亜の人って感じだった。それがプロの世界では仇になったのかな。
名無しさん : 2020/03/24 12:54:24
岩ちゃん…
本当に大好きな選手でした…
ただ、プロアスリートとしては繊細というか、図太くなかったのか…
名無しさん : 2020/03/24 18:09:50
岩ちゃん良い選手だったよね
名無しさん : 2020/03/25 06:06:26
良い記事だな。何とゲンダイか(笑)
名無しさん : 2020/03/24 09:31:04
がんちゃん
無念